◆ New Entries

【映画】 低予算アニメ映画「この世界の片隅に」が大ヒット!拡大ロングランが続き 興行収入10億円突破動員数75万人 今後も拡大

映画『この世界の片隅に』片渕須直監督に聞く 空を見上げて生きる普通の暮らしの愛おしさ叶精二
2017年01月06日

逆境から奇跡的大ヒットを達成

長編アニメーション映画『この世界の片隅に』の大ヒットが続いている。
こうの史代氏による同名漫画をベテランの片渕須直監督が6年半を費やして映画化。

戦中の広島と呉を舞台に、18歳で嫁いだ主人公すずとその家族の日常を丁寧に綴っている。
食糧難、空襲の激化、原爆投下、そして敗戦へと至る最悪の状況下にあっても、毎日、炊事洗濯を行い、笑顔で生き抜く庶民の暮らしには、東日本大震災を経験した70余年後の我々の日常とも響き合う奥深さがある。

失われた広島や呉の風景や暮らしの再現、穏やかな日常から空襲の恐怖までを的確に捉えた画面構成、余韻を感じさせる仕草の柔らかさ、水彩画や心理的イメージが動き出す驚きなど、全編が新しい発見に満ちている。

手描きの線でとらえたキャラクターの温かさと背景美術の柔らかさが融合し、実写や3D-CGとは異なる親しみとリアリティがスクリーンから立ち上る。まさにアニメーションの底力を痛感させる力作である。

昨年(2016年)11月12日にわずか63館で公開されたが、年末には上映館が119館まで拡大され、未だロングランが続いている。
2017年1月4日には「奇跡の目標」と言われていていた興行収入10億円を突破、観客動員も75万人を超えた。

評者という評者から「2016年度ベストワン」の満点評価が相次ぎ、各地の上映館は満席、上映中は笑いと涙、上映後は拍手がわき起こる。
観客の支持は広く深く熱烈で、口コミは瞬く間に広がり、リピーターも続出。
観客たちがヒット作に育てあげたという側面を持つ。

しかし、本作は大手各社から配給を拒絶され、テレビ各局の予告CMも皆無、製作費はわずか2億5000万円に設定された。

当初、本作の「クラウドファンディングによる予算獲得」が話題を集めた。
クラウドファンディングは、確かにパイロット(試作)フィルム制作や客層開拓、配給会社へのアピールなど様々な功績をあげたが、それで実製作費が捻出出来たわけではない。
調査・取材費用は当初は自己負担、スタッフは少数精鋭。従来の大作映画とは真逆の制作・宣伝・興行体制であった。
こうした逆境を跳ね返した本作のヒットは驚くべき特例であり、今後の映画興行の新しい展望をこじあけたとも言える。
うぇbで
http://webronza.asahi.com/culture/articles/2017010500001.html?iref=com_rnavi_chumo_n


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

【映画】『君の名は。』やはり大コケだったwww 

年間映画興行収入ランキング
2016年日本国内 1位~50位
2016/09/02更新

1位 スター・ウォーズ フォースの覚醒 興収116億円
2位 ズートピア 興収72億円
3位 ファインディング・ドリー 興収64億円
4位 名探偵コナン 純黒の悪夢 興収63億円
5位 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! 興収55億円6位 シン・ゴジラ 興収53億円
7位 ONE PIECE FILM GOLD 興収47億円
8位 信長協奏曲 興収46億円
9位 映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生 興収41億円
10位 オデッセイ 35億円
.
.
.
.
33位 君の名は。 12億円
http://entamedata.web.fc2.com/movie/movie_j2016.html
http://yahoo.co.jp


【映画】もしもヒトラーが現代に生き返ったとしたら?「帰ってきたヒトラー」本日より上映開始

よみがえったヒトラーが、今の危うさを浮かび上がらせる-Newsweek
http://www.newsweekjapan.jp/ooba/2016/06/post-21_1.php

公式サイト
http://gaga.ne.jp/hitlerisback/

予告編


【映画】「ジュラシック・ワールド」が破壊的な記録、史上初の週末3日間で5億ドル発進!凄すぎワロタ。

「ジュラシック・ワールド」が破壊的な記録、史上初の週末5億ドル発進。
http://news.livedoor.com/article/detail/10235156/
ティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、「ジュラシック・パーク」の迫力を遥かに超える壮大なスケールで、新たな世界を作り上げたシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド」。
米国などでは、6月12日(金)に満を持して公開初日を迎えたが、オープニング週末3日間の興行成績が、全世界合計で5億1,180万ドルという破壊的な数字を打ち立て、「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」(2011)を抜き、堂々の第1位を記録した。


