◆ New Entries

1932年満州建国以降でどうすれば日本は敗戦国にならずに済んだ?

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20131230-OYT8T00589.htm
昭和の敗戦で移民先の満州(現中国東北部)から日本に引き揚げてきた人たちが、自らの体験を次代に語り継ぐ交流会「北陸満友会」を発足させた。若い世代に向けてインターネットでも情報発信する予定で、戦争の教訓を将来に伝える取り組みとして成果が期待される。

発起人となったのは、県内に住む70~80歳代の満州引き揚げ者4人。年に1~2回、会合を開くほか、富山、福井にも幹事を置いて、両県にも集まりを作る。また、インターネットのホームページ上に、同会や満州開拓などに関する書籍の紹介などもしていくという。

12月19日に金沢市の県立美術館で開かれた初会合には、北陸3県から約70人が出席。引き揚げ者ら約10人が自己の経験を語った。会場には、満州や朝鮮半島の地図も張られ、自分や家族がいた街や引き揚げのルートを懐かしげに見る参加者もいた。

父親が旧ソ連軍の捕虜となり、母親とは現地で死別した小関昌司さん(80)は14歳の頃、生きるために、中国共産党の人民解放軍の少年兵となった。中国各地を転戦し、帰国したのは戦後13年たった1958年だったという。小関さんは「多くの人が命を奪われた。
再び戦争を起こさないためにどうすればいいのか」と語りかけた。


 
4 :
:2013/12/31(火) 19:17:19.34 ID:KCFIFJNQi
・日ソ中立条約なんか結ばなければ良かった。
・支那事変だけでずっと我慢すべきだった。
・海軍を粛清すれば良かった。


5 :
:2013/12/31(火) 19:17:55.78 ID:kqB034Ez0
南部仏印進駐しなければ・・、でも援蒋ルートが絶てない・・、すると国民党中国との戦争のケリ付かない・・。

6 :
:2013/12/31(火) 19:17:59.19 ID:nt2QQ3kH0
国連脱退せずにマン臭をアメリカにくれてやればよかった
そうすればわざわざソ連なんて面倒くさい連中と戦わずにもすんだのに


11 :
:2013/12/31(火) 19:21:18.01 ID:IV61UHhp0
>>6
それやってたら朝鮮+台湾はにほんのままで2億人の経済圏だったからすごかっただろうな~
でもあのとき満州を手放そうとしたら間違いなく首相だろうが陸海大臣だろうが殺されてたよね


7 :
:2013/12/31(火) 19:18:53.82 ID:emz2R9nO0
ドイツに宣戦布告

9 :
:2013/12/31(火) 19:20:04.94 ID:TCdBnOhhP
半藤と保坂正康の対談本が手元にあるんだが、どっちかが、日独伊同盟を
結んだ時点で引き返せない所に行ったと言ってる。


10 :
:2013/12/31(火) 19:20:59.72 ID:vhhHN60e0
ってか大陸進出した時点で負け。日本はシーパワーの国だからね。
エベンキ朝鮮半島なんかに進出した時点ですでに負けだった。実際、現代まで尾を引いてるだろ?

進むならまっすぐ南洋。でアジア主義はとってはいけなかった。
ハワイ王と皇族の結婚もさっさと認めて同盟を結んでおくべきだったな。


12 :
:2013/12/31(火) 19:21:28.80 ID:7l3PySluP
板垣石原ら首謀者の即時軍法会議開いて処刑
ごめんなさいして返還
既にある海外領土をきっちり経営


17 :
:2013/12/31(火) 19:22:29.96 ID:ZFINOUxNi
関東軍が中国で無軌道に暴走した段階でアウト
でも暴走の原因が石原の満州国建国の成功なんだからこの段階で詰んでる


18 :
:2013/12/31(火) 19:23:13.03 ID:ygFmSFKv0
いやいや白人連合は有色人種の人権すら認めてない時代だよ
大東亜戦争はしこたま戦ってしこたま負けたから白人連合の考え方も変わった
現代の日本人は道徳教育で人権や平等意識があるが当時は世界中でそんな考えはない
今の価値観では理解しがたい感覚の差がありすぎる


23 :
:2013/12/31(火) 19:24:46.29 ID:vhhHN60e0
>>18
そんな「お人よし」な発想の日本人だから戦争に負けるんだよ。
戦後に手の平返して戦勝国を名乗る朝鮮人のような大陸の民族の屈折した根性や
精神構造を理解できない。そんなバカはいつの時代だって利用されるだけだ。


