◆ New Entries

平間洋一(元防衛大学教授)「 戦艦大和の運用次第で、太平洋戦争の戦局は覆っていた!

《『歴史街道』2013年10月号より》

太平洋戦争のターニングポイントとされる戦いにおいて、戦艦大和が効果的に運用されていたら、勝敗は逆転し、日本が優勢となる可能性は高かった。
さらに戦術的レベルに留まらず、戦略的活用に踏み切っていれば、大和は世界大戦の帰趨さえ変えてしまう力を秘めていたのである。

◆ミッドウェー海戦の IF◆

戦後の日本では、大和をして「万里の長城、ピラミッドと並ぶ、三大馬鹿」とまで評する声がある。まさに何をかいわんや。
確かに、大和はその実力を発揮する機会を与えられなかったが、それだけを理由に「無用の長物」と批判するのは見当違いも甚だしい。
それはスポーツにおいて、出場機会を与えられなかった名選手を、「無能」と断じるようなものだ。

実際の戦闘において、最強戦艦の大和が投入されていれば、戦局を大きく変えたことは疑いようがない。
つまり、大和の問題は全て、いかに用いるかという「運用」に尽きるのだ。

では日本海軍は、大和をいかに活かすべきだったのか。
「歴史に IF は禁物」というが、大和の場合、特に実現性の高いケースが多く、それらについて考察することは、現在に通じる様々な示唆を与えてくれるに違いない。

実際の戦闘を取り上げるならば、まず、大和の初陣となった昭和17年(1942)6月のミッドウェー海戦である。日米戦争の転換点となったこの海戦で、日本は虎の子の空母4隻を失うという大敗を喫し、以後、劣勢に立たされる。
この時、大和を軸とする主力部隊は、空母機動部隊の500キロメートルも後方にあり、ついに戦闘に加わることはなかった。

これは、機動部隊が敵艦隊に一撃を加えた後に戦艦部隊で止めを刺すという、旧来の艦隊決戦思想に則った戦国序列を重んずるがゆえの配置であった。
しかしながら、やはり大和は機動部隊とともに行動させるべきだった。そうすることで、ミッドウェーの最大の敗因である「索敵の不備」を防ぐことができたからである。


 
3 :
:2013/10/03(木) 20:03:22.05 ID:20zFB/o50
平間の大和本は面白かったけど
こういう部分が鼻についた


6 :
:2013/10/03(木) 20:07:11.74 ID:Z9/L0g3a0
日本が運用下手なのは今も昔も変わらない

14 :
:2013/10/03(木) 20:10:20.04 ID:yaS+kJ9c0
山本五十六は爆撃したふりをしたユダヤスパイ

16 :
:2013/10/03(木) 20:10:45.55 ID:4aDuG0Xl0
歴史街道ってネトウヨ丸出しの怪しい雑誌だっけ

21 :
:2013/10/03(木) 20:13:47.80 ID:vi4E/mnb0
戦争末期、日本に押し寄せて来るあの超大艦隊を見てまだそんなこと言ってんのかw宇宙戦艦ヤマトの見すぎじゃね?w

23 :
:2013/10/03(木) 20:14:50.88 ID:m9NnFhVF0 ?2BP(2172)
戦局が覆っても原爆で終わるっていう現実から目を逸らすあたりが、バカっぽくてカワイイね

30 :
:2013/10/03(木) 20:18:06.88 ID:1qu4cOzx0
アホか
戦術的勝利で覆る戦力差じゃねーだろハゲ

たとえミッドウェーやガダルカナルで勝っても、戦力の補充がままならない以上は
毎月戦艦と空母を量産してたアメリカ相手に遠からず殲滅されるだろハゲ

戦況の悪化を遅らせても、本土にアメリカの手が届くようになった瞬間に原爆落とされて終了だハゲ


32 :
:2013/10/03(木) 20:19:30.25 ID:5sd91DZQP
動物界でハチにたかられて死んだ獲物くらいにしか思えない

34 :
:2013/10/03(木) 20:19:42.63 ID:xEBzym4Z0
確かにミッドウエーの大敗はなかった可能性はあるが
アホみたいな国力差はどうしようもあるめえ


35 :
:2013/10/03(木) 20:20:02.89 ID:ghTF5OVd0
ロンメルは足元(リビア)に石油が埋まってるなんて知らなかったんだよ、バーカ
ナチスが目指したのはコーカサスの油田だ、バーカ


37 :
:2013/10/03(木) 20:20:15.81 ID:cfNcVnCv0
大和は連合艦隊の上層のクズどもの移動ホテルになってた。
だから絶対に危険を犯せない。
山本との談判に大和を訪れた辻たんがあまりの腑抜けた贅沢さに怒った。


