◆ New Entries

なぜ大日本帝国は調子に乗ってしまったのか 本気でアメリカを倒せると思っていたのか

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/10/24(水) 19:52:42.04 ID:AyYmHRaQ0● ?2BP(1000)
「東京維新の会」が大日本帝国憲法の復活を請願【目がテン】
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/eyenews/2012/10/post-301.html


 
2 :
:2012/10/24(水) 19:53:45.22 ID:4fwB9JS+P
大日本帝国の終焉という演出

4 :
:2012/10/24(水) 19:55:05.05 ID:H58qDXxc0
ジャップはアホやから

8 :
:2012/10/24(水) 20:02:26.87 ID:kt0lt/kp0
対外的にどうこうと言うより、国内的な自浄作用を失ったからだと思うんだよなあ
あえて外に原因を求めるなら中国国民党が弱すぎたのが悪い


10 :
:2012/10/24(水) 20:04:00.44 ID:j69t0nu60
メディアが煽りまくったせいで国民が舞い上がってた
軍部も政治家も対米戦が無理なのは解っていたが
「非国民」というレッテルを貼られたく無い為に誰も無理って言えない状況になった


13 :
:2012/10/24(水) 20:04:18.40 ID:onCe7jF6O
は? ドイツが欧州を征服するんだから
自動的に日本大勝利たぜ!

さんざん反日してきたイギリスも風前の灯火。
怠惰なアメリカ人がまともに戦うわけない。
ソ連敗北でドイツが磐石になれば
米英のやつらも現実を突き付けられ
頭を下げてくるよ。


15 :
:2012/10/24(水) 20:06:19.18 ID:CAB9qlOr0
実情はあれだが、大日本帝國という名前や空母・戦艦などの兵器のネーミングセンスは好きだわ
是非、金ぴかの百式という名の隊長専用兵器を作って貰いたい


16 :
:2012/10/24(水) 20:12:12.14 ID:OtYtUKEsO
あたぼうよ
欧米帝国主義を打倒してアジア・アフリカ、中南米の諸民族を解放し
八紘一宇の理想郷を地上に実現せしめんと日本人は立ち上がったんだろうが!
アメリカに勝たずしてどうしてその聖なる使命が果たせようか?
え?答えてみろっ


17 :
:2012/10/24(水) 20:15:44.30 ID:L4k7pzZW0
当時の日本人と今の日本人もそんなに思考が変わってないから
うまくやれれば変わってたって考えは無意味だろうな


20 :
:2012/10/24(水) 20:17:19.35 ID:d/r2rib30
誰も勝てると思ってなかったけど空気を読んで戦争しました

21 :
:2012/10/24(水) 20:19:03.25 ID:HwgcXpIR0
ジャップって集団になると歯止め効かなくなるよな
マジ害悪だは


23 :
:2012/10/24(水) 20:25:39.04 ID:OM7539yh0
今の日本人もそんな変わってないだろ
能力はあるけど、周りを客観的に見れないんだよ日本人は


24 :
:2012/10/24(水) 20:27:49.70 ID:oVEybAzI0
どうせ死ぬのは若者だし・・・
今と変わらんな


25 :
:2012/10/24(水) 20:28:41.94 ID:M0lzqzKh0
お前らだってシナチョンと戦争しろとかいうじゃん
アメ公とかいう信頼できないカスと、過大評価された平和ボケ軍を見てから言えよ


27 :
:2012/10/24(水) 20:30:45.75 ID:alN1xgqq0
中枢部が脳筋の薩摩長州だから

28 :
:2012/10/24(水) 20:43:28.39 ID:IDKMCOR/0
お前らみたいなニートが調子こいてたのが原因。

29 :
:2012/10/24(水) 20:44:25.88 ID:MLXNdbf00
カルト国家だったから

33 :
:2012/10/24(水) 21:01:56.80 ID:t/Gr74kn0
今の北朝鮮とそっくりだよな昔の日本は

37 :
:2012/10/24(水) 21:06:32.14 ID:alN1xgqq0
>>33
逆だよ
北朝鮮が戦前カルト日本の劣化コピーなんだよ
大本営的言い回しとか日本大好きだからなあいつら


39 :
:2012/10/24(水) 21:09:11.59 ID:D9NoKZNI0
>>33
北朝鮮みたいに餓死者がゴロゴロ出てたわけではないし
平均所得もかなり高い方だった
新興国から先進国へ脱皮しつつある感じ
むりやり朝鮮半島にたとえるのなら、今の韓国の位置に近いかも


35 :
:2012/10/24(水) 21:05:38.58 ID:D9NoKZNI0
ヨーロッパ大陸をドイツが征服して欧州連合みたいな状態になってたし
ソ連は大損害で崩壊寸前に見えた

日本と欧州(独)が組めば英米と有利に講和くらいできるんじゃねと思っちまったら
ソ連はくそ強いしドイツは急に弱くなるし涙目


38 :
:2012/10/24(水) 21:08:37.83 ID:z4MDnSs+0
関東軍が調子に乗りすぎてた
陸軍海軍の争いもこいつらのスケープゴート的役割をなすりつけられるだろ


40 :
:2012/10/24(水) 21:12:25.12 ID:XW34yXUM0
ほんま腹立つわ
勝てる戦争をしろやボケ
戦争に負けることの重大さが全然わかってない
死んだからって許されるもんとちゃうで


41 :
:2012/10/24(水) 21:14:11.80 ID:t/Gr74kn0
北みたいって言ったのは具体的な国力じゃなくて
外から見たらまじでお前らアメリカに勝てると思ってるのm9(^Д^)プギャーって感じなのに
指導部のアホどもが国民煽って自国の優位を訴えてる感じが
鬼畜米英やってた日本に似てるなって思っただけだよ