29 :
:2013/12/31(火) 19:27:29.17 ID:ZGQsDUrr0
>>18
しこたま戦ってしこたま負けたらダメだろ
要するに無駄に疲弊して負けたって事だ
馬鹿のやる事だね

一生懸命を必ず評価しろとかそういう無益な精神論が好きそうだわ
どう自国が助かるか、ソフトランディングするかの方がはるかに大事だったろ


30 :
:2013/12/31(火) 19:27:32.18 ID:IV61UHhp0
>>18
くだらないな~
日本は満州まではうまいことやってたんだよ
バカの一つ覚えみたいに人種差別と唱えるの止めて


19 :
:2013/12/31(火) 19:23:44.73 ID:U+gOeHXTP
即満州放棄して謝ればよかった

20 :
:2013/12/31(火) 19:24:12.63 ID:q/RX65GI0
満州維持が既に無理ゲー

49 :
:2013/12/31(火) 19:33:04.85 ID:SZZV3O2H0
>>20
これ
満州から手を引いたら引いたで日本にもっと無茶なことを欧米は言うだろうね


22 :
:2013/12/31(火) 19:24:25.66 ID:LVoI9LnS0
そのもっと前だな 下関条約で台湾もらって
ポーツマス講和のときに樺太全部もらうかわりに大陸と朝鮮の権益を放棄するという取引をすればよかった
あとは関東軍だな ロンドン軍縮会議以降軍部を抑えられなかったのが悪い


42 :
:2013/12/31(火) 19:31:27.53 ID:ghoCa7Rl0
しかし満洲国が残ったとして、いずれは日本から独立(属国でなくなる)するとすれば
あっというまに経済規模で日本を超えて、日本は経済植民地になっちゃうんじゃね?

だったら満洲、朝鮮と手が切れて良かったかもしれんよ
台湾、サイパン、南洋諸島まで失うほうが痛いわ


54 :
:2013/12/31(火) 19:34:10.24 ID:7l3PySluP
>>42
満州だけじゃならんよ
北にソ連、南に国民党じゃ確実にもう一波乱ある
一波乱どころか、資本主義陣営と共産主義陣営の大戦場になる可能性もある
日本はそこに輸出して満州特需で儲けていればよい


44 :
:2013/12/31(火) 19:31:49.92 ID:tvNFDz3WP
今現在にも言えることだけれども、
ナショナリズムに手を出した時点で詰んでるっちゃあ詰んでるんだよ
これから日中韓がナショナリズムを捨て去ることができるかって言ったらもう無理


45 :
:2013/12/31(火) 19:31:52.58 ID:CRNEAhWa0
トップ安倍みたいなアホだったから何やっても勝つのは無理だろ
ジャップ永遠に勝てない運命


53 :
:2013/12/31(火) 19:34:07.46 ID:5vLM1L6I0
満州事変の時点で石原と板垣と林は処刑。

57 :
:2013/12/31(火) 19:34:51.75 ID:L+HC6Rt3P
中国の分割統治で妥協すれば良かったのにな

59 :
:2013/12/31(火) 19:35:15.27 ID:hCtZwi4/0
1932年の段階では手遅れ
権謀術数をめぐらせてゴリ押しすれば、国際社会の信頼が無くても何とかなるとか
バカなこと考えてたジャップ陸軍が調子に乗った後だから


62 :
:2013/12/31(火) 19:36:06.02 ID:ad9ohjV10
一番臭い満州事変

63 :
:2013/12/31(火) 19:36:26.48 ID:am/uQ5OV0
シナチョン人を一人残らず殺していれば歴史を捏造されることも無かった。

65 :
:2013/12/31(火) 19:37:53.94 ID:53uK9bX60
全部ヒトラーが悪い
あいつがジャップを勘違いさせた
ヒトラーが開戦しなければ絶対に対米英戦なんか始めなかった


70 :
:2013/12/31(火) 19:38:54.64 ID:WHTPT0O4i
アメリカ様イギリス様の中国利権認めるから許してって言って中国から撤退。がんばって満州は認めてもらう

72 :
:2013/12/31(火) 19:39:14.63 ID:Igf2NeDi0
まず調子にのった軍人とマスコミ、、馬鹿市民を粛清しないと無理

78 :
:2013/12/31(火) 19:41:00.36 ID:DFLiqCOu0
あのまま韓国併合してれば今頃アイヌみたいに完全に同化してただろうな

82 :
:2013/12/31(火) 19:41:52.63 ID:PUZdZesG0
その満州国に固執してる連中を上手く外すしか無理なんじゃね?

