◆ New Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

小説家「バカほど芸術的な文章を書いているんだと勘違いして装飾過多の悪文を書く。簡潔に書け」

文章を書くすべての人へ。谷崎潤一郎著『文章読本』から学ぶ書き方の本質とは。

(前略)
ここはまず、具体例から見てもらいましょう。まずは悪文からです。

何事も忍び忍んで病苦と闘いながらよく耐えて来た母も、遂に実家へ帰らねばならぬ日が来た。
学校から帰って、家の中に母のいないことを知ると私は暗い暗い気持ちに沈んでいった。
父は「実家へ行ったが直ぐ帰って来る」と云ったけれど、私には嫌な嫌な予感があった。
母のいない、海底のように暗い家の中に、私達兄弟の冷たい生活はそれから果てしなく続いた。

当時の女性雑誌に掲載されていた文章らしいのですが、著者はこれに対して「現代の青年たちは、こうゆう悪文を書きたがる。こうゆう風に曲がりくねった素直でない書き方を芸術的だと考える。」と批判しています。
昭和9年の青年たちが批判されているわけですが、これって現代も全く一緒ですよね。
僕らはどうしても、自分の気持ちをより多くの人にわかってもらおうと、気持ちだけが前のめりになってしまって、余計な修飾を増やしてしまいがちです。これは自戒を込めて、本当にそう思います。

さて、この文章を谷崎潤一郎が書き直すとこうなります。

病苦と闘い、何事をも忍んで来た母も、とうとう実家へ帰る日が来た。
私はある日学校から帰ると、母がいないことを知って、暗い気持ちがした。
父は、「実家へ行ったのだ、直ぐ帰って来る」と云ったけれども、嫌な予感があった。
それからは母のいない家の中に、私達兄弟の冷たい生活が続いた。

どうでしょうか。すっきりして非常に読みやすくなったと思います。
文章をシンプルにすることが、直接文章の上達に繋がるということを理解してもらえたのではないでしょうか。(以下略)
http://blogos.com/article/72723/


 
4 :
:2013/11/15(金) 17:54:12.84 ID:ApK1BqGS0
面白ければいいんですよ

6 :
:2013/11/15(金) 17:55:26.21 ID:l0DEQeeqi
村上春樹の悪口?

48 :
:2013/11/15(金) 18:05:44.43 ID:c6HnEIuh0
>>6
お前は村上春樹の本を一冊も読んだことがないだろ


9 :
:2013/11/15(金) 17:55:50.80 ID:gWHARkBA0
>こうゆう
こんな言葉使ってる奴にとやかく言われたくないだろう


10 :
:2013/11/15(金) 17:56:12.09 ID:XuBXgS7H0
絵も線が多いほど綺麗に見えるけど、そういうのは無駄な線も多いしな

23 :
:2013/11/15(金) 17:59:27.90 ID:A4ChqI/10
>>10
鉛筆絵 →超上手くみえる
ペン入れ →線画だけだと下手
色塗り →超上手く見える


12 :
:2013/11/15(金) 17:57:50.75 ID:vU0o42xMP
ff14のフォーラムは口調は丁寧だけど
回りくどくて何言ってるかわからん奴が多い


14 :
:2013/11/15(金) 17:58:17.50 ID:MbrmMP8v0
自分が理解できなかったからと言って嫉妬してファビョる男の人って・・・

15 :
:2013/11/15(金) 17:58:28.17 ID:z0WnLs+V0
虚淵玄が難しい言葉ばっかり使うのは自身の低学歴からのコンプレックスってマジ?

18 :
:2013/11/15(金) 17:59:06.93 ID:0hdtdVfT0
難解ことをわかりやすく書く→天才
簡単なことを難解に書く→馬鹿


21 :
:2013/11/15(金) 17:59:26.96 ID:lN1tafNP0
奈須きのことか読み始めて1Pで蕁麻疹出そうになる
あれ好きな奴はだいたい中堅私大以下の低知能だし


25 :
:2013/11/15(金) 18:00:13.70 ID:EEcjHuue0
 何事も忍び忍んで病苦と闘いながらよく耐えて来た母も、遂に実家へ帰らねばならぬ日が来た。
学校から帰って、家の中に母のいないことを知ると私は暗い暗い気持ちに沈んでいった。
父は「実家へ行ったが直ぐ帰って来る」と云ったけれど、私には嫌な嫌な予感があった。
母のいない、海底のように暗い家の中に、私達兄弟の冷たい生活はそれから果てしなく続いた。

