◆ New Entries

漫画家「某児童漫画雑誌の編集によるパワハラが酷い」→ブログタイトル「ボロボロコミック」

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/03/30(土) 22:39:17.02 ID:m3VGXqVB0 ?PLT(14072) ポイント特典
ボロボロコミック

2013年03月28日 12:23
あんまり身近で内輪な事を書きたくはないのだが、あまりにひどいんで。

俺のつきあいのある作家が某児童漫画雑誌で描いているのだが、担当編集者のパワハラがひどい。

まだ若い編集者らしいのだが俺たちがどんなにきつい思いをして仕事をしているかまるで眼中にないようだ。
普通担当編集者は作品のクオリティを上げるための努力を作家がするなら多少の締め切りの駆け引きはする。
遅れた時など印刷所を待たせる交渉だってする。
が、この担当は自分の決めた時間に上げないと「切れる」。

理不尽に怒るのだ。

あげく「編集部にまで謝りに来い」とのたまう。最初それを聞かされた時ただ「?」と思ったよ。
当たり前だ。数日間眠らずに原稿を上げた作家にそのまま編集部まで来させて何か意味があるのか?打ち合せも何もなく、ただ謝るためだけに、って。締め切りに遅れて謝らなくちゃいけないなら俺の師匠は一体どうすりゃいいんだ?二三時間ほど遅れただけで、しかもデータ入稿のためウェブストレージに上げたそれを半日経ってもダウンロードしない、って何よ?まだスケジュール余裕があるって事じゃん。
しかも「時間までに上げる約束すら果たせない、そんなだからお前の漫画はつまらないんだよ」って意味分からん。
(むしろ倫理的にどうかという作家の方がおもしろい作品を描く傾向があったりするのにだ)「お前の代わりなんかいくらでもいる」とか「もうお前には描かせない」とか、完全に編集と作家の立場を奴隷と主人みたいに勘違いしている。


 
17 :
:2013/03/30(土) 22:55:52.18 ID:hzhT6BPs0
また小学館かよ

4 :
:2013/03/30(土) 22:44:10.03 ID:dsgNO/l40
>その昔「私立探偵レイモンド」という作品で少年サンデーからデビューし
>その後描いたり描かなかったりという業界に於ける生ける屍のような
>仕事っぷりを見せつけるいい加減なマンガ家

どう考えてもまた小○館じゃねーか


7 :
:2013/03/30(土) 22:47:17.09 ID:U2DJF4rFP
そりゃ納期に遅れたら怒られるのは当たり前じゃないの。
漫画なら許されるって考え方はおかしいと思うんだけど。
理不尽に怒ってるのはこの漫画家の方に見える。


10 :
:2013/03/30(土) 22:51:45.02 ID:qF2JoF/v0
どうせ小学館でしょ。でもこの漫画家も結構理不尽な物言いしてるな

12 :
:2013/03/30(土) 22:54:02.13 ID:kZPAPKA10
最悪だなボンボン

13 :
:2013/03/30(土) 22:54:02.50 ID:QpL5iUBc0
納期が守れないなら交渉して延ばしてもらえよ

15 :
:2013/03/30(土) 22:54:36.57 ID:Dt5SO0QJ0
コロコロコミックってクズ雑誌なんだな。
そりゃ、ザウルスも急死するわ。


16 :
:2013/03/30(土) 22:54:36.70 ID:Is7oKQ+p0
前もベテランいじめぬいたのあったよな?
お前はもう通用しないとか


20 :
:2013/03/30(土) 22:56:12.84 ID:5xb+Snk40
納期に厳しくするなら最初から言うべきだな
業界の慣習もあるから

言ってたならこの漫画家が100%悪い


21 :
:2013/03/30(土) 22:56:22.85 ID:ZvIDz7kK0
編集者って描く才能が無いから性格歪んで来るのかね

24 :
:2013/03/30(土) 22:58:05.85 ID:hzhT6BPs0
>>21
コロコロにまわされてきたってことはその編集は難有りってことでの左遷だろ
首切り対象だよ
窓際が下請けにパワハラしてるの図


23 :
:2013/03/30(土) 22:58:01.66 ID:mcVp+3Zd0
小学館って劣化の炎あたりからゴミみたいなマンガを6時台で無理やりアニメ化して押し売りする手法を繰り返してるだろ。
マガジンもか。マギとかもそうだけど普通にマンガをヒットさせられないからそういうやり方しかできなくなった。
これもうこの手法が通用しなくなったら何も残らないってことだから。


29 :
:2013/03/30(土) 23:00:14.60 ID:Vsh7ezgG0
>機嫌がコロコロ変わる(ウマイ事を言ったわけでは…)

コロコロ=小学館=サンデー
あー…はいはい


30 :
:2013/03/30(土) 23:01:10.26 ID:Xc2ZQWD8O
最近、クズ編集者の話題どんどん出てくるな
ネット書籍出来るようになったから作家側も強気で行けるようになったんだろう
出版業界も終わりが近いな


