◆ New Entries

軍・マスコミ・大衆 太平洋戦争の真の戦犯は誰か 俺は大衆の同調圧力だと思う

自民党の石破茂幹事長は靖国神社への天皇陛下の親拝がA級戦犯合祀以来、なくなったとし、「この状況をいかに打開するか。政治家として真剣に思いを致さねばならない」と自身のブログで問題提起した。

昭和天皇はA級戦犯の靖国神社への合祀以来、親拝されていない。宮内庁長官だった富田朝彦氏の「昭和天皇の発言メモ」には昭和天皇が「わたしは、ある時に、A級が合祀され・・・あれ以来、参拝していない。
それがわたしの心だ」と記されていた。東京裁判で戦争指導者として責任訴追され、有罪となった東条英機、木村兵太郎らA級戦犯を合祀することをよしとされない立場だった。不快感を持っておられたという意見もある。
現在の天皇もその意を尊重されておられる。天皇の親拝は昭和50年11月が最後になった。

石破幹事長の主張は「靖国神社を建立した際の政府の国民に対する約束はいかなる人であっても戦争で散華した人は靖国神社に祀られる。天皇陛下が必ずご親拝下さるという2点であったはず。第1の約束は概ね果たされてはいても、第2については所謂A級戦犯が合祀されて以来、果たされていない状況が続いている」と、天皇陛下が靖国に親拝できるように打開策を探るべきだと提起している。

韓国や中国が総理や閣僚の靖国参拝を批判するのは特にA級戦犯を合祀する神社への参拝であることもある。

ただ、石破幹事長はA級戦犯について「国体の護持をひたすら願っていた所謂A級戦犯の思いと、先帝陛下、今上陛下の大御心を我々は心静かに考える必要があるように思われてなりません。国体が護持されたからこそ今日の日本があるのであって、その歴史を看過してこの問題を論じてはならないのだと思っております」と独自の持論を展開。

靖国神社は一宗教法人ではあるが、常に外交問題に関わる案件になっているだけに、A級戦犯の扱いをどうするのか、また政教分離の視点から英霊の無宗教施設での慰霊も含め、国会で議論していくことが必要な時期にきているのではないか。
http://www.zaikei.co.jp/article/20130806/144507.html


 
9 :
:2013/08/07(水) 21:47:04.84 ID:5k8UJwNZ0
政治家(大政翼賛会)
マスコミ・情報機関(日本通信社・満州国通信社(電通の前身))
軍部


11 :
:2013/08/07(水) 21:47:23.57 ID:Ks2HkL64O
天皇と大衆
大衆が戦争反対の朝日新聞に不買運動したくらい頭おかしかった


12 :
:2013/08/07(水) 21:47:55.93 ID:0RBdSgFeP
戦前は政治家の家に民衆が殴り込みかけたり、政治家は関東軍に暗殺されるんじゃないかとビクビクしてたりと現代とは世相がまったく違うので
単純に誰が悪いとは言いにくいんじゃね
政治も軍も同郷ネットワークで動く時代だったし


17 :
:2013/08/07(水) 21:52:03.73 ID:ZN8SgF3y0
>>12
すぐ「弱腰」「売国奴」「守銭奴」のレッテルが貼られて殺されてたからな、大正から大戦勃発に至るまで
政財界はテロルに怯えていた


14 :
:2013/08/07(水) 21:51:42.22 ID:C1rCH1un0
マスコミが煽ったんじゃないの?

16 :
:2013/08/07(水) 21:51:58.29 ID:SxjwP82B0
良かったんじゃない。どうせあのままでもTOPにはなれなかっただろ。
アメリカに勝って世界制覇する夢を一瞬でも見られたんだから。


18 :
:2013/08/07(水) 21:53:53.17 ID:/sOBN55N0
大衆をあおったのはマスコミです

245 :
:2013/08/07(水) 23:30:38.32 ID:DbeHaEKu0
>>18
煽られるような大衆が悪いんじゃねえの?
自分の考えがなく流されるような大衆


19 :
:2013/08/07(水) 21:54:42.15 ID:6oU2V45D0
簡単に煽られる大衆が悪い

21 :
:2013/08/07(水) 21:55:54.40 ID:ZM8CnzkFP
今あのときと同じ状況には絶対になりえないな
GHQはうまくやったもんだ


22 :
:2013/08/07(水) 21:56:51.99 ID:g4f858K+0
大衆の暴走に対する懸案はそれこそプラトンやアリストテレスの時代からあるわけで、
それを適切に制御する制度、つまりは憲法の失敗を問題とすべきだろう