携帯小説風に頼む


111 :
:2013/11/15(金) 18:20:14.66 ID:3mbAelhRP
>>25
ちょっと病んでたママが実家に帰ったみたいで
ガッコーから帰るとママがいなくてさげぽよだったケド、父はあげぽよだった。。
でも私はさげぽよだった。。

さげぽよは永遠につづいた。。

浅漬けにしょ。。


36 :
:2013/11/15(金) 18:03:14.98 ID:30ulkbv/P ?2BP(2793)
装飾過多は読みづらい。
でも文章を比喩で膨らます、エピソードもこまめに挟む
といった秋山瑞人の文章は神だろう

シナリオを端的に書き出すと本当に本当に糞つまらん内容だが、あの文章の魅力で楽しく読める
イリヤもドラゴンバスターも同じく


37 :
:2013/11/15(金) 18:03:25.66 ID:RBwq5tYq0
3行以上→なげーよ

2ちゃん脳www


39 :
:2013/11/15(金) 18:04:06.39 ID:cNhzgNmx0
未来福音の特典小説読んだやつおるか?
あれは文として成立してないわ


40 :
:2013/11/15(金) 18:04:11.41 ID:xBvWm2VX0
でも太宰とかの読みやすさはすごいと思うわ
とても70年前の文章とは思えん


41 :
:2013/11/15(金) 18:04:22.07 ID:C+2QsX5ui
クセのある文章の方が読んでて面白いと思う

42 :
:2013/11/15(金) 18:04:38.42 ID:rKbRe0aDi
ポエミーな呟き連投してるフォロワーさんがウザイです
どーしたら良いでしょう?


43 :
:2013/11/15(金) 18:04:45.17 ID:k9KWg/z50
自分が凡人という自覚があるなら簡潔に書く努力をしたほうがいいよね
そのほうが良い文章になる


51 :
:2013/11/15(金) 18:06:08.72 ID:cJyDGe8j0
「こうゆう」って何だ?
ありえないだろ


62 :
:2013/11/15(金) 18:08:39.91 ID:zXTWq0pki
読解力のない人は状況だけを提示されてもそこにある心理を想像できないんだろうね
ツッコミがないとどこでボケたのか分からないのと同じ


66 :
:2013/11/15(金) 18:09:33.40 ID:DA+5J37P0
最近のトレンドは平易だけどよく読まないと分からない文章でしょ

68 :
:2013/11/15(金) 18:10:09.53 ID:2PMZfb8V0
これはいつでもせめぎ合ってるところで、簡潔か複雑かどちらがいいというわけじゃない
装飾過多と詩的な文は明確にわけないと


69 :
:2013/11/15(金) 18:10:25.13 ID:MnYb/0sO0
メロスは激怒した。
王「すまん」
メロス「おk」



72 :
:2013/11/15(金) 18:10:52.91 ID:9W1fbu5y0
アホかバイト単価なんやから簡潔に書いたらアカンやろ
生活かかってるねんで!


76 :
:2013/11/15(金) 18:11:55.60 ID:CELKjnPn0
感情移入したい奴は前者を好むだろうな

77 :
:2013/11/15(金) 18:12:00.26 ID:N250E4h80
井上ひさしの作文教室を読むべし。一気に上達する。これは受け合える

79 :
:2013/11/15(金) 18:12:07.49 ID:gyh7c47D0
過ぎたるはなお及ばざるが如し

80 :
:2013/11/15(金) 18:12:27.94 ID:jIUciXSc0
ホモの文才は異常まで読んだ

83 :
:2013/11/15(金) 18:13:10.58 ID:2PMZfb8V0
一方で、簡素な文を至上とするのは文学の終わりでもある気がする

85 :
:2013/11/15(金) 18:13:31.59 ID:4IerZ2og0
日本の特に受験業界で
天声人語なんぞ有難がってる時点でもうね

内容が叩かれることが多いが
そもそもあんな悪文を毎朝載せてる神経が狂ってる


93 :
:2013/11/15(金) 18:15:10.87 ID:WWtKYMNZ0
スティーブン・キングも辞書引かなきゃわかんないような言葉は使うなって言ってたな