91 :
:2013/12/31(火) 19:44:55.83 ID:dGz4ghRq0
右翼をびんたできればどうにでもなる
極右も極左も暴君もどなり役がいなくなれば終わり

個人的には日比谷焼打ちまで戻りたい


100 :
:2013/12/31(火) 19:48:57.62 ID:/JclzfvpO
短絡的な金儲けと棄民の為に満州へ入植させた財閥と関係官僚を処刑

101 :
:2013/12/31(火) 19:49:19.36 ID:GH+UnAHnP
全世界に宣戦布告、間髪入れず東京空襲のコンボで白人度もは恐れを成して逃げる

103 :
:2013/12/31(火) 19:51:20.23 ID:YgOGBAWR0
満州には夢があるからな

109 :
:2013/12/31(火) 19:55:58.73 ID:LrjLq0Oi0
天皇家を粛清して共産圏へ仲間入り

111 :
:2013/12/31(火) 19:56:40.70 ID:tvNFDz3WP
アメリカは別に中国利権なんて求めたり、独占する気なんてないからねぇ
門戸開放、自由貿易主義だから、中国にはしっかり独立してもらっていたほうが都合がいい
基本的に戦後にやったのと同じ事だよ、アジア、アフリカを独立、解放したのはアメリカなんだし


117 :
:2013/12/31(火) 20:00:10.04 ID:PUZdZesG0
>>111
植民地なんて開発のための持ち出しと軍事費の拡大で財政を圧迫するだけのオワコンとみなされてたわけだしな。
19世紀以降植民地で儲かった国はないと聞く


146 :
:2013/12/31(火) 20:10:54.70 ID:SKKbN7L90
>>111
アメリカが戦後中南米で何をしたかを考えると、その性善説は支持できないなあ。
善隣外交なんてのもあったが、結局独立後もマルコスやバティスタが政治を牛耳ったわけで。


116 :
:2013/12/31(火) 19:59:56.73 ID:ES5bT09G0
アメリカは夏の蝿のようなもの
払っても払っても取り付いてくる


119 :
:2013/12/31(火) 20:00:29.85 ID:SKKbN7L90
国内の政治的反発を無視すれば別に難しくない。

満州を(インフラ分だけ)有償で国民党に譲渡し北伐に協力。
同じく朝鮮を(インフラ分だけ)有償で立憲国家として独立させる。
満州と朝鮮の防衛に米英仏を巻き込み、共産化への防波堤とする。
国内ではひたすら工業化に励み、戦後の繁栄をいち早く実現する。


120 :
:2013/12/31(火) 20:00:37.60 ID:snANjWQx0
hoi2なら世界制覇も余裕なのにホントリアルってクソゲーだわ

126 :
:2013/12/31(火) 20:03:21.40 ID:ZFINOUxNi
>>120
そりゃゲームだからね
ヴィクトリアなら日本で世界征服はチートでも使わないとほとんど不可能だな


125 :
:2013/12/31(火) 20:03:16.49 ID:ewKo62tb0
満州取った時点で遅かれ早かれソ連と決戦しなければならなくなるのは軍人なら誰でも分かってた
その時点での予算分配の陸軍優位は確定


132 :
:2013/12/31(火) 20:05:09.08 ID:DFLiqCOu0
>>125
ソ連が対日参戦してポツダム宣言受諾したんだぞ
首脳部は満州国が一瞬で占領されたのがショックだったみたい


138 :
:2013/12/31(火) 20:06:31.59 ID:PUZdZesG0
>>125
更に日露戦争で借金しまくって全力でぶちかましたものの、有利な条件を獲るほどの勝ちでもなかったために賠償金撮り損ねてるので、
予算分配も糞もなく、ロシアの逆襲を考えても英米の機嫌を損ねるのは自殺行為。馬鹿の意見が勝ってしまったことが不幸の始まりだな。