23 :
:2013/08/07(水) 21:57:24.04 ID:3dN+MEOA0
天皇とか軍部とか言ってるけど間違いなく国民のせいだと思う
ただし太平洋戦争で日本が悪だとは思っていない
つまり当時の国民は満州があったせいかいまの国民より国際感覚がありその上での判断だからしようがない


25 :
:2013/08/07(水) 21:57:29.80 ID:7HIonsOe0
>国体の護持をひたすら願っていた所謂A級戦犯の思い

A級戦犯が願っていたのは省益だろうが
国体の護持を願っていれば満州を手放してでも戦争回避するだろ


27 :
:2013/08/07(水) 21:59:08.97 ID:oKrm4mJ+P
入ってくる情報が全部嘘ばっかな状況で正しい判断なんてできるわけないじゃん

28 :
:2013/08/07(水) 22:01:45.47 ID:qBfsBQ5W0
長野の新聞記者はバケツリレーの防空演習なんて戦略爆撃の前では無力という批判記事書いたら陸軍から赤紙がきた
海軍が止めたらしいけど


30 :
:2013/08/07(水) 22:03:44.31 ID:p9C5lPr40
>>28
本人は助かったけど、巻き添えで徴兵された同年代の中年兵は
ほぼ全員死亡だっけ?


29 :
:2013/08/07(水) 22:03:31.60 ID:IWOFT63m0
そりゃ、五族協和とか言ってたんだから
大衆は大義はある戦いだと思ってたろ
実際にはどうだったのかは歴史学者に任せる


31 :
:2013/08/07(水) 22:03:54.55 ID:yBvdl0chO
支那での麻薬売買で得た潤沢な工作資金をマスコミにバラ撒いて日支戦争を正当化する様に世論誘導させた陸軍と金に転んだ大新聞

34 :
:2013/08/07(水) 22:06:31.60 ID:HSOOfLcD0
それを作ったのは軍部とマスコミ

38 :
:2013/08/07(水) 22:08:29.68 ID:9YwguteJ0!
日露に勝ったのが原因
英米でのロビーがうまくいって支援を得てギリギリ勝てたのに
獲たものが小さすぎて国民の怒りがヤバかったからな
で、中国利権で一切譲歩できない世論になりアメリカが怒った


46 :
:2013/08/07(水) 22:13:43.27 ID:urSKh9n80
本土決戦して財閥の連中とか官僚とかが全滅すればこんな醜悪な国にはならなかっただろうに
ロシアや原爆にびびって降伏するとかサイテーだよね


47 :
:2013/08/07(水) 22:14:15.61 ID:ZoadrYrK0
竹やりでB29落とす訓練をさせていた軍部は狂人の集まり
月月火水木金金、欲しがりません勝つまでは、とか頭おかしい
精神論で腹は膨れず闘いに勝てない


49 :
:2013/08/07(水) 22:16:28.44 ID:sMPC/4SV0
少なくとも戦後すぐに勝者の裁きだけじゃ無くて日本人自らの手で
戦争責任を追求して罰する必要があったよな
GHQと言うかアメリカは反共に焦って戦犯訴追を緩めるわ国民は一億総懺悔とか言って
曖昧にするわ本来なら痛い目にあった当事者同士が決着を付けるべきだったんだよ
今更戦後レジームがどうたらこうたらとか言われても困る


51 :
:2013/08/07(水) 22:18:42.98 ID:ZN8SgF3y0
原敬とかあのあたりの暗殺事件から戦争終結までが暗黒時代のひとつの流れ

54 :
:2013/08/07(水) 22:19:36.13 ID:RtqqZaqE0
ガラパゴスな考え方は通用しない戦争が世界大戦だったと理解しよう
で、当時の同調圧力は、いわゆる流行
リア充が流行に乗り遅れないように切磋琢磨した結果だろうて


61 :
:2013/08/07(水) 22:24:18.43 ID:OSO8SpAJ0
その同調圧力だってマスコミが報道しなければ広まらないんだよな
結局はマスコミの存在が戦争を加速させてたんだよ
マスコミのない時代には起こりえない規模の戦争だ


62 :
:2013/08/07(水) 22:24:25.41 ID:rMw7rH380
陸軍省の偉い人が朝日新聞の偉い人と会って、料亭で説得した話しらんのか

65 :
:2013/08/07(水) 22:25:28.71 ID:f0T4mnaqO
軍部、財閥、革新官僚、皇族の複合体以外のなにがあんだ
国民なんかマスコミに煽られるだけの無力な存在だよ


67 :
:2013/08/07(水) 22:26:01.35 ID:zR5qfYyW0
あのとき主権者が責任をとらなかったから無責任体質が蔓延るようになってしまったのかね

