◆ New Entries

逆に聞くけど、戦艦大和はどの局面に投入すればよかったのか

「戦艦大和」の第1艦橋を実物大に再現した特別企画展「巨大戦艦大和」が、広島県呉市の大和ミュージアムで開催されており、すでに10万人が入場するなど話題を集めている。

企画展の会場中央に艦橋の内部を再現。世界最大ながら、戦艦とあって艦橋はコンパクトに設計されていたことが体験できる。
双眼鏡は天井からのつり下げ式、椅子は折りたたみ式だった。

窓越しにはCG映像とナレーションで、昭和16年12月7日に行った主砲の発射試験(公試)の様子も見ることができる。

また、戦艦比叡の艤装検討のための図面や、戦艦武蔵の艦橋内の写真など貴重な資料147点を展示している。

企画展は、歴史から学ぶ※科学技術を探る※ものづくりをたどる※平和を考える-の4部で構成。
常設展の10分の1模型(全長26・3メートル)などと合わせ、戦艦大和への理解を深めることができる。
今月26日に10万人を突破した。企画展は来年1月27日まで。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130929/hrs13092902090001-n1.htm


 
9 :
:2013/09/29(日) 12:52:39.95 ID:L/gncXBo0
投入しないで「なんかすごいのがあるらしい」的な存在に

12 :
:2013/09/29(日) 12:53:00.90 ID:7zc8HyXP0
米帝本土を艦砲射撃するんだよおうあくしろよ

18 :
:2013/09/29(日) 12:54:24.31 ID:d4OIEsD+0
ヤマトの制作費をほかに回せカス

21 :
:2013/09/29(日) 12:55:07.36 ID:MBMUkxLYP
所詮は攻撃手段が射程40kmそこらしかない大砲でしかない
飛行機の時代には無用の長物
作る奴は馬鹿


22 :
:2013/09/29(日) 12:55:29.15 ID:BmupXhch0
まちがいなくガダルカナル特攻だね
ガダルカナルでは日本戦艦霧島が、敵新鋭戦艦と鉢合わせして
沈められてるからね
この時大和だったらガチタイマンで圧勝してたし
ガダルカナルも攻略できてた


31 :
:2013/09/29(日) 12:56:57.23 ID:W1YPWw6LO
現実味のあるとこで考えると、
レイテ湾に突入させて、殺到する上陸用舟艇に鬼のように主砲を撃ちまくる。


33 :
:2013/09/29(日) 12:57:14.70 ID:1sIJs9hl0
燃費が悪すぎた

34 :
:2013/09/29(日) 12:57:23.86 ID:KaiGGRt50
これはガダルカナル

36 :
:2013/09/29(日) 12:58:17.28 ID:ZHE9egxv0
結果論だがとっとと降伏してアメリカに献上するぐらいしか使い道はないな

42 :
:2013/09/29(日) 12:59:14.53 ID:IdGw1EQO0
図面作成段階に移る前に計画そのものを廃棄が正解

48 :
:2013/09/29(日) 13:00:13.48 ID:BCROEgk80
遊覧船なんだろ

49 :
:2013/09/29(日) 13:00:16.95 ID:eLnpyKfD0
どこで投入しようが無駄だったろ
むしろ無かったほうがまだマシだったんじゃね?


56 :
:2013/09/29(日) 13:02:06.82 ID:hHYxcfeu0
誰も責任を取らなくていい反面、誰が主体でやってるか分からなくなってしまったっていう
日本特有のやり方って凄く良いよね


57 :
:2013/09/29(日) 13:02:19.11 ID:o/wy6D0J0
柱島一択
機動部隊随伴は27ktのサウスダコタや29ktのKGⅴでもやってるけど、大和型は燃料をキチガイみたいに食いすぎる
ハワイ作戦級だと艦隊型タンカー一隻まるまる大和型専用になるんだから


62 :
:2013/09/29(日) 13:03:38.85 ID:CPK4Lz0jP
ガダルカナルの砲撃だろうな

64 :
:2013/09/29(日) 13:03:54.63 ID:bdxUxJgG0
ミッドウェーで沈没するまで戦う

65 :
:2013/09/29(日) 13:04:09.49 ID:kKPp8ORv0
主砲うったら爆風で甲板にいる味方を吹き飛ばしちゃうようなアホ艦はスクラップです