96 :
:2013/11/15(金) 18:15:27.84 ID:OmpNyMVm0
あーいるいる無駄に長文書くやつな

98 :
:2013/11/15(金) 18:15:43.04 ID:kGdXUIlk0 ?2BP(2172)
文章を楽しみたいタイプの小説なら別にいいんだよ
ただプロットを楽しもうと思って読んでるのに、なっげええ文章読まされると、俺は無理だなーって。


103 :
:2013/11/15(金) 18:16:24.31 ID:jFAzhz+B0
綺麗な文章ってさ
読んでておもしろみがないんだよね
ああ、文系様には一生判らないだろうけどさ


106 :
:2013/11/15(金) 18:17:49.68 ID:zci62763i
文章の綺麗さなんて実は誰も気にしてないんだよ
汚さは気にするけど


107 :
:2013/11/15(金) 18:18:53.59 ID:n007dLo90
エロゲやらなくなった原因がこれ
日常描写以前に説明過多装飾過多のテキストが多すぎで苦痛
全盛期の良作は簡素なテキストで引き込む力があった
これって某大作エロゲの影響とかKB制だかのせいなんだろ


108 :
:2013/11/15(金) 18:19:43.95 ID:7WRrR5AkO
文章そのものの量、センスは関係ない。
文脈を作って読者を誘導できているか、ストーリーとテキストが一致しているかが問題。
装飾過多というよりストーリーと関係ない部分を書くのがいけない。
世界観を広げたいばかりに主題の存在感を薄くしている。


110 :
:2013/11/15(金) 18:20:12.69 ID:+SIiKUDM0
ねじり鉢巻きは三島の評価が聞きたかった

113 :
:2013/11/15(金) 18:20:55.55 ID:zXTWq0pki
病苦と闘い、何事をも忍んで来た母も、とうとう実家へ帰る日が来た。
ある日私が学校から帰ると、家の中に母の姿はなかった。
父は「実家へ行ったが直ぐ帰って来る」と云ったけれども、私にはある予感があった。
それからは母のいない家の中に、私達兄弟の生活が続いた。

こんくらいまで削れるんじゃね?


120 :
:2013/11/15(金) 18:23:56.81 ID:nuKYkI8E0
谷崎の小説ってエロゲと何が違うの?

264 :
:2013/11/15(金) 19:20:35.61 ID:nhp9b5pY0
>>120
細雪なんてエロすらない日常系だけど日本文学の最高峰扱いだぜ


123 :
:2013/11/15(金) 18:24:11.88 ID:+4tgW9qcP
母ちゃん死んだからマジで凹んだ

これで伝わるな


129 :
:2013/11/15(金) 18:25:05.02 ID:/UbHtegFi
んじゃ簡潔に「バカは氏ね」とだけ書けやゴミ

142 :
:2013/11/15(金) 18:29:04.18 ID:SjewzapE0
京極は文章が装飾過多なんじゃなくて
無駄な蘊蓄が洪水のように溢れてるだけだろ


144 :
:2013/11/15(金) 18:30:01.05 ID:cR/Bt8Kz0
美文名文なんてエンタメ書けない作家が目指すもんだろ。
美文なんかよりも誰もが誤解せず読み解ける達意の文を書けよ
理想は竜騎士07だな。短くわかりやすい文章を書く。とくに比喩表現が素晴らしい
真似して真似できるもんじゃないけど、小説家目指す人はこの人を参考にした方がいい


146 :
:2013/11/15(金) 18:30:22.44 ID:8z4/50460
装飾というか単に無駄が多いだけじゃねえの

152 :
:2013/11/15(金) 18:31:19.67 ID:HR0Ds/cm0
文章に「冒涜的」「忌まわしき」を入れるとラヴクラフトになるってばっちゃが言ってた

178 :
:2013/11/15(金) 18:40:08.41 ID:a/HzbDvX0
>>152
それって文末が「ッ!」だったらジョジョっぽいとかそのレベルのアホ発言だと思うな


155 :
:2013/11/15(金) 18:31:47.65 ID:TaWRuWPW0
これと似た感じでさ、よくエロゲで地の文が少ないライターをボロカスに叩いてる奴いるよね
描写不足とかなら話は別だけど単にライターを貶したいがために重箱の隅をつついてるようなのな

何のための絵と音だと思ってるんだろう
出来るだけ齟齬なく伝わる事こそが最も重要だろうに


158 :
:2013/11/15(金) 18:32:22.61 ID:/nLGRynw0
蓮実レベルになると装飾が多いとかそういうのを突き抜けてしまってる感
一個の文を組みあげる構成力そのものがなんか異常だと思われてくる


