◆ New Entries

イギリス「韓国に犬肉の取引を禁止させよう、韓国では毎年500万匹の犬が食用として殺されている」

EU脱退問題で何かと話題のイギリスだが、同国政府が設置している請願サイトが、韓国で話題になっている。
このサイトは、イギリス国民がいかなる制限も受けることなく、さまざまなテーマの請願を行え、共感した国民は署名することができる。
例えば「“EU脱退の国民投票やり直し”を願う」というテーマには、現在まで400万人ほどの署名が集まっているという。興味深いのは、署名が1万人を超えると政府は見解を返答しなければならず、10万人を超えると議会で議論して結果を公開するという決まりがあることだ。
そんな請願サイトに、韓国に関係する興味深いテーマが載せられている。

それは、「韓国政府に犬肉の取引を禁止させよう」というものだ。
詳細を見てみると、「韓国では毎年500万匹の犬が食用として殺されている」
「1988年、韓国政府は国際的な非難から逃れようと“ポシンタン(犬肉スープ)店”を隠した。それから約30年が過ぎたが、韓国では現在も犬肉産業が盛ん」「国際オリンピック委員会(IOC)はなんの調査もせず、2018年平昌冬季五輪の開催を決定した」「イギリス政府はIOCと韓国政府に犬肉取引の禁止を求めるべき」などと説明されている。
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160718/Cyzo_201607_92000.html


スポンサーサイト
[PR]