68 :
:2013/09/29(日) 13:04:50.86 ID:c3nfLYnB0
大日本帝国じゃ無理
国民に自殺させるしかなかった
大和も運用哲学の無い精神論の産物だった


70 :
:2013/09/29(日) 13:05:15.24 ID:VxkrTUCDP
あの時代の戦艦って被害担当艦としての役目しかないよな。

ミッドウェーで大和と前方に出して敵の攻撃をひきつけ、
後ろから空母部隊が攻撃を仕掛けてれば勝てたは


73 :
:2013/09/29(日) 13:05:34.78 ID:oVsWyBDV0
ボロい金剛型が一番活躍したってのがアレだな。

75 :
:2013/09/29(日) 13:06:04.04 ID:V3fKQL8L0
最初から使い潰しておけば
重油も節約出来ただろうな


87 :
:2013/09/29(日) 13:08:58.54 ID:Pzl6SB3l0
実働艦隊の護衛的なポジションで後方に配置して
いつ出てくるかアメリカに警戒させるだけで良かった


89 :
:2013/09/29(日) 13:09:39.32 ID:c3nfLYnB0
大日本帝国が合ったから俺らは不況に苦しんでる訳で、そいつらが作った兵器なんざ美化していい物じゃないよ

国民を自殺させた天皇が未だに居座ってる時点で日本人に自浄も出来ない愚か者の集まりだって証拠なんだがね


96 :
:2013/09/29(日) 13:11:31.95 ID:vdjhdO4L0
逆に序盤から剣みたいなの量産して
向こうのレーダーが発達する前に圧倒する


98 :
:2013/09/29(日) 13:12:31.20 ID:Z6/ZeSYx0
空母と駆逐艦と潜水艦さえあればいいの?
戦艦や巡洋艦ってゴミなの?


100 :
:2013/09/29(日) 13:13:52.61 ID:glt+Qce3i
ヤマトホテルって大和の居住性僻んでるけど何なのお前ら?
駆逐艦乗りか何か?


101 :
:2013/09/29(日) 13:14:01.38 ID:c3nfLYnB0
大和のコンセプト自体意味不明なもので、軍隊あるまじきクソ精神論だった
その根源こそ明治政府の大日本帝国そのもので
日本人に戦争やら軍隊はおこがましいものだよ
自衛隊の田母神俊雄とか、陸自の准将とかバカの集まりだって証拠は沢山ある


115 :
:2013/09/29(日) 13:15:54.21 ID:wxHEZcAL0
>>101
全然意味不明じゃないけど、艦隊決戦するなら戦艦のデカさ砲の射程こそが至上の時代だった
別に日本に限らず米英も新型の戦艦建造はしている


105 :
:2013/09/29(日) 13:14:41.38 ID:l+qrEueJ0
戦艦が単品で活躍する場面なぞ既にない、沿岸に浮かべて上陸の障害物程度
大和作らないで対潜駆逐艦作ればよかったのに、というか艦隊駆逐艦が無駄


107 :
:2013/09/29(日) 13:14:50.98 ID:SCUiHVgt0
五十六が大和は象徴みたいなもんで使い物にはならないって書いてたな
着工時に海軍は航空機主導になってんだし当然の意見だろうな
だから毎回出撃させても遥か後方にしか大和は居ない


118 :
:2013/09/29(日) 13:16:11.25 ID:FnNkf/CB0
ガ島に霧島の代わりに大和がいても普通にワシントンに沈められてただけだろ
レーダーも無しにワシントンを見つけられるとは思えん


121 :
:2013/09/29(日) 13:17:13.15 ID:5M3Ovo0U0
囮。今ならだめだが当時なら食いつき良かったはず

しかし国名を背負った戦艦とか物語やゲームのラスボスみたいだな
グレートブリテンといいラスボスは倒されるのか


179 :
:2013/09/29(日) 13:33:50.94 ID:4WiqInex0
>>121
現在の奈良県の旧大和国であって日本の意味ではない。建前上は。