127 :
:2013/12/31(火) 20:03:51.62 ID:fkhfSbDk0
中国本体と戦争始めたのが謎過ぎる。まったく無意味だった

134 :
:2013/12/31(火) 20:05:53.54 ID:kqB034Ez0
スターリンソ連もよく日ソ中立条約で満州国の保全を認めたなあ。
まあ独ソ不可侵条約も破るつもりだったし時間稼ぎなのか


136 :
:2013/12/31(火) 20:06:06.15 ID:k0eRI57yP
満州国じゃなくて東方共和国だったら?
ナチスとの同盟も問題外になるし。


148 :
:2013/12/31(火) 20:11:28.43 ID:PUZdZesG0
日露戦争は戦費調達でイギリスを頼り、戦争を終える際にアメリカを頼った。
そういう経緯があって、何でその後そういう調子をこきまくる結果になったのかまるで意味がわからない。
キチガイが外交してたとしか思えん


157 :
:2013/12/31(火) 20:15:28.75 ID:9S4ndXL00
>>148
第一次大戦まではちゃんと挙国一致で計画的に戦争したんだよな
満州事変以降、政府とかは反対してるのに勝手に出先軍が戦争始めるとかアホの極みだね


150 :
:2013/12/31(火) 20:12:05.49 ID:aFPob3UH0
ドイツとの約束守ったのがなー、むこうは日本の動向無視なのに
あの民族は自分がサイコーって思って他の国のことを考えない
あ、隣にそんな国がw


152 :
:2013/12/31(火) 20:12:42.68 ID:qd8SeT/Q0
略すなら連盟だな。
国連って略すのは有り得ないわ。


153 :
:2013/12/31(火) 20:14:04.66 ID:Igf2NeDi0
まあ満州国建国なんて時点で終わってる
石原莞爾の構想は結構正しいがやり方がまずい

まず満州の張作霖と同盟結んでソ連に対抗、アメリカやイギリスに協力を求める

これ出来たら良かった
まあプライド捨てないと無理なんで日本には無理があったな


162 :
:2013/12/31(火) 20:19:08.18 ID:JSkur7LO0
ハワイ攻撃は全艦艇参加し全力でハワイ占領

170 :
:2013/12/31(火) 20:21:57.19 ID:ZGQsDUrr0
>>162
バカだろ
艦隊なんぞ要塞砲にボコられて終わり


172 :
:2013/12/31(火) 20:22:58.33 ID:Igf2NeDi0
>>162
占領できたとして大半がやられた上に補給どうすんの?


166 :
:2013/12/31(火) 20:20:25.70 ID:rDj8M/zc0
戦後に持ち越しても60年代の民族自決の時代が来て終わる

168 :
:2013/12/31(火) 20:21:14.66 ID:gbcufohJO
日英同盟の復活
チェンバレン政権で英国側から同盟を復活させようという動きがあったから不可能ではなかったはず


178 :
:2013/12/31(火) 20:25:31.55 ID:k0eRI57yP
>>168
共同出資かなんかで中国本土に銀行設立とかで、
満州国承認してもいい、
とかもあったそうな


174 :
:2013/12/31(火) 20:23:55.72 ID:xYmVum9r0
シンガポールを圧倒的な力で陥落させたのに
ハワイなんて楽勝だった。一撃離脱する必要はなかった。
そのまま占領すれば防衛拠点に出来た。


176 :
:2013/12/31(火) 20:24:45.36 ID:53uK9bX60
だいたいジャップは軍事技術・兵力投入・戦略・愛国心において
すべてソ連に劣っていたよね
たぶん精神力でさえ負けてるだろ


181 :
:2013/12/31(火) 20:26:24.13 ID:vhhHN60e0
ってか戦争を煽ったのって朝日新聞と毎日新聞だからなw
なぜか戦後ものうのうと廃業せずにドヤ顔で左翼ぶった記事書いてるけどw


186 :
:2013/12/31(火) 20:28:10.56 ID:nt2QQ3kH0
>>181
それ以前に軍部縮小論の記事書いたら不買運動起こしたのが
ジャップ民なんだけどね


210 :
:2013/12/31(火) 20:45:13.60 ID:tvNFDz3WP
>>181
中の人は公職追放食らったけれどね
だから逆に左傾化したみたいな


182 :
:2013/12/31(火) 20:27:27.12 ID:x0rrbp6/0
中国と満州から撤退してりゃ、サイパンも樺太も台湾も朝鮮半島も日本のものだったんだが
満州事変・日中戦争で20万人死んでたって、そこで損切りしとけばよかったんだよ

結論から言うと日本人が馬鹿
当時のネトウヨ全員日本から追放して、天皇を退位させて責任取らせて、
ドイツに宣戦布告しとけば敗戦国にはならなかったよ

次に日中戦争が起こった時、敗戦国にならないためには何をすればいいか
わかってるだろうな?