168 :
:2013/11/15(金) 18:36:54.98 ID:nvMB/bf1i
安部公房は悪文か否か

171 :
:2013/11/15(金) 18:38:07.52 ID:Mk7ko5iy0
無駄を徹底的にそぎ落としてると言ったら2chだな

172 :
:2013/11/15(金) 18:38:09.93 ID:2PMZfb8V0
詩人に比べたら小説家なんて文を語れるほど上手くないよね
惰性で書いているようなもの


189 :
:2013/11/15(金) 18:44:19.24 ID:r1oqlBnU0
・濡れて騎る (完)

・吉塚雪子が犯人だニャー (三毛猫ホームズの推理)


190 :
:2013/11/15(金) 18:46:06.07 ID:mxvL4mKb0
芥川の文章が好きなんだがどうなん?

198 :
:2013/11/15(金) 18:49:17.31 ID:DKaUcuV+0
>>190
なんだかんだで天才
一般人が真似しようとしてもできない


194 :
:2013/11/15(金) 18:48:03.57 ID:V1w2gcM80
筒井康隆は編集に読者は馬鹿なんだからわかりやすく書け、
って酸っぱく言われたって何かで読んだわ

確かにほったらかしにしたら筒井のわかりづらさは
すごいことになっただろう

ちなみに虚淵や奈須の装飾はハードボイルド由来
大人の中二病みたいなもんやね


195 :
:2013/11/15(金) 18:48:05.48 ID:jVWbqgBO0
ちなみに簡潔に書かれた文章はそれだけ誰にでも読まれやすいのでアイデアをパクられる原因ともなります
なので社内文書なんか特にそうですが、簡単な事をできるだけ難解に長く説明して文章長くする
結論は先送り或いは何度も持ち出す
書いた本人がその場で説明しないとよく分からないようにしておく

アイデアの核心だけペロって頂くなら考えた本人に要約書かせる=簡潔な文章 が一番ですからねw


196 :
:2013/11/15(金) 18:48:58.00 ID:Ej1EjIzE0
高橋源一郎かだれかが、表現が洗練されていくということは
細っていくということでもありますって、必ずしもいいこと
ばかりではないみたいなことを言ってた。


203 :
:2013/11/15(金) 18:54:17.61 ID:pLlnZn5r0
装飾過多で長文書いた方が本の値段が上がって
その分入ってくる印税も多いんです


204 :
:2013/11/15(金) 18:54:36.21 ID:10YrZ7J00
小説家になろう風

病気なママンがそろそろボーダーブレイクしそうなんで
実家に送還されそうな事態に。

で、家帰ったらいねーでやんの。
さすがの俺もマザコン再発。

その時オヤジは空元気だったけどまぁー無理だろうね・・・

それからはずっと鬱、鬱、鬱。家族みんなずっと鬱。

文字数は少ないけど
改行で文字数を多く見せる、これだね。


207 :
:2013/11/15(金) 18:55:22.54 ID:pkYw8DxH0
夏目漱石は読みやすいなぁ
疲れてても読める
でも坂口安吾の文章が一番好き


210 :
:2013/11/15(金) 18:57:31.12 ID:uRVfZVpt0
シンプルでディテールがある文章が一番良い

はっきり言って和文はゴミ
英文訳の情報量こそ至高


212 :
:2013/11/15(金) 18:57:52.77 ID:jPWvDVHb0
帰宅すると、いつもいる筈の母がいない。
兄にたずねると、母は持病の療養のため実家へ帰ったことを知った。
私の気持ちはどんよりと沈んでいった。
父は私を慰めるためなのか、自分に言い聞かせるためなのか、
「すぐに帰ってくるさ」と言った。しかし私にはいやな確信があった。
母はこのまま帰ってこないのではないか。
母のいない火が消えたような寂しい生活は、それから果てしなく続くのだった


215 :
:2013/11/15(金) 18:58:15.28 ID:F8ddE81G0
良い文章を書きたいヤツと良いシナリオを書きたいヤツとで別れるよな

きのこはシナリオは見れるがテキストが不細工
西尾はシナリオはないしテキストは厚化粧ブス


217 :
:2013/11/15(金) 18:58:49.16 ID:xDwhWpgPP
悪文の方はいつものおまえらじゃん
自分を大きく見せたくて仕方ないって感じの無理した感じの文章