38 :
:2013/10/03(木) 20:20:19.08 ID:tqU+r/1X0
インドの独立運動て・・・

とりあえず朝鮮を解放してから、アジアの独立を言うべきじゃないですかねえ(鼻ホジー


39 :
:2013/10/03(木) 20:20:29.14 ID:v0ZChf+f0
第一次世界大戦で登場してたならともかく、太平洋戦争末期で投入とか時代錯誤もいいところだろw

40 :
:2013/10/03(木) 20:20:36.39 ID:qIZcCCQ/0
艦これをプレイしながら考えたんだろうなw

41 :
:2013/10/03(木) 20:20:57.38 ID:gbyM8w/x0
防衛大に行くと糖質になるのか、糖質が防衛大に集まるのか

たぶん糖質が集まってより重症になる施設なんだろうな


45 :
:2013/10/03(木) 20:22:36.64 ID:HXWTc2i10
>>41
講義に呼ぶ連中がかなりヤバイらしいな


44 :
:2013/10/03(木) 20:22:08.53 ID:vGMQoVWj0
日本の右翼はほんと精神論が好きね

47 :
:2013/10/03(木) 20:23:49.95 ID:dapCPdrE0
馬鹿みたいに燃料食うのに動き回れとか無理だろ。

49 :
:2013/10/03(木) 20:24:45.73 ID:LWV1klER0
日本は短期戦以外の計画は持っておらず、そのうえ長期的な継戦能力はもっていない
対するアメリカは長期戦になっても継戦能力は十分保持できる公算が高い。
アメリカは日本の初期の侵攻さへ防げればいくらでも勝ち筋はあるんだ、
どうして短期決戦での敗北で講話しようなんて考えるんだ。


54 :
:2013/10/03(木) 20:27:33.55 ID:GYvSvax80
最終的な負けは覆らんがな

55 :
:2013/10/03(木) 20:28:38.92 ID:ls1oIaCq0
万里の長城は近年再評価されていますね
たしかに簡単に侵入されますが、略奪品を載せた馬車を持ち帰ることを難しくさせ、
被害を小さくすることに成功したのです


58 :
:2013/10/03(木) 20:30:17.42 ID:1k2/qBVoP
マシな使い道があったというのは分かるけど
戦局は覆らないだろ


62 :
:2013/10/03(木) 20:30:50.29 ID:uKpTNjkTO
戦艦一つじゃ無理だろ

63 :
:2013/10/03(木) 20:31:25.06 ID:rAbLp9sx0
こういう人が海将補なんだけど
自衛隊の最高幹部って誇大妄想がないとなれないの?


86 :
:2013/10/03(木) 20:43:24.72 ID:v0nhUl2Ji
>>63
後方でウォーゲームやるのが仕事だろ?

艦コレで知った艦名がいっぱい出てくるな


64 :
:2013/10/03(木) 20:31:43.65 ID:MyeUNQf60
ミッドウェーについてはそうなんじゃないの
戦場のすぐ近くにいたのに動かないで空母4隻見殺しにしちゃったんだし


65 :
:2013/10/03(木) 20:33:08.96 ID:qyBE2qB10
自衛隊の中の人もホントにこのレベルなのかね
じゃあこの平間とかいうオッサンが当時の旧軍にいたとしてどうやって「旧来の艦隊決戦思想に則った戦国序列」を覆せたの?


73 :
:2013/10/03(木) 20:36:44.97 ID:jjBRa1x20
田母神だけじゃないのか…

74 :
:2013/10/03(木) 20:37:01.16 ID:VtFQpLPj0
ミッドウェーで空母機動隊と行動を供にしていればってのはあるね
でも、結局は落としどころを見つけられずに
最終的には米国にボロボロにされただろうな


77 :
:2013/10/03(木) 20:39:24.57 ID:DQvHy7nP0
旧式の戦艦1台あったって変わらん。
防衛大学教授を辞めさせられたか


80 :
:2013/10/03(木) 20:41:40.05 ID:zyrYChm00
絶対にねーよ
そんなもん中卒の俺でもわかる
この教授は俺以下の頭脳なのか?


81 :
:2013/10/03(木) 20:42:18.50 ID:nEkUV3lY0
空母機動艦隊にクソ遅い巨大戦艦組み込むつもり?

