◆ New Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Tehu君、非公開の情報をペラペラと喋る

Tehu @tehutehuapple
とある発表会の演出製作が佳境。なんで日本の会社ってプレス向けイベントの製作にお金をかけないんだろ。
ちょっと頑張ってみたり、味付け工夫してみたりするだけで楽しいし未来感があってワクワクしてもらえると思う。
ハコじゃなくて中身をどう食べてもらうかを考えなきゃ。

Tehu @tehutehuapple
発表会つっても、表に出してない自分たちの会社の、非公開の関係者向け内覧イベントですが。いずれはお知らせできるかと。
最近はいろんな工場や現場に視察に行かせていただいたり、面白い技術特許をいくつか出願したり、いろいろコソコソ、しばらく後に芽がでるであろう面白いこともやってるんです。
https://twitter.com/tehutehuapple/status/616671696590897153


 
17 :
:2015/07/03(金) 22:43:04.81 ID:8/DtOe5H0
何を意図した示唆かを考えるときもいな

7 :
:2015/07/03(金) 22:40:17.76 ID:LvjcmN5K0
見学だろw視察ワロタw

8 :
:2015/07/03(金) 22:40:42.89 ID:07wOVfm00
自分たちの会社っつんだからいいんじゃねーの

9 :
:2015/07/03(金) 22:40:56.79 ID:/IDyUowZ0
何も具体的なこと言ってないし別に問題ないだろ

13 :
:2015/07/03(金) 22:42:09.53 ID:jQvpB+8u0
いつも思うけどこいつえらいの?

14 :
:2015/07/03(金) 22:42:21.67 ID:I5MkLsFK0
ちゃんとメーカーはNDA結んで踏んだくれよ
メーカーがバカもしくは大したものじゃない


16 :
:2015/07/03(金) 22:42:51.16 ID:VE5z3R2R0
こいつの小4成りすましの件に加担してたのって
いつの間に不問にされたの?


88 :
:2015/07/03(金) 23:17:15.60 ID:fnSkzl190
>>16
安倍ちゃんがこいつを利用するために許した


21 :
:2015/07/03(金) 22:45:03.56 ID:30UNc/4K0
非公開っても一般には見せないっていうだけの意味合いで秘密とは違うしいいんじゃね
いちいちウザイのが気に障るけど


22 :
:2015/07/03(金) 22:45:35.97 ID:Pj7KC6rd0
こいつの脳味噌にはコンプライアンスって単語が無いのか。

26 :
:2015/07/03(金) 22:47:40.40 ID:dpJDzMGc0
広報したいことはコイツに「極秘で」と伝えればソッコーでいいふらしてくれるはず

28 :
:2015/07/03(金) 22:48:18.16 ID:GJB+jnqN0
こいつ口が軽すぎる
社会人として直すべき


34 :
:2015/07/03(金) 22:49:53.56 ID:vQeGjEQD0
ホント頭悪いなこいつ

40 :
:2015/07/03(金) 22:50:42.96 ID:T9rSU0a60
コソコソしてるアピールってなんだよ

43 :
:2015/07/03(金) 22:52:15.89 ID:d0516G770
なんだろうこの文章
要領を得ないというか文章の量に比べて情報が少ない


44 :
:2015/07/03(金) 22:53:12.73 ID:RZuewkI7O
何かしらの人格障害だと思ってる

48 :
:2015/07/03(金) 22:54:37.06 ID:AkMh1fo70
秘密保護法違反で死刑

49 :
:2015/07/03(金) 22:54:54.03 ID:IVXlP4Fi0
もうキモいツイート見て笑いものにしようとしてる奴しかフォロワーいないだろこれ
どうすんだコイツ


51 :
:2015/07/03(金) 22:56:06.43 ID:30UNc/4K0
>特許をいくつか出願したり

これは特許庁とかで調べて裏とれないの?


52 :
:2015/07/03(金) 22:56:17.03 ID:V2FlEmxT0
工場いったなんて普通に言えばいいしそもそもこいつ流通なんて無縁もいいとこじゃねーの?

