◆ New Entries

YU-NOリメイクについて「A.D.M.Sシステム今のユーザにはちょっときびしい」「倫理面での変更は必要」

・「YU-NO」のリメイクはこれまで何十社という会社がエルフに持ちかけたが、全て断っていた。
・当初はエルフ許諾で監修をお願いする話をしていたが、エルフ側に「YU-NO」が判る人がいない事がネックになった。結論として「許諾ではなく版権の譲渡」になった。
・対応ハードは今後の発表を待って欲しい
・「A.D.M.S」システムは今のユーザにはちょっときびしい。どう簡略したらプレイしやすいか検討中・ストーリーは基本的に変更しない。ただ20年ほど前の作品なので倫理面での変更は必要。基本的に9割5分以上シナリオはいじらない・キャラデザから背景まで全て描き直し
・フルボイス。新キャスティング
・発売は2015年終わりよりは少し早く出したい。
・新規楽曲が追加されるかも
http://www.famitsu.com/news/201412/29068836.html
http://dengekionline.com/elem/000/000/984/984492/


 
2 :
:2014/12/30(火) 21:08:31.39 ID:y8DGXC080
一昨日全クリしたタイミングでリメイク発表すんなや

11 :
:2014/12/30(火) 21:11:42.28 ID:A7/HgCv00
>>2
どんなものでもリメイクしか知らない奴はバカにされるから安心しろ


3 :
:2014/12/30(火) 21:08:33.82 ID:DAwwX0k00
誰がやるんだよ

4 :
:2014/12/30(火) 21:09:16.47 ID:+J9uH89f0
別に今のユーザーになんか売れないから
むしろ難しくしてやる方がファンサービスになるのに
ほんとエロゲ屋はアホだな


8 :
:2014/12/30(火) 21:11:18.26 ID:ZlUsdOj40
>>4
まーた声のでかいオタクがなんか言ってる。エロゲ市場の母数とにわかオタクの母数を比べてから言えよ


5 :
:2014/12/30(火) 21:09:17.29 ID:L5nHGljL0
糞リメイクの予感

6 :
:2014/12/30(火) 21:09:37.98 ID:Q3RQKaPg0
よりによって5pbとかねーわ

13 :
:2014/12/30(火) 21:12:01.36 ID:6BKeJOHG0
エロゲオタだけが暴れてひっそりと終わることは分かる

16 :
:2014/12/30(火) 21:12:31.38 ID:rBIx7oyV0
当時のゲーム性(笑)追求したADVなんて今やったらめんどくさいだけだっつーのは
わかるが、どう弄っても今の客にウケるわけないんだからそのままやればいいのに


22 :
:2014/12/30(火) 21:14:35.87 ID:5L5oQ6Zh0
近親相姦部分どうするんだ

24 :
:2014/12/30(火) 21:15:34.04 ID:MftaRoXu0
まあ嫌な予感しかしないな

25 :
:2014/12/30(火) 21:15:48.77 ID:mAP4IC+i0
>浅田
なんでまたこのゴミにやらせてんだか
終わってる


26 :
:2014/12/30(火) 21:15:52.76 ID:1U+bXSBy0
なんかもうそういうクソみたいな言い訳から入って
まともな作品になったのを見たことがないんだけど


28 :
:2014/12/30(火) 21:16:31.06 ID:KCchVtxe0
ゴミゲー化確定じゃん

30 :
:2014/12/30(火) 21:16:44.96 ID:iXnyHLC80
今更yu-noみたいな遺物もってこられてもな
ループものはもう名作がいっぱいあるし


31 :
:2014/12/30(火) 21:16:48.05 ID:xFKNBd9f0 ?2BP(1000)
YU-NOはエロ要素なくてもいいゲームだな

35 :
:2014/12/30(火) 21:17:25.31 ID:Ii3hNRMC0
どうせ箱一で爆死するんなら98版をPCにベタ移植して気軽にプレイできるようにしろ

37 :
:2014/12/30(火) 21:17:27.34 ID:G1Gy1DdaO
シナリオとシステムのリンクこそ肝だろ
いきなり両方変えたら粗筋になるぞ


41 :
:2014/12/30(火) 21:18:37.56 ID:loLDFxYS0
ハード買ってゲームっていう気力もねえしアニメ化に期待しとこう

42 :
:2014/12/30(火) 21:19:40.87 ID:7fxgNUyF0
まぁ、いじっちゃいけない所をいじってくるのは火を見るより明らかだよね?