82 :
:2013/10/03(木) 20:42:25.59 ID:i9lvfMTyi
大和より角田艦隊だろ何でアリューシャンなんかに貴重な空母を二隻も回すんだよ
あんなとこ戦略上の要所でも何でもねーから陽動にもならずに無視されて終わり


84 :
:2013/10/03(木) 20:43:01.89 ID:mTLVFqPk0
どんだけ頑張っても戦争を無為に長引かせる程度で
ドイツに使ってた本命の兵力を投入されてもっと悲惨な事になるだろ
そうなったら原爆だって2発じゃ済まない


85 :
:2013/10/03(木) 20:43:23.76 ID:LWV1klER0
日本は熟練者にしか満足に使えない機器を利用したが、
米軍は新兵でも使うことが出来る機器を利用した。
誇張は多少有るだろうが、この運用上の違いが国力の違いを物語る。


87 :
:2013/10/03(木) 20:44:00.76 ID:G5wbqC390
戦艦大和程度に戦局を覆すほどの戦略兵器としての価値はねーわな、軍事素人かw

第二次大戦で戦略兵器と呼べるほどのものは
原爆、空母機動部隊、B-17/29などの大爆撃編隊、ソ連の大戦車部隊

こんなもんだよ


91 :
:2013/10/03(木) 20:45:02.45 ID:4nFpkzU60
結局はアメリカに先に仕掛けた時点で負け確だよね
そのせいで反戦世論が一転して唯一の頼みナチも負けた
全てはジャップがアホなせい


92 :
:2013/10/03(木) 20:46:23.03 ID:UiI4iVf10
局地戦でいくら勝利しようとも物量に押されて結局まけてたよ
ベトナムみたいに泥沼になりゃアメリカも譲歩しただろうがどこの支援もなしに無理だろ


97 :
:2013/10/03(木) 20:48:09.49 ID:iYxXuo8C0
自衛隊幹部にバカが増えたというよりも、保守論壇の拡大によりバカが発見されただけで、戦後もずっとバカだらけだったんだろうなあ

極端な政治バカしか集まらず、その中でも特大のバカしか出世出来ないんだから、いざその職を解かれたってときにマトモになれってのも無理な話だけど

どうしても狂ってくるのは仕方ないとしても、トップが電波飛ばして文民統制が効かなくなったら怖いな


98 :
:2013/10/03(木) 20:48:59.07 ID:FljDOyKV0
インド洋に大和を送って通商破壊したって肝心の地中海はずっとイギリスが制海権持ってたのにドイツが物資の輸送とか出来るわけないだろ
それともドイツが占領したスエズ通って大和はマルタ島に艦砲射撃仕掛けに行きDAKはそのままバクーの油田まで前進して南方軍集団と握手か?
夢があって良い話だな


99 :
:2013/10/03(木) 20:49:11.21 ID:73qKNDbO0
大和いたら敵空母はもうちっと早く発見できてただろうな
それでどうなったのかは知らんけど


103 :
:2013/10/03(木) 20:50:35.95 ID:vdoJyxl+0
山口多聞が長官だったら後方部隊を突撃させてた
山本五十六は臆病者の屑
全軍突撃は日本の伝統だろカスが


104 :
:2013/10/03(木) 20:51:26.60 ID:wARmT/p60
防御力に難のある航空母艦を前線に送り込むとかアホすぎなのは事実

最強の防御力を持つ大和は三笠みたいに敵機動部隊の囮になれば良かったのに、愛人と余生を送りたかった山本五十六がビビって安全な後方待機戦術を採用した


109 :
:2013/10/03(木) 20:54:46.64 ID:j0LCQvzI0
開戦翌日にアメリカ大陸が沈没してたら勝てたよ
って書こうと思ったけどそれでも無理じゃね?
ソ連は独力でドイツ倒した後に間違いなく日本と対立するわけだし
つうかそもそも対日経済制裁がなかったとしても、中国一国を倒す事すら当時の日本の国力では不可能だっただろうし


111 :
:2013/10/03(木) 20:54:57.40 ID:+X9Sojh/0
満州?地政学的にも普通に最悪の場所だろ
ソ連と中国に挟まれてる内陸なんて。
国が傾くほど金を注ぎ込んで固執したせいで対米開戦とかもう


112 :
:2013/10/03(木) 20:55:28.01 ID:Vu46cYIp0
大和1隻でどうにかなるようなもんじゃないだろ
戦いは数だってアメリカ様が教えてくれただろ


113 :
:2013/10/03(木) 20:57:01.42 ID:duEpoxxoP
三バカって時代が下ると新幹線や青函トンネルが入ってたりするよな

116 :
:2013/10/03(木) 20:58:37.31 ID:ILRB2Ko00
空母叩けてないどころか空母全部なくして、大和投入とかどんだけ無茶言ってんだよwww

117 :
:2013/10/03(木) 20:59:33.52 ID:9UxrDvd20
なんでこの雑誌に出てくる学者はトンデモな内容を主張するんだ?
前読んだ時は中西輝政が日中戦争のほとんどをコミンテルンのせいにしてたぞ。学者ならイデオロギーじゃなくて文献史料で考察しろよ