42 :
:2012/10/24(水) 21:17:56.60 ID:6MZWPCgB0
日本が調子に乗ってしまったのは全部ドイツの責任
あいつらの「ソ連弱すぎワロタwww」みたいな態度に騙されてしまった


46 :
:2012/10/24(水) 21:19:28.52 ID:GuEGFjuS0
>>42
すぐ他に責任を求める
この責任逃れをする国民性どうにかならんもんか


47 :
:2012/10/24(水) 21:20:55.26 ID:GlnCo5jO0
それは大戦末期を知ってるから後出しで言えることであって
開戦当時に日本が拡げた広大な領土と領海考えてみろ
傲慢にもなるわ


57 :
:2012/10/24(水) 21:28:43.10 ID:j69t0nu60
>>47
国力の違いは明白だった
当然勝てない事が判ってる人も多かった
でも世論という圧力には勝てなかったんだよ
そしてその世論を一番煽ってたのが朝日新聞


98 :
:2012/10/24(水) 22:06:35.13 ID:v0GENIVu0
>>47
例えばフィリピンとかは占領中には抗日ゲリラに相当苦しめられた。
フィリピンには3~4万の兵しか置かなかったそうだが、
掃討戦もやらずにたかが3万の兵で広大なフィリピンをゲリラ相手に占領できてたのか疑問。
そんな状態で「領土」と言えるのか。


48 :
:2012/10/24(水) 21:21:30.20 ID:fGD16afSO
明治維新で優秀な奴らばかり死んでアホばっかり生き残ったからだろ
そんな奴らからアホの命脈が受け継がれた


50 :
:2012/10/24(水) 21:24:37.54 ID:rPyBWXUM0
こんどこそアメリカいや全世界を滅ぼす。究極の暴力、リアル波動砲
があるからな。一発で80テラトン、地球を粉々にするのは朝飯前。
人類の歴史は今年で終わらせる。俺の怒りを知れ。


52 :
:2012/10/24(水) 21:24:47.10 ID:9DEBf/oP0
そもそも第1次大戦の戦勝国がなんで敗戦国とつるんでんだよ…??
自虐風教育をやっていると言われる日本の歴史教育も
日本が「ドイツと同じで」持たざる国だったという被害者意識は共有してるよな
実際には日本はドイツから奪ったものを持っていたくらいなのにアホか


54 :
:2012/10/24(水) 21:26:06.69 ID:ilMBAanm0
原発の安全神話みれば何も変わって居ないのがよく分かるね
さすがにまだ戦争アレルギーあるけど一頃に比べて大分無くなってきた


55 :
:2012/10/24(水) 21:27:57.05 ID:l6TKm5J0O
てか、アメリカ本土に上陸なんてできないのに
海外領土奪っただけで降伏申し込んでくるだろうって考えは虫がよすぎるだろ


59 :
:2012/10/24(水) 21:39:02.25 ID:l6TKm5J0O
朝日や毎日は軍から飛行機譲って貰って神風号とかニッポン号を飛ばしてたよな

61 :
:2012/10/24(水) 21:41:53.18 ID:9DEBf/oP0
だいたい1937年日中戦争の前に最後に帝国議会衆議院選挙をしてから
日中、太平洋と開戦するまでまったく国政選挙やってないのに
世論が戦争を動かしたとか完全に責任回避でしかないんだよなあ
消費税増税のマニフェスト違反どころじゃねえよw


63 :
:2012/10/24(水) 21:44:41.54 ID:I1mcaWZe0
>>61
世論がデモクラシーと政党政治の腐敗から、反動保守に至ったのは本当だろ
朝日が「アメリカと戦って勝てるかボケ」って言ったら不買とデモやられたし


62 :
:2012/10/24(水) 21:43:16.76 ID:L+MB3dXl0
まあ沖縄戦の時点で神武天皇の召喚儀式が8割方終わってたらしいからな。
軍部の未練もわからんでもない。
完了していれば20世紀の歴史もずいぶん変わってただろうに。


64 :
:2012/10/24(水) 21:46:28.81 ID:D9NoKZNI0
ドイツではナチに協力した新聞どもは廃刊にされたのに
日本のは残ったのがなぁ

高級紙じゃないから潰すほどのことはないと思ったのかしらんが
マッカーサーは変に甘かった


67 :
:2012/10/24(水) 21:47:46.63 ID:TEnFG6gC0
鎖国してたのに無理やり開国させられて
不平等条約を押しつけられたアメリカにいつか恨みを晴らしたいって思いは
根底にあったとおもう


70 :
:2012/10/24(水) 21:49:06.01 ID:m0kHTxDc0
ぶっちゃけ枢軸国で一番足引っ張ってんの日本だろ
日本がアメリカに手出さなけりゃドイツも勝ってた可能性あったのに


74 :
:2012/10/24(水) 21:50:43.58 ID:bzY/7EtX0
二二六や五一五で首相クラスの政治家が襲撃されててデモクラシーも糞も無いわ
天皇機関説事件でもわかるが右翼は馬鹿ばっかりだわ


77 :
:2012/10/24(水) 21:53:01.88 ID:5kbI3yJj0
日本中からエリート集めた総力戦研究所で開戦前に答えが出てるってのがまたなんとも

78 :
:2012/10/24(水) 21:53:02.49 ID:wgQxlmrG0
東京に首都がある限りいつまでもそうだよ
外から東京を動かせる仕組みが必要だ