46 :
:2014/12/30(火) 21:20:28.72 ID:ZlUsdOj40
今のユーザー=堪え性がなくなりつつあるオッサン

47 :
:2014/12/30(火) 21:21:09.10 ID:n2nCXtHX0
これこそエロなしでストーリー作れるのか疑問だわ

48 :
:2014/12/30(火) 21:21:13.03 ID:SWH+ZVMg0
糞ビッチ神奈ちゃんすき

52 :
:2014/12/30(火) 21:22:30.18 ID:O6ZGvuDgO
むしろこのA.D.M.Sを使った別ゲー作れや

YU-NOなら後半一本道にもA.D.M.S仕込むくらいやれ
ピクロスはいらない


53 :
:2014/12/30(火) 21:22:31.67 ID:lXhSZ9Ae0
あのシステムがないと世界感変わるだろう

56 :
:2014/12/30(火) 21:23:41.36 ID:maGpGpLx0
無意味な糞リメイクなんて必要ない
後編を足した完全版も菅野が死んだ事で無理になったし


58 :
:2014/12/30(火) 21:24:37.80 ID:qclTzKDv0
A.D.M.Sを変えてどうすんだよ
面白さの根本がこれだろうが
クソゲー待ったなしだな


59 :
:2014/12/30(火) 21:24:39.60 ID:5kB347zV0
蒼色輪廻のスタッフひっぱってこいよ

62 :
:2014/12/30(火) 21:25:27.25 ID:/WCnrgZi0
エロゲでリメイクならともかく家庭用で表現ぼかしてまでリメイクする意味無いだろ

66 :
:2014/12/30(火) 21:26:27.44 ID:V4tQSXGz0
>>62
いやサターンで出てるんだけどね。
サターン版は直接的エロは無くなってるけど、名作


63 :
:2014/12/30(火) 21:25:42.24 ID:7PSiWF9s0
PC-98のCD-ROM版持ってるんだが、やったことない
本体もDOSもとっくにないし、もう一生プレイできないんだろうな


64 :
:2014/12/30(火) 21:26:08.61 ID:nLwKCCoq0
もうYU-NOである必要が無いな

67 :
:2014/12/30(火) 21:26:35.05 ID:qvZav2rk0
マジで何でこんなことになるの
菅野死んだから好き勝手やっていいの?


80 :
:2014/12/30(火) 21:29:32.53 ID:Dp6BrMuY0
エルフってまだあんのか。
最近全然作品見かけないわ。


81 :
:2014/12/30(火) 21:30:10.68 ID:QJ0BO4PF0
アダモスってなんだよ?

87 :
:2014/12/30(火) 21:31:23.87 ID:DKkgndWn0
飯野死んだからやりたい放題だな

90 :
:2014/12/30(火) 21:32:29.36 ID:G1Gy1DdaO
エルフ側に解る人がいないに結構衝撃受けてる
そうかガワだけでとっくに死んでたのか
まあ仕方ないか


95 :
:2014/12/30(火) 21:34:21.31 ID:GZcFzY+s0
ゆとりユーザー向けに簡単にしますってか

97 :
:2014/12/30(火) 21:35:13.82 ID:wAcBXMMY0
ゲーム性変えたらそこらのエロゲーじゃん

103 :
:2014/12/30(火) 21:36:48.53 ID:PT0weVf90
ゴミ確定w
もう原案扱いにしろよ


108 :
:2014/12/30(火) 21:37:56.57 ID:UaTyHt0Q0
流石千代丸
面白い要素をピンポイントでスポイルして自分の曲を入れる
流石だわ・・・


109 :
:2014/12/30(火) 21:37:59.25 ID:j7TMTpAQ0
エロゲーに本気になって恥ずかしくないの?

