◆ New Entries

なぜ僕らはFF12を褒めてあげられなかったのか あの時褒めていればこんなことには

『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』TSGトレーラーが公開! グラフィックがスゴイ
スクウェア・エニックスから2017年発売予定のプレイステーション4用ソフト『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』のTGS2016トレーラーが同社公式YouTubeチャンネルにて公開された。グラフィックのブラッシュアップ感がスゴイ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000035-famitsu-game


 
2 :
2016/11/06(日) 01:04:43.03 ID:+P3SE5eL0
姫様がブサイクになったのが敗因

4 :
2016/11/06(日) 01:06:51.74 ID:LjiYXaHn0
持ち上げる意味が分からない糞ゲだろ・・・

12 :
2016/11/06(日) 01:12:36.13 ID:Q0AaHDDB0
後からだもんなあ評価が
途中からハルムオンドール四世の回顧録という燃えるシーンなくなったし


13 :
2016/11/06(日) 01:12:53.58 ID:oxqhf4Uv0
だって松野が投げ出した未完成のクソゲーじゃん

14 :
2016/11/06(日) 01:13:39.77 ID:w/+7pS9t0
システムも普通にクソゲーだもん

15 :
2016/11/06(日) 01:14:01.56 ID:pRNW1tNI0
変化を許さないならDQにいけ
そんな俺もホストはキツイです


17 :
2016/11/06(日) 01:14:58.63 ID:wN7NmNR70
456を遊んだ人間にとっては、とっても楽しいはずだぞ!?!?
ナブディス入ってすぐに矛とるのが一番たのしい


19 :
2016/11/06(日) 01:15:23.13 ID:LjiYXaHn0
FF12でいちばんわくわくしたのは発売前のヒゲが松野を愛してるとか言ってた頃
あとは発売までのごたごたも含め擁護不可のゴミ


20 :
2016/11/06(日) 01:15:51.57 ID:CwJcVs3K0
12フラゲしたと自称するやつが「昔のFFが現代版になったみたい」って褒めまくってたが
胡散臭かった

やっぱり嘘でただの宣伝だった
13の発売時も同じ文句が書かれた


21 :
2016/11/06(日) 01:17:44.67 ID:2MaG7Qej0
松野節バリバリの前半からいよいよ風俗デビューよ!までの壊れっぷりはある意味凄かった

23 :
2016/11/06(日) 01:18:29.70 ID:sqLSbs530
12が一番好きだけどホスト路線嫌いなわけじゃないし
過剰反応してる奴らがわからんよ


24 :
2016/11/06(日) 01:18:43.55 ID:hf8v7Bqb0
当時も言われたがなぜ主人公を死んだ兄にしなかったのか・・・
誰があんな陽キャでウザイ性格のチンピラに感情移入できるってんだ


25 :
2016/11/06(日) 01:19:20.45 ID:HUPxPKRT0
システム面白かったけどなあ

30 :
2016/11/06(日) 01:26:55.71 ID:t/pQNq/70
画質良くするだけじゃあダメなんだよ12は
ストーリーの後半と無駄に長い塔なんとかしろよ


36 :
2016/11/06(日) 01:29:03.37 ID:yTE7q5eK0
逆に言うとストーリーのぶつ切れ以外叩くところないやろ

40 :
2016/11/06(日) 01:31:13.40 ID:cZKQlZCo0
俺だけが褒めていたのにお前ら聞く耳持たなかったじゃねーか

43 :
2016/11/06(日) 01:33:18.91 ID:7i5SnRU3a
FF12叩いてたのって終盤のダンジョンが辛かったのと
姫様が主人公に冷たくて、「俺が主人公だ!」とか言ってるきざなバルフレアに惚れてたからだろ

要するになろう小説とか読んでる池沼キッズみたいなのが叩いてるんだよ


48 :
2016/11/06(日) 01:36:21.50 ID:7i5SnRU3a
FF12みたいなゲームまた作ってよ

てか、FFは全部通常モードとガンビット使ったFF12モードの切り替えができるようにしてほしい
擬似的なMMORPGみたいなシステム好きなんだよ


55 :
2016/11/06(日) 01:37:40.76 ID:7i5SnRU3a
普段ゲームとかやらない俺の妹がFF12だけはやってた

56 :
2016/11/06(日) 01:37:44.75 ID:5WZx/csC0
最初の砂漠で恐竜にパンチして必死に逃げてたときがピーク

59 :
2016/11/06(日) 01:39:27.92 ID:v10w/8Kv0
もうどうやってもペルソナ5に勝てないだろ
JRPG最高峰はFFからペルソナに変わったと思う


67 :
2016/11/06(日) 01:42:23.82 ID:sC36eBee0
>>59
深夜アニメが最強ってことなん?


