◆ New Entries

東洋の学問・技術はなぜ西洋の様に発展しなかったのか?諸子百家、漢方、針灸、気功・・・

本日の孫子

『故知勝有五。知可以戦与不可以戦者勝。識衆寡之用者勝。上下同欲者勝。以虞待不虞者勝。
将能而君不御者勝。此五者知勝之道也。故曰、知彼知己者、百戦不殆。不知彼而知己、一勝一負。
不知彼不知己、毎戦必殆』

(勝を知るに五あり。戦うべきと戦うべかざるとを知る者は勝つ。しゅうかの用をしる者は勝つ。上下の欲を同じくする者は勝つ。虞を以て不虞を待つ者は勝つ。将の能にして君の御せざる者は勝つ。此の五者は勝を知るの道なり。
故に曰わく、彼を知りおのれを知れば、百戦してもあやうからず。彼を知らずして己れを知れば、一戦一負す。
彼を知らず己れを知らざれば、戦う毎に必ず殆うし)

意味

勝利を知るためには5つの方法がある。第1は戦うべき時と戦うべきでない時をわきまえていること。
第2は大軍と小勢のそれぞれの用い方を知っていること。第3は上下の人々が同じ心をもっていること。
第4は万全の態勢を整えて油断している敵に当たること。第5は将軍が有能でしかも主君が干渉しないこと。
これら5つを守れば勝負に勝つことができる。言い換えるならば、「敵を知り己を知れば百戦危うからず。
敵を知らず己のみ知っていれば勝ったり負けたりし、敵を知らず己も知らなければ戦うたびに必ず危険な目に遭う」ということを言っています。

解説です!

戦って勝つ条件として『敵を知り己を知れば百戦危うからず』と挙げています。相手のことを知って、自分の力がどんなものであるかを正確に理解しておく。いわば情報戦が大切で、状況をしっかり把握していれば、どんな戦いであっても敗れることは無いということです。情報が溢れる今だからこそ、より大切にしなくてはいけない言葉ではないでしょうか。
http://news.mynavi.jp/series/sonshi/007/


 
3 :
:2013/10/10(木) 01:02:19.82 ID:lqV7h+fP0
・中国一強過ぎたから
・侵略されすぎ


8 :
:2013/10/10(木) 01:06:45.20 ID:7GC4noEX0
気功や仙道って胡散臭さが全面に出ててまともな科学者が近寄らないけど
アインシュタインレベルの学者が興味を持ってガッツリ研究したら案外あっさり解析されそう。

東洋のそういう怪しい文化って宇宙レベルの法則と似通ってるって言うしな


10 :
:2013/10/10(木) 01:09:29.65 ID:g5OhaHkl0
神の存在を信じてないからだよ
この世は神が作った普遍的な法則があるという根拠のない仮説を西洋人は信じた


95 :
:2013/10/10(木) 02:30:54.25 ID:nIQcbWbw0
>>10
でもキリスト教が普及するまでのローマ帝国はあとちょっとで近代入りそうなほど発展してたし
逆に普及してから欧州は暗黒中世になってずっと停滞してたやん


14 :
:2013/10/10(木) 01:12:31.97 ID:iy6tn3ju0
低偏差値、底辺の自分でも
陽明学を学んでるのに

最近のゆとり、高学歴は
知識は豊富でも人徳がスカスカが大半


17 :
:2013/10/10(木) 01:20:44.78 ID:IIDbBZdfO
>>14
「自分が知っていることを知らない、身に付けていることを身に付けていない人間は馬鹿」なんてのは、まさに小人的発想だよ。
そんなアンタが人徳を身に付けているとは俺には思えない。まさしく上辺の知識だけの馬鹿じゃないか。


18 :
:2013/10/10(木) 01:21:39.23 ID:ZEdmFs5/0
というか現代日本って世界一東洋文化を軽視してるんじゃね
江戸以前は未開の文明で学ぶ物は何もないみたいな考えから来てると思う


26 :
:2013/10/10(木) 01:26:59.16 ID:qSZyO+Wp0
>>18
絶対の上下・親子関係とか優劣つけたがる傾向とか強制的な敬老とか儒教思想そのものだろ
教育勅語でも儒教に倣えって書いてあるし、戦前から儒教に汚染された腐った精神性は一貫してるわ