199 :
:2013/12/31(火) 20:38:32.13 ID:aFPob3UH0
>>182
関東軍が癌だったのはそうだろうな
釣りにしてはデカいが同盟国に宣戦布告はしないし
もし現在敗戦国になったら俺は年取って未来とかどうでもいいから日本にいる戦勝国人を1人は片づけてやるよ


242 :
:2013/12/31(火) 21:04:09.07 ID:ZFINOUxNi
>>182
他はいいとしても天皇を退位させてってのがファンタジー過ぎる
軍部を抑え込むにしてもなんにしても
国の体制を変えようと思えば錦の御旗を掲げないといけない国だよ
今でもそれが現実だからな


183 :
:2013/12/31(火) 20:27:42.85 ID:tvNFDz3WP
1920年代ともなるとまた微妙なんだけれどもアメリカは確かに
1900年を挟んで前後の共和党の四半世紀は遅かれの帝国主義に陥ったんだよね
いわゆるスプレッドイーグリズムってやつで


190 :
:2013/12/31(火) 20:32:02.76 ID:TfSmjrg40
対共産姿勢を最初から明確に打ち出しとけばイギリスとはその点協調出来ただろ

191 :
:2013/12/31(火) 20:32:14.99 ID:PUZdZesG0
更にカトリックや仏教諸宗派を中心に神道系カルトまでがこぞって反英米を展開した。
現在でも創価がどうこうという話もあるだろうが、全くケタ違いの宗教人脈が動いてた。これもかなりの破壊力があっただろうと想像する


193 :
:2013/12/31(火) 20:34:18.01 ID:ZGQsDUrr0
しかしどうやったら舗装率1.6%で対米開戦する気になるのかまるで分からん
今の北よりトチ狂ってねえか


197 :
:2013/12/31(火) 20:36:11.82 ID:Igf2NeDi0
>>193
山本五十六のようにアメリカの実態、能力、国力を全ての国民が理解してたらやらなかったかもね


194 :
:2013/12/31(火) 20:34:39.28 ID:1IJvL7iDP
トラウトマン工作のときだろ
あのとき講和を優先していればなんとかなった
また軍が暴走して戦争になったかもしれんけど
講話しないよりは講和したほうがいい


205 :
:2013/12/31(火) 20:42:15.78 ID:JGy+oKGX0
第二次上海事変でやり返さずに自制するか
南京落としたとき調子に乗らずに講話をすすめるのどっちか


206 :
:2013/12/31(火) 20:42:36.01 ID:FZlStenv0
援蒋ルートの遮断で 北部仏印までで止めて ビルマからをふさげば日中戦争終ったよね
南進して アメリカ植民地のフィリピンに近づいたから 激おこぷんぷん丸


207 :
:2013/12/31(火) 20:44:18.73 ID:2HZm/8Eb0
おまえらいつまでも健やかでいてくれ
知性は力


213 :
:2013/12/31(火) 20:46:50.51 ID:9S4ndXL00
A級戦犯がすべて悪かった、天皇や国民は悪くなかったってことにして
連合国と手打ちにしたのに、情報のある時代にそれも理解せずに
靖国参拝よくやったー!!とか無邪気に喜んでるアホどもみると
これからもアホ戦争起こしかねない糞民度だなあと思う


214 :
:2013/12/31(火) 20:47:42.15 ID:iJd0xixR0
満州もっていたままだとどうせいつかは戦争になっていた気がするけど

218 :
:2013/12/31(火) 20:49:47.64 ID:U1kEJLei0
海洋国家が大陸進出を目論むからだめなんだよ
屈強な海軍を擁して、貿易をもっと活発にしてその貿易で国民がお金を得るような国づくりをすればよかった
せっかくイギリスくらいなら互角に戦える軍事力もってたのに、調子に乗ったからな
軍事力は使うものではない
持つだけでいい