日本そのものを意味したのは扶桑。
悲惨な最後を遂げた欠陥戦艦だけど。


122 :
:2013/09/29(日) 13:17:31.38 ID:6+wb9HXV0
大和の就役は1941年12月16日で真珠湾攻撃のわずか8日後。
計画や竣工にいたっては当然開戦前であるから、
当時の人間としては”大和より空母”なんて考えがなかったのは当たり前。


143 :
:2013/09/29(日) 13:22:41.11 ID:XwOP3Vfc0
航空機が作戦行動中の戦艦を撃沈できるなんて誰も考えてなかったからな

それよりも、巡洋艦とかとの交戦用に副砲を備えていたのに単艦で積極的に出撃させなかったのは悔やまれる
夜中にガ島に殴り込みをかけて日の出と共に味方の戦闘機に護衛されながら帰還するって方法もあったと思うけどな


145 :
:2013/09/29(日) 13:22:58.94 ID:VxkrTUCDP
ガダルカナルの夜戦での
アメリカ戦艦のレーダー射撃精度が実用レベルに達してたからな

昼は航空攻撃されるわ、夜はレーダー射撃で一方的にやられるわで
大和いても勝ち目無いだろ


148 :
:2013/09/29(日) 13:25:05.60 ID:b0sRXG1u0
艦砲射撃のアウトレンジ戦法なんか
空母と艦上戦闘機が実用化された後じゃギャグもいいとこだわ


149 :
:2013/09/29(日) 13:25:13.85 ID:c3nfLYnB0
とにかく日本の右派勢力主導権を持たせるな
あいつらは策も哲学もないバカ無能の集まりだ
そういう連中が自民党や宮内庁防衛省にゴマンといる

あいつらのせいでヒロシマナガサキは焦土になり住民は煙になり南方で自殺させた天皇が未だに居座っている!


150 :
:2013/09/29(日) 13:25:31.83 ID:MBMUkxLYP
揺れる船の上から大砲を撃っても殆ど当たらん
射程はせいぜい40kmかそこら
時速400kmの飛行機なら6分、半速でも12分で到達する距離でしかない
大和が40km先の目標に6分間撃ち続けても命中弾は間違いなく1発もないだろう

飛行機が出てきた時点で戦艦の役目は終わった
あとはどの時点で戦艦を廃止するか、命題はそれだけだった
しかし日本も米英も廃止には踏み切れなかった


153 :
:2013/09/29(日) 13:27:05.15 ID:wxHEZcAL0
お前らの結果論ありきの結論には吐き気がする

157 :
:2013/09/29(日) 13:28:32.66 ID:Q1/tDAnE0
正解は投入せずに降伏
無駄に命を散らせずに済む唯一の最適解


159 :
:2013/09/29(日) 13:28:54.54 ID:mLBveFgN0
大和を作っているとき世界はまたまだ大艦巨砲主義だったから仕方ない
大和の代わりに空母とか結果論でしかない


166 :
:2013/09/29(日) 13:30:00.16 ID:M4khkaJw0
竹達彩奈嫌われすぎワロタ

170 :
:2013/09/29(日) 13:31:08.88 ID:8FtpNX940
大本営が機能不全、かつ、訓練されてない兵士だらけの状況で
兵器がいくら高性能でも意味なかっただろうよ


181 :
:2013/09/29(日) 13:34:01.55 ID:qP7nV4Iz0
>>170
大和に限っては大本営にお誂えなポンコツ兵器なわけでして


172 :
:2013/09/29(日) 13:31:42.27 ID:iU0qf6Oo0
足は遅いわ重油は消費しまくるわ
自慢の装甲も最後には鋼材不足で木製になってるわ
ミッドウェーかレイテで囮に使うくらいしか思いつかない
やっぱ実戦で使うものと言うよりは精神論の偶像として使う産物だったのかと


176 :
:2013/09/29(日) 13:33:03.60 ID:Z/U9PELw0
当時の日本とアメリカでは工業レベル、生産能力で大きな差があったのはもちろんのこと、
考え方も大きく異なった
日本は人間力と精神力に重きを置いたが、アメリカは効率と成果に重きを置いた
その結果が夜目が利く監視員とレーダーという差を生み、
人がやたらと死ぬ過酷な訓練と爆撃機搭載型投擲計算機という差を生んだ
あと、連合国にあって日本になかったのは兵站という概念