36 :
:2013/03/30(土) 23:02:44.31 ID:1Fk2MqwE0
>>30
それよりも問題なのは「あの編集者さんはあれだけ優秀でした」って話がほとんど無い事
編集なんて誰でもできるし、必要なのは出版社の資本だけなんだよね


33 :
:2013/03/30(土) 23:01:27.72 ID:pk/CeiuM0
電子コミックでやればいいじゃん
出版社は作家を護るためにあるとかぬかす輩もいるけどそんなもんとうに陳腐化してるし


34 :
:2013/03/30(土) 23:01:32.38 ID:2bAs2rpK0
漫画家の人生決められるから編集者は神になった気分だろ

35 :
:2013/03/30(土) 23:01:55.65 ID:yJsZAKj70
労組作ってボイコットしろよ

38 :
:2013/03/30(土) 23:04:06.71 ID:FwSbNlsd0
いい加減な漫画家共が締め切り破るせいで印刷所の人たちが
どんなにつらい思いしているのか考えたことあるの?
娘と動物園行く約束を破るはめになって
嘘つき呼ばわりされてるお父さんの気持ちがわかるの?


53 :
:2013/03/30(土) 23:10:45.89 ID:fO2V9jtN0
>>38
うわぁ!それは大変ですね!


39 :
:2013/03/30(土) 23:04:46.23 ID:td/AJiQjO
また小学館か。

44 :
:2013/03/30(土) 23:06:32.20 ID:FwSbNlsd0
こいつら締め切りやぶることなんとも思ってないのな
異常だろ
まともな漫画家はしっかり守ってるよ


46 :
:2013/03/30(土) 23:07:47.49 ID:uhr5zZHt0
小学館はこういうのがボロボロ出てくるな屑しかいないのかよ
講談社や集英社じゃ大して出てこないのに


49 :
:2013/03/30(土) 23:09:30.74 ID:QpL5iUBc0
まあ編集は誰にでもできると思うけど、まともな出版業なら「今はこういうのが売れるから描いてよ」って作家に頼むよね

51 :
:2013/03/30(土) 23:10:06.50 ID:ZvIDz7kK0
編集者との人間関係に疲れて漫画家やめる人とかも多そうだな
才能が有っても


55 :
:2013/03/30(土) 23:13:09.11 ID:WUePSPET0
決められた締め切り守ってから文句言え
無理なスケジュールなら最初にそう言え


56 :
:2013/03/30(土) 23:13:37.95 ID:2bAs2rpK0
編集「これじゃダメ。もっと面白くて売れるものを描け!」
俺「どういうのが売れてるんですか?」
編集「どんな漫画にするか考えるのはお前の仕事だろ!俺が考えちゃったら俺が原作者だろ?!」


60 :
:2013/03/30(土) 23:16:47.97 ID:dvsaiHr+0
全くコミックブンブンの編集は酷すぎるな

66 :
:2013/03/30(土) 23:21:16.05 ID:x0AU6bCz0
編集って漫画家の制作管理と原稿の管理と
市場動向の分析をかみ砕いて漫画家にフィードバックする事と
漫画家の心を掴んで上手く奴隷として働かせる事じゃないの?


68 :
:2013/03/30(土) 23:30:58.01 ID:8jxt92il0
そろそろ担当編集の名前も出す必要があるなあ

69 :
:2013/03/30(土) 23:34:19.09 ID:siFXy6PyO
小学館の編集ってやっぱり頭おかしいんだな
そしてそんな編集しかいないのをわかって小学館の奴隷になる漫画家も狂ってる


72 :
:2013/03/30(土) 23:38:28.29 ID:gvxSFee/0
というか担当の名前載せてるところは既に普通にあるぞ
今たまたまそれ町読んでたけど、奥付に連載担当/大野正拓って書いてあるし


73 :
:2013/03/30(土) 23:39:24.29 ID:qRBebqVd0
キレるのはどうかと思うが理不尽とは違うんじゃないか
漫画家側が締め切りに間に合わせてないわけだし


75 :
:2013/03/30(土) 23:46:13.80 ID:fXbuVR7bO
締切破る破らない以前に締切破る事に罪悪感を感じてない時点でこの漫画家は糞
それが仕方なく許されるのは売れてる漫画家だけ

パワハラというより俺達漫画家は面白い漫画描くために無理してるし苦労してるんだから
もっと色々融通しろと言ってるだけにしか聞こえん
編集を黙らせたいなら売れる漫画を描く以外に方法は有り得ない


76 :
:2013/03/30(土) 23:47:00.77 ID:mCuubeHN0
>しかしこんな屑を雇うなんて大手出版社もよほど人材に不足があるのか。

大手はコネ入社社員しかいません


77 :
:2013/03/30(土) 23:51:28.12 ID:XfFYhjbe0
>(むしろ倫理的にどうかという作家の方がおもしろい作品を描く傾向があったりするのにだ)

この考えは糞過ぎるな


78 :
:2013/03/30(土) 23:52:47.33 ID:mcVp+3Zd0
未だに紙に刷ってるのがわからん。ネットに週刊誌置かないし、雑誌で宣伝もしてないし。
動きが遅いのではないか。


79 :
:2013/03/30(土) 23:54:24.25 ID:QpL5iUBc0
>>78
紙に刷るってのはな
金を刷るのと同じことなんだよ


80 :
:2013/03/30(土) 23:54:30.95 ID:FqFLTUTd0
でもさ

なんでそんなパワハラしてくる編集ってわかってるのに

締め切り守らないの?