20 :
:2013/10/10(木) 01:23:23.05 ID:VDGpr6Kz0
西洋と一括りにしてしまうのもどうかと…

例えば紀元前のギリシャなんかも中国と似ていて哲学は興隆したが化学が発展しなかった


22 :
:2013/10/10(木) 01:24:16.72 ID:J/5Y8YZ80
中国頼みのクソだからな
ジャップ含め他の東洋アジア諸国が情けなさすぎる
その中国も他民族に犯されまくりで安定を重視する引きこもり体勢になってしまったし


27 :
:2013/10/10(木) 01:27:35.19 ID:qY03IkIG0
ローマ水道はガワが残ったからいいが、後世に技術が伝わらないままこの世から消えたものがたくさんあるんだろうな。

29 :
:2013/10/10(木) 01:29:10.13 ID:3EExRQRL0
西洋を過大評価し過ぎ
瀉血をかなり近年まで行ってたレベルだぞ


39 :
:2013/10/10(木) 01:45:10.68 ID:7DvoJAPz0
>>29
血抜きすぎて殺したりな


30 :
:2013/10/10(木) 01:29:40.02 ID:RBw2U3SI0
一神教が科学につながってると思う
この世は偶然ではなく何か大きな力によって動かされている
それが科学へと変化していった


96 :
:2013/10/10(木) 02:31:38.72 ID:HHZb52HB0
>>30
一神教を思考停止として叩くアホがいるが実際は逆なんだよな…


31 :
:2013/10/10(木) 01:32:49.42 ID:qSZyO+Wp0
欧州ではアリストテレスの自然観やキリスト教が科学の発展を妨げたが、
中国ではもっとゴミみたいな孔子の天道の概念が早くも中国を退廃化させた


32 :
:2013/10/10(木) 01:35:18.40 ID:IIDbBZdfO
近代西洋文明はイスラム学問という土台の上にある。
んでイスラム世界で学問が爆発的に発展した要因は、イスラムの思考というソフトウェアの面もあるけど、紙というハードウェアが中国から伝わったのが何より大きい。
文明なんてのは、ある一カ所が先進地域としてひたすらリードするもんじゃなく、衝突し伝播し変質しながら追い越し追い抜かれのデッドヒートを繰り返すレースだよ。
今現在の順位だけを切り取って論じるのはナンセンスだぜ。


34 :
:2013/10/10(木) 01:38:05.16 ID:BZdTcXZC0
気功、鍼、灸
本当に効果があるなら製薬会社がとっとと研究して特許とってがっぽり金儲けしてるわ


35 :
:2013/10/10(木) 01:38:57.53 ID:trf477wq0
東洋、西洋という分け方がおかしいんだよ
・科学
・それ以外のなんかワケの分からん土人っぽい方法と知識
この二つしかない


43 :
:2013/10/10(木) 01:50:45.86 ID:FoFC5DtW0
>>35
ほんとこれ

ヨーロッパの民俗療法とか、漢方と大して変わらないし


49 :
:2013/10/10(木) 01:54:10.23 ID:ILL0Y5Dd0
>>35
東洋医学こそがその後者そのものなんだろ

漢方にせよ鍼灸にせよ
さっさと解体して「経絡だの気だのはオカルトでした!アホだったね!」と反省して
現代医学の一部になっちゃえばいいのに


38 :
:2013/10/10(木) 01:42:41.12 ID:J/5Y8YZ80
中国が火薬を製造できたのは最初は偶然だとしても化学の知識があってこそだ
しかし薬品の大量生産という西洋文明が進んだフェーズへは進めなかったな


45 :
:2013/10/10(木) 01:52:40.35 ID:lJsNW0gy0
近代科学的発想が東洋で発明されなかったのは
色々あるけど
個人主義が弱く集団主義的側面が強かったからだろうな


48 :
:2013/10/10(木) 01:53:43.61 ID:u8K6MOIp0
しかし欧州をさしおいてアラブで医学が発展したのは意外だわ
戒律とかで規制してそうなイメージがあったが


55 :
:2013/10/10(木) 02:00:29.72 ID:ILL0Y5Dd0
五行ってあれ完全に妄想だろ?
なんで否定しないの?