177 :
:2013/09/29(日) 13:33:17.30 ID:l+qrEueJ0
ベストなタイミングがあったとしたら、緒戦だわな
ただ存在してるだけで相手は空母抜きの行動ができなくなるから、その後の温存は正しいだろ
最後の特攻は意味不明だけど。完全に意味不明


186 :
:2013/09/29(日) 13:34:55.33 ID:VUusjyzM0
世界最強の戦艦だしな
真珠湾に投入してれば日本が勝ってた


194 :
:2013/09/29(日) 13:37:22.05 ID:a8QWYlff0
ハワイは敵兵力が多すぎて接近戦はリスクが高すぎる
ミッドウェーなら小島だしベスト
敵の空母が出てきたら機動部隊+戦艦のガチ対決にも持ち込めるし


196 :
:2013/09/29(日) 13:38:23.76 ID:LCJc4P9o0
制空権さえ取ってれば戦艦は島嶼攻略の最大の武器なんだから
(艦載機による空襲よりコスパは上)艦隊決戦を求めるのでなければ島嶼攻略に積極利用すべきだな
でも当時の戦艦はやはり戦略兵器なのでほいほい前線に出していいものでもない、
それを無視する奴は後知恵の謗りを免れない


200 :
:2013/09/29(日) 13:39:12.74 ID:NqHfvPXx0
ミッドウェーでの敵機吸引だろうな
そうすれば空母は無事だったかもしれないな


217 :
:2013/09/29(日) 13:43:36.69 ID:Ciz9yVEH0
>>200
アメリカ軍の第一目標が日本空母ってのは変わらんよ


207 :
:2013/09/29(日) 13:40:45.48 ID:o/wy6D0J0
サボ島に投入されるとしたら、ラバウルからの進入が時間的にギリになるかな?
作戦終わる度に給油でタンカーをシンガポールに差し向けて油汲み取りかブルネイでの精製待ちて汲み出しとか素敵過ぎるだろ


209 :
:2013/09/29(日) 13:41:10.92 ID:ai04rfHR0
真珠湾に特攻してそのまま港に沈没させて要塞砲代わりにすればよかった

218 :
:2013/09/29(日) 13:44:26.93 ID:ZC21WScM0
まったく、使わず、終戦。

戦後、鉄屑として、本土復興に役立てるが、一番よい


222 :
:2013/09/29(日) 13:46:54.09 ID:u5EUZvyZ0
燃料の無駄だからさっさと鉄くずになってもらう

225 :
:2013/09/29(日) 13:47:45.18 ID:FnNkf/CB0
海軍は決戦思考すぎて兵站なにそれ?状態だったから陸軍が独自に輸送艦隊を作るハメに

236 :
:2013/09/29(日) 13:51:12.79 ID:/skMCn3T0
>>225
まぁある意味正しい判断だとも言える
どうせアメリカと長期戦やって勝てる訳ないしな
問題は、陸軍と海軍では全く違う所を見ていたということと
軍部があまりにも政治に食い込みすぎてた所だろう


226 :
:2013/09/29(日) 13:47:57.52 ID:NDqWHuhB0
お前ら後知恵で好き勝手言えるな

230 :
:2013/09/29(日) 13:49:00.12 ID:Q6Oo1x/c0
>>226
陸軍も桶狭間の戦闘を後知恵で好き勝手に結論付けて奇襲バカになったわけですし


242 :
:2013/09/29(日) 13:52:21.89 ID:8FtpNX940
>>226
こういう議論がないと戦没者に申し訳ないだろ
それとも、日本は戦争の過ちを反省し平和をみたいに自虐的なままの方が良いのか
どんな知識でも良いから当時の状況に興味持って
あれこれ好き勝手言うほうが健全だと思う


246 :
:2013/09/29(日) 13:54:37.24 ID:Cq/R6A270
大和ばっか優遇されてマジうぜーな
戦艦扶桑の方が真のゴミ戦艦だってのに・・・


247 :
:2013/09/29(日) 13:54:53.11 ID:Z/U9PELw0
陸軍と海軍の連携がとれず、とんでもないテロルをしばしば引き起こしていたのは、
軍が平民の出世競争の場になってしまっていたってことが大きく影響している
天皇陛下万歳と言いながら軍の私物化が行なわれていたんだから、本当に狂っていた