118 :
:2013/10/03(木) 20:59:39.02 ID:B1aq+7mX0
覆るわけないだろ
数百万人横死するカルマがあの当時あったんだからどうにもならんよ


121 :
:2013/10/03(木) 21:01:44.97 ID:7Iam7fLS0
これが帝国海軍です

ガダルカナル島侵攻は海軍要請 補給は約束しておいて陸軍将兵餓死者続出

マニラ市街戦 陸戦教育など皆無の沈没した艦船乗組員を陸戦に投入


126 :
:2013/10/03(木) 21:04:49.94 ID:5Ogx5zt70
放っといてやってくれ
おもしろ元自衛官枠なんだ


127 :
:2013/10/03(木) 21:05:37.94 ID:0/cjFCEA0
最近、自衛隊や防衛大はバカの代名詞みたいになりつつあるなW

130 :
:2013/10/03(木) 21:06:42.75 ID:0UYy+owS0
俺優秀だしーって
このオッサンみたいな勘違いバカが
むかしの軍にもたくさんいたってことだろ
昔も今も大して変わっとらんようだな


132 :
:2013/10/03(木) 21:08:35.85 ID:l1BGKp4x0
韓国と戦争したら何日で海上封鎖できるとか
中国相手でも古くて数は少ないけどF-15Jのほうが改良してるから今はF-18より強くてMIGなんとかもスホーイなんとか相手でも余裕で勝てるとか
そういう話をネトウヨだったり軍事評論家よくするけど
多分70年前と変わってないんだろうね


135 :
:2013/10/03(木) 21:10:24.98 ID:ZaGBGsWI0
>>132
実際Su-35系統相手はまずいよねーが多数派じゃないかな


143 :
:2013/10/03(木) 21:12:06.15 ID:j0LCQvzI0
>>132
つうかマトモな軍事評論家は、もし韓国や中国と戦争したらなんて安易に言わない
そういう事言う奴は軍事評論家の皮をかぶった愛国ジャーナリストだろ


134 :
:2013/10/03(木) 21:09:30.69 ID:OQjWeEGs0
こんな脳内お花畑が防衛大の教授って、日本の国防は大丈夫かな?

137 :
:2013/10/03(木) 21:10:53.59 ID:VtFQpLPj0
国を動かすってのは大変なことだからねえ
あとから、あれやってれば良かったなんて言ってる人も
当時にそこに居ても何もできんでしょ


139 :
:2013/10/03(木) 21:11:35.06 ID:QnCgsArs0
大和って燃費くっそ悪い移動水上ホテルだろ?
燃料足りなくて他の艦から吸い上げなきゃ動かせない程だったのに
当時の日本にまともに運用できるわけがなかった


142 :
:2013/10/03(木) 21:11:58.73 ID:LEkS/Fer0
もし辻政信が100人いたら

99人の辻政信が最前線で奮闘するも、一人の辻政信が無茶な作戦を立案しすべてを台無しにする


144 :
:2013/10/03(木) 21:12:41.47 ID:5Ogx5zt70
往年の軍板ならがっちり○○太郎的な蔑称つけられておもちゃにされた挙句唾棄されるレベル

146 :
:2013/10/03(木) 21:15:12.24 ID:oXRfHWPs0
艦これだと敵に空母何隻いても無双できるし現実の大和もきっとそうなんだろうなぁ

150 :
:2013/10/03(木) 21:19:58.92 ID:i9lvfMTyi
>>146
なお2時間の攻撃で沈没したもよう


293 :
:2013/10/04(金) 01:00:17.09 ID:E64xeOvR0
>>146
艦これは空母の先制攻撃が弱くて萎えるわ
俺の空母艦隊が


148 :
:2013/10/03(木) 21:17:54.16 ID:6v/kPeN30
自衛隊の上層部ってタモさんを筆頭に戦中の精神至上主義みたいなのばっかで不安だわ
インテリジェンスが滲み出る様なタイプは皆無


149 :
:2013/10/03(木) 21:19:39.85 ID:5Ogx5zt70
一応名誉のために言っておくと日英同盟論についてはそれなりの人なんだよこの人は
今はコミンテルンの陰謀!とか言い出してるからもう死んだほうがいいけど


152 :
:2013/10/03(木) 21:23:39.31 ID:sMkF7zW+0
たとえに出してるのは昭和三大バカ何とかだろう 青函トンネルと大和級ともう一つ忘れた
今の姿の万里の長城の主要部分は、明代に8年足らずで造ったというが