68 :
:2013/08/07(水) 22:26:21.44 ID:2XEpoK/QO
老害は何十年解決できないでいるんだよ
以降の世代が迷惑千万するわ


69 :
:2013/08/07(水) 22:26:47.01 ID:SxjwP82B0
日中戦争を止められなかった時点で、日米戦の敗戦は決まってた。
だって絶対勝たなければいけないんだから、次々無理なことするよな。
もう限界まで無理なことしたのが日米戦だろ。
結局、戦争でも損切り出来なかったんだよ。
日中戦争を負けておけば良かったと思う。


70 :
:2013/08/07(水) 22:27:03.03 ID:OSO8SpAJ0
実際は軍部および政府、閣僚等→マスコミ→国民→最初に戻る(以下ループ)

74 :
:2013/08/07(水) 22:28:41.92 ID:a20xJpm10
>>70
つまり軍部専横のきっかけ「統帥権干犯」を持ち出した鳩山一郎が諸悪の根源


75 :
:2013/08/07(水) 22:28:55.18 ID:ItjkMMnOP
どう考えてもマスゴミだな

世論なんてマスゴミが捏造したもの
真の世論は選挙結果でしか出ない


77 :
:2013/08/07(水) 22:29:36.63 ID:f0T4mnaqO
社会主義的な本を持ってただけで官憲に拷問されてた時代に国民のせいは通用せんよ

79 :
:2013/08/07(水) 22:30:49.46 ID:ROLskKGzT
大東亜戦争か太平洋戦争で変わるだろ

80 :
:2013/08/07(水) 22:31:07.27 ID:B5HkVoEI0
天皇 軍 マスコミ 大衆

全員戦犯だが一番悪い奴は絶対責任をとらないし逃げる
これは今も昔も変わらない


81 :
:2013/08/07(水) 22:31:46.70 ID:lRRCtopk0
当時のネトウヨが最凶最悪

83 :
:2013/08/07(水) 22:32:09.59 ID:DS+wIk5+0
大東亜共栄圏なんて社会主義思想の産物だろうに…
共産主義者が捕まってたのはガチテロリストが多かったからだろ


84 :
:2013/08/07(水) 22:33:48.37 ID:SxjwP82B0
日中戦争が、名誉ある撤退する最後のチャンスだったんだろうな。
名誉ある撤退という名の敗戦を受け入れなかったせいで、国が破滅してしまった。


87 :
:2013/08/07(水) 22:35:17.99 ID:ytD9gpcW0
ちょっと前にもNHKで国民の戦争責任特集やってたなぁ
我が代表堂々退場す!なんて国民は拍手喝采で迎えてたし
何時の時代も無知な大衆ってのは目先に転がってる都合のいい情報しか手に取らない


97 :
:2013/08/07(水) 22:40:08.75 ID:p9C5lPr40
>>87
一昨年辺りのヤツ?
あれ当時の日本の首脳も拙かったけど、
歴史のターニングポイントでことごとく
日本に悪い目が出続けて運が悪かった
とでも言いたげで、イマイチだったな。


107 :
:2013/08/07(水) 22:45:58.04 ID:dn5Z+XvP0
>>87
退席直後の松岡は日本に帰ったら国中からボッコされるんじゃないかと怯えて
しばらくアメリカで様子見決め込んでたんだよな
あの松岡の想像以上に狂ってた当時の世論ワロス


88 :
:2013/08/07(水) 22:35:37.13 ID:g+yssFavP
その大衆を同調させて終戦日の前日の天声人語に
煽りの日記を書いたりするような会社が今も残ってるマスコミだと思う


89 :
:2013/08/07(水) 22:37:11.22 ID:RvpgoFzy0
実は国民なんだよな
天皇も政府も反対してた


96 :
:2013/08/07(水) 22:39:48.47 ID:OSO8SpAJ0
>>89
それは末期の状態だろ
お前らが2ちゃんで遊び半分で騒いでたらまとめサイトで拡散されて大炎上
おまえら素に戻ってドン引きっていうパターンと同じ


91 :
:2013/08/07(水) 22:38:21.17 ID:+D1Mba9N0
5、6年前の読売新聞終戦特集で
「今まで軍部に強制されて賛美記事書いた言ってたけど、実際調べたら自主的にやってたわwwwメンゴメンゴ」
ってのがあったな


93 :
:2013/08/07(水) 22:39:29.18 ID:f0T4mnaqO
こうやって大衆のせいにし国民を死地においやり
敗戦後も腹を切らずのうのうと生き延びた
A級戦犯のせいだろうな