223 :
:2013/11/15(金) 19:00:30.64 ID:aBKtiN6H0
大江健三郎と三島由紀夫の悪口か

225 :
:2013/11/15(金) 19:00:54.20 ID:K72Hn5LK0
例文が重いわ。ばあちゃん死んじゃった時の事思い出しちまったろ

234 :
:2013/11/15(金) 19:04:04.09 ID:zXTWq0pki
小説じゃないけど福沢諭吉の文章は本当に上手いな
抽象的な啓蒙書なのにやさしい例え話などを使って落語のようにリズムよく説明している


240 :
:2013/11/15(金) 19:06:15.17 ID:jVWbqgBO0
無駄に文章長くする必要があるのは官能小説くらい
それも本番以外のエロい描写
そこはググっと読者を勃起させないと行けないので
頂点の頂点に達する寸前てくらいまで引き延ばす
この過程を簡潔にするとそれまでの苦労が全部パー
ひたすら焦らす、焦らす、ただし焦らし過ぎに注意


243 :
:2013/11/15(金) 19:08:14.11 ID:MZsnU5Ip0
須賀敦子の文章はほんと上手い

250 :
:2013/11/15(金) 19:12:37.84 ID:CM1pFNmJ0
川端の文章はすげえよなぁ
あれは簡潔とか装飾過剰とかじゃなくて、比喩表現の全てが表現したいことにドンピシャにハマってる、それもものすごく高いレベルで
あの文章読むと「言葉には芸術性がある」と思わずにはいられない
私もああいう文章書きたいわ


252 :
:2013/11/15(金) 19:12:44.24 ID:+ynO4F0s0
ワナビには関係ない
低能定収入低学歴と三拍子揃ってるんだから谷崎目指すだけ無駄
ワナビはワナビだからこそ書けるクズみたいな文章で勝負するしかない


256 :
:2013/11/15(金) 19:13:46.82 ID:CsXXAQvn0
中島敦に一番憧れる
絶対にたどり着けないからね


258 :
:2013/11/15(金) 19:15:05.18 ID:+ynO4F0s0
大体たいした価値基準も持ち合わせていないやつが文章の醜悪を語る自体が無駄

260 :
:2013/11/15(金) 19:18:25.84 ID:O0+guX8u0
有川浩とかまじで悪文だと思う
いちいち説明し過ぎ


262 :
:2013/11/15(金) 19:19:10.25 ID:E9VBK4xc0
だって大学とかの論文書くとき汗を流せとかいって長文求めてくるんですもん

263 :
:2013/11/15(金) 19:19:13.82 ID:n44yLMaP0
読む人のことをしっかり意識して書けば、たとえ装飾過多でもすっきりした印象を持つ文章になるよ
推敲もろくにせず思いついたことをただ書き並べるだけだから悪文になる


267 :
:2013/11/15(金) 19:22:03.82 ID:FPXavF8l0
読み手に想像させることを拒否する過剰な文章はたしかにゴミだ

269 :
:2013/11/15(金) 19:22:20.55 ID:zNOmqZix0
気分乗っちゃうと悪文に気付かず装飾過多で書き綴っちゃう
翌日、読み返してゲンナリする


271 :
:2013/11/15(金) 19:24:09.71 ID:wSbosVPS0
学校から帰った私は母が実家へ帰る日が来た事を知って暗い気持ちに沈んだ。
父は「直ぐ帰って来る」と云ったけれど、私達兄弟の海底のような冷たい生活は
それから果てしなく続いた。

こんなもんでいいだろ


272 :
:2013/11/15(金) 19:24:26.92 ID:+ynO4F0s0
ドストエフスキーは悪文で有名
よって文章の型に意味はない
はい論破


274 :
:2013/11/15(金) 19:25:27.81 ID:TcpGz2T/0
ハリーポッターの英国料理の描写、すごく美味しそうなんだけど、よく読むと
「ジャーマンポテトに香ばしいベイクドポテト、山盛りの茹でた芋と、金色のポテトフライ、そして銀の皿に盛られたマッシュポテト」
みたいなことが書いてある


277 :
:2013/11/15(金) 19:26:44.48 ID:kdmEZhOQ0
これは当たってるし色んなことでも言えること

285 :
:2013/11/15(金) 19:33:57.63 ID:8IXy8mgT0
だが簡潔に要領よくまとめた文で賞貰えるなら苦労せんのじゃ

288 :
:2013/11/15(金) 19:35:11.35 ID:MZsnU5Ip0
自分でメール書いてる時に、途中で違和感に気付く奴が書ける奴
前の段で同じ言い回ししてるのに気付かず送信しちゃうのが書けない奴