締め切り守れば、パワハラされることもないわけだろ?


82 :
:2013/03/30(土) 23:56:52.76 ID:g8WGXiHV0
正直に漫画家諦めるんですね
優遇されたきゃネットでシコシコ描いて人気爆発させるぐらいしなきゃな


84 :
:2013/03/31(日) 00:05:30.53 ID:cPqv4tGG0
さすが小学館

87 :
:2013/03/31(日) 00:12:17.04 ID:ZyOY1xFqP
大好きな星のカービィが終わった時から俺は小学館をゆるさない

90 :
:2013/03/31(日) 00:18:37.86 ID:nTvm651m0
ガッカンはスーフリー馬鹿田系列だからゴミばっかだぞw

96 :
:2013/03/31(日) 00:40:18.89 ID:kfZEjgxg0
二三時間ほど遅れただけで

この一言でこいつがクズだってわかる


98 :
:2013/03/31(日) 00:53:18.38 ID:TbmmJPg30
>>96
でもダウンロードせずに半日放置だぜ?
懲罰的意味かどうか知らんが結局その締め切りってのは
この編集者の都合やご機嫌だけってことじゃん


100 :
:2013/03/31(日) 01:11:43.29 ID:kfZEjgxg0
東篤志
こいつ漫画家って名乗れるレベルじゃないだろ
だからこういう方向で生きていこうとしてるのかな


102 :
:2013/03/31(日) 02:15:23.52 ID:WFh656xA0
児童漫画家じゃ、炎上商法成功しそうにないな

103 :
:2013/03/31(日) 02:20:53.04 ID:zUOF3qHH0
小学館はものすごい評判悪いな、集英社も冷徹だし
秋田書店あたりに原稿持ってった方が幸せになれるのでは、環境は一番大事


111 :
:2013/03/31(日) 02:38:28.04 ID:eND3gtv6O
>>103
秋田書店だと週刊少年チャンピオンなんかは単行本化されないとか
単行本化が途中で打ち切られ最後まで発刊されないとか普通にあるんだけど何言ってんの?
そういう意味じゃ集英社より遥かに冷徹なんだけど


112 :
:2013/03/31(日) 02:40:05.95 ID:maMKlvJL0
コミックが売れれば編集者なんて超下手に出てくるのにね

114 :
:2013/03/31(日) 02:48:28.13 ID:LMB+4Sur0
また大手出版社の編集者か。

一回出版社はつぶれた方がいいんじゃないか?


115 :
:2013/03/31(日) 02:49:47.91 ID:ZhWtBIllO
新條まゆも小学舘にキレてたが、あのつまらん漫画をあそこまで売れさせたことは感謝するべきだったと思う。
エロ描きたくなかったって言ってたが、新條まゆはエロなしの漫画かけないってフリー後によくわかったし。


116 :
:2013/03/31(日) 02:54:02.44 ID:ZNtvsC160
小学館はひどいけどこの件に関しては文章だけ読む限りじゃ漫画家側も酷くねえか?
締め切りなんて破るのが当然レベルの言い分はないだろ


119 :
:2013/03/31(日) 04:04:25.83 ID:WcUirCHkO
小学館と言えば自分をイケメン役で漫画に出させた痛い編集がいたな

124 :
:2013/03/31(日) 04:59:53.79 ID:IE52GYvk0
>>119
アレはおまけ漫画の慣れ合いが酷い上に
名字が珍しかっただけで名前を編集からつけるのって意外とあるけどな


121 :
:2013/03/31(日) 04:52:17.25 ID:adgN91kz0
東篤志こいつチャンピオンでかなり前空き缶が繋がったようなロボット漫画描いてたな
例によって単行本出なかったがwww


122 :
:2013/03/31(日) 04:52:43.41 ID:atY50Dal0
漫画家の中でも最底辺過ぎて尻馬に乗る奴もいないな

123 :
:2013/03/31(日) 04:58:09.02 ID:34vl3mdH0
編集が漫画かくか原作かけばいいじゃん
マガジンとかは編集が話つくってんじゃねーの?


126 :
:2013/03/31(日) 05:04:51.01 ID:34vl3mdH0
某社では原稿を故意に上下逆さに載せた編集もいたな

作家への見せしめだそうだが、
それで無関係な読者に不利益が出るのはどうなんだろう


130 :
:2013/03/31(日) 05:13:31.64 ID:sfuhaNoW0
発表の場が雑誌に限らなくなったから
ポロポロ本音が出てくるな
制作進行の分際で生意気なんだよ
中にはゴーストライターのようなすごいのもいるんだろうが


131 :
:2013/03/31(日) 05:13:58.39 ID:xGkRekca0
ジャンプ作家は編集とうまい事やってるイメージ
原稿電車に置き忘れたのって小学館だっけ?