74 :
2016/11/06(日) 01:44:30.89 ID:lubUTkel0
>>59
でもさーペルソナの面白い部分てアニメや小説で十分な所でしょ
カレンダーに縛られてコミュレベル上げてクソダンジョン周回して弱点ついてとか
一個も面白くない


585 :
2016/11/06(日) 12:53:52.62 ID:KGH6WOZf0
>>59
6年前もこうしてテイルズ持ち上げたレスがあったな
多分P6はクソゲ呼ばわりされるのは必至


61 :
2016/11/06(日) 01:39:58.23 ID:J48E+DI+0
松野が体壊して途中退場してしまったから中盤以降のつまらなさは仕方ない
中盤以降のストーリー以外つまりゲームシステムにおいてはFFシリーズトップクラスの面白さ
キャラデザも吉田で最高だったしな


62 :
2016/11/06(日) 01:40:23.93 ID:U4Rjxbda0
戦闘システムは面白かったけど
ストーリーやキャラの部分が歴代FFの中じゃ1番薄い


71 :
2016/11/06(日) 01:43:23.05 ID:hPgccSBA0
>>62
ストーリーはマジで忘れた
懐古的にはサブクエストのギルガメッシュとかエクスデスの方がメインだと思う


63 :
2016/11/06(日) 01:40:52.72 ID:7i5SnRU3a
中盤以降つまらないとか言うけど、普通におもしろいんだよなぁ

まあ、俺がやったのはインター版だから倍速使えなかったらクリスタルグランデとか大灯台は地獄だったかもだがw


64 :
2016/11/06(日) 01:41:16.85 ID:VzlO/STq0
なにひとつ地名を覚えてないわ なんかドイツっぽい感じだろ

72 :
2016/11/06(日) 01:44:05.72 ID:hw95F9qY0
ガンビットが最初は目新しくて楽しいけどだるい
成長パネルが全員同じ
イベントが結局アイテム集めのお使い(お使い嫌だよね、とかキャラに喋らせるならやるなよ)
主人公が一部のシーンを除いて、ただそこに居るだけ
話はもう殆ど覚えてないレベルでつまんなかった

グラフィックはすげー綺麗だったね


73 :
2016/11/06(日) 01:44:09.42 ID:vA5H0/ZHM
イオナズンとかメラゾーマよりも
マヌーサマホトーンラリホー使うタイプの人間なんやが
ガンビットが少ないしめんどくさくて
無属性の物理攻撃と無属性の魔法で行ったから
面白くなかった


76 :
2016/11/06(日) 01:44:59.56 ID:ieeDw5kH0
モブハントしてたらラスボスすら雑魚になってた

77 :
2016/11/06(日) 01:45:21.20 ID:oKkOXFeN0
後半グダグダとミストナックいらねーよ
召喚も意味ねーし


78 :
2016/11/06(日) 01:45:34.59 ID:yA+FGN0lE
十分面白かったがガンビットの自由度がもっと高ければ良かった
ストーリーはわりとどうでも良い


82 :
2016/11/06(日) 01:46:38.64 ID:A+HMPm8H0
ガンビットが好み分かれすぎるからなぁ、俺は大好きだったけど
あとストーリーが満場一致で糞だったし仕方がない


85 :
2016/11/06(日) 01:47:25.91 ID:7i5SnRU3a
昨日、インター版クリアしたけどストーリー全然クソじゃなかったが

86 :
2016/11/06(日) 01:47:34.61 ID:E3VF72ZJ0
風俗嬢のお話だっけ

87 :
2016/11/06(日) 01:47:36.69 ID:J48E+DI+0
FF12のガンビット好きな奴はフリーゲームのタクティカルクロニクルってゲームおすすめ
グラフィックは中学生レベルだがゲームの面白さは保証する12フォロワーで唯一12レベルに達してるゲームはこれ以外知らない