158 :
:2013/10/03(木) 21:37:03.88 ID:v0ZChf+f0
戦艦大和は日本人が江戸時代の鎖国300年で劣等化した証拠でもある。
戦国時代までは日本人は「長頭型」の頭骨だったのだが、江戸の300年で
急速に「短頭化」が進んでしまったのだ。

けっきょく徳川が導入した儒教官僚システムのせいで戦艦大和という
「公共事業」が一度動き出したら失敗だとわかっていても利権のために
止まらない仕組みができてしまったのだ。

それは現代の日本でも残っていて、ヤンバダムが象徴的なわけ。


162 :
:2013/10/03(木) 21:39:50.39 ID:v0ZChf+f0
問題なのは現代の右翼を自認する人々がやはり「短頭型」が多いことだな。
石原チョン太郎なんかもそうだろう。安倍ももちろんそうだし橋下も「長頭」ではないね。


164 :
:2013/10/03(木) 21:43:24.38 ID:cXxtb4Aa0
リアウヨネトウヨバカスギワロタ

165 :
:2013/10/03(木) 21:47:17.66 ID:E1l5l/yxO
自分で歴史にIFは禁物って言ってんのにこんな妄想をするか

タラレバが許されるなら、敵の弾にさえ当たんなければ負けなかったでおしまいだぜ


166 :
:2013/10/03(木) 21:48:24.50 ID:zCVeHfPQ0
原爆の絨毯爆撃くらって終わり

167 :
:2013/10/03(木) 21:48:41.61 ID:daDB/5oN0
だいたいアメリカはヨーロッパ戦線の片手間で日本と戦ってるし、国力総動員もしてないのになに言ってんだ、このおっさん。

170 :
:2013/10/03(木) 21:52:28.30 ID:IwGNyFUS0
ヘンダーソン飛行場砲撃だけは、大和が行っても無駄だっただろう。
日本軍は米軍が新設した2本目の滑走路に気付いていなかった。
また夜間で着弾観測が難しく、飛行場内に落ちた砲弾は、あれだけ
撃ちまくったのに数発にすぎなかった。


171 :
:2013/10/03(木) 21:52:41.59 ID:0D+7RjU5O
教授だとか学者だとかは日がな一日こんな妄想をこじつけるだけで金が貰えるのか…
いい仕事だこと


173 :
:2013/10/03(木) 21:54:12.63 ID:ZZWgvCJr0
仮にそうだったとして、そしたら現実と同等の経済成長は絶対にしなかった
最悪の土人国家として世界から罵られながら滅んでいくだけ


174 :
:2013/10/03(木) 21:54:28.52 ID:gsg0k/A60
原油集積地に置いてティルピッツみたいにバランス取りに使うのが一番
損害受けりゃドック塞ぐんだから、動かさずに置いといてその分1TL何隻も作る方がマシだわな


175 :
:2013/10/03(木) 21:54:57.47 ID:9sf9G6Um0
このレベルの人間が防衛大学で戦術教えてるって
実は日本ってガチヤバイんじゃないの?


176 :
:2013/10/03(木) 21:55:47.79 ID:i7+BP9Gh0
国力に差がありすぎる

178 :
:2013/10/03(木) 21:57:09.22 ID:7Qd328NQ0
大和が活躍するシチュエーションを無理矢理ひねり出してるな
出たとこ勝負、当たって砕けろ、やってみなくちゃわからない的な、体育会系脳が敗因だと認めろ


180 :
:2013/10/03(木) 22:00:53.52 ID:FtouSXdK0
当時のバカ海軍が大和を通商路破壊に使うもんかよ
「艦隊決戦主義こそ海軍の真骨頂!!シーレーン防衛とか通商路破壊になんか大事な大和を回せるか!」
って突っぱねるのが関の山


189 :
:2013/10/03(木) 22:05:11.69 ID:IwGNyFUS0
戦艦の主砲弾というのは、装甲貫徹力は強力だが、爆発の威力は比較的少ない。
大和の通常弾に充填されている「炸薬」の量はおよそ61キログラム強。
いっぽう最も広く使われた500ポンド航空爆弾の炸薬量は118キログラム以上。
飛行場攻撃には最適ではない。なんとかして爆弾を放り込む方法を考えるべき。


195 :
:2013/10/03(木) 22:07:34.45 ID:y08yViW20
歴史に於いてifを考える時、過去の失敗や敗北を
こうしていれば成功し勝利したのにと妄想の世界でオナニーするのが知能の劣った小者
過去の成功や勝利を、自らが過失を犯した、相手がより有効な選択をしたと仮定して
その上でどうすれば相手に勝利出来るかを模索し
常に己を高め続ける向上心を持っているのが真の勝者

日清日露戦争以降、日本は圧倒的に前者だった
こういう思考のままでは次の敗北が待っているだけ


196 :
:2013/10/03(木) 22:07:39.47 ID:ob9QQQ/b0
タモと同レベルの知能でワロタ

197 :
:2013/10/03(木) 22:07:47.67 ID:Adb3F3uw0
経済の規模、科学技術のレベル、社会の成熟度、生産能力の圧倒的な差、戦略的な頭の良さ

全てにおいて負けてんだから勝つことなど不可能に決まってんだろいい加減にしろ


200 :
:2013/10/03(木) 22:10:45.88 ID:mVRf/6bj0
歴史にイフを持ち出すなって誰が言い出したの?