100 :
:2013/08/07(水) 22:41:34.40 ID:SxjwP82B0
戦争は負ける方が難しいからな。
日中戦争の段階で、実は負けてます、と言える政治家、
国民が何を言おうが、あの戦争を終結出来てたら結果は変わってた。


101 :
:2013/08/07(水) 22:41:48.95 ID:+D1Mba9N0
勝利速報になるのは、苦戦とかの記事は「売れない」からだろ
大衆ってーのはいつの世も「見たいものしか見ない」


117 :
:2013/08/07(水) 22:49:04.49 ID:n0Xa0OuQ0
>>101
見たくないものに無理やり目を向けさせる教育ってもんがあってな
政府もそれを伝える気がなかったのは明らかだろ


102 :
:2013/08/07(水) 22:42:28.05 ID:r2edBxIR0
20年代~30年代初頭はシベリア出兵への反対とかワシントン軍縮会議マンセーとか反戦記事が盛り上がったけど
それ以降は反戦記事に対して不買運動やら脅迫やら圧力かけて売れなかったし壊滅したね


104 :
:2013/08/07(水) 22:43:48.55 ID:f0T4mnaqO
国家神道と大本営発表で洗脳しといて国民のせいってアホか

110 :
:2013/08/07(水) 22:46:50.89 ID:a20xJpm10
大正あたりから、非戦論者たちをテロルの標的にして脅かしたのは大衆だよ
うかつなことを言うとすぐ新聞に「弱腰」とか「売国奴」と書かれ、翌日にはナイフが飛んでくる
そりゃ剛毅なことしか言えなくなるわ


130 :
:2013/08/07(水) 22:53:59.24 ID:ytD9gpcW0
>>110
山本五十六も「うちの息子も学校でいじめられて家に投石されるんだろうなぁ」とか愚痴ってるからな
弱腰、共産主義者、売国奴の張り紙があれば暴力が容認されてた時代があった
ていうか戦前の政治家の被殺人率の高さは異常


113 :
:2013/08/07(水) 22:47:33.89 ID:sXd+1VEiP
天皇だろ
「原爆投下は仕方なかった」とかいうゴミだぞ
天皇のために自殺した日本人が何人いると思ってんだよ


116 :
:2013/08/07(水) 22:49:04.01 ID:4u0pzUkl0
軍縮と不況の波が来る
軍人は処遇の面でも世間的にも非常に厳しい状況に置かれる
どれくらい厳しかったというと「結婚するには、もう戦争しかない」というくらい厳しかったらしい
だから軍人は自己目的的に戦争へと向かっていった
半藤一利史観だとこんな感じ
もちろんマスコミも一般の人たちも軍に乗っかった


118 :
:2013/08/07(水) 22:49:11.46 ID:j26iPNJa0
同調圧力で動くような愚民が
イニシアチブ持っている訳無いだろ

馬鹿は発言しないでもらえるかな?


120 :
:2013/08/07(水) 22:50:13.36 ID:LUvb9dPi0
日中戦争に至った経緯が野蛮すぎるし
その頃から国民性も変わってない

この国が軍隊持ったら絶対道を間違えるわ


121 :
:2013/08/07(水) 22:50:24.00 ID:+BU0NUtZ0
ブサヨ教育に浸った人間は天皇だの軍部だのいうんだけどね
史実は全然違う
国民が中途半端に国際情勢に詳しかったせいか国民がヤル気満々だったんだよね


133 :
:2013/08/07(水) 22:55:20.54 ID:NEnrhfnw0
なんで当時の自民党も関知せんうちA級が合祀されたのか

当時の宮司と一部跳ね上がり退職高級官僚の陰謀だと言われている

異論はあろうが

この際、A級戦犯のご家族が自主的に分祀を申し出られて

ご家族で丁重に弔われたら如何であろうか


136 :
:2013/08/07(水) 22:56:15.29 ID:n0Xa0OuQ0
国民は勝利速報好んでそればっか見てたが、少なくとも政府は教育によって国民に事実を教えようとしてたってなら、国民が悪いと言えるだろうけどな、
政府がやってたのは日本良い国強い国、日露戦争大勝利、神風に守られた神の国、だろが


138 :
:2013/08/07(水) 22:56:37.12 ID:9XTVWD3g0
マスコミと国民に責任ないとはいわんが検閲に報道規制に脅迫なんかもあって正常な報道なんてできやしねえ
そしてマスコミ握られてる以上国民はろくに情報得られなかったわけで
やっぱり軍部が悪いじゃないか


148 :
:2013/08/07(水) 22:59:18.97 ID:a20xJpm10
>>138
軍部の要求以上の翼賛記事を書くから、紙の配給増やせと逆に軍部に圧力をかけていたのが
戦中の新聞屋だから