132 :
:2013/03/31(日) 05:14:07.37 ID:34vl3mdH0
幻冬舎もやばくて、ローゼンメイデンの作者は集英社に避難したけど
舞台がヤングジャンプに移っても売り上げは下がったりはしてないのが凄いな


133 :
:2013/03/31(日) 05:15:49.00 ID:60r0m2Gg0
>二三時間ほど遅れただけで、しかもデータ入稿のためウェブストレージに上げたそれを半日経ってもダウンロードしない、って何よ?
これは編集者が馬鹿だわ
急いでないってことじゃん


134 :
:2013/03/31(日) 05:17:13.12 ID:g7Zu29UjP
冠ってどこの大学出身なんだろう

138 :
:2013/03/31(日) 05:23:27.78 ID:FWY79ZrI0
小学館で描く方が悪い。

145 :
:2013/03/31(日) 05:41:27.26 ID:34vl3mdH0
>>138
それは本当にそう思う
ネットの噂や漫画家からの苦情は置いておいても
紙面からやばさのオーラが出てるから


142 :
:2013/03/31(日) 05:30:31.38 ID:EbHiX8zH0
コロコロって主人公が全裸野グソして鼻糞食べてるような漫画ばっかりのイメージだけど、
この糞漫画家はこのどうしようもないスカトロ漫画にアドバイスできる人間が存在すると思うの?
オレは出来ないね
人生のアドバイスとしてもう死になよとはアドバイスできるが漫画のアドバイスは不可能だろ


143 :
:2013/03/31(日) 05:32:43.96 ID:twh4+4k90
若い編集者が漫画家の〆切破りへの対応を張り切り過ぎてミスったって感じじゃないの

144 :
:2013/03/31(日) 05:40:15.47 ID:Uq19FbI/0
小学館は本作りに誠意がない人間が多い
実際不動産収入が莫大なんで出版業は割とどうでもいい感じ


150 :
:2013/03/31(日) 06:01:02.94 ID:Fjmt2rqa0
また小学館かよ
小学館の編集はいったい自分を何だと思ってるんだよ


151 :
:2013/03/31(日) 06:03:28.09 ID:l81+RAdm0
本人が書いたわけじゃないのかよ
もう最近は他人に愚痴すら言えなくなってきたな


154 :
:2013/03/31(日) 06:07:52.74 ID:60r0m2Gg0
>>151
当人こと気弱な漫画家さんは大迷惑だろうな、
今ごろそのパワハラ編集者とやらに土下座に行ってんじゃないの

完全に関係者が見たら特定されるような内容(というかコロコロコミック編集ってバラしちゃってる)だし
ちょっと友達に愚痴っただけでネット上にバラ撒かれるとは


152 :
:2013/03/31(日) 06:06:58.90 ID:7p+pk2/T0
小学館の編集はそんなにヒドイのか
高橋留美子もボロクソに言われたりするのかな


160 :
:2013/03/31(日) 06:20:54.86 ID:x67R1SEb0
これはビジネス上の話だからどっちかに肩入れはできん

169 :
:2013/03/31(日) 06:50:15.03 ID:E0elvtIJ0
どこの業界でも発注側と下請けの関係はこんなもんだろ
下請けの苦労を思って納期を遅らせてくれるようなことはない
ちょっとでも進捗が遅れてると人前で聞くに堪えない罵詈雑言を連発する
何かあるとすぐにキレて立場の弱いものを罵倒するという日本の企業文化をどうにかすべきだ


170 :
:2013/03/31(日) 06:52:43.06 ID:K9/+n9OG0
小学館の漫画部署は左遷部門だから。
だからときどきとんでもない人格破綻者がやってくるって

島本の漫画に書いてあったよ。


172 :
:2013/03/31(日) 07:12:49.30 ID:n1Ga0PaR0
集英社=マシリト
講談社=キバヤシ

小学館に名の知れた編集者って誰がいるの?


177 :
:2013/03/31(日) 08:14:17.29 ID:Pa+x/gU30
小学館はクズだからしょうがないじゃん

178 :
:2013/03/31(日) 08:20:24.29 ID:GQfFKCdi0
漫画家の労組みたいなのないの?
アメリカみたいに職業別労組作ればいいのに


183 :
:2013/03/31(日) 08:34:55.82 ID:8s9QLl600
そもそも漫画の編集なんてやりたくない奴も少なくないらしいからな
出版社に入ったら勝手に漫画雑誌の部署に配属されたパターン


184 :
:2013/03/31(日) 08:38:00.14 ID:FC6keBE/0
ボンボンという最大のライバルが消えたからもうやりたい放題なんだろうな

188 :
:2013/03/31(日) 08:42:08.36 ID:rhaDgp5O0
また小学館か
また小学館か


189 :
:2013/03/31(日) 08:43:37.12 ID:Iv1Yu3xm0
漫画の編集なんて社内で使えないやつ認定されたようなクズしかいないんだろう