88 :
2016/11/06(日) 01:48:14.59 ID:HEKIurbw0
ffとか4から7ぐらいまでしか覚えてないわ

89 :
2016/11/06(日) 01:49:01.33 ID:g823uTMr0
7101315あたりの層が主流だろうから
わかりあえないだろうな


91 :
2016/11/06(日) 01:49:46.80 ID:oKkOXFeN0
10もクソだったし、9、8もクソだったんだよなあ
6までと7が成功しただけだろ


92 :
2016/11/06(日) 01:50:36.44 ID:7i5SnRU3a
FF10とか8でイチャラブしてたのが好きなやつは
登場する女キャラを何人落としたか競い合うペルソナ5とかいう気持ち悪いゲームが向いてそう


93 :
2016/11/06(日) 01:51:14.28 ID:8CBLpUjl0
腐っても10まで保ってきたFFの面白いイメージからしたら12はつまらなかったしなぁ
今で相対的に見れば…だけど当時としてはな


94 :
2016/11/06(日) 01:51:17.02 ID:7i5SnRU3a
ゲハとか言ってるやつってなんだったんだろうな?
あれリアルキッズだろ


98 :
2016/11/06(日) 01:53:42.45 ID:1yUR2m5J0
ヒロインだと思ってたキャラがいきなりOPでチャラ男にNTR
プレイしていくと今度は別の男にシッポ振るビッチに
とんでもないクソだろFF12も


100 :
2016/11/06(日) 01:55:03.79 ID:hw95F9qY0
そういえばオキューリアってなんだったんだろうね

101 :
2016/11/06(日) 01:55:24.86 ID:hPgccSBA0
バルフレアとか姫様が演劇みたいな必死感出してるのを尻目に
完全に他人事でパンネロとイチャイチャしてるオイヨイヨ


102 :
2016/11/06(日) 01:55:36.65 ID:7i5SnRU3a
おまえらがFF12を嫌いな理由のヒント

・主人公の周囲の男女関係には気をつけましょう。恋愛やハーレムをテーマにしていなくても、
最も読者が己の願望を投影する箇所であり、デリケートな部分です。
例え主人公に明確な好意を寄せていないキャラでも、読者もそう思ってくれるとは限りません。
特に、主人公に近い位置にいるキャラを主人公以外の人物とカップリングさせるのは止めましょう。
フリーでいいじゃない。


103 :
2016/11/06(日) 01:55:57.34 ID:0rbJJ44Jd
いやーあれはスルメゲーとしかいいようなかったじゃない
システム完全に理解されるまでにはどうしたって時間がかかるよ


106 :
2016/11/06(日) 01:56:55.28 ID:7PcyldJk0
FF15の売上でペルソナカスを煽るの楽しみ

108 :
2016/11/06(日) 01:57:05.44 ID:k8dnhcWS0
12は存在感がなさすぎる 空気

109 :
2016/11/06(日) 01:57:22.69 ID:y4HDYxNiH
恋愛要素お涙頂戴要素が無かったから10信者からは不評だよね

110 :
2016/11/06(日) 01:57:46.79 ID:s3PIvzE10
街が広くて探索しがいがあるのは良かった
ラバナスタのワクワク感は異常
逆にフィールドはだだっ広くてダルかった
砂漠が長すぎるのも減点
ガンビットや装備品の多さ、自由度の高さはかなり良い
キャラ、ストーリーは薄すぎつまらん


116 :
2016/11/06(日) 02:01:49.49 ID:UDf2vd130
FF9はbgm聞いたら
使われた場面全部思い出せる
くらい好き
FF10はそれなりによかった
FF4~8は面白かった
FF12はやったことないから
リメイク楽しみ

FF15は手だしづらい
男だけでもいいんだけど
FFって独特の気持ち悪さあるから
男の友情に(笑)がつきそうで…
評判みて買う


117 :
2016/11/06(日) 02:02:08.06 ID:qEvy+abT0
ロンギヌスマラソンだったか、あれしか覚えてないな

118 :
2016/11/06(日) 02:03:03.15 ID:+P3SE5eL0
裏ボスかなんかが異常に倒すの時間かかるのだけは覚えてる

119 :
2016/11/06(日) 02:03:11.72 ID:hr4rh74g0
発売前のPVの時点で葉加瀬太郎の曲前面に出してたり
アンジェラアキの曲使ってたり、まとまりが無い感じだった。