55 :
:2015/07/03(金) 22:56:58.88 ID:EneSGIrX0
まぁこうやって人脈があると情報がまわってくる
こういう情報で富裕層はインサイダーやってるわけ
平場で養分にされているやつはチャートwとかにらめっこしてんのかも知らんけど


58 :
:2015/07/03(金) 22:57:44.84 ID:2LTJ4nG60
ただの工場見学を視察と言えるナイーヴさには感動すら覚える

62 :
:2015/07/03(金) 23:00:43.66 ID:Pj7KC6rd0
こいつ、オフレコで女性相手に情報を漏らしそうなイメージを着々と築き上げてるな。

69 :
:2015/07/03(金) 23:07:11.63 ID:wDAyRyTL0
マジで言ったの?コイツやばくね

72 :
:2015/07/03(金) 23:08:37.03 ID:uMjCHpsw0
変数abcくん

77 :
:2015/07/03(金) 23:12:20.02 ID:Yl8e1eg60
>面白い技術特許をいくつか出願したり

誰か詳しい人検索して


79 :
:2015/07/03(金) 23:13:04.69 ID:yLXF4Rnb0
こいついつも抽象的なことしか言わないよな

86 :
:2015/07/03(金) 23:16:26.78 ID:3/GWVQ7f0
こんなことつぶやかれてもどう反応してあげればいいかわからない

87 :
:2015/07/03(金) 23:16:59.59 ID:oVLcsTPv0
なんか実態がなさすぎてオラつき絵師ラルキみたいなガチでアレな人のように見えるわ地面に落ちた柿

89 :
:2015/07/03(金) 23:17:38.35 ID:DIqPva320
なんかもう可哀想になってくるな

92 :
:2015/07/03(金) 23:18:40.95 ID:cHy4422E0
*1.72 このような仕事があること自体が嘘
*5.34 言っても差し支えない程度の仕事
80.00 この情報は全て真実


94 :
:2015/07/03(金) 23:19:40.23 ID:F3YwFJ8b0
「俺辛いわー」系で何がしたいのか全く不明

95 :
:2015/07/03(金) 23:20:27.55 ID:3xmTFmpy0
コンプライアンスの欠片もないなこの禿

103 :
:2015/07/03(金) 23:24:38.82 ID:T8y9X+ap0
へー特許出願したんだ。暇だから見てくるね

107 :
:2015/07/03(金) 23:26:09.61 ID:mDMXLCc00
こいつラルキと一緒じゃないの?

109 :
:2015/07/03(金) 23:26:31.81 ID:+nm+1cjN0
深夜の淳の番組見て以降こいつに優しくなった

115 :
:2015/07/03(金) 23:28:51.86 ID:fy+Ob8hU0
風呂敷にしか見えない
2chでしか知らないけど、この人って何やった人なの?


122 :
:2015/07/03(金) 23:33:24.80 ID:zDYkEb9p0
>>115
誰も知らないローカルアイドルを企画してすぐクビになったり、
小4なりすまし事件で世間に話題を提供してる


123 :
:2015/07/03(金) 23:33:28.45 ID:eB0b5QY10
>>115
東大を蹴ってあえて慶應を選んだ天才


116 :
:2015/07/03(金) 23:28:55.94 ID:deK05LmXO
自分に酔ってるのかな?
勉強ができる馬鹿は大変だな


127 :
:2015/07/03(金) 23:39:06.85 ID:dDqN33lF0
この豚、放置サイトで謝罪したのか
人間性が透けるね


130 :
:2015/07/03(金) 23:42:21.62 ID:H05IVLlm0
中身スカスカでワロタ
あるのは脂肪だけかよ


131 :
:2015/07/03(金) 23:44:50.22 ID:aGQHE4nP0
まあこいつの生き方は良くも悪くも悪くも悪くも悪くも中国人だよな

135 :
:2015/07/03(金) 23:48:39.45 ID:9bz+7sUv0
>面白い技術特許をいくつか出願したり

なんかすごいな


139 :
:2015/07/03(金) 23:51:20.21 ID:9IsVl40C0
公開特許公報は出願から1年ぐらいかかるんだったか

まぁどうせ
特許庁「ダメです」
で終わるだろうけどな


149 :
:2015/07/03(金) 23:57:13.97 ID:YjluP6QJ0
自己愛性人格障害のほかにも何か発症してそう

152 :
:2015/07/03(金) 23:58:53.41 ID:9IsVl40C0
>>149
企画乗っ取りを平気でやるところからして
サイコパスなんじゃないか

割とガチで
特許も誰かの思いつきを盗んでそう


150 :
:2015/07/03(金) 23:57:47.10 ID:iYyjXNX10
マジな話ただの虚言癖のある男にしか思えなくなってきた
んでもって自分の盛った話をどんどん信じ込んでいけるサイコパス気質


151 :
:2015/07/03(金) 23:58:42.38 ID:wbazXWSW0
なんかの病気ではありそう
頭いいのは確かだけど


154 :
:2015/07/04(土) 00:02:45.14 ID:AjLHmnMB0
~かと。
を使うヤツは皆、発言に無責任なくせにカッコつけたがる無能メンヘラ


157 :
:2015/07/04(土) 00:04:17.22 ID:S/NyiqjP0
張くんって前にもただの友達を彼女だと自慢して本人にキモがられてなかったっけ?