290 :
:2013/11/15(金) 19:35:54.30 ID:ufmMbz0e0
大航海時代オンラインで、ダヴィンチさんに
「こんな悪文書きやがって。物書き辞めちまえ!」
ってクソミソに言われて、すげー凹んでる欧州の文豪の話があったけど(多分実話)、誰だったっけなあ…。


291 :
:2013/11/15(金) 19:35:59.43 ID:8IXy8mgT0
2ちゃん作家なら3行で全てを説明することに全力を費やせる
勝ったな
圧倒的に勝った


294 :
:2013/11/15(金) 19:38:00.03 ID:AWDugIOw0
何が名文で悪文かわからんけど
よみやすくて簡潔な文章を書く人が好きです


298 :
:2013/11/15(金) 19:39:57.60 ID:2pJ5UutUO
昔タモリもMステで似たようなこと言ってたな
簡単なことを難しく表現するのは簡単
難しいことを簡単に表現するのは難しい
みたいな


301 :
:2013/11/15(金) 19:41:35.04 ID:qDQAQWv50
母が実家に帰ったらしい。
学校から帰った私はその事実に気づき、目の前が真っ暗になった
「実家へ行ったが直ぐ帰ってくる」
父はそう言ったけれど、私にはそれが嘘だとわかった
病苦を耐え忍び、闘ってきた母がそう頻繁に身体を動かすことも叶うまい
私には予感があった
私達家族の、これから始まる冷たい氷のような生活の、確信めいた予感だ
急に私は面倒くさくなった


313 :
:2013/11/15(金) 19:46:13.91 ID:netjJg1q0
>>301
リズム意識してなさすぎだろ
読み人間の事考えろ


302 :
:2013/11/15(金) 19:41:42.71 ID:jPWvDVHb0
売れる売れない以前に簡潔な文だとページが少なくなるからな

309 :
:2013/11/15(金) 19:45:07.66 ID:/BwoTv5IO
俺は型にはまらないひねくれた文章好きだよ
自分がクズだから読みやすいんだよ


310 :
:2013/11/15(金) 19:45:08.73 ID:tV4PNVJoi
ショーペンハウエルも似たようなこと言ってたな

317 :
:2013/11/15(金) 19:48:21.06 ID:JUwUuxOt0
文学読んだこともないお前らが文章語るとかやめろよ。谷崎つまんねーし

319 :
:2013/11/15(金) 19:49:44.49 ID:jPWvDVHb0
装飾しないで語彙が極端に少ないおれのような文章は、
池沼か日本語覚えたての外国人の文章に見える

でもアホに見られるリスクを考慮しても
簡単な文章は書くのも楽だし相手にも確実に伝わる


321 :
:2013/11/15(金) 19:51:52.50 ID:95+yfgtj0
誰が書いても同じ文になったら読む意味がねえよ

322 :
:2013/11/15(金) 19:52:00.05 ID:pFrkM8f/0
単語をごった煮にした回りくどい文章は「才能」を必要とするんだ
良い耳という名の、な……


329 :
:2013/11/15(金) 19:56:42.25 ID:LMf/7vv00
別に優れたセンスがあるなら装飾過多でもいいんだよ。
でもほとんどの人は、そうじゃないだろ?


338 :
:2013/11/15(金) 20:03:03.18 ID:pFrkM8f/0
それらはまったく唐突な出来事だったので、何が起こったのかを理解するのに時間がかかった。爆音と、煙と、無音。気がつけば世界が白く霞んでいる。母親を呼ぶ子どもの泣き声が、やけに現実的に響いた

342 :
:2013/11/15(金) 20:10:39.58 ID:uinol/33O
装飾過多なのも簡潔なのも程度問題と作風しだいだろう
面白けりゃいいじゃねえか


343 :
:2013/11/15(金) 20:12:05.41 ID:qw+qplvV0
バカが装飾過多な文章を書き、
バカが装飾過多な文章をカッコいいと崇める

ウィンウィンってやつやろ?