ゲームではEDにしか出てこないわ
それらの曲をモチーフにしたテーマ的なBGMも無いわ
アンジェラの曲は何故か英語版だわで、そりゃ印象残らんなと思った。


120 :
2016/11/06(日) 02:03:29.85 ID:7i5SnRU3a
12は終盤のダンジョンがいきなり鬼になるからあそこで諦めた人もわりと多いだろうな
物資補給に何時間も戻れないからいつ回復アイテムがなくなるかの緊張感がかなりスリリングでよかった
クリスタルグランデから地上に戻ってきたとき99個持って行ったフェニックスの尾が残り3個だったわw


121 :
2016/11/06(日) 02:05:12.01 ID:oKkOXFeN0
でもまだマシだった頃なんだよね
別格感があった


123 :
2016/11/06(日) 02:07:24.64 ID:cnLSjzwI0
12が悪いって言うよりゲーム自体の人気がだいぶ下がってた気がする
ファミコン世代とポケモン世代の谷間みたいな感じで


124 :
2016/11/06(日) 02:08:23.60 ID:dVbctDpx0
ゲームシステムは良く出来てた
シナリオがどう考えてみ打ち切りエンドっぽいあっさりした物なのが何ともね
18人のジャッジマスターとは何だったのか


128 :
2016/11/06(日) 02:09:46.79 ID:O4iLgEUDd
糞を誉めるのは無理

131 :
2016/11/06(日) 02:11:55.49 ID:KFgaWeYrp
話つまらないし戦闘も雑魚戦は飽きやすい
褒めるところがグラくらいしか無い


132 :
2016/11/06(日) 02:12:50.42 ID:7i5SnRU3a
ジャッジの凄みが中盤くらいでなくなってたな
ジャッジは最後まで目を合わせるのもヤバいくらいの恐怖の存在であってほしかった

オキューリアとシドは最後までヤバいオーラを保ってたのはよかったね


135 :
2016/11/06(日) 02:13:41.21 ID:VZNPGbpf0
順番待ちとかいう説明すら無いシステムがなあ
上級魔法の産廃っぷりといったら


136 :
2016/11/06(日) 02:15:14.71 ID:WYLHgYxMd
8で切ってそもそもやってない
12を褒めなかったというより
8で叩かなかったのが原因

小泉チョン太郎をブチ殺しておかないから
安倍になってるのと構造的に全く同じ


169 :
2016/11/06(日) 02:30:14.76 ID:UDf2vd130
>>136
FF8は攻略本(アルティマニアだっけ?)
みてじっくりやってみるのオススメ
サブイベントに関しては
俺のなかでは一番だわ


137 :
2016/11/06(日) 02:15:18.62 ID:tM4qmwfUa
ラーサー君が一番可愛いんだよなぁ…

138 :
2016/11/06(日) 02:16:09.78 ID:HTmhr7Mk0
主人公の存在が空気過ぎ

140 :
2016/11/06(日) 02:16:46.75 ID:SEAVkW2K0
12とか9が好きなのにお前らやスクエニがFFは元から中世じゃないとかスカしてるから15みたいな結果になるんや

142 :
2016/11/06(日) 02:16:57.03 ID:HTmhr7Mk0
バルフレアが主人公なら評価も変わってたかもな

143 :
2016/11/06(日) 02:17:11.43 ID:nK4YxhQx0
ストーリーは糞じゃない
…でもね、小さいんだよ

ラスボスの位置は過去のFFなら一章にあたる立ち位置でしょう
ダルマスカ奪還をもう少しコンパクトにまとめて、あと3~4カ国は帝国から奪還するようにした方が良かった
そして同盟国と一緒に帝国との全面戦争を終えて最後は神殺しまでさせて欲しいんだよ

昔のFFってこれ位のスケール感あったやん!
俺たちはこういう壮大な物語りをやりたいんだよ!!