219 :
:2013/12/31(火) 20:49:53.89 ID:aFPob3UH0
1次大戦でドイツ領チンタオを占領し日本領にした
国際連盟蹴って孤立した日本にドイツとイタリアが同盟を結んだ
日本はドイツ握りを感じても仕方ない
イギリスは日本と同盟を結んだ、地球を東と西にするため
でも日本はイギリス人から見たら池沼に見えるほど狭量だった、だから同盟を破棄した
でもシンガポールを占領した日本に対しても同盟を結んだ心を持っていた
昔はね


220 :
:2013/12/31(火) 20:50:11.74 ID:CmnXdggS0
でも敗戦せずアメさんのポチ公にならなかったら今みたいな生活は無理だろうな
多分北チョンみたいなことなってるわ


222 :
:2013/12/31(火) 20:50:41.15 ID:XfhPTlHX0
牟田口のアホが中国の挑発にひっかからないでおとなしくしてればよかった

228 :
:2013/12/31(火) 20:55:14.87 ID:XfhPTlHX0
そもそも日本よりでかい満州を支配しようとか狂ってるな
そんなところより東南アジアの資源を狙えばよかったんだよ


230 :
:2013/12/31(火) 20:56:17.03 ID:GnvDlqH20
アメ公に支那利権の半分でも素直に譲って同盟でもしてりゃ
ちょっとはマシだったのかもな


241 :
:2013/12/31(火) 21:02:54.83 ID:zzAKtFRd0
>>230
そんな選択肢はありえない。
完全撤退か戦争か、それしかなかった。


234 :
:2013/12/31(火) 20:57:50.91 ID:XfhPTlHX0
牟田口が中国内部に突っ込んだ時点で
中国に利権をもってるアメリカの資本家を激怒させたからな
満州はあんま関係ない


235 :
:2013/12/31(火) 20:58:16.69 ID:5+XMHmO10
征韓論唱えた時から法則発動

246 :
:2013/12/31(火) 21:06:50.54 ID:JGy+oKGX0
アメリカのマスコミにパイプがあればな
米が即時撤退という条件以外認めないことを広められれば多少は変わったかも


251 :
:2013/12/31(火) 21:10:21.18 ID:aFPob3UH0
当時の中国をみると大東亜共栄圏じたいは間違いじゃないな
ただアメリカが出たとき引いて妥協する案は長々とするべきだな
安倍はなんで靖国に行ったのかと同じだな、アメリカに批判されるとかわからない

でも批判したパーみたいな女が靖国に行ったのは批判してないとか言ってたな
アメ吉の許可は取ってたとみるべき


253 :
:2013/12/31(火) 21:16:43.17 ID:/aSU1+BV0
本来全世界が反対してる中満州建国しちゃった時点で詰んでるわけだが
唯一戦争回避できたとすれば、アメリカをちゃんと満州の権益に関わらせれば
よかったんだよ。満州権益から排除したためアメリカは完全に日本を敵国とみなした


268 :
:2013/12/31(火) 21:23:47.75 ID:tvNFDz3WP
>>253
ナチ見てると、権益なんて無益だろ、やはり侵略それ自体が問題なんで
アメリカに中国権益、みたいなものが大きな勘違いだと思う


257 :
:2013/12/31(火) 21:19:27.31 ID:+tBPOmVJ0
蒋介石を爆殺

264 :
:2013/12/31(火) 21:22:42.24 ID:iP9U0Cy60
満州建国の時点でアウト。
この時点で諸外国から「侵略してんじゃねーよジャップ」と敵視されてしまった。


265 :
:2013/12/31(火) 21:22:56.08 ID:1Fc/N/pN0
敗戦国でもいいからもっと早く土下座してれば良かった

279 :
:2013/12/31(火) 21:35:36.61 ID:obkFQDcvi
満州は夢があるよね
日本があんな広大な土地と資源を手にしたら最強じゃね


280 :
:2013/12/31(火) 21:36:24.13 ID:Cdj5sZbB0
熱河侵攻をしない
中国政策は他国と協調
英国の誘いに応じて幣制改革に協力する
華北分離工作はしない

これだけで充分変わった筈。


284 :
:2013/12/31(火) 21:44:01.87 ID:oxvklxP00
満州国を中国に返す。これさえやれば常任理事国を死守で来た。

286 :
:2013/12/31(火) 21:46:05.83 ID:XfhPTlHX0
>>284
国民党と共産党で内戦させときゃよかったんだよな
だから拡大主義に反対なんだよ。ステルス鎖国してた徳川は偉大だわ


298 :
:2013/12/31(火) 22:12:14.21 ID:+GkQ2WBQ0
ワンポイントで歴史改変するのなら
松岡の暗殺かな。


300 :
:2013/12/31(火) 22:14:26.09 ID:P15l4I2O0
戦争が避けられないのが痛いな
日本が雑魚すぎて結局負けちゃうし
どうしたら軍事力を強化できるかが大事


302 :
:2013/12/31(火) 22:15:41.52 ID:9/dbl2IS0
そんなに中国と韓国がほしかったのか?