201 :
:2013/10/03(木) 22:12:06.26 ID:ILRB2Ko00
>>200
たられば禁止ってうちの社長も言ってた


202 :
:2013/10/03(木) 22:13:04.94 ID:bwhar6TnP
江畑謙介みたいなのが将校やってるんじゃなくてこういうのがやってるのが日本の悲劇

204 :
:2013/10/03(木) 22:14:19.80 ID:daDB/5oN0
ドイツと組んだ時点でソ連も敵にまわしてるんだから負ける。海戦ひとつ勝った負けたの問題じゃない。早期講和も仲介してくれる国がないから不可能。

205 :
:2013/10/03(木) 22:15:17.94 ID:sT68wmepO
ありえなさで言ったらIfとすら言えないレベルだろ。
ただの妄想。


210 :
:2013/10/03(木) 22:17:26.73 ID:xiup8+cS0
確かにミッドウェーで沈んでればもっと早く終戦を迎えられたかもしれんな…

213 :
:2013/10/03(木) 22:20:05.70 ID:ILRB2Ko00
ミッドウェーは日本があと一歩というところまでアメリカ追い詰めかけて
アンラッキーパンチ連打されたから未練がましくなるのはわからないでもないw


217 :
:2013/10/03(木) 22:25:11.58 ID:iiz3ARVq0
これ否定する奴なんなの?
メリケンだって被害が大きければ戦時国債売れずに
反戦ムードで手を引く可能性はでかいんだぞ
ベトナム戦争みたいにな

日露戦争だって絶望的だったが死体の山の上に切り抜けたし
バルチックには完勝出来た

ミッドウェーにしろガダルカナルにしろ
1つ1つの勝利が積み重なるだけで戦争自体が全く違う流れになるんだよ
下手するとそれだけで日本に有利な講和で終わってた可能性もあるんだ


218 :
:2013/10/03(木) 22:27:11.00 ID:HXWTc2i10
>>217
厭戦ムードに期待した山本五十六の悪口はry


219 :
:2013/10/03(木) 22:27:32.33 ID:DcQqqZ1G0
>>217
何その確変引けば流れ変わるみたいなパチンカー理論


221 :
:2013/10/03(木) 22:30:28.49 ID:bwhar6TnP
>>217
太平洋戦争とベトナム戦争の違い
明確な大義の違いを無視してはならない、太平洋戦争は間違いなく現在進行形の侵略者である大日本帝国の先制攻撃に対する反撃という強烈に明確な大義があった


229 :
:2013/10/03(木) 22:42:01.57 ID:daDB/5oN0
>>217
日露はアメリカが仲介してくれたから講和できたが、太平洋戦争は仲介してくれる国がないから早期講和はありえない。


296 :
:2013/10/04(金) 01:05:22.47 ID:E64xeOvR0
>>217
えーっとね、
第一次戦争の反省からの国際連盟
それをぶち壊す日本の連盟脱退、中国侵略、米国攻撃

これでどうやって反戦ムードが増すわけ?


220 :
:2013/10/03(木) 22:29:45.39 ID:9211eRcXP
当時は中東の油田って未開発に近かったのでは?

231 :
:2013/10/03(木) 22:43:05.04 ID:32MksjBv0
>>220
サウジはこれからだがイランはすでに油田開発されてアングロイラニアン石油会社があった


223 :
:2013/10/03(木) 22:31:30.85 ID:1k2/qBVoP
まあフセインやビン・ラディンをやった以上の執拗さで
日本敗北まで続けただろうな


226 :
:2013/10/03(木) 22:36:09.30 ID:WawR1SxR0
有利な講話した所でそのうちアメ公は軍備増強していつかは
勢力が反転するだろう
日本がアメ以上に増強できればよいだけの話だが、無理
ドイツもたよりにならん


227 :
:2013/10/03(木) 22:36:40.39 ID:Ew4hR9OK0
作戦指導会議に神懸かりどもが大勢いる状態の国では・・・

228 :
:2013/10/03(木) 22:37:05.05 ID:GisBS+Vo0
あれだろ
こういうバカがいたから
無謀な戦争に突入しちゃったんだろ
可能性はゼロではないって言って