345 :
:2013/11/15(金) 20:15:23.45 ID:8IXy8mgT0
ガッシ、ボカッ、私は死んだ

このレベルでええならなんぼでも簡略化したらええがな


348 :
:2013/11/15(金) 20:18:22.72 ID:F/vlDFqZ0
天声人語の悪口か?もっと言ってやれ。

359 :
:2013/11/15(金) 20:27:53.99 ID:XCM8A5Bk0
旧約聖書の簡潔さは異常
お前ら聖書読めや
すげーわかりやすいぞ


366 :
:2013/11/15(金) 20:29:27.10 ID:+EmuysqZ0
ジャッククリスピン曰く、とかすげー寒いよね

367 :
:2013/11/15(金) 20:29:37.55 ID:4xQTyA590
428の奈須きのこシナリオ読むのすげー苦痛だったわ
なんだありゃ


368 :
:2013/11/15(金) 20:29:51.89 ID:yYT1CKD70
あれ、大筋が無駄話だけと無駄な文は少ないぞ。

381 :
:2013/11/15(金) 20:38:20.13 ID:/TBVlaRs0
北方謙三の文章のかっこよさは何なんだろうな
派手に熱いわけじゃないのにじんわりとに熱い


388 :
:2013/11/15(金) 20:42:26.84 ID:fi2XiOW90
大衆娯楽なんだから色んな文章があっていいじゃない

396 :
:2013/11/15(金) 20:47:02.90 ID:1eFoQ9czi
ほんとこれ
挙句文章の建て付けが悪くなってる作品とか目も当てられない


403 :
:2013/11/15(金) 20:52:00.92 ID:iVA2njMz0
デモンベインのシナリオ読んだら気持ち悪くなったの思い出すわ
まさに文学かぶれのトーシロが書いた文
だったな


414 :
:2013/11/15(金) 21:02:43.20 ID:uinol/33O
>>403
デモンベインは上っ面しかしらんがラヴクラフトオマージュじゃね
ラヴクラフトってまさに文学かぶれの素人の文章だから
だから忠実に翻訳すると読みづらい


405 :
:2013/11/15(金) 20:53:41.13 ID:YwK/+DBOi
小学校の作文で原稿用紙何枚とか
あれが良くなかった
簡潔に纏められる感想も無駄に装飾しなければ用紙が埋まらない
レ・ミゼラブルを読んで「主人公が苦労してて大変だなぁと思いました」じゃダメという日本の教育は何処かがおかしい


407 :
:2013/11/15(金) 20:54:20.83 ID:858S8uk20
お前ら顔真っ赤過ぎんだろ……別に装飾過多な文章がダメなんじゃなくて、バカなパンピーが自分を賢く見せようと書く文章がダメって言ってんだろ

412 :
:2013/11/15(金) 20:59:54.04 ID:RuDCOpVb0
>>407
そもそもバカなパンピーが自分を賢く見せようとするのが「修辞」なんですが。

太古の昔から文学はそういうもの。


410 :
:2013/11/15(金) 20:56:59.42 ID:RuDCOpVb0
ゲーテ「芝居はひどく長引いていた。そろそろ馬車の音の聞こえるころだと、バルバラ婆やは二三度
窓辺に歩みよって耳をすました。今日の切狂言で若い士官を演じて観客を熱狂させた美しい女主人の・・・」

評論家「はい、装飾過多。こんな駄作は高く評価されないね」


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

名無しさん2013/11/15 (金) 21:20:04 ID:-
狂え狂え、装飾過剰を書き散らせ
名無しさん2013/11/15 (金) 23:40:00 ID:-
シナリオライターではあるが
虚淵とか宇野とかは酷いわな
名無しの壺さん2013/11/16 (土) 01:30:27 ID:-
ペンネームが苗字と名前同じように見える人ですね
名無しさん2013/11/16 (土) 14:34:43 ID:-
>遂に実家へ帰らねばならぬ日が来た。
>父は「実家へ行ったが

同じような内容を繰り返してるからくどく感じると思うんだがどうなんだろ
名無しさん2013/11/16 (土) 16:14:33 ID:-
長患いの母がとうとう、実家へ帰ることになった。その日、学校から帰るとすでに、母はいなかった。私の心は暗く暗く沈んでいく。
父は「実家へ行ったがすぐ帰ってくる」というが、私には嫌な予感があった。
母のいない家で、私たち兄弟の生活がはじまる。オナーニし放題であった。
名無しさん2013/11/16 (土) 17:50:42 ID:-
同意する人があまりいないが
ディープラブの文章は相当練られていると思う
読者の事を考えて推敲を重ねてある
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/11589-d308e991
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。