◆ New Entries

日本ってどこも似たような風景ばかりで旅行がつまんねぇよなw


hrVIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


 
7 :
2017/08/14(月) 11:07:15.21
日本はすべてが安っぽい

10 :
2017/08/14(月) 11:09:19.57
チョンがなにを偉そうに

14 :
2017/08/14(月) 11:10:17.17
そもそも比較対象となる日本の外出たことなさそうなのばっかでワロタ

16 :
2017/08/14(月) 11:10:52.69
コミュ症で外出そのものが苦手なおまえらが旅行を語るとかどんな冗談だよ

17 :
2017/08/14(月) 11:10:53.35
景観が最悪なんだよ、自然も汚い
なんだあのクソダサい家の屋根
欧米みたいな美しい街並みは皆無


21 :
2017/08/14(月) 11:12:03.35
>>17
心が汚いと何見ても汚く見える


47 :
2017/08/14(月) 11:16:49.08
>>17
欧米って大雑把にくくって具体的な地名が出てこないところ
パリ症候群みたいになって妄想で語ってるやつだ


20 :
2017/08/14(月) 11:11:26.06
ガチ田舎に行けよ意外と面白いぞ

41 :
2017/08/14(月) 11:15:44.68
>>20
ガチ田舎うろうろしてたら職務質問されるだろ


22 :
2017/08/14(月) 11:12:18.85
アメリカみたいについに来たか!みたいな感じがない
田舎→田舎の旅行も似たような感じだから感動がないんだよなこの国は


101 :
2017/08/14(月) 11:27:29.62
>>22
それは逆にも言える事だし


23 :
2017/08/14(月) 11:12:27.91
どこ行ってもコンビニがあるから
風景が同じに見える
あと住宅も今は規格住宅になってるから、みんな同じ
昔は地方によって家の造りも違っていて面白かった


27 :
2017/08/14(月) 11:13:16.40
流石に目が腐ってる

37 :
2017/08/14(月) 11:15:10.37
景色ってそんなに重要?
お前ら5分で飽きるやん


45 :
2017/08/14(月) 11:16:24.40
イオンとドンキ潰せ

49 :
2017/08/14(月) 11:16:54.84
日本は景観が糞なんだよー(引きこもってGoogleマップポチポチ)

185 :
2017/08/14(月) 11:48:42.19
>>49
経済最優先で来たからな景観なんて気にしたら何言ってんの?って世界

それで日本人の美意識は高いとか笑わせるよなあ

毎度言ってるけど日本橋の上に高速ぶっ通す国だから


50 :
2017/08/14(月) 11:17:09.34
どこの国もその国内だけなら似た風景だらけじゃね

56 :
2017/08/14(月) 11:19:10.66
韓国とかは日本より少し狭いはずなのに多彩なんだよな、景観も料理も

72 :
2017/08/14(月) 11:22:13.96
>>56
申し訳ないがそれは無い


155 :
2017/08/14(月) 11:39:57.47
>>56
お前絶対行ったことないだろ
あそこマジで何もないぞ


57 :
2017/08/14(月) 11:19:11.04
京都も奈良もクソやからなぁ

62 :
2017/08/14(月) 11:20:22.55
写真で見て凄いなって思っていってみたらしょぼすぎ
このパターンが多すぎ


63 :
2017/08/14(月) 11:20:30.08
イオン!ドンキ!サイゼ!コンビニ!
地方はマジで酷い


67 :
2017/08/14(月) 11:21:03.47
マイカーあるなら峠ドライブおすすめ
すれ違い困難な酷道とかに出くわして下手なアトラクションより楽しめるぞ👼


70 :
2017/08/14(月) 11:21:47.48
旅行がつまらんという話題で
出てくるのが電柱や看板ってのもよう分からんな
別に街見に行くために旅行するわけじゃないだろ


86 :
2017/08/14(月) 11:24:56.10
>>70
観光地は電線電柱へってきてるな
地方はしらんが


74 :
2017/08/14(月) 11:22:31.72
だって沖縄のメシ不味いもんwww

79 :
2017/08/14(月) 11:23:28.71
ハァ?w街見るのも楽しみの一つだろw

エアプかよw


81 :
2017/08/14(月) 11:23:44.69
住宅のデザインがセンスない

85 :
2017/08/14(月) 11:24:33.70
京都の風景ですらクソw
外国人にも失望されるショボい景観


87 :
2017/08/14(月) 11:25:02.51
そうでもないぞ
福島出身だが長野は一面山で全然風景違うし
新潟の田んぼしかない平野、北陸の海沿いの景色も素晴らしい。東尋坊とかすごく綺麗だった
東京や大阪の夜の街もまた違った趣があるし古都の京都、奈良も全然違う雰囲気があるし
沖縄や北海道は言わずもがな

もちろん海を越えて別の国に行けば比べ物にならないインパクトがあるが
それは最初だけで一つの国を回っていれば段々飽きてくる
日本は観光資源が多い国だと思う


89 :
2017/08/14(月) 11:25:36.66
沖縄とか京都とか行けばそれなりに風景の違いはあるんじゃねーか?