147 :
2016/11/06(日) 02:19:56.30 ID:I+q4dd/n0
面白かったし褒めてたけどラスボスが何だったか思い出せない

148 :
2016/11/06(日) 02:20:35.92 ID:7i5SnRU3a
大灯台でついてくるハゲの仲間が俺達と違って優秀だった

151 :
2016/11/06(日) 02:22:11.73 ID:zAnEhnWA0
FF15は普通に神ゲーの予感

156 :
2016/11/06(日) 02:23:26.05 ID:s9j8s3EH0
Xストーリーが中途半端
○ガンビットが組めずヤズマットを倒せなかった


157 :
2016/11/06(日) 02:23:51.57 ID:pSsgI9gj0
CSが滅亡したら、こんな話はどんどん増えるんだろうね

158 :
2016/11/06(日) 02:23:59.02 ID:pwP4nmcR0
ガンビットやたら褒める奴いるけどどこに何配置するか計算してあとはほぼ見てるだけってタワーディフェンスと変わらんよ
あとガンビット変えるの面倒だし回復とか相手に何が効くかくらい学習して使えっての
ガンビットに脳味噌支配されてるのかAI的な成長皆無じゃん


452 :
2016/11/06(日) 08:45:17.66 ID:SAvp5Wz80
>>158
AI的な楽しみ方じゃなくて戦略的な楽しみ方がメインなんじゃないの
ボードと合わせてこれが欲しいけどこれが組めない、装備出来ない、移動を楽にするためにガンビット枠増やしたいけどこっちのライセンスが欲しいとか

自分で組むのがメインなのにAI要素とか的はずれな気がするわ


160 :
2016/11/06(日) 02:24:39.01 ID:KFgaWeYrp
ストーリーは覚えてないけど、こいつらは何で一緒に戦ってるんだろ?と首を傾げながらプレーしてた

161 :
2016/11/06(日) 02:25:52.23 ID:hr4rh74g0
この頃から、日本人ゲーマーが表面的な所でしか語る事が出来ないって
海外から白い目で見られ始めてきてたんだよなぁ。

現在は日本人はハブられ、意見なんか聞いてもらえない。
「日本人?スマホで忙しい合い間ぬってポチポチと昔を懐かしんでおけよ」

割とマジでスクエニもそんな姿勢です。


163 :
2016/11/06(日) 02:26:42.61 ID:LFLMMjxh0
FFやってない俺でも
13はライトニングさんとかわかるけど10と12はわからん
ゆりぱレディってのが12?


166 :
2016/11/06(日) 02:28:28.68 ID:7i5SnRU3a
こんなにエロかわいいのに性格がゴミで主人公に最後まで冷たいからな
おまえらが嫌う理由も分かる


168 :
2016/11/06(日) 02:29:09.99 ID:nl9IucX+d
笑顔の練習の万倍楽しい

ただ一度も自力でエンディング見てないわ


172 :
2016/11/06(日) 02:31:28.69 ID:KFgaWeYrp
チョコボがモンスター化してたのも違和感があったな
それまでチョコボのキャラゲーとか出してたのに
12のチョコボは可愛げのかけらもなかった


174 :
2016/11/06(日) 02:33:32.46 ID:M7rMzc9w0
FFってなんでこんな廃れたんだろうな
やっぱ毎年出すとかポケモンテイルズみたいに
定期的に出さないと忘れ去られる
今の子供はFF知らないからな


175 :
2016/11/06(日) 02:33:51.35 ID:iDVUuLfh0
レアアイテム収集とレアモンスター狩りが好きな奴は絶対楽しいゲームだよな
あと序盤から強装備作ったり集めたりしてオレツエープレイ好きな奴も


176 :
2016/11/06(日) 02:34:29.49 ID:M7rMzc9w0
今の子供はFF知らないしFF15を子供が楽しむ姿も想像できない
あんなゴミホストばっかりのゲーム
子供が楽しめるかよ


179 :
2016/11/06(日) 02:36:06.39 ID:WYLHgYxMd
8で殺しておくべきだったのに
声だけ大きい頭のおかしい奴らに名作扱いされちゃったからな

100歩譲っても8はFFのナンバリングにするべきじゃなかった
全くの別物
タイトルは「ハンサム学園4」で良かった
あれがシリーズ崩壊の始まり

8がゲームとしては面白かったとか
そんな話じゃねーんだよ


182 :
2016/11/06(日) 02:38:20.85 ID:d/k2mMeP0
中盤から主人公とその彼女がアーシェ殿下御一行様について行く意味が全くないってどうかと思うよね
「なんでこいつまだついてきてんの?」って内心思ってそうなんだよね
誰も「もう帰っていいよ」ってなんで言ってあげないの?