79 :
:2012/10/24(水) 21:53:47.04 ID:oWeThDlW0
国民総中二病

82 :
:2012/10/24(水) 21:55:00.87 ID:BPGHExDK0
満州事変は関東軍の自作自演って真実報じたマスコミは発行停止になったから
国民は真実も知らんし、軍部批判とかしてた朝日は右翼にテロられるし


86 :
:2012/10/24(水) 21:56:38.34 ID:BSbWHUcj0
今の日本企業見ててもそうだけど
明らかに旗色が悪くなって勝ち目がなくなってるのに上層部が現実から目をそむけて特攻する形になってるよな
現場はもう駄目だろと誰もが感じてるのに口に出せない行動に移せない


87 :
:2012/10/24(水) 21:57:44.34 ID:m7wom5xm0
アメリカと戦いたくなくても向こうは戦う気満々で中国利権横取りしたい感じだったからな
中国潰しておけばよかったものを放置して現在アメリカの立場脅かそうとしてるのは笑えるけど


101 :
:2012/10/24(水) 22:08:01.81 ID:7zje3uxH0
>>87
日本軍が中国国民党を徹底的に潰したから共産党が台頭してきたといえるわけで、
アメリカは余計なことをしてくれた。と思ってるかもよ。


88 :
:2012/10/24(水) 21:58:06.82 ID:EU16IdzO0
思うやつと思わないやつがいて思うやつが権力もちすぎていたって話だろ
それとマスコミに煽られまくった世論の後押しで暴走


89 :
:2012/10/24(水) 21:59:29.34 ID:BPGHExDK0
もう勝てないのわかってるのに誰も責任取りたくないから希望的観測でダラダラ続け
天皇制守るために国民が犠牲になってもダラダラ続けて最悪すぎるな
昭和天皇が命張って止めればよかった


90 :
:2012/10/24(水) 22:01:53.42 ID:9DEBf/oP0
だいたい日中戦争中に帝国議会衆議院は非常時だから選挙を1年延期しますっていって
4年の任期をあとから5年に変えてその変更した期間中に太平洋戦争が始まってるw
それくらい勝手なことができた奴らがなんで世論に煽られてやりたくもない戦争するんですかねえ
衆参に地方議会合わせれば毎年のように選挙がある現代日本と同じ体制の国だったとでも本気で思ってるのか


91 :
:2012/10/24(水) 22:02:12.28 ID:S9avKQra0
マジレスすると神の国だから勝てる

93 :
:2012/10/24(水) 22:03:25.16 ID:j69t0nu60
対中戦までは軍部がリードしたんだよ
マスコミは対中戦始まるまでは反戦気味だった
対中戦でマスコミが主流が好戦に回って初めは軍部もヨッシャヨッシャだったが
新聞は煽れば売れるから煽り合戦しだして世論がヒートアップ
対米戦は軍部の思うところでは無かったがそれに引きずられて開戦だよ


95 :
:2012/10/24(水) 22:05:29.82 ID:BPGHExDK0
国民が対米戦喜んだのも日中戦争が泥沼になりすぎてすごい閉塞感のなかで
なんかもうぶち上げてほしかったからだろ


97 :
:2012/10/24(水) 22:06:17.06 ID:+z/9rPF00
ドイツと組まず、中国と和平してたら春の音は発動せんかったな

当時はドイツ欧州制覇はありえた話だからな
メッサーシュミットがいい仕事したわ


100 :
:2012/10/24(水) 22:06:50.75 ID:arVCC3HW0
中国利権といったって、日本は軍隊送り込んで腕ずくで欲しいものを取りにいった
のに対して、アメさんは魅力的な商品とドルの力で攻め込もうとしたわけで、
中国にしてみりゃどっちと仲良くしたいか自明だろう。

おまえらビンタされるなら、古兵殿のビンタと米ドルの札びらでビンタと
どっちがいいよ?


102 :
:2012/10/24(水) 22:09:57.51 ID:+z/9rPF00
いまの原発問題を先送りにしてるいまの状況に似てるね

東日本壊滅あるで、こりゃ


105 :
:2012/10/24(水) 22:13:34.56 ID:BPGHExDK0
>>102
瓦礫や農産物を「絆」の言葉で全国にばら撒いたり
ほんと一億総玉砕の精神が今でも息づいてるな


103 :
:2012/10/24(水) 22:10:54.40 ID:zD4Y0Z1q0
大日本帝国の最大の失敗はチョン民族に関わったことだろ

106 :
:2012/10/24(水) 22:14:15.86 ID:+z/9rPF00
でも朝鮮半島を抑えてたから、ロシア封じ込めできて国際的にも重視されとったやんけ

チョン野放しにしてたら露助レイプ魔が不凍港ラッキーとばかりに来てたわ


107 :
:2012/10/24(水) 22:15:45.48 ID:v0GENIVu0
インドシナ進駐さえ無ければな…。あれがアメリカを刺激した。
少なくともトラウトマン工作のときに中国と講和しておくべきだった。
当初、不拡大方針だったのに南京と上海が陥落したからといって条件を釣り上げ、
あまつさえ交渉を打ち切るなど愚の骨頂。
日中戦争で近衛内閣がやってたことは相手の動きに反射的に反応するだけで
意図も戦略も何もない。
将棋で言えば1手先しか読んでないのと同じ。


115 :
:2012/10/24(水) 22:20:23.52 ID:arVCC3HW0
>>107
それは近衛の責任というよりは、首相にきちんと権限を与えていなかった
政治システムの責任でしょ。あと、政治的な泥を被るのを嫌がって、自分が
信任した首相をきちんと援護しなかった昭和天皇の責任。