90 :
2017/08/14(月) 11:25:49.32
関西はいい意味でも悪い意味でも街に特徴あるから歩くと楽しいぞ

91 :
2017/08/14(月) 11:25:55.32
海と川と山もどこ行っても代わり映えしない、歴史的建築物も似たような寺と神社しかない
とかいう話ならまだわかる、それでも不見識だし、言うほど見てないだろとは思うけど

町田の住宅だのってw
お前、旅行なんか興味すらないだろ


96 :
2017/08/14(月) 11:26:38.01
チェーン店の名前が少し変わるだけ

98 :
2017/08/14(月) 11:26:45.97
この時期は南の方ではもう稲刈りが終わってるから全然似てない

99 :
2017/08/14(月) 11:26:59.24
貧乏くさいよな

100 :
2017/08/14(月) 11:27:26.08
四国とかは土人の集落感を体験できるんじゃないの

まず行く用事が思いつかねえけど


102 :
2017/08/14(月) 11:27:48.84
どこも汚ねぇガムポイ捨てした跡みたいの残ってるな

112 :
2017/08/14(月) 11:29:36.83
旅館もつまらない
食事セットにされると最悪


119 :
2017/08/14(月) 11:31:30.09
コンクリート打ち放しの家のシミがいやだ あれは汚いわ

121 :
2017/08/14(月) 11:32:09.84
統一感なんて知らんって国だし
自動販売機は観光地で見た目変えてるけど


125 :
2017/08/14(月) 11:32:48.21
インフラが整ったとこしかいかなからだろ
北海道や地方の辺鄙な場所、山奥、離島とか探せばいくらでもあるだろ
海外旅行する時はそういう苦労して観光しても、国内旅行ではありきたりなとこ行くやつが多いんだよなあ


126 :
2017/08/14(月) 11:33:00.50
海外も似たような景色の連続なんだが
ケンモメンは知らないだろうな


130 :
2017/08/14(月) 11:33:28.29
田舎に来ると間違った都会信仰を実感するは
建物は都会より立派だけど人間が絶望的に安っぽいからtoo machなのよ


138 :
2017/08/14(月) 11:36:08.14
せっかくの景観もあっちこっちに立ってるクソみたいな説明看板とか
どうでもいいものしか売ってないお土産屋とかで台無し


142 :
2017/08/14(月) 11:36:37.73
その国で風景が大きく変わる国ってどこだ?

アメリカ行っても幹線道路沿いは
ウォルマートとマックとバーキンばかり。

フランス行っても、フランスの中では似たような街並みが続くぞ。


147 :
2017/08/14(月) 11:38:08.68
観光地は土人ジャップがぼったくってるから不快だし

154 :
2017/08/14(月) 11:39:56.55
仮に自分が地方の田舎に住んでたとしたら初めて東京の原宿や新宿や渋谷や秋葉原に行ったり
東京の電車乗ったりしたら感動すると思う

外人も原宿の竹下通りとか渋谷のスクランブル交差点とか見ると感動するらしいな


172 :
2017/08/14(月) 11:45:22.19
>>154
TVで流れまくってるから感動なんてないで


192 :
2017/08/14(月) 11:51:13.92
>>154
人多いなくらいしか思わなかったぞ
田舎者だけどガチな田舎の方が感動する


157 :
2017/08/14(月) 11:40:34.56
九州も沖縄もあんま変わんねーな
沖縄は本島以外の先までいけば変わるけど


158 :
2017/08/14(月) 11:40:34.82
そうか?

早めの夏休み取らされて暇だったから無駄に18きっぷで東京から小倉まで行ったけど
車窓から眺めてるだけでも結構面白かったぞ


167 :
2017/08/14(月) 11:43:19.96
チョンモメンって旅行に対してなんか変な幻想抱いてるよね
ゲーム脳っていうかテレビ脳っていうか


174 :
2017/08/14(月) 11:45:41.07
ジャップは海沿いの道を走っても山々山々海未海未たまに漁村だからな
つまらん

欧米なら、人魚やネッシーが挨拶してくるのに…


188 :
2017/08/14(月) 11:49:38.98
ジャップ各地にある重伝建地区の範囲が狭すぎるw
ちょっと行くとすぐに薄汚いジャップ建物が目に入るし
世界遺産がバッファ地域を要求する理由がよく分かるぜ


189 :
2017/08/14(月) 11:49:58.21
YOUは何しに日本へって番組でインドとか世界回ってるバックパッカーが日本に来て一周するからそれに密着してたけど
一週間くらいで帰っちゃったな
そういう気分もあるって言ってたけど飽きちゃったんだろうな
インドとか回ってる人間に日本は刺激が無さすぎる
どこ行っても整備された同じ風景