57 :
:2013/10/10(木) 02:02:43.20 ID:tcilyi6DP
・陰陽五行説もそれから派生する五術も中華ローカルな文化だから
・気功等科学的に解明できない部分が多過ぎるから


58 :
:2013/10/10(木) 02:03:32.42 ID:N7WtQAni0
何か問題があった時
西洋では極限までその問題を理解することで解決しようとした
東洋では問題を問題と思わないように努力した


60 :
:2013/10/10(木) 02:05:59.97 ID:xqiiQWwJ0
白人には戦争や侵略の好きな野蛮人が多いからだろ

昔から科学技術は戦争によって大きく進歩するって言うじゃん


61 :
:2013/10/10(木) 02:07:05.19 ID:3aEnWCDo0
過剰な科学妄信もどうかと思うがね

瀉血の話が出てるけど「今の時点では否定的な見解が大勢」ってだけだろ


63 :
:2013/10/10(木) 02:09:22.13 ID:l0OCkhoR0
明治新政府は漢方を迫害したりしたけど
いつの時代も国家の横槍は発展の妨げになるなという一例


66 :
:2013/10/10(木) 02:15:15.50 ID:3aEnWCDo0
>>63
それは表裏というか、ただ単に当時の関係者の利権闘争の帰結だと思う

古今東西、科学研究の多くはその時々の国家権力の後押しが無かったら結実しなかっただろう


65 :
:2013/10/10(木) 02:15:04.23 ID:t/LR+P800
普通に産業革命→国家間の保有情報の均質化って流れの中で、
たまたま西洋が勢いがあったからじゃねーの?


67 :
:2013/10/10(木) 02:16:36.64 ID:ZEdmFs5/0
結局は宗教なのかな?
ヨーロッパはずっと内輪揉めしてたけど外敵にはキリスト教で纏まる意識あったし
何だかんだで王室繋がりかまあるから国交もしてたよな
東洋に当てはまる地域はそういう連帯感無かったから中国ダメになると全部ダメだよね


69 :
:2013/10/10(木) 02:20:17.73 ID:t/LR+P800
>>67
秀吉が朝鮮征伐の途中で病に倒れなければ、変わってきたのかな?
でも、結局、モンゴル帝国もダメだったから一緒かな?


71 :
:2013/10/10(木) 02:22:44.98 ID:I7OSLDe60
刺激的じゃないんだよ
時代は早さを求めるから置き去りにされただけ

でも西洋文明も行き詰まる
その時に再評価されるから焦る必要などない


72 :
:2013/10/10(木) 02:23:14.80 ID:YJ+lsULp0
漢方薬、よく効くぞ
いかにも化学物質な西洋的薬よりいい場合多い

重い病気は西洋薬だが、軽いものは漢方薬のがいい気がする


76 :
:2013/10/10(木) 02:24:25.90 ID:nIQcbWbw0
マジレスすると恒常的な戦争状態とそれによる切磋琢磨がなかったから
中国は国の興亡こそあれ秦以降は全土統一状態が基本だからすぐに技術発展のインセンティヴが停滞しちゃう
中国だって秦までは諸子百家現れ面白い思想や発想がポンポン出てきたろ?あの小国乱立状態をずっと保てれば西洋みたいになってた
なんで中国が統一されちゃったかというと、欧州みたいに半島や島が全然ないのっぺりした大陸だから
地形的地理的に長期分断を保つには向いてない地形なんだな


77 :
:2013/10/10(木) 02:24:43.75 ID:xntbf78X0
東洋にペストみたいな伝染病はなかったのかな

102 :
:2013/10/10(木) 02:36:53.26 ID:dbgKNzEDO
>>77
天然痘で大量に死んでるだろ


79 :
:2013/10/10(木) 02:26:04.83 ID:gnnAwf6L0
漢方薬はなんか成分解析したら無駄な部分があるわwとかやってたら、
その無駄と思われていた部分が、実は成分と成分を繋ぎ、薬として成り立たせる重要なものだったとかあるから
これからが科学的に研究される対象なんだろう


84 :
:2013/10/10(木) 02:27:29.99 ID:NOCJJLb10
知識を東アジア全体で共有する文化がないからだろうな

85 :
:2013/10/10(木) 02:27:55.76 ID:nIQcbWbw0
日本だって江戸の太平の世になってから鉄砲が衰退してたし、力が同程度の政治的ライバルってやつがいないとダメなんだな

