◆ New Entries

新型セリカが超カッコイイ

トヨタは「スープラ」次期型発売に伴い、全国の「AREA 86」を「Gazoo」のネーミングへ変更する調整に入っているようだが、そのもう一つの目玉として「セリカ」新型を投入する可能性があるようだ。
http://response.jp/article/2016/11/11/285285.html


 
8 :
2016/11/12(土) 00:25:27.63 ID:cl3hAj5c0
丸目なのにオラついてる
もっと可愛くしろや


10 :
2016/11/12(土) 00:25:38.51 ID:iSktsSfZ0
相変わらず野暮ったいデザイン

19 :
2016/11/12(土) 00:26:32.89 ID:BVqaW831p
そもそもセリカ自体がクソだっさい芋デザイン

22 :
2016/11/12(土) 00:27:04.83 ID:eLiYrtkQ0
想像図じゃねーの

23 :
2016/11/12(土) 00:27:15.41 ID:NcJM7HyU0
外見そのままで中身だけ入れ替えて出せばいいのにね

30 :
2016/11/12(土) 00:30:30.40 ID:Oa0Czdn00
素朴な疑問なんだが、最近のトヨタの車のデザインって誰向けなんだ?
どう考えても、グローバルで受け入れられるとは思えないんだが
日本向けだけこんなんなの?


31 :
2016/11/12(土) 00:30:46.68 ID:MYwoqYqSa
ラリー無き今
セリカをセリカたらしめるものはなんだろうな


33 :
2016/11/12(土) 00:31:38.10 ID:93eTWTx00
こんなん乗ってたら女にモテないわ

37 :
2016/11/12(土) 00:32:37.57 ID:zijnMFxh0
最近トヨタどうしちゃったの?
クソみたいに子供っぽいんだけど


42 :
2016/11/12(土) 00:35:30.99 ID:CAiv7zBB0
カローラっぽい

43 :
2016/11/12(土) 00:37:09.19 ID:fwRZEgnv0
なんか無理やり感があるな

45 :
2016/11/12(土) 00:37:47.75 ID:syF6Bo/k0
ベンツのマクラーレンの奴みたいだな
ホントにこのデザインで出せたら売れると思う


52 :
2016/11/12(土) 00:41:29.93 ID:zPYnpAaL0
大予想CGとか到底市販されそうにもないコンセプトモデルなんてどうでもいいわ
話は現物が出来てからだ


54 :
2016/11/12(土) 00:43:01.57 ID:s9ywnKGP0
想像100%ならそら何でも描けるわな

58 :
2016/11/12(土) 00:45:14.41 ID:yrNay+/g0
昔の車は面白かったな。

59 :
2016/11/12(土) 00:45:21.84 ID:mPKAowJL0
前世代の目に戻せよダサすぎだろ

60 :
2016/11/12(土) 00:45:39.12 ID:AH1g7Y2R0
またFRになるのけ?

66 :
2016/11/12(土) 00:49:53.26 ID:VaPNxVnE0
3DCGですらなくてワロタ
それただの絵だぞ


70 :
2016/11/12(土) 00:51:52.72 ID:/UliMAcSd
zztセリカのフロントのかっこよさとケツのカッコ悪さは異常

72 :
2016/11/12(土) 00:54:42.77
伝統の頭文字C

カローラ
カリーナ
セリカ
コロナ
クラウン
他は知らん

でもセドリックは日産


76 :
2016/11/12(土) 00:57:05.71 ID:0zak7j+X0
流石にこれはカッコいいわ
ダサいとか言ってるやつは自分が一番イケてると思う車を挙げてみろ


81 :
2016/11/12(土) 00:59:55.95 ID:qz6CDnK/D
そもそもセリカをかっこいいと思った事がXXしか無いな
後の世代の奴は全然良くない


87 :
2016/11/12(土) 01:09:59.63 ID:ujad+wn+0
回帰って感じでいいじゃん

88 :
2016/11/12(土) 01:10:15.43 ID:zgYhDK1Q0
やっぱり今のトヨタのデザインはゴミ

90 :
2016/11/12(土) 01:10:24.03 ID:3pkhNzZ40
もう軽とかマジで恥ずかしくて乗ってられない時代来たな

94 :
2016/11/12(土) 01:16:48.51 ID:R1v0bK9A0
すっかり見なくなった今のとこ最終型セリカもこの前久しぶりに見たら悪くなかったな

95 :
2016/11/12(土) 01:20:22.68 ID:AgwAOprjM
メカドックのXXが一番カッコいい
またリトラクタブルにしてほしい


99 :
2016/11/12(土) 01:22:25.33 ID:ob+a/DY70
なんかマクラーレンのMP4みたいだなそれなのにライトだけ古臭くて浮いてるわ

102 :
2016/11/12(土) 01:24:12.10 ID:yCNkHXJC0
アクシオ買うわ

103 :
2016/11/12(土) 01:25:08.52 ID:/LqnY0Ap0
これじゃない感がハンパないな

104 :
2016/11/12(土) 01:25:18.76 ID:MliklkRZ0
今のトヨタの空力至上主義のライトデザインだとセリカの顔は無理ちゃう?