303 :
:2013/12/31(火) 22:16:14.01 ID:OlKblRVY0
満州利権(運営)をアメリカと共同でやろうよー、を蹴っ飛ばしたのが全てだな。
日露戦争の戦費調達やら事後処理で恩があったのにもかかわらず、メンツを潰した。
それ以降、アメリカは戦略的に日本とは戦争する方向で舵を切ってる。
どこかで読んだが日英同盟を更新させない為に裏で動いたのもアメリカ。
日露戦争勝利までは何とかなったね。


307 :
:2013/12/31(火) 22:20:52.43 ID:ttNAT8Hz0
満州国なんか手放して満鉄の利権で十分だろ。ほかにもいろいろ権益もってた
のに、わざわざ傀儡政権作って全部ガメなくてもいいじゃん。


315 :
:2013/12/31(火) 22:27:15.61 ID:OjtBNNf40
対等に勝負して米英の製品に勝てるのなら
中国に武力進出する必要はなかった

植民地化しないと売れないから進出する必要が
あったわけで


321 :
:2013/12/31(火) 22:32:53.91 ID:XfhPTlHX0
コミンテルンが~とか山本が~とかいうまえに
松岡の暴走を止めるべきだったな


324 :
:2013/12/31(火) 22:35:51.05 ID:Igf2NeDi0
>>321
だから満州建国時点で詰んでるんだってばよ

ソ連の脅威を防ぐのに張と同盟するなりしなきゃならんのを暗殺&息子攻めてる国家はお㍗る


323 :
:2013/12/31(火) 22:35:46.54 ID:TfSmjrg40
日本は中華民国から不当に抑圧されている諸民族の独立自治を尊重すると美辞麗句を振りかざしてれば
分断工作のやり方が脳筋すぎて頭痛い


326 :
:2013/12/31(火) 22:38:04.31 ID:asSn33oM0
そもそもアメリカのハゲがブラックマンデー引き起こさなければ満州なんて作らなかったわ

331 :
:2013/12/31(火) 22:42:21.30 ID:JNFFZcUOi
張作霖殺したあたり

333 :
:2013/12/31(火) 22:44:52.72 ID:J5l+Oz+X0
満州引き揚げ者に4800万円だまし盗られた
あいつら死んでいいよ


339 :
:2013/12/31(火) 22:47:59.47 ID:sfqnr2CP0
国民が戦争やりたがってたんじゃ無理でしょ

341 :
:2013/12/31(火) 22:48:45.95 ID:BddWA2At0
相沢三郎を事件前に抹殺しとく

343 :
:2013/12/31(火) 22:49:39.50 ID:MYJ19UKi0
アメリカに負けたから自由化民主化されたわけで。

満州放棄したくらいじゃ温存される中国国民党と
台湾と半島を求めて戦争になるでしょ

するとアメリカとは対立するわけで
東側の国家になってそうだけど


344 :
:2013/12/31(火) 22:50:08.95 ID:+GkQ2WBQ0
松岡の次に暗殺して歴史改変をするのならば、
石原莞爾ではなく石原の能力の足かせとなった東条秀樹かな。
その次となると武藤章や近衛やらとその中心となったバカが散逸し始める。

満州事変まではアリ。
盧溝橋から支那事変の流れがバカ。


346 :
:2013/12/31(火) 22:51:01.82 ID:OjtBNNf40
日露戦争だってどれだけ苦戦してギリギリの
勝利だったかを隠して、勝った勝ったまた
勝ったしか報道させないんだから
国民だって戦争に反対しないわな


347 :
:2013/12/31(火) 22:52:03.26 ID:MYJ19UKi0
自民党長期一党独裁のかわりに
ちょっと明るい北朝鮮みたいな国になってるんと違うか