108 :
:2012/10/24(水) 22:16:07.94 ID:KIwwpGpK0
アメリカ軍はまさに封建土人国からの解放軍
アメリカ統治からのアメリカ保護下での高度成長時代はよかったのに

またそれで調子のった日本人が政治やりだしたらこのザマだよ
歴史はくり返す


110 :
:2012/10/24(水) 22:16:24.25 ID:8+UbExaJ0
一貫性のない近衛の知能にも問題があったろう。

113 :
:2012/10/24(水) 22:19:54.00 ID:TsCbcNA20
やらなきゃやられるが大前提の帝国主義、最近あの時代を振り返るときに
その点がなかったことになってるのが多すぎる。


116 :
:2012/10/24(水) 22:21:40.61 ID:nf6FF0Wd0
>>113
第一次世界大戦でその時代は終わってたよ。


121 :
:2012/10/24(水) 22:26:57.57 ID:arVCC3HW0
>>113
もし帝国主義真っ盛りの時代だったら、敗戦国は悪くするとポーランドみたいに分割されて
消滅したり、良くてもGDP数十年分みたいな巨額の賠償金を課せられて、払えなかったら
軍艦がやってきて力ずくで税関を差し押さえられたりしてたはずなんだが…


114 :
:2012/10/24(水) 22:20:17.64 ID:BPGHExDK0
ウヨが自虐史観がどうこううるせえけど実際ひどすぎるんだから悪く言われてきたのもムリはねえわ
今の日本があるのなんて冷戦やアメリカの胸先三寸のラッキーが重なっただけだしな
ほんと国が滅びかけた最悪の事態だったし


117 :
:2012/10/24(水) 22:24:46.09 ID:BPGHExDK0
ネトウヨって「やらなきゃやられる帝国主義の時代で日本は欧米に植民地にされそうだったから
戦争せざるをえなかったんだ」と思ってる奴多いよなw
なんで最低限の歴史の勉強すらしないのか


134 :
:2012/10/24(水) 22:31:42.05 ID:I1mcaWZe0
>>117
第一次大戦までは概ね正しい
その後の不戦条約だって、植民地沢山持ってる奴の既得権保護じゃんか、保護貿易されたら輸出で生きてる国は飢える
結局、不戦条約や四ヶ国条約と九ヶ国条約、力の弱い連盟があっても、やらなきゃやられるってのは変わらん


120 :
:2012/10/24(水) 22:26:32.32 ID:+u5SdXHr0
CSで当時のアメリカの映像見たけど工場の生産能力違いすぎw
一つの町が全部工場で次々に飛行機とか戦車生み出し続けてるんだぜw勝てるわけねーだろw


122 :
:2012/10/24(水) 22:27:14.97 ID:6Q1ZoNKb0
だれか80年前に戻って松岡殺してこいよ

133 :
:2012/10/24(水) 22:31:27.99 ID:TEnFG6gC0
>>122
松岡みたいのが出世できるこの国の
人物評価の価値基準はほんとに変えた方がいいと思う
どう変えるかは皆目見当つかんけどw


123 :
:2012/10/24(水) 22:27:20.94 ID:7DJZGIaq0
当時のネトウヨが勇ましいこと連呼しまくってたからだろ

125 :
:2012/10/24(水) 22:27:46.37 ID:isexyWUz0
んな事言ったって石油ねーんだから仕方ねーじゃん
既得権益確定したから他の国は一生二等国なって言われても


128 :
:2012/10/24(水) 22:30:07.01 ID:BPGHExDK0
>>125
中国侵略して石油が足りなくなるようなことするからだろw


131 :
:2012/10/24(水) 22:30:28.44 ID:7DJZGIaq0
>>125
中国から手をひけば済んだことだよ?
満州まで放棄しろとは言われてなかったそうじゃん


126 :
:2012/10/24(水) 22:27:50.19 ID:DeunlR1P0
今の日本みたいに国民が戦争しろっていきりたってて誰も抑えられなかった。

127 :
:2012/10/24(水) 22:28:45.71 ID:4bJCMfCM0
アメ公のせいで資源が入ってこない。ぶん殴ってそれなりに戦えることを教えてあげようってことじゃないの?

136 :
:2012/10/24(水) 22:32:40.07 ID:fsJZkDIm0
ゾルゲだろう

元々、1年で終わらせるって話だったのに


145 :
:2012/10/24(水) 22:36:44.11 ID:KIwwpGpK0
妄想で軍人が大臣を友愛クーデター
松岡が火病起こして事後追認
関東軍が火病起こして事後追認
統帥権をめぐって軍属内紛

こんな糞国家みたことがない
指揮系統もめちゃくちゃ

もはや明治の頃と別の国


171 :
:2012/10/24(水) 22:47:43.71 ID:sxs6EbAe0
>>145
いや、明治が素晴らしかったわけではない
明治の日本以上に周りの国が馬鹿だっただけだ
その後周辺諸国が成長する中で、日本は全く成長できなかっただけ
日露戦争で成果を上げた銃剣突撃を太平洋戦争でも繰り返してるあたりで理解できる


156 :
:2012/10/24(水) 22:41:31.89 ID:TsCbcNA20
満州国にもなんの正義もないはずだけどな。
チャーチルも気前がいいというか


162 :
:2012/10/24(水) 22:44:35.34 ID:ynSDbKAe0
闇夜の中 真っ暗な船底で溺死するのと
ジャングルで餓死するのとどっちがマシかな
うちの爺さんはようやくフィリピンについてほっとしたところに
港で機銃掃射されて大怪我して内地に逆戻りw