86 :
:2013/10/10(木) 02:28:30.92 ID:l0OCkhoR0
英国や米国などで民家に泊めてもらうと、結構な確率で本棚に東洋思想の本があったりする。割と平民レベルでも非西洋的なものに対する感心あるんだなと思った。

99 :
:2013/10/10(木) 02:33:15.10 ID:K7SIGtaf0
>>86
それは東洋人に理解があるから泊めてくやるのでは
因果の逆転


87 :
:2013/10/10(木) 02:28:34.73 ID:K7SIGtaf0
この問題を考える時に
中国で火薬などが発明され、
中東で天文学が発明された点を考慮すべきだ。
西洋の優越とは蒸気機関の発明と大航海時代を招いた要因に求められるのではないか。
ひとえに民間の商業システムがあったかどうかではないのか。


88 :
:2013/10/10(木) 02:28:46.00 ID:Kunm9Ha40
結局のところ還元主義がなぜ東洋で発達しなかったのかってことなのかね

それはそうと鍼灸の威力って半端な稲
受けたことない奴は一回受けてくるべき


90 :
:2013/10/10(木) 02:30:00.66 ID:t/LR+P800
>>88
針はマジで効くからな。


107 :
:2013/10/10(木) 02:39:53.63 ID:dbgKNzEDO
>>88
一応、日本における鍼灸は国家資格で、アミバみたいに変なツボ押さないように
学校通いと試験があるからな


100 :
:2013/10/10(木) 02:33:24.34 ID:gnnAwf6L0
気功は意識できないと言われる部分を意識の下に置く訓練法だと思う

深層筋とか神経とか


101 :
:2013/10/10(木) 02:35:23.75 ID:tIDYIvjH0
気功を始めてから健康になったよ
具体的には寒がりだったのに突然冷えても体に全然来なくなった

って種明かしをすると気功=中国式健康体操だから毎日少しずつ体動かして健康になったってこと
あとは瞑想的側面があるから精神的にも安定するわ


103 :
:2013/10/10(木) 02:37:23.79 ID:xntbf78X0
東洋より病気とかが多くてそれを乗り越えるために発展したのかと思ったけどそうでもなさそうだ

104 :
:2013/10/10(木) 02:37:28.82 ID:gnnAwf6L0
気功って少しでも火と集めたいのか分からんけど、後ろから手をかざして動かすとか
吹き飛ばすっていうインチキはやめたらいいのに

本当はちゃんとしてるのにあれだけで、ものすごく胡散臭いと思われるだけだよ


105 :
:2013/10/10(木) 02:37:46.69 ID:X90E4wIg0
原因はわからんけど効くってのはオカルトだからだろう

106 :
:2013/10/10(木) 02:39:03.10 ID:HdOahfxlP
西洋人で東洋コンプみたいなのあるんだよ
漢字持て囃したりするのもそう
「何だかわからないけどスゲー」っていうね


113 :
:2013/10/10(木) 02:44:32.70 ID:gnnAwf6L0
キリスト教徒はアレクサンドリア図書館を燃やす糞だからな
しかもそれをイスラムに擦り付ける始末


116 :
:2013/10/10(木) 02:48:11.17 ID:nIQcbWbw0
ガリレオガリレイがいい例でキリスト教はむしろ枷の方向に働いてたろ
神の定めし絶対法則を見つけたいっていう意欲が物理とかの研究に反映された側面もないではないけど


118 :
:2013/10/10(木) 02:49:36.55 ID:aHeqsu5W0
キリスト教オリジナルエピソードは処女で妊娠とか
処刑されたら復活とか
非現実的かつちっちゃいお話だけで
ユダヤ教のような壮大さはないからな。凡人の作り話。
ただユダヤ教にもキリスト教にも数学的科学的要素はまったくなし。

全ての科学的なものは古代ギリシャの数学者・哲学者たちによるもの。
そして彼らはキリスト教でもユダヤ教でもなんでもない。


121 :
:2013/10/10(木) 02:50:26.18 ID:0fq2y7gA0
まあ西欧にはこれまたイスラム世界から再導入された錬金術の
興隆があったからな。 山師みたいな連中でも、多くの試行錯誤に
より化学的な知研が蓄積していったんだ。
それが科学的な思考と結び付いた時、爆発的な革命へとつながって
いったとな。