152 :
:2013/08/07(水) 22:59:56.82 ID:a+7cqRnF0
>>138
つまり、軍の統帥権をもつ天皇が、何もしなかったのが悪いんだと、俺は思うわ。
政治には憲法上、口を出せなかったけど、大元帥として軍に停戦命令を出すことはできたんだから。


140 :
:2013/08/07(水) 22:57:06.16 ID:Sij8u1VfO
意外に感じるかもしれないけど実はアメリカとは
昭和12年辺りまでは文化交流を盛んにやってたんだよな
だから当時の人達、特に都市部の人達は映画なんかを通じて
国力の差ってやつをよく知っていた
それだけに戦争が始まる直前までアメリカとガチンコで戦うなんて
夢にも思ってなかった、単に両者が吠え合っている様を見て
ゲーム感覚でエキサイトしていただけだったのが
現実化してしまって目を白黒だったわけよ


141 :
:2013/08/07(水) 22:57:13.30 ID:OSO8SpAJ0
一番の原因は明治政府にあるんだろうけど
日露戦争やら中途半端に勝っちまったせいで国民が調子づいたってのもあるだろうな
ロスケに勝ったんだからアメ公にも勝てるべ、みたいな楽観もあったのかな
なんにしても、昭和だけを切り取って政府、マスコミ、国民のどれが悪い、なんてことは語れないでしょ
少なくとも明治維新までさかのぼらないと


146 :
:2013/08/07(水) 22:58:59.06 ID:5+IiqvaR0
水ガソリン詐欺事件

戦う以前の問題として
政府・軍部・官僚の首脳が池沼なんだから・・・・
当然、国民も池沼


147 :
:2013/08/07(水) 22:59:04.24 ID:hU9ELtj+P
アメリカが戦争にもってこようと圧力かけられて戦争に踏み切った東条英機は
A級戦犯以外何者でもない


149 :
:2013/08/07(水) 22:59:22.10 ID:LUvb9dPi0
日本人の本性はプラスのネトウヨと変わらないと思うわ
米国の洗脳や左翼マスコミ日教組さんのおかげでどうにか良識的なフリができているだけで


150 :
:2013/08/07(水) 22:59:24.96 ID:A/viqPwO0
「ジャップ全員に責任がある」というのが正しい答え

153 :
:2013/08/07(水) 23:00:11.77 ID:63O8Cc6u0
こういうのは印象論じゃなくて歴史つぶさに見ていかんとぼんやりとした話しかでてこんぞ。
それこそ、麻生のようにナチスが全権委任通すにあたって無茶したのを知らずに、
民主的に独裁権確立したみたいな誤解を産む。


158 :
:2013/08/07(水) 23:04:08.06 ID:0RBdSgFeP
国家が真実を国民に知らせないといけないとか子供の理論抜かしてるアホいるけど
じゃあ現代の俺達は国家に都合の悪い真実をどれだけ知らされてるんだろうな
本当に都合の悪いことなんて今も昔も国は国民に隠すに決まってるだろ
それを前提として国民は自分たちで何が正しいのか正しくないのかをきちんと把握して、情勢を見極めていく必要がある
国家は国民の完全な見方でもなければ、国民は口開けていれば正しい情報を全て与えられるわけでもない


187 :
:2013/08/07(水) 23:10:41.96 ID:n0Xa0OuQ0
>>158
その努力をした上で、国民の側には限界があり、限界の無い(国民と比べて)政府の側には事実を伝える義務がある
国民の側はただ能力がないだけだが、事実を伝えない政府は悪と言えるだろ
そして、日本政府のやった事は日本は神の国宣伝で国民を聾座敷に置くことだった


161 :
:2013/08/07(水) 23:04:22.31 ID:7HIonsOe0
特高によって共産主義はおろか反戦運動や政府批判の言論まで取り締まっていたような状況で
国民世論が政府を動かしたというのは無理がある


162 :
:2013/08/07(水) 23:04:27.85 ID:f0T4mnaqO
ほんとに大衆のせいなら会社の倒産を若手社員どころか
消費者のせいにする社長や幹部みたいなクズが支配してたってことか


163 :
:2013/08/07(水) 23:04:39.34 ID:39g7GMjk0
おまえら毎日2ちゃんとかに中国・朝鮮と戦争しろって書き込んでるんだろ?
自発的か否かは知らんけど


165 :
:2013/08/07(水) 23:04:47.71 ID:hU9ELtj+P
新聞読んでないからわからんが
産経は右寄り
朝日は左寄り
毎日と読売はどっちなんだ?
なべつねが憲法改正に働きかけてるから読売は右でいいか?