特攻ばかり美化するのってようは指揮官の無能をかばうためだよね


164 :
:2012/10/24(水) 22:45:13.20 ID:kBvtWl7j0
おおぅ
竹槍でB29落とせると思ってたらしいから相当にアホw


167 :
:2012/10/24(水) 22:46:44.55 ID:4mjjqmqOP
総力戦研究所は戦争の成り行きを割りと正確に予測していた
具体的には最初は勝てるが、南方で得た資源は本国に輸送途中に尽く撃沈されるのでやがて行き詰る
戦争は3-4年続いた後ソ連の参戦で終焉を迎える
予測していなかった主な要素は真珠湾奇襲と原爆投下ぐらいだった
報告を聞いた東条は机上の空論だの言って聞かなかったが、内心薄々そうだろうと思ったんじゃないかな


172 :
:2012/10/24(水) 22:47:54.73 ID:TsCbcNA20
1920年代の政友会、民政党のくだらんケンカは本当に無駄だった。
あれは政党政治終わるわw
今も有権者が歴史から学ぶいい教科書になる。


176 :
:2012/10/24(水) 22:51:28.86 ID:Z12qupN/0
軍人がのさばる日本を変えたいと思う人達がけしかけて自滅戦争に進んだように思うがなぁ。
上層部で本気で勝てるなんて思ってた奴など居らんだろ。


187 :
:2012/10/24(水) 22:55:07.58 ID:TsCbcNA20
>>176
勝つ確信まではないだろうけど、勝ち負けを算段するための数字って、
上(参謀本部長、軍令部総長)に上げられるまでに相当いじられてたからな。
参謀本部、軍令部の中堅は相当悪辣だった。


177 :
:2012/10/24(水) 22:51:49.28 ID:arVCC3HW0
ていうか、ネトウヨは「大日本帝国マンセー」を叫ぶ割には、戦前の日本が
帝国主義秩序の中で独立を脅かされるほどの弱小国だったと思ってるのかな?

戦前の日本は一応は列強の一角で、極東ではジャイアンを気取っていられる
地域大国なんだから、そうそう独立を脅かされたりするような弱小国では
無いんだけどな。田舎のジャイアン気取りが都会に出てきて好き放題はじめたから
ボコられただけ。スネオはスネオらしく振舞ってれば、元も子も無くさずに
済んだのに。


261 :
:2012/10/24(水) 23:23:26.39 ID:a2y1LGTD0
>>177
独立が危うかったのはタイだよな
ちなみにWW2のときもタイは中立国でいようとしたんだが、日本軍に進駐されて脅されて枢軸国側で参戦しました


178 :
:2012/10/24(水) 22:51:51.35 ID:6Q1ZoNKb0
結局アメリカも国共内戦で共産シンパにやられて市場放棄しちゃうし
毛沢東以外誰も得しなかったわ


182 :
:2012/10/24(水) 22:53:54.51 ID:+u5SdXHr0
さすがに命令する奴も竹槍で飛行機が落とせるとは思ってなかっただろ
精神論で押さえつける方が楽だからそんな事言ってただけ
自分は空襲が来たら真っ先に防空壕に逃げ込んでたはず


185 :
:2012/10/24(水) 22:54:53.86 ID:l6TKm5J0O
そういやナベツネは以前安倍ちゃんに、
玉砕やら特攻やらをさせた指導者がまつられてるから、靖国参拝に関しては考えが異なるって言ったらしいな


188 :
:2012/10/24(水) 22:55:35.44 ID:BPGHExDK0
ネトウヨって高級将校の立場で物言うからな
おまえらは戦前ならジャングルで餓死してる立場だよ


194 :
:2012/10/24(水) 22:57:16.59 ID:nRls6WhR0
大日本帝国
ちょっと軍事的に過去に成功したから目先の見栄と保身のために
若者を酷使して惨敗した

今の日本国
ちょっと経済的に過去に成功したから目先の利益と保身のために
若者を酷使して破綻する予定


199 :
:2012/10/24(水) 23:00:24.54 ID:BPGHExDK0
たしかにマスコミは一端全部つぶれるべきだった
ナチスマンセーしたドイツマスコミは全部つぶれたのに
日本のマスコミは存続して経営者も続投
アホカと
つくづく誰も責任取らない


200 :
:2012/10/24(水) 23:00:30.20 ID:ismI2k3u0
今の中国に拠点を移す企業と
WW2の中国に侵略する軍部が重なってしょうがない
中国肥え太らせてるだけじゃね?


208 :
:2012/10/24(水) 23:03:27.31 ID:BPGHExDK0
中国侵略は自民党政権でも認めてただろ
小泉談話とか


213 :
:2012/10/24(水) 23:05:55.45 ID:4u52/BBn0
誰も思ってねえよ

216 :
:2012/10/24(水) 23:06:41.62 ID:TsCbcNA20
マスコミも突然御用新聞になったわけじゃない。
白紅事件など細かい政府の介入が繰り返されて
ちょっとずつ骨抜きにされた。マスコミを問題視するならそこからたどっていかないと。


221 :
:2012/10/24(水) 23:08:44.59 ID:eyxznc8WP
勝つのも不可能だし退くのも不可能だってんなら
退くほう選べや


223 :
:2012/10/24(水) 23:09:23.30 ID:+6N8Pw+40
朝日新聞が極右だった時代

225 :
:2012/10/24(水) 23:10:11.35 ID:sEm3v69j0
イタリアやドイツなんかも日本と同じ様に今も他国から謝罪と賠償を
て言われてるんだろうか
あんまりそんなイメージ無いけど
ドイツなんかは東西分裂→統一→新ドイツで過去のしがらみはある程度清算したからもう良いよね
て感じなのかなあ