124 :
:2013/10/10(木) 02:53:34.47 ID:uJmSDooJ0
安彦良和のイエスはかっけーよ
安息日はどーたらって言ってユダヤの形骸化を批判する所とか


129 :
:2013/10/10(木) 02:56:30.66 ID:b0utSFWs0
古代中国にも
不老不死を目的とする「外丹」と呼ばれる錬金術はあった
ただし、すぐに、「内丹」のほうが主流になった
そしてこれが気功の源流


130 :
:2013/10/10(木) 02:57:17.64 ID:3aEnWCDo0
まあ少なくとも旧教は科学とはかなり相性悪いと思う

134 :
:2013/10/10(木) 02:58:46.82 ID:e3YgxKny0
イカサマする奴が結構な数出てきたからじゃね

138 :
:2013/10/10(木) 03:01:52.88 ID:/Fi5HAlm0
漢方、鍼灸は普通に今でも凄いぞ

ただ、ヤブ医者があまりに多いから正当に評価されないだけで、
嵌れば、西洋医学より効く


140 :
:2013/10/10(木) 03:01:56.64 ID:nIQcbWbw0
西洋が勝ち始めたのもここ数百年でしかないわけで
将来的にもリードしつづける確証はない


149 :
:2013/10/10(木) 03:11:51.97 ID:RxuOAbN90
華夷秩序が完成されすぎてたからでしょ?
儒教の教えは絶対だから変更の余地もなかった


150 :
:2013/10/10(木) 03:12:48.38 ID:w+lUnWzJ0
現代西洋医学の分野にもホメオパシーとか
昔の人を笑えない連中がゴロゴロしてるけどな


154 :
:2013/10/10(木) 03:17:34.18 ID:3viDfRei0
西洋医学は有効成分や仕組みきっちり調べてから使う
東洋医学は、何で効くかわかんねえけど効くからいいや使っちゃえ~ってやつだろ
まじめに研究したら同じ物


155 :
:2013/10/10(木) 03:18:15.12 ID:ecmCE9n+i
正確には民族も国も変わり続けたから

159 :
:2013/10/10(木) 03:28:48.37 ID:XtSJ5RJr0
今の世界見てたら西洋の敗北にしか見えんけどなあ
現に中国とインドとイランがもくもくと台頭してきてる
西洋追随ジャップには煙幕が張られて見えないのかな


160 :
:2013/10/10(木) 03:29:21.38 ID:pjESndQs0
漢方の陰陽五行思想とかオカルトやんけ

162 :
:2013/10/10(木) 03:34:03.92 ID:h6PyimPL0
「オカルト」という定義自体が西洋くさい
「あいつらのは雰囲気だけのゴッコ遊び(本物志向の俺たちは違う)」って言いたげな感じ


165 :
:2013/10/10(木) 03:49:43.08 ID:mhcBw8jv0
アジアは人を崇拝するから駄目なんじゃないか
偉い人が言ったことを理解しようとするだけで終わっちゃうだろ
その点、一神教の西洋は偉人の論にも堂々と反論できる


171 :
:2013/10/10(木) 04:00:25.15 ID:iZpvyZ+Z0
>>165
西洋の偉人でさえ普通に老害化するからなぁ
アインシュタインも量子力学にはついていけなかったし


173 :
:2013/10/10(木) 04:01:16.20 ID:vZdnDFpF0
パラドクスだけど
西洋科学は一神教のためにダメになったが
一神教があるがゆえに成長を遂げた


181 :
:2013/10/10(木) 04:22:24.71 ID:XtSJ5RJr0
せめて原発の収束してから西洋文明マンセーしてくれよ
東洋は技術の先走りこそが人類の終わりだということをちゃんと見抜いてるんだ


183 :
:2013/10/10(木) 04:34:37.51 ID:mBc9I8NoP
西洋はガリレオの裁判前まで宗教学校が科学を教えてたからじゃないかな?
コペルニクスの地動説の方を採用してたってところもあったって話だからな
ちなみにガリレオの地動説まえにはもうケプラーの法則あったしな
30数年後にはニュートンもいたし


