◆ New Entries

【W杯】韓国xアルジェリアの実況・解説がものすごく韓国よりなんだが?平等性がないのはおかしくね?

<ブラジルW杯>韓国メディアが不安視、アルジェリア戦の主審は因縁の「あの人」―中国メディアブラジルワールドカップ(W杯)1次リーグの韓国-アルジェリア戦を前に、韓国メディアは不安材料としてウィルマール・ロルダン主審の存在を指摘した。中国メディア・騰訊体育が伝えた。

1次リーグ突破の期待が高まる韓国にとって、第2戦のアルジェリア戦は絶対に落とせない戦いだ。

だが、韓国代表チームとロルダン主審には因縁の過去がある。2012年のロンドン五輪で、韓国は男子準々決勝で開催地でありサッカー強豪国の英国と対戦。

PK戦にまでもつれ込んだ結果、英国に勝利しベスト4進出を果たした。その試合で主審を務めたのがコロンビア出身のロルダン氏だった。

当時のロルダン主審は胸でボールを受けた韓国選手にハンドを宣告。英国にペナルティーキックの機会を与えるなど、韓国に不利な判定を下した。

また英国選手に2枚、韓国選手に4枚のイエローカードを与えている。

韓国は先のロシア戦で、孫興民(ソン・フンミン)、奇誠庸(キ・ソンヨン)、具滋哲(ク・ジャチョル)の主力選手3人がイエローカードを受けている。

これ以上のイエローカードを受ければ、今後の試合に影響するのは必至だ。韓国がロルダン主審に不安を抱くのも当然のことだろう。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20140622/Recordchina_20140622022.html


スポンサーサイト
[PR]