127 :
:2014/12/30(火) 21:43:31.17 ID:6X46kx2K0
>>109
このエロゲは東浩紀の「動物化するポストモダン」で評論されてるんだぜ


110 :
:2014/12/30(火) 21:38:11.68 ID:LWmFtnP70
どうせX-BOX ONE独占で出すんだろうから、ぶっちゃけどうでもいいんだよな
PC版で18禁出すっていうなら買ってもいいけど


116 :
:2014/12/30(火) 21:40:04.24 ID:EbdPQh8E0
こいつらの技術力じゃ作れないんだったりしてw

117 :
:2014/12/30(火) 21:40:19.61 ID:8cGvRCna0
書いた奴が故人なんだから一字一句いじらないのが筋だろ

118 :
:2014/12/30(火) 21:41:07.04 ID:Cv1sct5F0
どうせテレビアニメ化まで見越した作りになってるんだろ?
そら近親相姦は入れられませんわ


119 :
:2014/12/30(火) 21:41:23.14 ID:Y4GdJC5v0
これはスルー確定
リメイクやってこんなの名作扱いしてんのかよと馬鹿にされてもこっちが困るんで
今の内に言っとくけどリメイクは糞


120 :
:2014/12/30(火) 21:42:07.30 ID:OOiBi60P0
ゆとりはちゃんとやっとくんでぞ?

122 :
:2014/12/30(火) 21:42:19.18 ID:Wbx2ltLz0
そしてほんのちょっと改変したが大規模な変更なんだろうな

123 :
:2014/12/30(火) 21:42:36.15 ID:STK2PI5s0
YU-NOやってみたいんだが、今やるならどうしたら良いのかわからない

128 :
:2014/12/30(火) 21:43:31.60 ID:hrSznSjq0
リメイクはしなくていいから今使えるように移植しろよ

129 :
:2014/12/30(火) 21:43:55.04 ID:57WEavqN0
自分の娘がレイプされようとしているのに人はレイプ魔を殺さずにいられるか?

131 :
:2014/12/30(火) 21:44:12.80 ID:TOg1E1B30
OPの電話の赤いランプが
スマホのLEDランプに変わるとか胸熱


134 :
:2014/12/30(火) 21:45:27.71 ID:IwjuSRNd0
あの宝玉セーブして分岐してくのが面白かったのに無くしてどうすんだよ

135 :
:2014/12/30(火) 21:45:44.96 ID:vXBb3MRy0
大コケする予感しかしない

137 :
:2014/12/30(火) 21:46:06.52 ID:P3SggXFA0
浅田かー……STGはまだしもADVはアレだったし会社は5pbだしとロクな事にならんだろこれ

138 :
:2014/12/30(火) 21:46:09.31 ID:RL/jcGMj0
SS版しかやった事無いけどリメイクなんかじゃなくて何も弄らず普通に現行win用で再販してくれよ。
SSなんてとうに壊れてやれんしぶっちゃけ殆ど忘れたし
またやれば十分楽しめるだろうから4800円位で出せば買うわ。
フルプライスまで出す気はしないけど。


139 :
:2014/12/30(火) 21:46:43.45 ID:xS10VBxi0
倫理面を考慮して女キャラ全員処女です

141 :
:2014/12/30(火) 21:48:12.21 ID:oGG88vLG0
これって元々誰が作ったんだ

146 :
:2014/12/30(火) 21:48:56.23 ID:UqvjATx40
最後にやったエロゲだわ
まだ現役でエロゲやってるのは何人くらい生き残ってんのかな


147 :
:2014/12/30(火) 21:49:07.35 ID:KJrv6pNG0
やっぱり倫理面での改変ありかよ

150 :
:2014/12/30(火) 21:49:45.00 ID:qvZav2rk0
なんだよ倫理って
ゲームだろ


152 :
:2014/12/30(火) 21:51:20.60 ID:cCYm2K5R0
恐れず大胆に加筆修正すべきだと思うが全てを理解している菅野がもういないから監修してもらえない・・・

153 :
:2014/12/30(火) 21:51:32.08 ID:vhd9233u0
今まで何十社もリメイクを断ってきたのに今回OKって事は
エルフ倒産でも近いの?


154 :
:2014/12/30(火) 21:51:44.64 ID:zShJd1VC0
誰がどう考えても叩かれるのは見えてる
確かに一定の少数は売れるだろう
そんなに小金が欲しいのか


158 :
:2014/12/30(火) 21:53:28.55 ID:8FhSQFJZ0
倫理面で変更が必要な箇所ってどんなところ?