250 :
:2013/09/29(日) 13:56:52.55 ID:LmgTEH9M0
三番艦「信濃」の沈没に比べると大和武蔵はまだまだ、まし。

251 :
:2013/09/29(日) 13:57:14.04 ID:tHyWqra50
栗田を笑う奴は大破艦が数隻あっても夜戦に突入して撃沈されるバカ提督であろう

253 :
:2013/09/29(日) 13:58:02.68 ID:QjPVN5vS0
いつ投入しようが無理

255 :
:2013/09/29(日) 13:58:33.83 ID:8+SrcJU+0
航空主兵論は机上の空論扱いされてたからね
対空砲の網をかいくぐって急降下爆撃は難しい、
まして戦艦を破壊できるほどの重い爆弾を積んだ状態じゃ無理だと思われた


263 :
:2013/09/29(日) 14:02:04.54 ID:DQtpQtAMO
井上成美や大西が戦前から戦艦不要論を唱えたが
東郷の派閥が大鑑巨砲主義でダメだったんだよ

大和級作る金で輸送と護衛、潜水艦、基地航空隊の拡充、
瑞鶴級空母あと2隻作ってたら少しだけ違ったかも

井上成美が艦隊派を「明治の頭で昭和の戦を考えてるバカども」と戦前から批判してた

今の自民党みたいだよなwww


283 :
:2013/09/29(日) 14:09:11.97 ID:LCJc4P9o0
そもそもミッドウェー敗戦の結果後ですら空母は日本の保有数の方が断然多いからな
ニミッツだって浮かれるな、米国民はちゃんと戦争協力してくれと必死だったし


290 :
:2013/09/29(日) 14:11:36.40 ID:9m1gSa0V0
プロパガンダとして宣伝しまくる
あんなデカイもんこそこそ作ってんじゃねーよ


294 :
:2013/09/29(日) 14:14:03.29 ID:FRLeLMqT0
あんな使い勝手の悪いトップヘビーなんてどこにあっても使えない

299 :
:2013/09/29(日) 14:16:43.28 ID:Bm1QCmxl0
空母攻撃隊後に真珠湾突入して港湾施設徹底破壊

303 :
:2013/09/29(日) 14:20:07.13 ID:xuq88Isp0
航空機が活躍してるなか
戦艦とかどうだったの?

ただの的じゃないの


306 :
:2013/09/29(日) 14:22:11.49 ID:LPjL5t/S0
対地攻撃は大和が汚れるから駄目と真顔で言う帝国海軍

309 :
:2013/09/29(日) 14:22:28.87 ID:4mAIJozj0
ほんと日本軍アホだよね~
敵に一発も弾を当てる事も無く沈められたんでしょ


310 :
:2013/09/29(日) 14:22:35.14 ID:v7xKQQuS0
護衛空母を毎週進水させてる国にどう勝つんだよ…第一次大戦の時
世界中が疲弊してるのにたらふく私服を肥やして準備万端なアメリカは
始まる前から一人勝ちは決定してたと思うわ…


311 :
:2013/09/29(日) 14:22:45.98 ID:cDrEotomi
アメリカって国家は建国以来港を利用した海戦でのし上がってきたから日本が得意な陸戦に持ち込む。アラスカから攻め込む形で作成練っていれば大分変わったんじゃね。

312 :
:2013/09/29(日) 14:22:48.03 ID:jCtGbarj0
歴史を知らん俺になんか、ワクワクするような話聞かせてくれよ

313 :
:2013/09/29(日) 14:22:56.59 ID:+zo7ne9n0
仮にレイテで栗田艦隊が突っ込んで大戦果を挙げたとして、戦争の趨勢に影響があるかと言われても
殆どないわな…

核も史実通り落とされただろうし、ソ連の参戦が早まって北海道を占領されて今より悪くなったかもしれん


314 :
:2013/09/29(日) 14:23:36.00 ID:Q9L5BvYJ0
あんなもん作らずにアメリカに無条件降伏するのが正しかった
さっさと幹部どもを皆殺しにしてアメリカに占領してもらえば北方四島も満州も無事だった


318 :
:2013/09/29(日) 14:26:08.61 ID:0DygvJsh0
>>314
ほんとこれ
いらん蛮勇をふるったせいで結果的に損しかしてない