234 :
:2013/10/03(木) 22:50:04.13 ID:U6Qpj++E0
将棋で竜王がいるから勝てる!って闇雲に思うみたいなもんだな
うまい相手なら6枚落ちでも余裕で負けるというのに


238 :
:2013/10/03(木) 22:57:44.43 ID:4aDuG0Xl0
モロトフは和平を仲介するそぶりなんて微塵も見せてないのに
ジャップに勝手に誤解されていい迷惑だな


240 :
:2013/10/03(木) 23:05:48.34 ID:Ew4hR9OK0
>>238
スターリン自身が和平に脈があるように見せかけろって指令をモロトフらに出してる
脈が無いと分かれば日本に降伏されてしまい戦争が終わってしまう、極東権益確保前にそれだけは避けたい
日本は不可侵条約は46年まではキチンと守られると踏んで、ひたすらソ連に和平仲介を頼んだ


243 :
:2013/10/03(木) 23:11:52.84 ID:E+keNXjQ0
アホか
確かに大和が木偶の坊で他に資材を使ってたら粘ってはいたと思うが結局負けてたよ


248 :
:2013/10/03(木) 23:18:44.05 ID:1l3DhRjr0
アメリカと日本の生産量は、
空母が戦争通して約100隻の差、
航空機は後半になると年間7万機差がある
大和で全部沈めたらアメリカにも勝てただろうな


251 :
:2013/10/03(木) 23:28:44.15 ID:Zzk7DNfu0
キチガイのオッサンの妄言に対して
素人がネットの知識で必死に反論してる図


253 :
:2013/10/03(木) 23:29:52.24 ID:E+keNXjQ0
それにしても未だに大和は強かった零戦は凄かったとか言うのが後を絶たないのは何故なんだろ
調べればすぐわかる事なのに


254 :
:2013/10/03(木) 23:30:13.31 ID:UG2HS9qH0
戦争が長引くだけで結局は負ける
最悪ソ連に侵攻されて北海道占領されたかも
良かったなドイツみたいに分断されなくて


261 :
:2013/10/03(木) 23:49:44.88 ID:5OEShx0A0
今の自衛隊も、これじゃ旧軍のアホさと大差ないな。

262 :
:2013/10/03(木) 23:52:47.41 ID:MCtz1UF/0
東京に核落とされて終了でしょ

263 :
:2013/10/04(金) 00:03:21.40 ID:cUSCYIi00
まあ歴史街道向けにサービスしたんでしょ
相手の行動結果や手の内見てから「こうすれば勝ってた!」なんて冗談でも言う奴が防衛大の教授だったのはちょっとした恐怖だけど
戦争は全てが不確実ってのは大前提だよね


268 :
:2013/10/04(金) 00:16:30.31 ID:9algtyPk0
ミッドウェーで大和が空母群と一緒に動いていても、そのときに沈められてただけでしょw
なんで遠く離れたところにいたからこそ索敵できた事実を無視してんのよw


272 :
:2013/10/04(金) 00:31:27.33 ID:5jCNfn5D0
大和を運用できるような首脳陣がいたら戦争してなかったっつの

273 :
:2013/10/04(金) 00:33:12.53 ID:V52oqszF0
そもそも最大船速の劣る大和は機動部隊との相性が非常に悪かったわけで

274 :
:2013/10/04(金) 00:33:53.81 ID:gmmqf8wU0
週刊大和してれば勝てただろ
いくら沈めても次々就航してくる長門に恐怖する米海軍


275 :
:2013/10/04(金) 00:35:14.13 ID:d2SctVTp0
燃料足りなかった日本には、大和燃費悪過ぎワロタなんじゃないの?

277 :
:2013/10/04(金) 00:36:30.25 ID:zhJPAH8o0
元老が全滅した時点で政治が崩壊してたから無理

285 :
:2013/10/04(金) 00:48:33.67 ID:LJdRtkm00
>>277
美化しすぎかもしれんけど、あの世代の政治家の判断能力は異常なレベル
結局、あれ以降あのレベルの政治家なんて一人も現れやしねえ


280 :
:2013/10/04(金) 00:39:14.28 ID:yK52Qna6i
満州を諦めるのがベストだろ何言ってるのこいつ

283 :
:2013/10/04(金) 00:42:00.48 ID:l8CtRs9MO
歴史○○系でまともな雑誌って、歴史群像ぐらいだよな
歴史通とか言うの読んだら、ネトウヨ通だった件