【映画】年末年始は映画を見よう。オススメ映画を語れ

2014~2015|年末年始おすすめDVD映画

一般庶民にとっては、なにかと不景気な今日この頃である。暮れのボーナスの実情が、格差社会そのものを象徴する。
何十万円ももらう人はごく少数で、もらってもわずかのモチ代程度、もらえない人も多数いる。
このほどの選挙結果にしても、政府の言う「民意」などはまったく無く、わずか52%の投票率こそが民意だろう。
もろもろの税が上がり、物価も上昇している。厳しい現実が続く。
が、しかし、嘆いてばかりでも仕方がない。この年末から年始、多くの優れた映画が公開になる。
そう大金が必要ではない。映画館に足を運ぶもよし。叶わなければ、せめて自宅で、いい映画のDVDをじっくり見るチャンスだろう。いくつか、選んでみた。
古典から、エルンスト・ルビッチ作品が3本のボックス。新旧2本の日本映画。つい最近の外国映画から、見逃したけれど、優れた2本の計5作で、作品数でいうと7本になる。いつでも見れるよう、購入もよし。
7泊8日のレンタルもよし。大げさにいえば、映画を見たことで、それぞれの人生が変わるかもしれない。
映画には、そういった力があると信じている。不景気感を吹き飛ばしての年末年始、映画のDVDで、じっくりお楽しみいただけたら、なによりです。
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1418881169004/


【映画】 おまえらの「一番おもしろかった映画」を教えろ。ワシは「スターシップ・トゥルーパーズ」

自分に合った映画を見ていますか?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/jagzy/20141106/273492/


【映画】東日本大震災で日本人は略奪もほとんど起こさず世界の人々を驚かせた 誇らしい

日本人であることの意味を問う2作品『ワンネス~運命引き寄せの黄金律~』『和~WA~』公開決定『和~WA~』

2020年の東京オリンピック招致が決まったひとつに、日本の伝統であるおもてなしの心があった。
日本人が持つ相手に対する意識は、2011年の東日本大震災で、被災した多くの日本人が略奪もほとんど起こさず、冷静さを保った態度が世界の人々を驚かせた。そこには、自然災害の多い日本で、古くから日本人の心の中に無意識に芽生えた「和」があったからではないのか?本作品は、東京のあらゆる場所で今を生きる日本人にインタビューしていきながら、「和」を持つ日本人の心の根底にある意識と無意識という問題を世界に問いかけた作品である。そしてドキュメンタリー部分+ドラマ部分+アニメーション部分の3つのパートで成り立ち、其々のパートが繋がりを持っているという、今までにない映像手法で描かれている出来ています。それはまるでスクランブル交差点の様に交錯している。
監督は、『ワンネス~運命引き寄せの黄金律~』の森田健が務めている。
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=22617


【映画】 竹田恒泰「日本の映画界は韓国に負けてしまう!」 津川に続き竹田も危機感

15日、『殺人の追憶』『チェイサー』に続く衝撃作として話題の韓国映画『悪魔は誰だ』の公開記念トークイベントがヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、韓国事情に精通している作家の竹田恒泰と映画パーソナリティーの襟川クロが対談した。

同作は時効を迎えた幼女誘拐事件の悪夢が、15年の時を経て再び繰り返されるサスペンス。
韓国の新鋭チョン・グンソプ監督がメガホンを取り、大切な家族を奪われた遺族の終わりなき苦しみと、時効を迎えた犯人の心情と共に描く。

同作の完成度の高さにはこれまで韓国に対して厳しい発言をしてきた竹田も「今回この話があって(韓国映画を)ちゃんと観ようと思い拝見しましたが、よく言われている通りこのままだと日本の映画界は韓国に負けてしまうと心の底から実感いした次第でございます」とコメント。

さらに、同作がフィクションながら韓国国内で失踪児童の数が年間1万人にも上る現状を背景にしていることに触れ、「韓国の人の国に対する不信感はかなり根強いものがあります。それが象徴的に爆発したのが順法精神の低さが問題にもなったセオール号事件。

そういう社会に対する不満やうっぷんがこういう強い映画を作る原動力になったのではないかと思います」と分析した。

また、同作を「今年の代表作」と言い切った襟川も「ものすごく重くてしっかり作られています」と絶賛し、韓国映画が成長した背景について「国自体が製作費にお金をつぎ込んだり機材を無料で貸したり、俳優だけではなく製作サイドもしっかりと育てていた」と説明。

人気作家・東野圭吾の原作映画など韓国でも映像化されている作品を日韓で比較し「日本の原作ものを映像化する力が尋常じゃないほど豊です」と舌を巻いていた。(中村好伸)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00000012-flix-movi
竹田恒泰「韓国人が作った映画は見る気もしない」→韓国映画に深い人間愛を感じました。
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1410760766/