331 :
:2013/09/29(日) 14:30:28.51 ID:FRLeLMqT0
>>314
全くだ。そうすりゃ国連妥協案通りに半島と南満州の権益は維持出来た。
半島はともかく南満州は油田だらけだからなあ…米国と仲良くやってればあわよくば石油精製技術を売ってもらうことも出来たかもしれんのに


382 :
:2013/09/29(日) 15:00:20.31 ID:0X7QnClc0
>>314
そうそう
戦争を長引かせた奴らはほんと許せんわ
当時の日本は反日で気が狂ってるチョンと一緒
感情だけで、自己否定する(負けを認める)冷静な判断ができなかった


323 :
:2013/09/29(日) 14:27:55.85 ID:2LSqFqge0
大和なんぞ作らずにその資材と人員で潜水艦と空母作れば良かった
真珠湾攻撃の時点でハワイを占領してれば良かった

この2つは初心者が誰でもかかる病気なのです
だからそっとしておいてあげてください


327 :
:2013/09/29(日) 14:29:24.13 ID:NqHfvPXx0
ビスマルクの沈没で戦艦の評価はどうなったんだろう
あれも航空攻撃受けたり小型艦艇によろ雷撃を受けたりしたよな


335 :
:2013/09/29(日) 14:32:05.24 ID:tHyWqra50
>>327
隣に超海軍大国
一次大戦後の海軍復活が厳しかった
できたのがイギリスの装甲巡洋艦レベル

無理ゲー


328 :
:2013/09/29(日) 14:29:42.63 ID:lqo/IT2L0
陸軍と海軍が仲悪いもん。

330 :
:2013/09/29(日) 14:30:06.65 ID:Q8b5FfHv0
長射程で真珠湾砲撃だろ
バカが空母で空襲なんかやるから命の乗った弾で米帝となぐり合う消耗戦やるはめになった


332 :
:2013/09/29(日) 14:30:33.85 ID:oMJ26aoq0
戦艦はなぜ当然のように攻撃を回避するのか
攻撃当たってもちょっとやそっとじゃ被害にならないのか
この二つがいまいちパッと来ない


337 :
:2013/09/29(日) 14:33:20.99 ID:yJsmtn2J0
大和着工が1937年
設計図作るのはもっと前
作る作戦立てるもはさらにもっと前でしょ
その時の条件で話さないと
あの時代の技術革新ってすごい速さだから


341 :
:2013/09/29(日) 14:35:21.19 ID:6+wb9HXV0
>>337
機関まわりはものすごい速さだよな。


349 :
:2013/09/29(日) 14:41:02.54 ID:EPyP70qJ0
そもそもあんなアホなもん作らなきゃよかったんだよ

353 :
:2013/09/29(日) 14:43:30.96 ID:1QFCcIg40
ミッドウェーで空母護衛かな
向こうの爆撃機の数を考えたらかなり日本側の損害を減らせたと思う


360 :
:2013/09/29(日) 14:48:19.12 ID:PK47dbup0
真珠湾の後で、これからは飛行機と空母じゃないの?
って言ってた参謀も恐らく居ただろうに。
日本らしく派閥とか出世とか保身があって
意見が消されてたんだろうな。

いつまでも大艦巨砲マンセーだった参謀がアホだよね。
誰だか知らんがこういうアホ参謀って名前残ってないのかな。


362 :
:2013/09/29(日) 14:49:37.08 ID:63RJf2UG0
お前らってどういうきっかけでそんなこと詳しくなったの

364 :
:2013/09/29(日) 14:50:55.98 ID:EwHQERi40
沖縄本島で座礁させて
沈まない固定砲台にすれば良かった
鬼の強さ発揮するぞ

ソースは
バトルステーションズのアメリカ視点プレイ
大和を本島まで行かせる前に沈めないと
詰む


365 :
:2013/09/29(日) 14:51:11.04 ID:yJsmtn2J0
結果論はやめろ
意味がない


378 :
:2013/09/29(日) 14:57:30.94 ID:8E4DFqR+0
陸揚げして国会議事堂と並べておけば今頃観光名所になってたなw

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

名無しさん2017/04/01 (土) 23:36:35 ID:-
硫黄島に置いておくべきだった
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/9954-71f75d6a