357 :
:2013/12/31(火) 22:59:19.96 ID:eH4P7n4g0
満州国建国だけならまだ
ただもうこの時代新たに植民地を持つのはタブーな情勢であったが、イタリアのエチオピア併合など

問題点はおもっくそ中国侵略の橋頭堡としていた点だな
事実この後日本による中国侵略が始まる
欧米はここに激怒してたわけだね


358 :
:2013/12/31(火) 23:00:57.54 ID:am/uQ5OV0
朝鮮を完全に支配→先住民族を殺しておく

これで良かったんだよ


366 :
:2013/12/31(火) 23:06:54.68 ID:As2llEsz0
日蘭会商を妥結して石油を輸入する
どのみち禁輸さけられないけど
1年くらい開戦が伸びれば
1943年にはもうドイツは敗北確定なんで
アホみたいにドイツ頼みで開戦しない可能性がある


368 :
:2013/12/31(火) 23:07:36.80 ID:2yvZSIZH0
陸軍の諜報機関と海軍の諜報機関が仲良しこよしだったら
海軍→陸軍ルートでアメリカに暗号解読されるのも気づいて日本国として対策できて
もう少し違ったかもしれんがそれでも開戦→敗戦ルートは不可避な気がする


370 :
:2013/12/31(火) 23:10:14.16 ID:ZGQsDUrr0
結局松岡を立てたのは国民なのだ・・・
強調派の若槻や幣原は過度に軍人をあがめる過激派連中に追いやられてしまった
それも根本は海軍軍縮会議からだから炊きつけたのはやっぱりっていうね


376 :
:2013/12/31(火) 23:16:26.02 ID:+GkQ2WBQ0
石原にもう少し人望があって、
石原系の文官が政府内で力を持っていれば
満州の権益だけに踏みとどまり、
国連にも松岡みたいなバカを送らずとも済んだ。

結局はココが全て。

ここさえクリアできていれば日本は連合国側として
ドイツと戦っていただろう。


385 :
:2013/12/31(火) 23:27:54.18 ID:OjtBNNf40
>>376
上司の命令を無視した奴が出世して上司に
なるなら
部下はその上司の命令に従うわけないじゃん


378 :
:2013/12/31(火) 23:21:09.72 ID:ZGQsDUrr0
当然だけど幾ら話しても勝てる材料はひとつも見つからないから
敗戦国にならないなら結局は満州の扱いがキーになるわ

でも結局そこを考え始めると当時としては統帥権の問題が首をもたげてきて国民が邪魔するんだよな
やっぱり今の靖国云々と同じで単細胞の国民が癌で敗戦必至なんじゃないか(絶望)


381 :
:2013/12/31(火) 23:23:53.53 ID:3yx+CJ3l0
日露戦争以降まともな戦争したことがなかった。
支那事変まで30年間まともに戦争してないことを認めて
そこから、戦略を立てるべきだった。


384 :
:2013/12/31(火) 23:27:03.18 ID:IOig825s0
俺は日露戦争で勝った瞬間、いつかは敗戦を受け入れなきゃいけない運命だったと思ってる
賠償金がとれないからってテロ(日比谷焼打ち)するような当時の国民性だったんだぜ


389 :
:2013/12/31(火) 23:31:25.69 ID:OjtBNNf40
>>384
国民は賠償金取れないようなギリギリの勝利
だったなんて知らされてないんだよ

日本勝ちまくり最強!みたいな広報しておいて
賠償金なしねなんて言い出したらふざけるな
って話になるだろう


392 :
:2013/12/31(火) 23:35:07.78 ID:/JclzfvpO
だからこそ満州に商機をみて利益誘導謀った連中は万死に値する

396 :
:2013/12/31(火) 23:38:32.16 ID:XfhPTlHX0
>>392
誰?安倍ちゃんのお爺ちゃんとか?


398 :
:2013/12/31(火) 23:42:07.03 ID:fYkY2R31O
宣戦布告も外務省の役人が遅れたせいだ
って永遠の0で書いてたけど
国力の差がどうしようもないんだから負けは必然だったよな


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

名無しさん2014/01/01 (水) 12:40:00 ID:-
他の板と比べて年齢層高く感じるな
名無しさん2014/01/01 (水) 13:34:54 ID:-
国民総ネトウヨだからどう考えても無理
本気でアメリカと喧嘩やって勝てると思い込んでたしそれに対する疑問は許されなかった
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/12799-a0729f06