161 :
:2014/12/30(火) 21:54:15.21 ID:juSGhsiQ0
>>158
そら援交NTRレイプ近親etc
なんでもござれだったからなw


160 :
:2014/12/30(火) 21:53:32.49 ID:8Xvi06SI0
いじるなや、マジで

162 :
:2014/12/30(火) 21:54:43.31 ID:57WEavqN0
>・「A.D.M.S」システムは今のユーザにはちょっときびしい。
頭の悪い製作者サイドは、ってことだろ

いっそのこと大胆改修で全然違う作品にしてくれ


169 :
:2014/12/30(火) 21:57:28.22 ID:wAcBXMMY0
難易度下げるだけならどうでもいいわ
結局やること一緒だし


171 :
:2014/12/30(火) 21:58:12.21 ID:RuTMYJuX0
セーブロードシステムに理由付けしただけ
当時画期的だっただけなんだからリメイクしなくていい


172 :
:2014/12/30(火) 21:58:22.18 ID:UYS91vb20
これに期待できるのはサントラだけだよね

182 :
:2014/12/30(火) 22:02:21.88 ID:3uC589vc0
>>172
音楽を担当した梅本も死んでるじゃん
これの音楽も千代丸がリメイクでもするんじゃないのか
エルフが通信販売で売ったサターン版のサントラ+ドラマCDを再販するとは思えないし


173 :
:2014/12/30(火) 21:58:32.93 ID:LQxlHXmkO
ズバリ大予想2

えりこ
死ぬ女
スパイ
とのハッピーエンドが用意される


174 :
:2014/12/30(火) 21:58:37.57 ID:svccgijM0
まーたなんとかトリガーですか?

179 :
:2014/12/30(火) 22:00:47.50 ID:o29yCmf20
義母が寝取られるのがすげーエロかった

181 :
:2014/12/30(火) 22:01:17.97 ID:IozAv15q0
まだかよ一生遊べる野々村病院など○○の人々・一族シリーズ

183 :
:2014/12/30(火) 22:02:47.53 ID:U2TSBenK0
ベタ移植すれば誰も文句つけないのに

184 :
:2014/12/30(火) 22:03:18.63 ID:FtO9To5n0
良かったぁ
おまえらバカだと思われてるぞ


188 :
:2014/12/30(火) 22:05:02.40 ID:BQwhz4o90
ベタ移植で文句つけないとか言っちゃえるのってすごいと思うわ
無知すぎて


189 :
:2014/12/30(火) 22:05:17.82 ID:+J9uH89f0
試行錯誤によって報われるゲームなのに
試行錯誤は大変だから辞めようって
アホ丸出しだよね


193 :
:2014/12/30(火) 22:07:35.42 ID:qvZav2rk0
>>189
3DSのゼルダもすげえゆとり仕様になってたなあ


191 :
:2014/12/30(火) 22:06:50.51 ID:DPYaXxvx0
見えてる地雷ってレベルじゃねーぞ

192 :
:2014/12/30(火) 22:07:20.41 ID:3uC589vc0
倫理的な意味で改変って、それもうただのギャルゲーだよな
コンシューマーで出す意味あるわけ?


195 :
:2014/12/30(火) 22:09:15.71 ID:22bAqX3+0
版権譲渡ならニコニコの実況プレイを権利者権限で消してゆとりにはオリジナルは無かったことにするんだろ

198 :
:2014/12/30(火) 22:10:09.60 ID:YpV2YTAw0
ゼルダはいまだに初代が一番好きだわ
いきなりフィールドに放り出されて、何もかも自分で探せとか最高すぎるだろ


205 :
:2014/12/30(火) 22:12:52.74 ID:LQxlHXmkO
>>198
それ系統のクソゲーと違うのは
ちゃんと子供なりに考えれば進めるのもいいな
ワルキューレは少し厳しかった


200 :
:2014/12/30(火) 22:11:07.08 ID:P3R97A350
これだけ前置いての移植
それも箱1独占とか死ぬ気なの!?
さすがに本国MSにも「こいつ駄目なんじゃねーか?」ってバレそう