190 :
2017/08/14(月) 11:49:58.35
西洋式建築とか帝冠様式の街並みに住みたかった
昭和初期の東京とかかなり綺麗やん、今よりずっといい
モダニズム建築はクソ


194 :
2017/08/14(月) 11:52:31.08
九州行ったときのがっかり感は異常

196 :
2017/08/14(月) 11:53:25.21
福島の只見町は秘境だった
京都の保津峡も良かった


198 :
2017/08/14(月) 11:53:55.16
整備され過ぎてつまらん

199 :
2017/08/14(月) 11:54:07.51
東北自動車道走ると、途中から景色が変わってくる
針葉樹が多くて怖い感じ


202 :
2017/08/14(月) 11:55:52.64
どこいっても同じ風景
同じコンビニ同じデパート
まあある意味ジャップらしいか…


203 :
2017/08/14(月) 11:56:05.55
景色は本当にクソゴミ
御苦笑の戸建てがワラワラ建ってて本当に哀れだわ


204 :
2017/08/14(月) 11:56:32.49
景色はゴミ(ネットの情報から)

205 :
2017/08/14(月) 11:56:51.62
車で日本一周したけど
マジでどこも同じ風景でつまらなかったなー


206 :
2017/08/14(月) 11:57:49.78
田舎がない人でも遠い親戚とかクソ田舎に1人ぐらい居るだろう
そのへん抑えといてたまに遊び行くと楽しいよ

日本は8割が山で秘境や泉、滝壺が溢れてるこれは凄いんだよ街の隣に秘境がゴロゴロしてるコレはCWニコルも言っていたよ


208 :
2017/08/14(月) 11:58:23.24
韓国へ行けばいんじゃないですかね

213 :
2017/08/14(月) 11:59:19.65
>>208
お前いっつも韓国のことばっかり考えてるよな…w


209 :
2017/08/14(月) 11:58:27.01
よくわかんねーけど何処いったんだ?
この前四国→紀伊半島回ってきたが
海と山しかなかったが


216 :
2017/08/14(月) 12:00:22.44
同意だけど京都大阪神戸まわったらさすがに違い感じるだろ

219 :
2017/08/14(月) 12:01:31.60
海外旅行だと旅行会社がしっかり考えた観光地を回るし、日本に来てる海外からの旅行者も北は北海道から東京富士山京都沖縄と目まぐるしく旅行するもんだ
住宅街がどうとか行ってるアホは旅行を近所の散歩かなんかだと思ってのか


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

2017/08/14 (月) 13:32:19 ID:-
なんだかんだいって知床なんで見た事ないんだろうな。まあ君らが見る必要もないと思うけどね。
名無しさん2017/08/14 (月) 15:44:51 ID:-
長野県や東北や北海道の車載動画を見てると雪のおかげか山に下草が少なくて綺麗だなぁと思う
名無しさん2017/08/14 (月) 15:47:54 ID:-
どんな場所でもその場所にまつわる歴史があるんだから
そういったものに思いを馳せながら眺めないとどこ行ってもそうなるよ
mymnnague2017/09/25 (月) 09:05:19 ID:-
ロータリー皮子(かはご)を負へる下人 もうこの橋を越えさへすれば、すぐに町でございます。 ギリシャ人ポルノは同じ場所ですが、代わりに男性の、性的に仕事役者は女性であるマッチングボタン付きチョコレート 人間は決して忘れないことを立派なディテールでいっぱいの体格の一部をBADDESTする野心、解剖の襞の豊かな教員が出現することがあります我々はどのように我々はアイテムの説明とともに写真を使用してオブジェクトの一貫性を保証することができ
mymnnague2017/09/25 (月) 09:09:38 ID:-
ロータリー皮子(かはご)を負へる下人 もうこの橋を越えさへすれば、すぐに町でございます。 ギリシャ人ポルノは同じ場所ですが、代わりに男性の、性的に仕事役者は女性であるマッチングボタン付きチョコレート 人間は決して忘れないことを立派なディテールでいっぱいの体格の一部をBADDESTする野心、解剖の襞の豊かな教員が出現することがあります我々はどのように我々はアイテムの説明とともに写真を使用してオブジェクトの一貫性を保証することができ
mymnnague2017/09/25 (月) 09:10:02 ID:-
ロータリー皮子(かはご)を負へる下人 もうこの橋を越えさへすれば、すぐに町でございます。 ギリシャ人ポルノは同じ場所ですが、代わりに男性の、性的に仕事役者は女性であるマッチングボタン付きチョコレート 人間は決して忘れないことを立派なディテールでいっぱいの体格の一部をBADDESTする野心、解剖の襞の豊かな教員が出現することがあります我々はどのように我々はアイテムの説明とともに写真を使用してオブジェクトの一貫性を保証することができ
darmSpeavavet2017/09/25 (月) 23:19:15 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/09/26 (火) 23:16:37 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
名無しさん2017/09/30 (土) 16:36:01 ID:-
地方銀行とかの看板でその土地らしさを感じる
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/65325-866072c8