184 :
:2013/10/10(木) 05:02:40.65 ID:MnWPidMBi
屁理屈こねてるだけで新しいことに挑戦しようとしなかったから

185 :
:2013/10/10(木) 05:16:01.63 ID:oSU8/+P+0
>>184
それは今のお前だろ。


190 :
:2013/10/10(木) 05:46:53.01 ID:0SmBifUK0
何でも1から100まで解明されてないと嫌だって考え方は我儘な現代人そのものって感じだな
東洋医学を科学で解明?できればどっかの機関がとっくにやってる
科学以外は学問じゃないって民間信仰は何なんだろうな
科学ってのも世間で思われてるよりかなりアバウトな学問なのに


193 :
:2013/10/10(木) 05:56:08.86 ID:OcqTJ+n50
精神方面に逃げたからだろ
自然科学が発達しなかった


194 :
:2013/10/10(木) 05:57:04.06 ID:q8+MKSO10
モンゴルに蹂躙されたから
中国の学問ってモンゴルに蹂躙される前のものばっか


196 :
:2013/10/10(木) 06:06:00.41 ID:NsGHkt/G0
古い説を否定するという事ができなかったせいだろうな
一神教云々とかは関係ない


199 :
:2013/10/10(木) 06:13:26.71 ID:KsEzPPzH0
イギリスで産業革命が起きたから
日本で起きてたら東洋の方が発展してた


203 :
:2013/10/10(木) 06:25:12.09 ID:lnR/HBqm0
中国は王政が変わるたびに識者を根絶やしにして焚書するからな
江戸時代の日本は自然科学以外の分野は発達してた


204 :
:2013/10/10(木) 06:27:05.17 ID:b0utSFWs0
陰陽五行思想の
「陰陽」と「五行」はもともとまったくべつの思想で
漢代に陰陽五行説が生まれた
そしてそれはそもそも医術とは無関係

漢代にこの陰陽五行説や天人相関説などを取り入れて
『素問』っていう医書が出来た
これが中国医学の原点


206 :
:2013/10/10(木) 06:29:16.34 ID:gsJSjvKL0
嘘ゴマカシがベースになってるからでしょう

210 :
:2013/10/10(木) 06:53:21.75 ID:zlBxbV7+0
日本で蒸気機関が生まれる可能性は・・・・0ではないな
オランダ経由で秘密裏に知識面もカバーしてただろうから


212 :
:2013/10/10(木) 06:58:52.36 ID:F9a2L7st0
もし日本で蒸気機関が発明されてても、一代限りの面白発明で終わって
後に続くことはなかったかもしれないな


213 :
:2013/10/10(木) 06:58:55.26 ID:zlBxbV7+0
日本人はとっくの昔に中国の学問なんて捨て去ってたから比べる意味もない
というか中国も独自の文化を捨ててキリスト教化してるし


215 :
:2013/10/10(木) 07:00:12.50 ID:RMkIRAKz0
関孝和みたいなすげー人もいたのにな
クイズ集作って終わりだった


216 :
:2013/10/10(木) 07:00:15.86 ID:QREzG/xr0
西洋が世界を制したから、東洋がこの位置になっただけで
東洋が制していれば逆になるだけ


217 :
:2013/10/10(木) 07:05:26.28 ID:q8+MKSO10
西洋はイタリアが発展させた自然科学をイギリスが受け継いで、
イギリスが発展させた自然科学をフランスが受け継いで、次にドイツが受け継いでと
良い感じなサイクルでやれたのがでかいんだろうな。
日本は1国しかなかったからな……中国と朝鮮はもうダメになってたから。


218 :
:2013/10/10(木) 07:05:45.40 ID:ZVys9u+V0
東洋でも人文分野はまあ学問であったけど、
自然科学分野は学問とまでは至らず術に終わった


222 :
:2013/10/10(木) 07:10:43.70 ID:OdqH1gZt0
論理学が発展しなかったからだろうな
これでオカルトの入る余地が生まれて鈍った


224 :
:2013/10/10(木) 07:12:19.68 ID:rI+hoXUL0
まぁ、運だろうな。

227 :
:2013/10/10(木) 07:16:04.42 ID:kUvBgzOv0
東洋医学=オカルト
漢方薬の一部は臨床試験で効能・副作用が確かめられてるが
効能のないものも
ツ○ラの政治献金でムリヤリ保険収載


228 :
:2013/10/10(木) 07:16:18.10 ID:a20o6PxY0
216
西洋の合理主義、真理への探求心と
東洋の迷信、オカルト信仰

結局、西洋を先進国、近代国家にしたのはキリスト教なのに
その現実を理解せず、相対化と先入観だけでキリスト教をネガティブにとらえるやつは
おなじ日本人としてちょっと恥ずかしいわ


231 :
:2013/10/10(木) 07:20:18.31 ID:kUvBgzOv0
>>228
アブラハムの宗教=キチガイ
キリスト教が科学の暗黒時代をもたらした
近代化の基礎はギリシア哲学じゃねえの?