194 :
:2013/03/31(日) 08:56:21.35 ID:XbAKg4Ct0
ファミ通の担当編集とかだと漫画の中だと、変な人ばっかりなのに
しあわせのかたち ちょりそ
ドキばく チップス
いい電 後藤


202 :
:2013/03/31(日) 09:11:32.37 ID:60r0m2Gg0
上のレスにもあるけど、小学館は集英社や講談社とかと違って
コミック部門はどっちかというと「問題社員の左遷先(幹部候補ドロップアウト組)」って側面があるから
本当に社会人としてヤバいレベルの人格破綻者が稀にいるby島本和彦


206 :
:2013/03/31(日) 09:17:11.22 ID:/dhgVGqm0
コロコロコミックは星のカービィの氷川先生を鬱病に追いやった前歴があるかなら!!

208 :
:2013/03/31(日) 09:17:42.48 ID:KX0s1A+40
熱い編集ほど漫画から遠ざけられる小学館
小学館編集は全員ゲスみたいに思われてるけれど良い編集もいるにはいるんだよ
多くの作家から惜しまれながら文芸とか図鑑にいかされる


209 :
:2013/03/31(日) 09:17:45.83 ID:60r0m2Gg0
他部署で使い物にならなかった社員とか
何か事件や問題を起こした社員の送り先なんだろう
サンデーやコロコロのヒラ編集ってのは


211 :
:2013/03/31(日) 09:20:39.17 ID:YRuL+P/y0
編集者は至極正論言ってるだろ
週刊誌じゃあるまいし時間内に書き上げろ


213 :
:2013/03/31(日) 09:24:45.22 ID:etmOGLGW0
「納期守れない社会人てどうよ?」っと聞いてくる奴は大体自分自身が現場や部下を管理できない人間
そもそもお前がしっかり管理していれば納期など遅れるはずがないし事故などない
それがスケジュール

だから「それでもやむを得ない事はあるでしょう」「納期気にしてたら仕事にならない」と言ってやれ
そしてできるだけ関わり合わないように


214 :
:2013/03/31(日) 09:25:27.21 ID:BC4UUN+q0
また小学館か
冠茂と仲が良くってね の小学館か


218 :
:2013/03/31(日) 09:30:22.92 ID:Oasjq2if0
編集=寄生虫

219 :
:2013/03/31(日) 09:31:18.00 ID:q+kLsnD+0
最近編集の暴露多いな
編集が腐ったのかそれとも昔の作家は我慢してたのかどっちなんだろう


223 :
:2013/03/31(日) 09:34:39.54 ID:b4ZjdgCn0
カービィの氷川を「お前はつまらない」「よそのコミカライズは面白いよな」って延々パワハラ続けて
自殺まで追い込んだ編集部だけあるな
素知らぬ顔でカービィの後釜に可愛い新人女ねじこんだけどつまらなすぎて総叩き


231 :
:2013/03/31(日) 09:42:08.78 ID:RybUsjC60
>>223
絵で作者おかしくなったのは感じたけど自殺なんてしてたか?


224 :
:2013/03/31(日) 09:35:31.70 ID:nLXvW39aO
編集が悪いって言ってるやつって頭おかしいだろwww
普通の会社でこんなことやってたらすぐ信用なくして切られるぞ そりゃ出来が良ければ許されるかもしれないがコロコロだとコミック売れないから許されない


225 :
:2013/03/31(日) 09:36:39.48 ID:REGakQ1U0
クオリティのために締め切り延ばして印刷所待たすぐらい売れてんの?
連載持ってんだから売れてんだろうがなんかよくわからんな


234 :
:2013/03/31(日) 09:45:59.65 ID:02jvAGBK0
マンガアニメに興味なくてコネで入社しても興味がないから苛立ちだけが積もるんだろうな
児童誌じゃ尚更だろ


238 :
:2013/03/31(日) 09:49:50.78 ID:zW8mecRz0
単にどっちが立場が強いかだけだろ
漫画家の方が圧倒的に上ならば、編集も頭下げ続けるだけさ


242 :
:2013/03/31(日) 09:52:31.44 ID:rA/YT28n0
ぬ~べ~の作者は冨樫が編集者より上に立ってるのを知ってかなり驚いたそうだな
文庫本のあとがきで笑ってしまった


243 :
:2013/03/31(日) 09:55:20.77 ID:FydqglRu0
吠えろペンじゃあんな愉快なキチガイ揃いの小学館漫画部が現実じゃこの有様なんて・・・

244 :
:2013/03/31(日) 09:56:21.45 ID:XbAKg4Ct0
バクマンだと編集ってすんげーアドバイザー的な役割なイメージ
なんだけど、どうなってんだよ