201 :
:2014/12/30(火) 22:11:09.25 ID:OxKjEgh/0
俺はサターン版しかプレイしてないから
いつの日か同級生みたいにDL販売してくれるかもしれない、と少ない望みをずっと持っていたが
権利譲渡したせいで、その可能性も全く無くなったんだな・・・
リメイクしようがどうでもいいが、いつか原作がまた出るかもしれないという希望が途絶えた事に悲しみを隠せない
千代丸視ね


208 :
:2014/12/30(火) 22:14:05.96 ID:YpV2YTAw0
>>201
もはやオクか尼でCD買って、エミュでプレイするしかないな


203 :
:2014/12/30(火) 22:12:12.31 ID:LV7GKQ2o0
いまさらできることは何もないだろ
エミュで充分


204 :
:2014/12/30(火) 22:12:47.20 ID:6qDl52Hp0
アホ杉ワロタ

212 :
:2014/12/30(火) 22:17:11.55 ID:NIpWPoA20
システムや倫理云々より「原作が好きなスタッフが集まって~~」「原作が好きで~~」と
上辺だけの愛着で免罪符作ろうとする魂胆が見え見えで薄っぺらい
本当に原作が好きなら菅野が生きているうちにリメイクの交渉締結しておけよ
死んだあとでミステリートのリメイクとか追加シナリオとか石森章太郎が死んだあと仲間内で好き勝手にやってるのと変わらん


216 :
:2014/12/30(火) 22:18:29.30 ID:uWJ57umd0
シナリオライターもゲームデザイナーも、音楽担当も死んでるんだろ。

もう、どういうゲームだったかわかる奴はいないだろう。


218 :
:2014/12/30(火) 22:20:20.09 ID:xYi9sQeJ0
ゴミ箱かよ
いらね


219 :
:2014/12/30(火) 22:20:39.89 ID:j7ednRAV0
エロゲ批評空間の1位だか2位だかが暴落して10位ぐらいになる悪寒

225 :
:2014/12/30(火) 22:28:04.64 ID:3Vau8qNl0
YU-NOやったことあるとまどマギとかのアニメのループがしょっぱく見える
その根幹が再現できないならやめちまえ


241 :
:2014/12/30(火) 22:32:45.53 ID:jtRM71Ev0
>>225
まどマギのループなんかストーリーのギミックじゃなくて
単なるキャラ付けでしかないんだからそもそも比べるに値しないだろ