284 :
:2013/10/04(金) 00:45:21.41 ID:yK52Qna6i
まどかマギカでいうワルプルギスよ夜と戦う感じになるだけ
ループしても無理


286 :
:2013/10/04(金) 00:50:21.17 ID:E64xeOvR0
一緒にドイツを攻撃してれば、一次みたいにぼろ儲けできたがFA

289 :
:2013/10/04(金) 00:55:46.29 ID:E64xeOvR0
当時の日本の情勢では仕方なかった論も大分おかしい
フィンランド何かの方がよほど情勢やばいけど、苦難の歴史を耐え乗り切った

日本なんて甘ちゃんも良いところ

集団ヒステリーってその時は分からないんだけど、後になればちゃんとヒステリーだったって分かる


290 :
:2013/10/04(金) 00:56:05.53 ID:q4/RmcyeO
大和なんか関係ない
満州放棄が正しかった


292 :
:2013/10/04(金) 00:59:54.87 ID:r0CjAe9D0
まあミッドウェーでボコられてなければ講和もあったんじゃねえの
アメリカもあそこでボコられたらまずいし


298 :
:2013/10/04(金) 01:07:31.71 ID:E64xeOvR0
ネトウヨって日中戦争も実質勝ってたと思ってるんだろ?
日中戦争は名目も実質も負けてるよ
日露戦争は実質負けたけど名目上は勝てて良かったね
その違いは大きいけどね


299 :
:2013/10/04(金) 01:10:08.09 ID:MzKM750Q0
ミッドウェーで太平洋から空母を一掃できれば
南方戦線ももう少し悲惨じゃなくなったかもな


304 :
:2013/10/04(金) 01:16:49.43 ID:BXtDZRP30
ミッドウェーでアメリカが負けても
ヨーロッパ戦線レベルまで全力本気出されて殲滅されるのがオチ


306 :
:2013/10/04(金) 01:20:39.81 ID:5MfyqT780
ミッドウェー占領しても補給はどうするのと聞かれた時の日本海軍の答え
補給できなければ基地を破壊して部隊は撤収する

補給が断たれるほど色んな意味で孤立した部隊をちゃんと撤収できると考えるのが既にお花畑
現実には玉砕前提ですよねーそりゃ勝てんわ


307 :
:2013/10/04(金) 01:23:18.44 ID:VJuvfMnD0
お前らの話聞いてたら日本海軍が陸軍以下の馬鹿に思えてくる
少なくとも敗戦の責任は重いわ


312 :
:2013/10/04(金) 01:41:48.72 ID:tzJ9h7X30
チハは登場時点では世界トップクラスの「スペック」はあった
同軸機銃がなぜか砲塔の後ろについてるとか、操縦が死ぬほど難しいとか
装甲のつぎ目から破片が飛び込むとか、砲弾の貫通力が海外同口径砲に劣るとか
色々あったが、まあ世界一流と言ってよかった


314 :
:2013/10/04(金) 01:49:05.28 ID:BXtDZRP30
>>312
チハはアメリカのM2と互角だろ?世界トップクラス横並び状態時代の戦車

ナチに蹴散らされたM3に圧勝されるレベルの戦車を主力で使い続けるのは無謀だよ


313 :
:2013/10/04(金) 01:47:27.52 ID:5MfyqT780
つかチハって97式だろ、これってつまり戦闘機で言えば97式戦闘機で終戦まで戦ったと言う事
そりゃ97式戦闘機が登場当時どんなに良スペックでもP-51とかP-47とか相手じゃ虐殺対象だろ


315 :
:2013/10/04(金) 01:49:29.18 ID:8/lIQ/H90
アメリカだって、あれをこうしてればもっと圧勝できたのにって思ってるだろ

324 :
:2013/10/04(金) 02:47:46.95 ID:Jg5hzJGXP
艦上機は索敵用の艦攻数機以外は全部戦闘機にして
敵艦載機を全部落とした後に艦隊砲水雷戦を仕掛けりゃ勝てた

って言ってた人が居たな
確か利根の艦長だったか


325 :
:2013/10/04(金) 02:56:32.96 ID:gkxlTlcl0
ここ数年でどんどんネットの自衛隊神話が崩れていくなw

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

   2014/10/24 (金) 22:38:12 ID:-
こんな寝言ほざくのは艦これ(爆)やってるクソオタクだけにしろよw
なんだ、防大の教授ってのはゲーム脳の池沼オタク並の知能しかないのか?
※自動フィルタが有効なので、禁止ワードが入ってるコメントは投稿できません…
※その禁止ワードは何か?管理人にもわかりません。FC2に聞いてください。
お名前
テキスト

トラックバック

トラックバックURL: http://newskenm.blog.fc2.com/tb.php/10106-0eecabc0