233 :
:2013/10/10(木) 07:28:36.20 ID:zlBxbV7+0
安易にいいよと甘い顔したら横のつながりで別の修道会の学者がわんさかやってきたという
中国の学者は血の気が引く思いだったろう


234 :
:2013/10/10(木) 07:28:39.25 ID:E/Gjs4gq0
西洋科学が進んだのもルネサンス以降だろ
基礎はギリシア・ローマ
五行をオカルトとか言ってるけど西洋の四大元素も同じようなもんじゃねえか
しかもこれもギリシア


236 :
:2013/10/10(木) 07:36:13.21 ID:a20o6PxY0
神の作りし世界への探求心が近代科学を生んだんだろ
そこが、迷信どまりの多神教国家との根本的な違い

ローマカトリックが古代人の世界理解を固執し世俗化した弊害もあったが
それによってルターの宗教改革により破壊出来たし、懐疑論、啓蒙主義、近代科学や哲学も発展した
キリスト教に真理はないが、中世カトリックの権威の低下が
聖書や古代人の世界理解の呪縛から解放し、真の真実に目を向けることが出来たんだろ
日本なんか明治になるまで仏像拝んだりしてただろ


239 :
:2013/10/10(木) 08:06:44.65 ID:zzVfS6QVi
キリスト教と無関係ってことはなかろうよ

プロテスタンティズムが、「神の作った世界を探究することが、神の御心にも叶うことだ」という保証をくれたから、先に進めたという部分はあるし、


240 :
:2013/10/10(木) 08:09:31.96 ID:zlBxbV7+0
キリスト教の神とは無関係にってのは間違いだったかな
正確にはローマ教会とは無関係にだな


242 :
:2013/10/10(木) 08:14:34.06 ID:zzVfS6QVi
西洋的な科学と東洋の学問の違いは、証明手続きをどう厳格化したかにあると思う
刑事訴訟法が定められて、裁判制度が整ったとか、そういうようなもん

でもそれは、その「結論」がどれだけ真実であるか、とはあんまり関係ないからね
ま、そもそも真実とは何か、とか言い出すとキリが無いけど


244 :
:2013/10/10(木) 08:39:16.57 ID:8ERq9kR50
17世紀まで土人レベルの白豚が調子のってんじゃねえよ

246 :
:2013/10/10(木) 09:25:00.04 ID:zlBxbV7+0
良いよね地中海
コロシアムに水溜めて海戦なんて地中海育ちでないと思いつかない発想


247 :
:2013/10/10(木) 09:28:39.03 ID:KADsGvtfP
他はともかく和算をつぶした明治政府はアホ
西洋数学と比べても遜色のないレベルで日本独自に発展してきた算学のその後を見たかった


267 :
:2013/10/10(木) 19:54:37.21 ID:umo3Alpw0
>>247
和算は確かに凄いが流派ごとの奥義は非公開にするとか芸事の側面が強すぎて
近代科学として体系化された洋算にはとても勝てなかっただろう


254 :
:2013/10/10(木) 13:02:15.65 ID:ITPhHcf+0
科学は天才の直感説を凡人でも理解出来るようにするためのもの
普遍性や再現性のあるものには科学は強いが他は無理
経営者や政治家が戦争論より孫子を好むのはそのせい


259 :
:2013/10/10(木) 16:31:31.45 ID:TjtiLS6I0
アラビア数字の有無じゃないの

262 :
:2013/10/10(木) 16:55:31.89 ID:p33cLpfJ0
血縁主義とか儒教文化とかでしょ。まあ、そのぶん伝統も残るから良いことも悪いこともあるんだけどさ。

268 :
:2013/10/10(木) 20:04:17.08 ID:SXOfX0bni
西洋人は芸術に秀でている
絵画にしてもパースの取り方を発案したり
音楽にしても作曲理論をあみだしたり
そして科学もまた一種の芸術だと思うんだよね