大手新聞社は色がどうなってるのかわからん
朝日はわかる


167 :
:2013/08/07(水) 23:05:14.49 ID:IS2YPOV10
軍や政府による表現への規制は戦争が始まったあとだからね
これはどの国でもやっていることだしまあある程度はしようがない

まあ一度でいいから試しに「もしかして軍部や政府のせいではないのでは?」という視点を持って歴史を見たらいいよ

わりと面白いことがわかる


186 :
:2013/08/07(水) 23:10:36.29 ID:63O8Cc6u0
>>167
新聞紙法や出版法なんかによる規制は明治からあったろ。


169 :
:2013/08/07(水) 23:05:33.06 ID:1Q9DGQ580
朝鮮人を滅ぼすまでは戦争を止めてはいけなかった。

170 :
:2013/08/07(水) 23:05:32.69 ID:VRXJzksp0
賢ぶって、国民だマスコミだ言ってるアホがいるけど

どう考えても、日露戦争以降に増長しまくって、
しかも驕り高ぶり思考停止に陥った、
旧日本軍(陸軍、海軍どっちもだ)が一番悪いし、一番の原因、戦犯


177 :
:2013/08/07(水) 23:08:00.70 ID:4u0pzUkl0
ぽっぽがあそこまで売国なのは統帥権問題という鳩山家の業を背負っているから

180 :
:2013/08/07(水) 23:08:47.11 ID:WiUIlcf90
大衆の同調圧力じゃなく
政治家官僚たちの同調圧力でしょ
当時の責任者たちが、なぜ負けるとわかってる戦争へ突っ込んでいったのかと聞かれて
「そういう空気だったから」的なことを言ったやつが多かったと
山本七平の空気の研究とかにあるが


182 :
:2013/08/07(水) 23:08:59.77 ID:8zTfEPeT0
政治家が暗殺事件等で萎縮、完全に軍の言いなり
軍が暴走
それを後押しするマスコミ
マスコミに扇動されて軍を後押しする国民

軍の目的は金と資源と利権

こんなとこだと妄想


184 :
:2013/08/07(水) 23:09:37.08 ID:WwlJGMJA0
男だけとはいえ参政権あったのに馬鹿な政治家に投票して
国民が自分で首締めた


188 :
:2013/08/07(水) 23:11:39.81 ID:waxvC0mo0
日露戦争で賠償金とれないのおかしいとかいいだした奴は誰何?

戦争ふっかけて金を強奪とか強盗そのものだと思うんだけどw


189 :
:2013/08/07(水) 23:11:40.39 ID:ZgY8S1dlP
統帥権とは何だったのか

190 :
:2013/08/07(水) 23:12:42.34 ID:4u0pzUkl0
アメリカ相手にするのはやべーよって言ったら、偉い軍人でもぶち殺される世の中だったからなぁ

これは戦前から終戦まで続いて、昭和天皇がもう戦争やめるって言ってるのに、
玉音放送させないためにクーデター紛いの事件まで起こるんだから、もうどうにもならなかったと思う


191 :
:2013/08/07(水) 23:12:51.23 ID:WwlJGMJA0
マスコミに簡単に煽られてその気になってしまう馬鹿な大衆
今も変わらんけど


192 :
:2013/08/07(水) 23:13:49.38 ID:u6i+N5giP
軍がマスコミを煽って
マスコミが大衆を煽って
大衆が軍を煽って
軍がマスコミを煽る


194 :
:2013/08/07(水) 23:14:10.86 ID:XZb3/6Xj0
いろんな原因があるが、やっぱり最大の過失は
当時の軍の体質にあったのは明らかだろう
暴力を行使する組織ってのは何時の時代も強い


200 :
:2013/08/07(水) 23:15:56.66 ID:a20xJpm10
>>194
「弱腰」の言論人・政治家や「売国奴」を排除するためなら軍による暴力の行使が容認される
そういう世論はその前々からの政財界人暗殺事件で既に醸成されていたんだよ


204 :
:2013/08/07(水) 23:17:43.41 ID:M4F2oyNn0
すべての民衆に叡智が理想
民衆は貪欲に探求すべき

民衆あほ、集権増長、マスコミ形骸コレのスパイラルを止めないとね


206 :
:2013/08/07(水) 23:18:43.63 ID:XZb3/6Xj0
江戸時代は軍事国家だった
それ以前の鎌倉室町でも日本は軍政を続けてきた軍事国家だ
明治になって急激に欧米の猿真似したところで
国家の体質なんてのは早々変わらないものだよ


216 :
:2013/08/07(水) 23:22:00.52 ID:f0T4mnaqO
原発の汚染水が漏れてるけど最終的にはこうやって国民のせいにして上層部は誰も責任をとらず逃げるつもりだろうな