【映画】 3Dドラえもんが興行収入80億を楽々突破する勢いらしい 化け物かよ・・・

800 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/08/18(月) 00:57:09.19 ID:9UMncXRR土日上映25分前販売数合計ランキング:20140817
順位 販売数 座席数 回数 先週比 映画作品タイトル名
*1 180566 520932 1599 *89.8% STAND BY ME ドラえもん*2 109273 272171 1216 ****** ホットロード*3 *88613 309349 1332 *80.2% るろうに剣心 京都大火編824 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/08/18(月) 01:30:31.49 ID:E/pDBapyドラは癒やされたい大人に人気

887 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/08/18(月) 07:50:39.51 ID:Q+2o724R3Dドラ当初の俺の予想30億をあっさり抜いたか
こうなれば永遠の0超えも射程範囲内だな

929 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/08/18(月) 10:04:01.77 ID:FBlwlbd7ドラえもん凄すぎ

960 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/08/18(月) 11:00:58.55 ID:jQlqmkRRドラえもん強いねぇ

968 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/08/18(月) 11:09:43.30 ID:K7K6Yw25そうだね。ルパンはもう少し公開早めたほうがいいだろうに
夏休み中に稼げる
このままいくとドラえもんの独壇場、2位はホットロード
このままの状態が3週くらい続くことになる


【映画】土曜プレミアム「ドラゴンボールZ・神と神(特別版)」2013年 地上波初放送

土曜プレミアム・映画「ドラゴンボールZ 神と神」特別版
2014年3月22日(土) 21時00分~23時10分 の放送内容

歴代Z戦士全員集合!史上最強の敵・破壊神ビルスとの空前絶後の壮絶バトル!※今夜しか見られない20分超の新作ストーリーを加え劇場版最新作が地上波初登場!番組内容
全宇宙の運命を賭けた魔人ブウとの壮絶な戦いから数年後。
全宇宙のバランスを保つ破壊の神・ビルスが長い眠りから目覚めてしまった!フリーザを倒したというサイヤ人の噂を聞きつけて、悟空の元へやって来るビルス。
久々に現れた強敵を前にワクワクする悟空は、界王の忠告も無視してビルスに戦いを挑むが、その圧倒的なパワーを前に手も足も出ずに敗れてしまう。
「地球にはもっと破壊しがいのあるヤツがいるといい…」。
不気味な言葉を残してビルスはその場を去っていった…。
果たして悟空たちは破壊の神を止めることができるのか!?

声の出演
野沢雅子  山寺宏一  森田成一  佐藤正治  鶴ひろみ  田中真弓  堀川りょう  古川登志夫古谷徹  緑川光  草尾毅  八奈見乗児

原作・ストーリー・キャラクターデザイン 鳥山明 
脚本 渡辺雄介 
監督 細田雅弘 
作画監督 山室直儀 
主題歌 FLOW「CHA-LA HEAD-CHA-LA」(キューンミュージック)
http://tv.yahoo.co.jp/program/85135026/


【映画】 製作費30億のCGアニメ「キャプテンハーロック」が大コケ

公開中の映画「風立ちぬ」が興行成績をさらに伸ばしている。
先週末の7、8日の興行収入は前週の約35%増と急上昇した。
6日にスタジオジブリの宮崎駿監督(72)が引退会見を行ったことで、「これが最後の作品になる」と改めて関心を集めたようだ。

文化通信のまとめによると、「風立ちぬ」は7、8日の2日間で4億5576万1200円の興収を記録した。
前週土日の34.5%増と驚異的な押し上げ。
宮崎監督引退が、興行の強力な“中押し”となった。
トータルの興収は97億7319万2800円で、100億円突破は秒読み段階だ。

7日には小栗旬(30)や三浦春馬(23)が声優を担当するフルCGアニメ映画「キャプテンハーロック」も公開されたが、2日間の興収は1億3396万9750円。
総製作費3000万ドル(約30億円)の回収に早くも黄信号がともった。
8月24日に公開された「ガッチャマン」の興収はトータルで3億8856万9400円。

1970年代に大人気だったSFアニメが共倒れで、宮崎監督の引退後、世界に誇れるはずの日本のアニメ映画文化は大丈夫なのか。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130911/enn1309111210008-n1.htm


【映画】ガッチャマンは嫌われて、パシフィック・リムは気にならないのは何故だろう【町山智浩】

町山智浩「話は酷いのに面白い映画と面白くない映画の違いってなんだろう」
http://togetter.com/li/557192
町山智浩 ?@TomoMachiすみません。このまとめのタイトルですが、「同じようにシナリオに問題があっても『ガッチャマン』は嫌われて、『パシフィック・リム』は気にならないのは何故だろう」にしてもらえると助かるんですが。
http://togetter.com/li/557192
@togetter2012
https://twitter.com/TomoMachi/status/374042048531148800