231 :
:2012/10/24(水) 23:11:56.81 ID:+z/9rPF00
>>225
ドイツにレイプされまくりなフランスは、未だにドイツ超嫌いだろ


226 :
:2012/10/24(水) 23:10:24.94 ID:YzE+d+cb0
天皇が普通に生きて崇められてんのが凄いな日本気持ち悪い

229 :
:2012/10/24(水) 23:10:44.84 ID:EU16IdzO0
近衛内閣が全部悪い軍部には弱腰中国には傲慢な態度
こいつらじゃなけば色々防げた


245 :
:2012/10/24(水) 23:17:31.33 ID:KIwwpGpK0
>>229
中央軍部の意向も
天皇の意向すらもお構いなしの火病原理主義軍人がいるからなあ。
そりゃ政治家も暗殺にビビる。


230 :
:2012/10/24(水) 23:11:03.50 ID:BPGHExDK0
戦前はまともな情報がないから国民が騙されたのはしょうがないとこあるが
情報のある今でさえ2chごときで簡単に洗脳されるネトウヨみたいな連中がいるからな
もし政府やらが本腰で工作して排外主義とか戦争煽ったら一発で世論は流されるだろうな


240 :
:2012/10/24(水) 23:15:52.38 ID:j69t0nu60
>>230
アラブの春みたいなネットを舞台した新たなアジテートもあったしね
ルワンダ虐殺やボスニア紛争でも煽動の怖さはシャレにならんものがあるね


232 :
:2012/10/24(水) 23:12:49.57 ID:TsCbcNA20
フランスの戦争の弱さは悪。絶対悪。

238 :
:2012/10/24(水) 23:14:46.59 ID:+uGgw3z80
政党の腐敗というか、軍部を抑えられないシステムを元老が設計してしまったところに
帝国の失敗がある

しかも、軍部は軍部で更にバラバラだし
(内閣の権限が)全然足りないじゃん・・・


239 :
:2012/10/24(水) 23:15:03.72 ID:4mjjqmqOP
何が悪いということを突き詰めると、官僚主導でやって来た明治以来の国家運営が行き詰まったという事かな
日露戦争くらいまでは巧くいっていたんだろうが


243 :
:2012/10/24(水) 23:16:59.57 ID:TsCbcNA20
いまのEUはいずれ他の経済圏も被る痛みを前倒ししてるだけ。

251 :
:2012/10/24(水) 23:19:52.72 ID:qWp7oLeZ0
借金で人生詰んだので、警官に殴り掛かって射殺してもらう論理

252 :
:2012/10/24(水) 23:20:17.30 ID:nRls6WhR0
そろそろ歴史の節目の時期っぽいけど
今回も世界大戦かい?それとも内戦やら革命かい?


253 :
:2012/10/24(水) 23:20:28.19 ID:4UGUUnBa0
江戸時代じゃ、
日本、中国、朝鮮のなかで、
日本の軍事力が突出して優れていた、
ということはなかった。

ようするに、素の実力はこの程度、ということ。

明治でそのバランスがくずれた。
日本が海外から危険なオモチャを沢山手に入れたからだ。

しかし、なんで、そんな危ないものを、
ポン、ポン、売ってくれたのだろうか。

それは、究極的に、日本の国益になったのだろうか。

今、答えが出ているような気がする。


256 :
:2012/10/24(水) 23:20:53.14 ID:+ppqQ7WY0
戦前に報道の自由があった国なんてないだろ

258 :
:2012/10/24(水) 23:21:56.10 ID:4u52/BBn0
アメリカなんて、現在でも大量破壊兵器あった云々で自由な言論体制だがデマに流された
結局、報道量とイメージよ


260 :
:2012/10/24(水) 23:23:14.33 ID:vp2lWL4lO
なぜお前らは2ちゃんねるをやめられないのか

263 :
:2012/10/24(水) 23:23:38.98 ID:KIwwpGpK0
結局、政府や軍部が
若い軍人を統制できなくなった時点で
帝国の滅亡は決まったようなもの


265 :
:2012/10/24(水) 23:24:18.19 ID:OKNxnsOc0
アメリカなんてどうでもいいそんなことより備蓄石油が無くなる

270 :
:2012/10/24(水) 23:26:06.85 ID:VK0TwPI60
国民が馬鹿だったの一言で終わり
WW2欧州戦線後終了後にチャーチルを落とした英国民を見習えよ
客観的に見て明らかに勝てない戦いに突っ込んだのは、結局のところ客観的に情勢を見て政府に意見できるレベルの能力を国民が持っていなかったから
今も大して変わらん
常に日和見主義だよ、この国の大衆は。民主主義国家として話にならない


279 :
:2012/10/24(水) 23:30:36.68 ID:+bW/CAzT0
>>270
国民が自分らの選択について責任感に乏しいからね。戦後見てもそうだし。
もしかして国家として発育不良で、成長力に乏しいんじゃない


280 :
:2012/10/24(水) 23:30:53.83 ID:7DJZGIaq0
>>270
「次はどこに投票すればいいんだ?」って2ちゃんに書き込んでる奴見るとつくづくそう思う
自分で判断して行動して責任を持つ、って意識無いのかな

ゆとり教育だの教育勅語だのいう前に、そのへんをしっかり叩き込めなかったのが
戦後教育最大の失敗


315 :
:2012/10/24(水) 23:45:40.72 ID:zqFEI2FQ0
>>270
ま、戦前は別に選挙結果で政権が変わるシステムじゃなかったからね