163 :
:2015/07/04(土) 00:09:04.61 ID:g+1ZLvB30
プロの仕事だけじゃ飽き足らず、頑張ってる人にもいちゃもんつけてまわってるのかこの基地外
最近は才能への恨みと嫉妬に変わりつつあるように見える


164 :
:2015/07/04(土) 00:10:02.16 ID:YbKkCkiw0
もしもこいつがこのままの性格で社会に通用してしまったら俺は絶望してしまう

170 :
:2015/07/04(土) 00:20:32.33 ID:Yehxnm9F0
興味ないです

172 :
:2015/07/04(土) 00:22:49.72 ID:/ohmLmRD0
こんなに華やかな生活してて一回も密着取材受けてないんだろ
やっぱ日本人には理解できない中国人の見栄が出てるわ


177 :
:2015/07/04(土) 00:31:03.47 ID:HV17/H1x0
こいつに渡る仕事なんてばれてもたいしたことないことなんだろ

179 :
:2015/07/04(土) 00:35:30.49 ID:WT7/bpkI0
昔は可愛かったんだね
今は性格悪い(断言)


181 :
:2015/07/04(土) 00:37:52.78 ID:e/Vrvxo70
こいつの1を100に見せかける文章力はすごい

184 :
:2015/07/04(土) 00:42:29.76 ID:W8gFYq/x0
ここ見てるらしいねいいのかねそんなことつらつらネット上に書くのは?

188 :
:2015/07/04(土) 00:49:56.54 ID:AjLHmnMB0
え?これ虚言なの?まじ?ガチメンヘラ?

189 :
:2015/07/04(土) 00:50:13.09 ID:p6Rg+MFD0
最高技術責任者(笑)

191 :
:2015/07/04(土) 00:53:02.87 ID:M1iHLyr40
十で神童十五で才子二十過ぎれば只のメンヘラ禿げ自己愛性人格障害

192 :
:2015/07/04(土) 00:55:24.29 ID:lEm5Ko+W0
イタリア行ってる間は変な擁護湧かなかったってマジ?

193 :
:2015/07/04(土) 00:58:05.75 ID:/emGP5+i0
お前らのテフへの嫉妬は異常
毎回伸びるよね
そんなにブサイクでリア充なのがムカつくの?w


195 :
:2015/07/04(土) 00:59:56.72 ID:6Bdo6ajK0
ムカつくからあの丸いメガネやめろ
あれは似合うやつの方が少ない


202 :
:2015/07/04(土) 01:31:05.60 ID:gPAx6WHh0
なんかID変えて本人みたいのが書き込んでるな

203 :
:2015/07/04(土) 01:36:19.51 ID:U0XH6Oi30
30歳過ぎにつまらないことで犯罪者になってそう

206 :
:2015/07/04(土) 01:38:51.01 ID:GKnn7XrfO
選挙のない国の人がなりすましして日本の選挙妨害しようとしたんだっけ

207 :
:2015/07/04(土) 01:51:49.77 ID:C0fSYPoI0
俺は知ってるけど皆には言えないわーアピールはホント意味わからん
これほど中身のない発言もない


208 :
:2015/07/04(土) 01:52:45.95 ID:4JdgpTZR0
こいつ面白いことって言葉好きだな
面白いのはおまえの顔だっつーのw


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

名無しさん2015/07/04 (土) 10:27:17 ID:-
テフ君って友達いるの?
名無しさん2015/07/04 (土) 11:36:55 ID:-
エア友達と表面上のお友達ならいっぱいいるよ
名無しさん2015/07/04 (土) 14:44:13 ID:-
麻生元首相みたいな人だね
隠し事が苦手で失言が多いタイプ
名無しさん2015/07/05 (日) 14:23:04 ID:-
ラルキさんの足元にも及ばないオイル豚
darmSpeavavet2017/11/19 (日) 14:21:26 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息
darmSpeavavet2017/11/19 (日) 14:24:25 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息
darmSpeavavet2017/11/19 (日) 14:27:24 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息
darmSpeavavet2017/11/19 (日) 14:28:16 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/39554-19113b37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。