217 :
:2013/08/07(水) 23:22:05.91 ID:ytD9gpcW0
なんつーか全部軍が悪い序奏部が悪いってナチスに全部の戦争責任押し付けてるドイツと変わらんね
敗戦国は似るものなのか


225 :
:2013/08/07(水) 23:23:53.78 ID:XZb3/6Xj0
>>217
敗戦で戦争責任とった連中なんて一人も居ないぞ
東京裁判はあくまで連合国側の裁判であって
日本国民が裁いた裁判じゃない


228 :
:2013/08/07(水) 23:24:25.32 ID:WiUIlcf90
>>217
責任者ってのはげんにいるから
誰かが責任とらなきゃならないし、押し付けられるのも仕方ないことだと思うぞ
で、日本はいうほど全部押し付けてないと思う
一億総ざんげ論出たり、A級戦犯の名誉回復とかの声も出たみたいだし


219 :
:2013/08/07(水) 23:22:35.41 ID:/jTk3sIe0
 利用するために煽ったら止まらなくなって、スパイラル的に追い立てられて
いった軍やマスコミの方がまず重罪だと思うけどね。


220 :
:2013/08/07(水) 23:23:05.92 ID:hcOl2dXs0
×戦犯
○敗戦責任者


232 :
:2013/08/07(水) 23:26:04.33 ID:XZb3/6Xj0
今の日本にはアメリカがいるから民主国家の体裁が
保たれてるだけなんだろうな

日本だけに自主独立なんてさせたらまた軍事国家に逆戻り
するのは火を見るより明らか


246 :
:2013/08/07(水) 23:31:06.19 ID:aHeEsWVYO
保護貿易をやりたがった財界の陰謀
金主なんだから逆らえないわ


247 :
:2013/08/07(水) 23:31:31.22 ID:7HIonsOe0
真の戦犯が誰かわからないのが日本という国だと思う

278 :
:2013/08/07(水) 23:41:39.01 ID:63O8Cc6u0
>>247
天皇・軍・官僚っていう統治機構内部のごにょごにょで決まってったからな。
ドイツやイタリアの場合はナチスなりファシスタなりの政党が主導したから
その政党及びトップが責任を負うって形が非常にわかりやすいけど。


251 :
:2013/08/07(水) 23:32:27.89 ID:WiUIlcf90
まあ、教育はなあ
今の政治的無関心も肝は教育だからな
20歳までろくに政治についての教育されずに
はい、参政権とか言われても、「は?」だろう


258 :
:2013/08/07(水) 23:34:56.12 ID:iQ7PG5ee0
>>251
なんか知らんうちに若者のせいにして、原因作ったやつ等は知らん振りしてるからな


257 :
:2013/08/07(水) 23:34:48.13 ID:gETAb6Ub0
俺たちはメディアの中で井の中の蛙しているだけなんだよ

266 :
:2013/08/07(水) 23:38:56.40 ID:qUDh8DLiP
情報が修正制限される中で国民に大局的な判断をしろと言うのは無理がある
けど今の中国なんて、インターネット時代にも関わらずあの有様で
そこから愚考するのは、教育で刷り込まれた知識の重さと
結局人は、真実よりも信じたい情報を選択してしまう程度の生き物なのでは無いかと言う虚脱感


268 :
:2013/08/07(水) 23:39:16.60 ID:p97F0cKt0
普通に海軍だろ
ハワイ奇襲で勝てると思ったバカ海軍がトリガーを引いた


275 :
:2013/08/07(水) 23:40:08.16 ID:XZb3/6Xj0
100年くらい立ったら
当時の国民が原発を望んだ、とか刷り込まれてそうだな

原発問題とまったく同じ構造だと思うけどね、当時も
東電が軍に置き換わっただけで


276 :
:2013/08/07(水) 23:40:43.05 ID:LUvb9dPi0
軍部が悪い大衆が悪いって言い合ってもしょうがないだろう
軍部も大衆も精神性は大して変わってないし


291 :
:2013/08/07(水) 23:44:04.65 ID:6oU2V45D0
>>276
「軍部が悪い」論は大抵の場合、大衆は犠牲者ということになってるから


277 :
:2013/08/07(水) 23:40:56.22 ID:Yfvo9DG/0
根本にアメリカ
発端はメディア

こんなもんじゃね?


279 :
:2013/08/07(水) 23:41:40.37 ID:t3sTSBQx0
日本の「空気」が一番の戦犯だよ

280 :
:2013/08/07(水) 23:41:41.91 ID:j26iPNJa0
じゃあ締めていいかな?