106 :
2016/11/12(土) 01:26:10.18 ID:jcyhq0ke0
昔のやつに戻ってるんじゃねーか
中古買うわ


119 :
2016/11/12(土) 01:42:20.27 ID:G1RT7HEsa
知れば知るほどヨタのレース活動って嫌いになるんだけど
またラリーで不正すんの?ルマンで止まる御家芸もラリーで先にやってるよな


121 :
2016/11/12(土) 01:47:10.03 ID:z19ZSzrX0
これはアリじゃね?
現行の86よか良いじゃん


123 :
2016/11/12(土) 01:48:08.60 ID:SbuUzHgz0
お前らの大好きなポスト付きじゃん

131 :
2016/11/12(土) 02:00:58.59 ID:seGrZkGEd
今時FFとかFRにこだわってる池沼は例外なくジジイ

132 :
2016/11/12(土) 02:02:18.19 ID:xqut8CI10
市販されたとしてもボンネットのインテークなくなるだろうな

134 :
2016/11/12(土) 02:03:52.19 ID:FVLCwfFs0
ここ最近のトヨタの中では一番良いデザイン
カッコイイと思ったらやっぱ予想か
トヨタがこんなカッコイイ車出すわけないよな


135 :
2016/11/12(土) 02:05:58.85 ID:f1QRfqmA0
とにかく釣り目チョン顔を止めてくれないと
国産車買えんわ

カイエンの飄々とした顔がええわ


136 :
2016/11/12(土) 02:07:00.25 ID:VteHTIFl0
これは完全にディセプティコン

143 :
2016/11/12(土) 02:22:26.68 ID:LRxzTcEs0
海外ソースってその海外記事のソースがベストカーとかなんだろ

150 :
2016/11/12(土) 02:52:19.94 ID:XAeNe5Fu0
前半分S-FR後ろ80スープラ

こんなんよりMR-Sみたいなのまた出せばいいのに


154 :
2016/11/12(土) 03:48:42.10 ID:HpOolCmh0
ツリ目ライトの流れが糞過ぎて丸目ライトが全部良く見える

161 :
2016/11/12(土) 04:23:32.51 ID:IkSqwDVpM
リトラクタブルの最終のやつが好き

163 :
2016/11/12(土) 05:03:57.93 ID:hQ8RN4zGd
カムリって、セリカカムリからの派生なんだよね。

169 :
2016/11/12(土) 06:27:55.51 ID:qWniic95a
GT-FOURの6MT仕様で頼む

173 :
2016/11/12(土) 06:40:05.15 ID:vuUl5BTEd
セリカって古代ローマで中国を指す言葉なんだが
中国なんて車に乗りたいか?


179 :
2016/11/12(土) 07:08:06.67 ID:i2RBK2x70
うまいこと昔の面影残してていいじゃん
おまえらほんと文句しかいわねーのな


186 :
2016/11/12(土) 07:58:07.29 ID:O8rt48oR0
またヨーロッパ向けのデザインですかねぇ・

192 :
2016/11/12(土) 08:19:09.84 ID:vsZOl/j20
なんで今更旧型エリーゼみたいなツラにすんねん

197 :
2016/11/12(土) 08:28:39.20 ID:Uy620yeZ0
前にコンセプト出してたコンパクトスポーツに蛇足足した感じ
あのまま出してくれ買わないけど


199 :
2016/11/12(土) 08:46:56.85 ID:fMduUg+a0
終盤のスープラのラインに4つ目セリカをフュージョンしたような形

200 :
2016/11/12(土) 08:51:12.54 ID:/RmbS8rAd
新型スープラ出る出る詐欺10年くらい言ってるだろ

203 :
2016/11/12(土) 09:02:19.87 ID:0pRd5Uvkd
結構好きなんだが

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

名無しさん2016/11/13 (日) 02:32:04 ID:-
新型セリカってマジかよ。熱い
名無しさん2016/11/13 (日) 19:14:57 ID:-
新型セリカええな
顔がもうちょいスッキリしててもよかったけど
名無しさん2016/11/14 (月) 00:26:45 ID:-
これはかっこいい
初めて大口あけたグリルでかっこいいと思った
darmSpeavavet2017/09/27 (水) 17:22:58 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/11/21 (火) 18:20:35 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/11/21 (火) 18:23:27 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/55309-89b936a2