250 :
:2013/03/31(日) 10:00:25.58 ID:S6HLW8pk0
>>244
サンデー場合、港浦みたいなのばっかなんだろう

漫画(ジャンプ)編集がエリートコースの集英社とはまぁ前提が違うわな


246 :
:2013/03/31(日) 09:56:43.78 ID:0Sao5WYl0
やっぱり編集者は高学歴が多いから無意識に変人の作家とパワハラ的な関係に
なってしまうんかな
作家あっての出版社なのにね


249 :
:2013/03/31(日) 09:59:16.83 ID:SsDIIu5b0
もやしもんの惨状を知ってる以上編集いらねーって叩きには気が乗らない

252 :
:2013/03/31(日) 10:03:01.98 ID:CVane9ut0
ビジネスの現場で金を出す方が偉いって勘違いしてる奴いるよね

253 :
:2013/03/31(日) 10:04:24.98 ID:Yj1Lt/HJ0
クリエイティブな環境じゃないからいつまでもマンガが馬鹿にされる所以
所詮マンガはビジネスなんだから締め切りは守れ


254 :
:2013/03/31(日) 10:04:59.49 ID:bm4OrGuv0
十数ページの紙切れで富を得ようとしてる博打に過ぎないのに
社会人面して締切でネチネチ言ってるようなのは向いてねーだろ


258 :
:2013/03/31(日) 10:11:42.35 ID:qKSGGGaIO
持ち込みでも一番評判悪い小学館の編集部は漫画家や漫画家のたまごに八つ当たりするのが仕事なのかな?
無能を人のせいにして高収入楽な仕事すなぁ


259 :
:2013/03/31(日) 10:12:17.36 ID:wKNmyXSV0
みんなさも自分達の編集が最低なように言うな
隣の芝生はってやつなんだろう


269 :
:2013/03/31(日) 10:27:37.20 ID:KzT4eFEg0
>しかもデータ入稿のためウェブストレージに上げたそれを半日経ってもダウンロードしない、って何よ?

どの業界でもそうなんだろうけど、急いでるなら催促の電話する前にメールの確認位しろよって思います


271 :
:2013/03/31(日) 10:32:52.26 ID:UIzSfb3O0
一気に全員漫画書くのやめろよwその某児童漫画雑誌とやらの体裁を保てなくしてやれw

277 :
:2013/03/31(日) 11:01:21.69 ID:7xaxxScT0
編集に酷いやつがいるのもわかる。でも酷い漫画家だっている。
いろんな人がいてさまざまな軋轢がある中でうまくコミュニケーションとってるやつも多いわけだし、1つの事例だけ取り上げて「編集は悪」みたいに決め付けるのはよくない。


279 :
:2013/03/31(日) 11:39:52.53 ID:Ukrp8R560
>>277
編集は悪じゃないけど、小学館はロクなとこじゃないんでしょ?


282 :
:2013/03/31(日) 13:25:01.67 ID:R47Vx2IX0
小学館は藤子不二雄から沢山金を掠め取ったよなw
その挙句にまだドラえもんしかコンテンツがない
無能の集団の表れだな


283 :
:2013/03/31(日) 13:33:09.03 ID:4k2ZaGhU0
そもそも小学館の編集がクズなのは社是なんだけど

284 :
:2013/03/31(日) 13:40:15.92 ID:oXtJ/AI70
児童漫画でまた花を咲かせたこしたてつひろはすごいよな

286 :
:2013/03/31(日) 13:45:47.61 ID:kffp39a80
マジで害悪。裏方の事務に徹しとけばいいだよ編集なんて

290 :
:2013/03/31(日) 14:09:11.62 ID:c0Ug7JhmO
ボンボンも一時期から打ち切りのオンパレードやクロスハンター(笑)と狂ってたけどな

291 :
:2013/03/31(日) 14:31:39.32 ID:R47Vx2IX0
レツ&ゴーWGPをオリジナルでもいいから毎年やればいいのになw

294 :
:2013/03/31(日) 15:26:12.36 ID:GnryeR770
日本のダメ出しの方法って何故こんなのばかりなのだろうな
誉めて伸ばすとかどの業界も無さすぎる
全て減点法で上に立つものは異常に偉そう
全体的にパワハラブラック社会過ぎるだろ


295 :
:2013/03/31(日) 15:32:12.35 ID:PY2+dUO/0
秋田の編集も酷かったなー
編集ごっこしたいなら仕事以外でやってくれ


298 :
:2013/03/31(日) 15:49:58.87 ID:S914wZ3L0
編集は漫画には確実に必要だけどね

これは間違いないと思う

某ワンパンマンとかゴミにもほどがある


301 :
:2013/03/31(日) 15:55:15.57 ID:zQcqKbmv0
編集が必要というかその商業誌の方向性や縛りが作家にはあったほうがいいんだろうな
締め切りもなかったら確実に生産力も集中力も落ちる