予想しない協力者のおかげで
この上ない説得力を持って正解を提示しよう

真の戦犯は「愚かさ」
同時の日本の愚かさこそが
真の戦犯だったわけだ

まぁ、かといって今の日本がどれ程賢くなった訳でもないんだけどね


282 :
:2013/08/07(水) 23:42:16.44 ID:qcerNTBp0
海軍が暴走せずに陸軍と協力してフィリピンを奪って米軍を迎え撃っていれば
もうちょっとマシな結果になったはず
あわよくば引き分け程度だけど


284 :
:2013/08/07(水) 23:42:54.66 ID:LUvb9dPi0
2chを見てれば日本人の性根がいかに腐っているかよく分かる

290 :
:2013/08/07(水) 23:43:52.31 ID:+D1Mba9N0
究極的には「誰が悪い」というより「みんな悪い」でしかないんだよ
だから名誉回復も迅速に行われた
一部のせいでなくみんなのせいとわかってるから


292 :
:2013/08/07(水) 23:44:06.24 ID:Bm+I2uLD0
つーか戦争で何かを変えようとして
結果色々変わったんだから結果Okじゃね?

勝つつもりで戦争起こした奴がいるなら間違ったそいつが馬鹿だっただけで


295 :
:2013/08/07(水) 23:45:50.74 ID:XZb3/6Xj0
国民が煽ったからっていうけど
煽ったから無茶苦茶やっていいなんて
どういう理屈なんだよw

煽ったら殺人しても許されるのかよ、日本では


299 :
:2013/08/07(水) 23:47:14.51 ID:a20xJpm10
>>295
1920年代は普通正義のための殺人が横行してましたが


300 :
:2013/08/07(水) 23:47:27.60 ID:WiUIlcf90
日本の悪いとこだけどね
みんなが悪い、か
あるいは誰も悪くないになりがちなのは
こんなもん、多くは上の人間の責任逃れの言説でしかないと思うけど
そして、人間できてる奴は俺たちが悪いとか責任はトップの俺にとかいう


303 :
:2013/08/07(水) 23:48:21.91 ID:gETAb6Ub0
何が悪いかなんて確定できんのかね?
二元的な思考の行きつく先については
ナチスの手口を学んで見たらどうかね?


305 :
:2013/08/07(水) 23:48:47.89 ID:WAb4METZ0
今のジャップと同じじゃん敗戦から目を背け原発事故から目を背けまーた同じ流れになってやがる

306 :
:2013/08/07(水) 23:48:58.20 ID:t1447rqV0
昔はマスコミが大衆を操ることができたけど今は違うよな
ネットで真実を知った今の大衆はそう簡単に操られないぜ!
マスコミざまあ!


308 :
:2013/08/07(水) 23:49:19.27 ID:6H+imPfC0
同調圧力ではないよ
昔の日本人は戦後の日本人とは違う

だけれども国民が国際情勢から判断して戦争を支持したのは間違いない
ただしその判断は仕方なかっただろう
いまだって例えばTPP以上の植民地条約を結んだ上に九州を寄越さなければ
全ての輸出入を止めると言われれば戦争を考えるだろう

あのときの日本は悪意の前にとっくに詰んでいたんだよ


314 :
:2013/08/07(水) 23:51:13.11 ID:9BsJKSbn0
>>308
第一次世界大戦が終わったのに中国に戦争しかけてる日本がどう見たって悪いし、それが今の体制


310 :
:2013/08/07(水) 23:49:40.26 ID:f0T4mnaqO
岸信助、松方洋右、石原完爾に国民が拡大路線を止めるよう懇願したって銃殺されるのが落ちだろwww

316 :
:2013/08/07(水) 23:52:18.81 ID:cgoN62/F0
戦争前と戦争中の朝日の記事は学校で教えるレベルで国民煽ってたよね
なんであいつ等、今も堂々と商売してんのwww


326 :
:2013/08/07(水) 23:58:36.93 ID:Y3DdAojm0
毒親の連鎖
元をたどると徳川家のせい
全て家康が悪い


328 :
:2013/08/07(水) 23:59:32.08 ID:BJvOFYyI0
聞き分けが良すぎるというのも問題点だわな
ビビリだから問題意識は常にある癖に自分らで自分の首を絞める事が大好き
今も昔も同調圧力が強すぎて小狡い奴が作った空気に解っていながら乗ってしまう


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

名無しさん2013/08/09 (金) 08:29:20 ID:-
愚かさ?結果論だろそんなの。
赤化と戦ったよ最初は
メリケンが難癖つけて参戦してきてからいろいろ拗らせたようにも思えたけど
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/8308-744cd0e1