270 :
:2013/10/10(木) 20:27:39.53 ID:DEn/GigZ0
こういう話は面白い
もっと語れケンモメーン


271 :
:2013/10/10(木) 20:30:11.53 ID:J8r6YRmd0
17世紀ごろまでは中国が世界で一番の先進国だったけどな。
6世紀にはもう試験による登用制度まであったとか凄すぎw


274 :
:2013/10/10(木) 20:58:48.02 ID:wtD37RqS0
神学

これが根本的な原因だと思う、因果相関、分類統合、数学、法律などなど
神学になにかがある


276 :
:2013/10/10(木) 21:19:34.34 ID:rN37jSppQ
糖尿病にはタマネギ
痔にはドクダミの葉っぱORひまし油
風邪にはネギをケツに突っ込む


278 :
:2013/10/10(木) 21:24:43.36 ID:3bUdYD2/0
精神論と神秘学が大好きすぎた

282 :
:2013/10/10(木) 21:37:33.40 ID:xQYutOaz0
日本(首都圏)やシンガポールは儒教で近代化出来ただろ。

294 :
:2013/10/10(木) 22:13:24.32 ID:DNM8rGpy0
>>282
それはそうなんだけど、それは西洋文明の受容に寄与したのであって、ちょっと違う。
まあ、西洋VS東洋なんて区分できちゃった時点で負け。


283 :
:2013/10/10(木) 21:37:46.09 ID:rIm4OOMh0
東洋思想はいきなり全体を捉えようとするからゴミ
そのせいで細分化に失敗した


284 :
:2013/10/10(木) 21:38:17.80 ID:ZlxRJPR10
漢方薬は苦いだけで効かない。
医者の処方箋で買う薬の方が圧倒的に効く。


285 :
:2013/10/10(木) 21:43:07.79 ID:gVqtJHkC0
西洋と東アジアの違いって理性と経験だと思うな
西洋は理性で科学体系を作り上げた一方東アジアは春秋戦国の経験が国家統治を完成させた
近代西洋が凄過ぎて霞むけど韓非子や孫子など西洋以上のものもある


286 :
:2013/10/10(木) 21:44:00.47 ID:Q/AaQUbz0
幼稚で無知なガキは世界を東洋と西洋とに二分しようとするけど
18世紀まで圧倒的な文化・文明を誇った
イスラムやインドは東洋なのか西洋なのか

世界は二分できるほど単純でなく相互に影響を与えあっている


287 :
:2013/10/10(木) 21:46:22.70 ID:ZVys9u+V0
この文脈では西洋=西欧、東洋=それ以外にほぼ決まってるだろ

290 :
:2013/10/10(木) 21:47:31.79 ID:xQYutOaz0
20世紀に日本、韓国、シンガポールが近代化できたわけだから。
中国も西洋よりやや遅れて近代化しているだけ。


293 :
:2013/10/10(木) 21:54:05.04 ID:AR/HConr0
技術者をないがしろにする思想と全体主義の思想がゴミ
つーか上下ってカースト前提の思想だよな
完全に時代遅れの思想。


296 :
:2013/10/10(木) 22:27:11.86 ID:/VCt4SQD0
芸術作品をみれば古代ギリシアの時代から差があるって気はする。サモトラケのニケみたいな作品が紀元前のころにあったんだよね。
埴輪とか土偶もそれはそれで面白いけどリアリティーを追求する姿勢に差があってその努力の蓄積の差だと思う


300 :
:2013/10/10(木) 22:47:31.67 ID:kjKQBnKA0
ことわざや格言、詩などはアジアが圧倒的に強いイメージ
漱石が似たような経験してるけど、あれは文化的に感受出来なかったというよりは、漢詩が完成されすぎたから


304 :
:2013/10/10(木) 23:06:13.67 ID:hDU5vTrO0
漢方、鍼灸、気功なんてみんな怪しいけど
中世ヨーロッパのスコラ哲学とか天動説も大体間違ってるからな。
なぜ中国にデカルトが現れなかったのか。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

名無しさん2014/03/19 (水) 23:42:40 ID:-
アブラハムの宗教とネトウヨ連呼厨の思想には通じる物がある気がする
名無しさん2014/08/07 (木) 08:32:33 ID:-
こんなとこまで出張ってくんじゃねえよクソウヨ
くたばれ
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/10328-86a74771