302 :
:2013/03/31(日) 15:56:46.97 ID:VcWUZGuL0
締め切りを守れないクズ漫画家特定はよ

305 :
:2013/03/31(日) 15:59:38.50 ID:tySI2kYj0
去年自殺したひかわひろかず

307 :
:2013/03/31(日) 16:03:49.49 ID:x2r4Picu0
>>305
ソース
訴えられても知らんぞ


308 :
:2013/03/31(日) 16:10:09.96 ID:mzZk6DCl0
カービィの表紙を見ただけで
ああ、あそこならそうだろうな、と納得してしまうのが困る・・・

雷句誠の件もあるしなあ


313 :
:2013/03/31(日) 17:27:00.06 ID:yQl8RPIS0
まだ若い編集者らしいのだが俺たちがどんなにきつい思いをして仕事をしているかまるで眼中にないようだ。
普通担当編集者は作品のクオリティを上げるための努力を作家がするなら多少の締め切りの駆け引きはする。
遅れた時など印刷所を待たせる交渉だってする。

若い編集者にどんだけきつい思いをさせて仕事をさせるつもりなのか眼中にはないようだ


317 :
:2013/03/31(日) 17:46:59.56 ID:9zqBJZwRP
また小学館か・・・ここはもうあかんな

318 :
:2013/03/31(日) 17:54:24.60 ID:PGPCK1iK0
小学館の統制が甘いからこの手の醜聞が漏れてくる
という可能性は

ないな


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

名無しさん2014/01/24 (金) 18:14:50 ID:-
ちょりそノブはアシじゃね?サイバー佐藤と奥村だろ
名無しさん2014/04/28 (月) 17:10:23 ID:-
戦後間もなくに××社が設立した子会社が○○社である。
ちょうど「戦後ベビーブーム」の時期である。したがって、この頃に生まれた子供たちが、幼児から学童期にさしかかる昭和20年代の半ば頃より、
学童漫画の需要はウナギ登りであったであろう。実際、多くの学童漫画が創刊されている。
この創刊ラッシュの中で、各出版社は、「何とか他社よりも沢山の漫画を刊行し、より多く売り込みたい。この機会をとらえ利益を上げたい。」
という競争になるのは至極当然である。

また、○○社は、××社の子会社であり、絶対的権限を有するオーナー社長が支配する。このため○○社の社長を始め従業員にとっては、
特に、その経営が立ちいかなくなれば、会社が清算され、自身も解雇の憂き目にあうかもしれないという危険性への恐怖心が強かったであろう。
そのため、漫画家を如何に「自己の利益上有利に扱うか」ということに関心が向かいやすい環境であったとも考えられる。
これも子会社化の狙いだったのだろう。*
このような背景の中で、「漫画家を抱え込み、集中的に漫画を描かせて販売する」という○○社のスキームが考えだされた。
昭和20年代の後半頃から生まれた、かの悪名高き○○社の「専属漫画家制度」である。

これは非常に○○社側に有利なシステムである。何しろ、多くは口頭契約で、契約金も払わずに自社の思うままに漫画家を抱え込むことができるのだから。
この制度の実態からみれば、漫画家は会社の指揮命令系統に従う。いわば雇用関係に準じて、会社の拘束を受けるという契約である。
しかし、そうであれば漫画家の自由を拘束することの対価は、契約金等の名目で本来は支払われるべきであるが、その点は反故にされているわけである。
このことは、○○社側も十分認識していたであろう。
なぜならば、戦前でさえ、例えば、外資系のレコード会社では、作家や歌手の会社専属への対価の支払いがあった。
また、「売れっ子芸人」に対しても専属への対価、契約金の支払いという慣行もあった。漫画家も作家であり、タレントと似たようなものでもあるから、
この意味で業種的にも近い。契約金の必要性を認識していないとは考えられない。
端的にいえば、何も知らない若い漫画家を、「上手く騙し込む」といったところなのだろう。手練手管、詐欺、詐取の手口に近い。
何やら「おれおれ詐欺」と根っこの部分では連なる(対象が老人か若人かの違いはあるが、本質は同系統である)ものがある。
いずれにせよ、○○社(及び、背後者としての親会社である××社)には合理的に故意、悪意が推定される。

さて、「契約金」と言えばプロ野球が身近である。今の相場はどうだろう。1億円と言うのも珍しくない。米国メジャーリーグであれば、
数10億円もザラであろう。「契約金」とは、支配獲得選手の支配権に対する対価ということになる。
「専属漫画家制度」もこれと同様に、いうなればプロ野球における「支配獲得選手の獲得」に準じるものと考えられるから、
その「支配権」の対価としての「契約金」が必要になると解することもできるであろう。

そこで、このような場合の漫画家にとって支払われるべき妥当な金額は一体いくら位なのであろうか?という疑問がわく。
思うに、プロ野球選手ほどまではいかなくとも、その市場規模、社会通念上から、せめてその五分の一から十分の一程度の金額を漫画家に支払う必要があるのではないだろうか。
ところが、本来は支払わなくてはいけないこの契約金、すなわち漫画家を拘束することへの対価は、前述の通り一般には支払われていない(この制度が問題とされ始めた頃から、
実態の糊塗の為に、形式上の契約書を締結し、名目上の「契約金」を支払い、言い逃れの「工作」をしていたとしても、それは本来支払うべき額とは大きくかい離した
「雀の涙」程度がせいぜいである)。