271 :
:2012/10/24(水) 23:26:23.02 ID:Us8d/CEA0
日独伊三国同盟なんかやらずに満州の権益をアメリカと山分けして対蘇防共に共同であたり
どれだけ国民党共産党から挑発されてもそれに乗らずに満州を占領し続ければよかった


273 :
:2012/10/24(水) 23:26:34.38 ID:bBGL24hCP
若い軍人だけでは暗殺事件なんて起こせないんだし
結局軍事官僚の権力闘争に国家が巻き込まれたってことですよね


287 :
:2012/10/24(水) 23:33:15.91 ID:+z/9rPF00
>>273
暗殺多発しとったよ
永田鉄山クラスで野垂れ死しとるから、個人的な粛清は流行りやった


274 :
:2012/10/24(水) 23:28:18.48 ID:qW30/YaY0
お前らは真面目に議論できるんだな
他の所だと日教組がどうとか朝鮮人が陰謀が朝日新聞がどうとかばっか目につくけど


275 :
:2012/10/24(水) 23:28:20.69 ID:TsCbcNA20
いま満州国が日本領だったら韓国に
「吉林省と黒竜江省は元は渤海の土地だから返せ」って言われてそうw


283 :
:2012/10/24(水) 23:31:21.87 ID:cOXaNGsf0
>>275
いや、高級官僚や閣僚がすべて朝鮮出身者になって
突然国号が大朝鮮帝国に変わるだけ


278 :
:2012/10/24(水) 23:29:36.26 ID:j69t0nu60
思想と宗教は判断力を曇らせる
自分の目と耳から以外の情報には全てバイアスが掛かってる
絶対に信用出来るソースなど無い


281 :
:2012/10/24(水) 23:31:05.99 ID:ar49c/a2O
世界革命なんて盲信した日蓮宗カルトの関東軍トップの石原→創価学会
空想家で頭空っぽのボンボン近衛→鳩山
近衛のブレーンだったのにコミンテルンで朝日新聞の尾崎→ブサヨ
政党政治家はワイロ大好きな金権腐敗→民主党に自民党
戦争でまともに反省しないで天皇が~だの、軍国主義が~だのと日本国民自身が責任逃れに終始した結果が歴史が繰り返す皮肉


286 :
:2012/10/24(水) 23:31:56.54 ID:9MQGZRu00
日露戦で明石に莫大な費用背負わせてレーニンにあげてレーニン自身も感謝してる中
シベリア出兵しちゃうアホ
明石の時の費用利用してアメリカ倒せばよかったのに


290 :
:2012/10/24(水) 23:34:41.06 ID:bBGL24hCP
>>286
アカとは天皇制は相容れないから大日本帝国的に無理だろ
レーニン支援はあくまでも日露戦争のためでソ連になって更なる脅威になっているのにこれ以上どうしろと


291 :
:2012/10/24(水) 23:35:19.49 ID:v0GENIVu0
戦後、何かのマスコミのインタビューで戦中当時の軍首脳部が
「なぜ戦艦大和出撃という無謀な作戦を強行したのですか」と問われて
「あの当時の空気ではああするしか無かった」と答えている。
この日本人を支配している「空気」なるものをどうにかしないとまた何かやらかすぞ。


293 :
:2012/10/24(水) 23:37:02.31 ID:0L69jHzj0
>>291
山本七平か。
もう何十年も前から言われてんのに何もしねぇってことは
直す気無いんじゃねぇの?もしくは治らない病みたいな。


295 :
:2012/10/24(水) 23:37:49.78 ID:+uGgw3z80
>>291
誰もリスク取りたがらないし、しゃーない


299 :
:2012/10/24(水) 23:38:28.64 ID:j69t0nu60
>>291
最近のネットの炎上とか叩きを見ると怖いものがあるよ
それが良いのか悪いのかワカランが怖い
ネットだと過去の発言も遡れるし


319 :
:2012/10/24(水) 23:47:16.41 ID:bAchKp7K0
>>291
大和あったら「まだ戦争できる!国民総出で内地で迎え撃つ!!」って騒ぐバカいるからね
大和は犠牲になったのだ・・・古くから続く日本の伝統、その犠牲にな・・・・・


294 :
:2012/10/24(水) 23:37:17.58 ID:c4mv6QVY0
神の国が負けるなんて誰も思わないだろ。

296 :
:2012/10/24(水) 23:38:03.96 ID:H49FaDM4P
天皇にすべてをおっかぶせて責任取らせればよかったのに

300 :
:2012/10/24(水) 23:38:35.81 ID:L4k7pzZW0
当時満州利権は黒龍会など右翼団体が必死に守ってたからな

301 :
:2012/10/24(水) 23:38:37.95 ID:VK0TwPI60
政府の武力の前には抵抗できなかったからだとか、治安維持法があったからだとか本気で言ってる奴がいたとしたらアホらしいわ
よく見返して考えてみろよ
日本でロシアの血の日曜日事件に匹敵するような惨劇がデモや集会で起こったことはあるか?
「民度」が高いで誤魔化すなよ。勝てない総力戦は内戦なんかより遥かに悲惨
なんとしてでも避けられるなら避けるべきで、そのためには国民がお上と戦うべきだったんだ


302 :
:2012/10/24(水) 23:38:41.19 ID:LKfYZgJG0
開戦前は民衆はものすげーアメリカを過小評価してたんだよね
軍部首脳はアメリカのポテンシャルを冷静に見てた