183 :
2016/11/06(日) 02:38:26.95 ID:0o2MiLqr0
ぶっちゃけ究極の暇潰しゲーだったし
プレイ時間の割りに中身が全くない


185 :
2016/11/06(日) 02:38:46.20 ID:PT3jSlst0
FFシリーズ一度もプレイしたことない普段洋ゲーしかやらない層でも楽しめるのかこれ
最新作はオープンワールドになったって聞いたけど


188 :
2016/11/06(日) 02:40:33.46 ID:7i5SnRU3a
FFTみたいに異世界に飛んでオキューリアを全員ぶち殺してアルマを助けるゲームにすればよかった

189 :
2016/11/06(日) 02:40:40.92 ID:M7rMzc9w0
まあ実際子供が楽しめるかどうかは子供じゃないと分からないけどな
10年位前にFF15のキャラクター達が発表された時
わくわくしたのは覚えてる
でもそこから10年だからな
もうワクワクしねーよ・・・


190 :
2016/11/06(日) 02:40:42.49 ID:/rok8SVl0
世界観で期待させといての糞ストーリーだったから

196 :
2016/11/06(日) 02:42:54.19 ID:g39jQC1x0
FFを無理に褒めるときって戦闘システムはいい
ってのだけだろ。
このレベルの作品だとキャラとシナリオと音楽も求められるわけで…


513 :
2016/11/06(日) 10:04:38.65 ID:59tKYEj70
>>196
FFって音楽はだいたい最高じゃん
12の音楽も冒険感あってよかったし。

FFの欠点は、ストーリーが幼稚か電波かってことだろ
万人受けを狙うために幼稚になるのは仕方ないけど、13の電波はいただけないな。
13も無印の一本道の構成とシナリオ以外は高レベルだと思うけど。


197 :
2016/11/06(日) 02:44:28.88 ID:M7rMzc9w0
歩き回るのが苦痛に感じるかどうかなら
年取れば苦痛に感じるよ時間が勿体無い
ガキの頃はフィールド延々歩いてても楽しいんだろうな


198 :
2016/11/06(日) 02:44:42.54 ID:/rok8SVl0
13の専門用語うんぬんは15のホストと同じでネガキャンに都合がいいだけでどうでもいいこと
専門用語なんかより台詞回しと演出が致命的に糞


224 :
2016/11/06(日) 02:56:55.97 ID:UDf2vd130
>>198
ほんこれ
FF13は演出やストーリーが
グラフィックに追い付いてない
逆にFF7なんかはグラフィックの
(今に比べて)低さに乗っかって
ギャグ飛ばしてた
今作はどうかしらんが


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

はいこ2016/11/06 (日) 16:33:48 ID:-
FF12は全クリする前に飽きたクソつまんなかった
シナリオもシステムもダメだった
名無しさん2016/11/06 (日) 18:55:22 ID:-
めっちゃやりこんだ
面白かったよ
名無しさん2016/11/06 (日) 21:47:44 ID:-
FF12

初めてゲームでやりこんだ作品。
主人公空気だったり俺が主人公だとか言い出すおっさんいたりのストーリーはあまり評判よくないけど戦闘システムが奥深くて新鮮だった。
名無しさん2016/11/07 (月) 18:01:20 ID:-
FF12のガンビットシステム楽しいし面白かった覚えがあるんだけど、あれって13以降には実装されてないん
名無しさん2016/11/07 (月) 18:49:44 ID:-
FF12って結構面白かったと思う。   
FFシリーズとして見るかどうかの問題であって、単体なら普通にいい作品のレベルなはず。              
darmSpeavavet2017/09/27 (水) 17:22:31 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/11/21 (火) 18:20:05 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/11/21 (火) 18:22:04 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/55045-0a1b1a65