このような状態は、法的にみれば、一体どのようにみなされるのであろうか?
まず、漫画家には契約金の支払いに係る請求権が認められよう。すると、現状は、○○社の漫画家に対する債務不履行があるということになる。
つまり、この債務に付き、○○社は不法利得を得ているということでもある。

試みに、どの位の未払い債務があるのか金額を算定してみよう。例えば、昭和20年代の後半に「専属漫画家制度」に従うことになった漫画家だとすると、
現在まで既に債務未払期間は、約60年が経過していることになる。金額を1千万円から2千万円、仲値の1千5百万円として、法定利率年6%、
慰謝料を50%とすると、約7億4千万円強になる。これは1人の金額である。
仮に年5人の該当者がいるものとして、今も「専属漫画家制度」が続いているのであれば、この金額の総計は、一体いくらになるのであろうか?
平均未払期間が30年になるとすると、約390億円弱となる(○○社、××社の▲▲グループでみれば、このぐらいの金額は払えるであろう)。
これはかなり控えめな数字であるが、この金額相当分が、代わりに株主(非上場なので大株主の××社社長等)配当や事業再投資、従業員給与等に流れたということになる。
日本であるからこの程度の金額で収まっているが、米国であったらこうはいかない。少なくとも先の金額の10倍は下らないだろう。

さて、漫画を描くということはそうそう継続的にうまくいくものでもない。
編集者は若い馬力のある頃は、おだて褒めそやして漫画を描かせるが、スランプもあるだろう。
そうすると人気が無くなる。すると、○○社は、人気があった頃の持ち上げ方とは一転して、事務的に専属契約を「切る」と一方的に伝えるのである。

こうなると、漫画家の中には、精神に異常をきたし、酒への逃避、行動的な性格であれば、精神が不安定で変調をきたしている場合であるから、
その安定のきっかけを宗教への救いに求めることもあろうし、女性(男性)に慰安を求め、その挙句に問題を起こす、更には、DV(子供がいたら精神に悪影響が考えられる)、
ひいては、遂に家庭崩壊に至るということもあるだろう。あるいは、内向的、自虐的な性格であれば鬱、自殺ということに繋がることもありうる。

いずれにしろ、本人だけでなく、その家族や周囲へ大変な気苦労と災いが起こりかねない。
そして、よくよくその発端を考えれば、この「専属漫画家制度」という悪しき仕組みに、負の因果があるということになる。
小心で無能かつ邪悪な精神が、このような「制度」を生み出したのであろうが、唾棄すべき「制度」である。

このような災いをもたらす社会悪とでもいうものは、世の中に結構転がっているものだ。大体は巧妙に糊塗されているか、
騙されているか、気付かないでいるかだが。
しかし、このような悪は、先述したように、「小心で無能かつ邪悪な精神」がその源になっている。
このことに気づけば、われわれが、日常の中で、何を注意しないといけないかが端的に理解できる。
つまり、小心であることを回避することだ。状況により難しい面もあろうが、克服すべきである。
次には、無能であることを避けることだ。これには知恵と知性が要る。しかしながら、知恵や知性もその用い方が重要だ。
邪とならないように気を配ることが必要だ。これを「邪気を払う」と先人は言った。
名無しの作家志望者2014/10/03 (金) 00:09:15 ID:-
まぁ、小学館って存在自体が既にイカレてるのは言うまでもない事実だわな
そもそも創業者は売国奴の一族の出な訳だし、現在もその関係者によって運営されるブラック企業の中の
ブラック代表みたいなモンだから。( 嘗て子会社の1つであった集英社も、今では立派なブラック企業の1つ)

第一、SAPIOとかのああいう右寄りな情報誌や末学ばっかに偏向した
学習漫画を執拗に推し出してるのも違和感有り過ぎなんだよね。まるで最初から右派を
産出したがってるようにも捉えられる。しかも、そういう連中に限って
人間が絶対に学ぶべきものの質や重みは蔑ろにしたまま。社会で生きるうえで必要となる本学を無視して
極度に偏った政治思想を植え付けに掛かるのが特徴。
更に「成績さえUP出来ればそれで良い、後のことなんざ知ったこっちゃない」
てな具合に競争を煽るだけ煽って人をぶつけ合わせ、人間関係から何から全てを打ち壊すように仕向ける。

これで大事なものを失って自暴自棄に陥った人間はどれ位に上るのか…?
小学館の良い所を見つけた例なんか、今まで生きてて1つも見つからないね。子会社を所々調べてみれば
ボロもいっぱい出て来る。
名無しさん2014/11/09 (日) 23:31:22 ID:-
〆切ガーという言う割に作家がデータで送った原稿をDLせずほったらかしか…。
単なる八つ当たりなんじゃないの。
仕事が嫌なら会社やめればいいのにお荷物編集は必死でしがみつくんだよね。
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/5677-e4f31238