本当にやばかったのは民衆


303 :
:2012/10/24(水) 23:38:47.38 ID:AXF6dkmz0
後発国の運命でしょ
最後ははしご外されて時代の流れに乗れず終わり
明治維新の時点で日本の運命は決まってたのさ
今も結局同じことの繰り返し
まあ流行りに敏感な民族性だからね こういう国があってもいいでしょ


306 :
:2012/10/24(水) 23:39:08.70 ID:bBGL24hCP
まぁ富国強兵を掲げた時から
軍事国家なんだから
軍人の決断で国家が滅びるのはやむを得まいよ
北朝鮮と一緒の先軍政治やってるようなもんだから


313 :
:2012/10/24(水) 23:43:46.34 ID:l6TKm5J0O
ついこないだはオバマに熱狂してたしな

314 :
:2012/10/24(水) 23:44:35.26 ID:TsCbcNA20
軍部大臣が、参謀のトップより格下だったってのも、
今のアメリカの国防長官と統合参謀本部長の関係見るとき
異常だったんだなあというのがよくわかる。


318 :
:2012/10/24(水) 23:46:45.60 ID:+uGgw3z80
伊東巳代治とかいう隠れた戦犯

321 :
:2012/10/24(水) 23:47:32.62 ID:00/bcHDV0
勝てないまでも引き分けぐらいと思ったら
ボロクソに負けたでござる。


325 :
:2012/10/24(水) 23:49:00.40 ID:/6oVHf7J0
どうして日本は中国とロシアを隔てた大国と同盟を組んだのか

326 :
:2012/10/24(水) 23:49:02.05 ID:MAn8T2dD0
オバマに熱狂して、その後文句たれまくったって、ちゃんと任期満了させたじゃん
日本国民にはそういう責任感ないよ


329 :
:2012/10/24(水) 23:49:56.52 ID:7CAsDsBZ0
勝ったけどアメリカ人だって沢山死んでる
片足で尚且つ失明したアメリカ兵の動画見たけど悲惨だった
戦争なんてするもんじゃない


339 :
:2012/10/24(水) 23:53:22.52 ID:j69t0nu60
>>329
勝ってる限り戦争止めれないってジレンマはあるよね
戦争しなくても世界最強国家アメリカが未だ戦争ばっかしてるし


332 :
:2012/10/24(水) 23:50:28.68 ID:Fr+k+Hzd0
それまで負けたことがなかったせいで、
戦争すれば景気が良くなると脳天気に思ってた人も多いみたいよ
軍需産業が潤うから景気が良くなるのは事実みたい
ほとんど公共事業と一緒な考え方


335 :
:2012/10/24(水) 23:52:46.89 ID:TsCbcNA20
日清戦争のおかげで、京都大学と八幡製鉄所が出来て、
富国は勝ち取るもの、というイメージが定着してたのは間違いない。
それがための日比焼打ち。


336 :
:2012/10/24(水) 23:52:54.44 ID:CFBQkB7G0
中国と戦争してたら何故かアメリカに奇襲しかけてた
何を言ってるか解らないだろうが~、って、じっちゃん言ってたよ


346 :
:2012/10/24(水) 23:55:45.38 ID:zqFEI2FQ0
>>336
その中国だって
ロシアと戦争のつもりだったのが、気がつくと中国と戦争してたわけで


337 :
:2012/10/24(水) 23:53:15.80 ID:GMudWIFuP
大正時代の軍隊の規模は、今の自衛隊ぐらいの規模だったらしい。
だから選抜徴兵制といって、兵役年齢の人からクジ引きで入隊する人
を選んでいた。
当時の軍人は終身雇用じゃなかったから、士官学校を出ても40才から
リストラされる可能性があったという。
それで軍人が職にあぶれず、かつチヤホヤされる国にするためには
戦争を始める必要があったということだろう。


342 :
:2012/10/24(水) 23:54:35.28 ID:VK0TwPI60
選挙なしでも抵抗手段はあると思うけどね
デモやストライキ、最悪反乱やクーデターでもいい。本土決戦、総力戦、国土蹂躙と比べりゃ遥かにましだろう
日本にとってのアメリカとは、ソ連にとってのドイツ程に交渉が不可能で開戦は必至だったと言えるか?
俺はそうは思わないけれど


343 :
:2012/10/24(水) 23:54:47.05 ID:LfNLUbGJ0
今でも原発だのなんだのお上の意向で空気作られてそのまま突っ走ってるだろ
あんな感じだよあんな感じ。
やばいかもしれない……でも大丈夫な可能性もあるよね!
という何の根拠も無い空気に支えられてたわけよ


347 :
:2012/10/24(水) 23:56:10.10 ID:bBGL24hCP
ドイツが勝てば自動的に日本も勝ってた
ドイツが負けたら日本は世界でファシスト国家として孤立して終了
なのにソ連に行かないのはなぜなのか


348 :
:2012/10/24(水) 23:56:22.01 ID:AXF6dkmz0
流行に飛びつく国民性ってのは変えられないと思う
まあそれで上手くいく時もあるし・・・


352 :
:2012/10/24(水) 23:58:01.42 ID:Yv0ZEy8F0
今の底辺ネトウヨみたいなのがウジャウジャ居て、調子こいてたんだろうな

356 :
:2012/10/25(木) 00:00:30.30 ID:NV7TfP4z0
結局冷戦に移行する過渡期
世界的に植民地政策が終わろうとしていたという時期であった
とうことだな

勝ち負けはいろいろあるけど


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

名無しさん2015/12/05 (土) 21:18:43 ID:-
東郷みたいな明治の偉人が死んで歯止めがかけられる人間がいなかったのが大きい
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/971-24267e08