226 :
:2014/12/30(火) 22:28:06.77 ID:j7ednRAV0
同級生1、2の権利も譲渡しそうだな

もうエルフは死にかけだし足元見られて小金で


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

darmSpeavavet2017/09/26 (火) 23:48:08 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/09/26 (火) 23:48:52 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/09/26 (火) 23:54:07 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/09/26 (火) 23:54:46 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/09/26 (火) 23:55:04 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
darmSpeavavet2017/09/26 (火) 23:57:15 ID:-
ルイージCiocca:私は私がミラノ古書の新しいグループに存在細工されたことに気づいた<a hrenew era キャップ</a>イッタラ食器製品多分いくつかの時間とさらに耐性後に脚の各々は、通常、はるかに少ないです ブーツや靴の従属
 青侍は、にやにや笑うばかりで、返事をしない。鶯も、もう啼かなくなった。
「やがて、男は、日の暮(くれ)に帰ると云って、娘一人を留守居(るすい)に、慌(あわただ)しくどこかへ出て参りました。その後(あと)の淋しさは、また一倍でございます。いくら利発者でも、こうなると、さすがに心細くなるのでございましょう。そこで、心晴らしに、何気(なにげ)なく塔の奥へ行って見ると、どうでございましょう。綾や絹は愚(おろか)な事、珠玉とか砂金(さきん)とか云う金目(かねめ)の物が、皮匣(かわご)に幾つともなく、並べてあると云うじゃございませぬか。これにはああ云う気丈な娘でも、思わず肚胸(とむね)をついたそうでございます。
「物にもよりますが、こんな財物(たから)を持っているからは、もう疑(うたがい)はございませぬ。引剥(ひはぎ)でなければ、物盗(ものと)りでございます。――そう思うと、今まではただ、さびしいだけだったのが、急に、怖いのも手伝って、何だか片時(かたとき)もこうしては、いられないような気になりました。何さま、悪く放免(ほうめん)の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭(あ)うかも知れませぬ。
「そこで、逃げ場をさがす気で、急いで戸口の方へ引返そうと致しますと、誰だか、皮匣(かわご)の後(うしろ)から、しわがれた声で呼びとめました。何しろ、人はいないとばかり思っていた所でございますから、驚いたの驚かないのじゃございませぬ。見ると、人間とも海鼠(なまこ)ともつかないようなものが、砂金の袋を積んだ中に、円(まる)くなって、坐って居ります。――これが目くされの、皺(しわ)だらけの、腰のまがった、背の低い、六十ばかりの尼法師(あまほうし)でございました。しかも娘の思惑(おもわく)を知ってか知らないでか、膝(ひざ)で前へのり出しながら、見かけによらない猫撫声(ねこなでごえ)で、初対面の挨拶(あいさつ)をするのでございます。
「こっちは、それ所の騒(さわ)ぎではないのでございますが、何しろ逃げようと云う巧(たく)みをけどられなどしては大変だと思ったので、しぶしぶ皮匣(かわご)の上に肘(ひじ)をつきながら心にもない世間話をはじめました。どうも話の容子(ようす)では、この婆さんが、今まであの男の炊女(みずし)か何かつとめていたらしいのでございます。が、男の商売の事になると、妙に一口も話しませぬ。それさえ、娘の方では、気になるのに、その尼(あま)がまた、少し耳が遠いと来ているものでございますから、一つ話を何度となく、云い直したり聞き直したりするので、こっちはもう泣き出したいほど、気がじれます。――
「そんな事が、かれこれ午(ひる)までつづいたでございましょう。すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請(はしぶしん)が出来たのと云っている中(うち)に、幸い、年の加減(かげん)か、この婆さんが、そろそろ居睡(いねむ)りをはじめました。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺(うかが)いながら、そっと入口まで這(は)って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案配に、人のけはいはございませぬ。――
「ここでそのまま、逃げ出してしまえば、何事もなかったのでございますが、ふと今朝(けさ)貰った綾と絹との事を思い出したので、それを取りに、またそっと皮匣(かわご)の所まで帰って参りました。すると、どうした拍子か、砂金の袋にけつまずいて、思わず手が婆さんの膝(ひざ)にさわったから、たまりませぬ。尼の奴め驚いて眼をさますと、暫くはただ、あっけにとられて、いたようでございますが、急に気ちがいのようになって、娘の足にかじりつきました。そうして、半分泣き声で、早口に何かしゃべり立てます。切れ切れに、語(ことば)が耳へはいる所では、万一娘に逃げられたら、自分がどんなひどい目に遇うかも知れないと、こう云っているらしいのでございますな。が、こっちもここにいては命にかかわると云う時でございますから、元よりそんな事に耳をかす訳がございませぬ。そこで、とうとう、女同志のつかみ合がはじまりました。
「打つ。蹴(け)る。砂金の袋をなげつける。――梁(はり)に巣を食った鼠(ねずみ)も、落ちそうな騒ぎでございます。それに、こうなると、死物狂いだけに、婆さんの力も、莫迦(ばか)には出来ませぬ。が、そこは年のちがいでございましょう。間もなく、娘が、綾と絹とを小脇(こわき)にかかえて、息を切らしながら、塔の戸口をこっそり、忍び出た時には、尼(あま)はもう、口もきかないようになって居りました。これは、後(あと)で聞いたのでございますが、死骸(しがい)は、鼻から血を少し出して、頭から砂金を浴びせられたまま、薄暗い隅の方に、仰向(あおむ)けになって、臥(ね)ていたそうでございます。
「こっちは八坂寺(やさかでら)を出ると、町家(ちょうか)の多い所は、さすがに気がさしたと見えて、五条京極(きょうごく)辺の知人(しりびと)の家をたずねました。この知人と云うのも、その日暮しの貧乏人なのでございますが、絹の一疋もやったからでございましょう、湯を沸かすやら、粥(かゆ)675 7089 4066を煮るやら、いろいろ経営(けいえい)してくれたそうでございます。そこで、娘も漸(ようや)く、ほっと一息つく事が出来ました。<a href
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/30086-faf45612