◆ New Entries

【W杯】ロッベン「メキシコ戦ではダイブした。申し訳ない。だがPKの場面はダイブしてないから」

サッカーオランダ代表のアリエン・ロッベン(Arjen Robben)が29日、メキシコと対戦したW杯ブラジル大会(2014World Cup)決勝トーナメント1回戦でPKを得るためにダイブしたことを認め、謝罪したが、決勝のPKが与えられたプレーはファウルだったと強調した。

メキシコのミゲル・エレーラ(Miguel Herrera)監督は、後半ロスタイムにオランダにPKを与えたペドロ・プロエンサ(Pedro Proenca)主審を厳しく非難している。

オランダはこの判定で得たPKをクラース・ヤン・フンテラール(Klaas-Jan Huntelaar)が決め、メキシコに2-1で勝利している。
渦中のロッベンは試合後、オランダ放送協会(NOS)に対し、「前半にダイブをしたことは謝罪しなければならない。
そういう行為はすべきではない」と語った。

「それはしてはいけない愚かな行為だが、ときどき接触を期待してしまうし、そういうとき彼ら(DF)は最後の最後で足を引っ込めるものだ」

しかしロッベンは、決勝のPKとなったメキシコのラファエル・マルケス(Rafael Marquez)のタックルについては、「ファウルだった」と主張し、ペナルティースポットを指したプロエンサ主審の判断は正しかったと強調している。

後半42分までリードしていたメキシコだったが、ウェズレイ・スナイデル(Wesley Sneijder)に同点ゴールを許すと、立て続けにフンテラールにPKを決められて逆転負けを喫した。
エレーラ監督は、「試合を決めたのは笛を持った男だった。彼がわれわれをW杯から追い出した」とコメントし、プロエンサ主審はもうW杯で笛を吹くべきではないと主張している。

「最初の失点はわれわれのミスのせいであり、延長戦の前に立て直すチャンスがあったはずだが、最後は主審がPKをでっち上げてW杯は終わった」

「この紳士は当然、われわれと同じように家に帰るべきだ」

いかそ
http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140630-00000009-jij_afp-socc


スポンサーサイト
[PR]

【W杯】実際のところ、アジア枠は何枠が妥当なの? 今は4.5枠

日本代表の後任監督の有力候補に挙がっているハビエル・アギーレ氏(55)の監督像などについて、現在メキシコのテレビ局テレビサで一緒に仕事をするリポーターのマウリシオ・イメイ氏(30)が語った。

10年にわたり、メキシコ代表を密着取材。
私生活でも親交が深く「アギーレの基本布陣は4―4―2で攻撃的なサッカーを好む。
コートジボワール戦を見たが、日本のアグレッシブなスタイルに合う」と太鼓判を押した。

今季限りでエスパニョール監督を退任したアギーレ氏の今後の去就について「本人の第1希望はプレミアリーグ」と明かした。

一方でメキシコ代表の監督を01~02、09~10年の2度務めており「代表を指揮するのも好きだと言っていた。周囲との対話を重視する監督で選手との距離は近い」と証言。
「常に新しいことに挑戦しようとする人なので、日本からオファーがあれば、受ける可能性はある」と予想した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000069-spnannex-socc


【W杯】それでは総シュート数などを見て冷静に試合を振り返ってみましょう

得点
岡崎慎司 (#9) 45+2'

ファン・クアドラード (#11) 17' (P)
ジャクソン・マルティネス (#21) 55', 82'
ハメス・ロドリゲス (#10) 90'

チーム別データ
日本     コロンビア
22 総シュート数 13
13 枠内シュート数 9
10 ファール 18
59% ボール支配率(%) 41%
9 コーナー 2
5 GKセーブ 11
0 オフサイド 2
00
11

【W杯】それでは総シュート数などを見て冷静に試合を振り返ってみましょう


【W杯】 反 省 会 会 場 【日本敗北w】

やはり負けたか
http://brazil2014.yahoo.co.jp/game/text?gid=2014062403


【W杯】サポーターが気付き始める 「マスコミや広告の代表アゲ実情と違うんじゃ・・・」

「“自分たちのサッカー”とはこの程度。日本はどの国よりも未熟」
SOCCER KING 6月20日 13時2分配信

「これが実力だ。結果は驚きでもなんでもない。
今大会の他の試合を見れば一目瞭然だ。日本はどの国よりも未熟で、どの国よりも走っていないし、迫力がない。にも関わらず、一番期待されている国だ。海外組ブランドが喧伝され、選手たちは大スターのように扱われてきた。
ヌルい親善試合と、本当のことを言おうとしないメディア。
強化よりも興行に気を取られてきた結果、自分たちの実力が実態以上に大きく見えるようになってしまった。
しかし、現実は隠せないということだ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00202858-soccerk-socc
現地サポーターの声

【W杯】サポーターが気付き始める 「マスコミや広告の代表アゲ実情と違うんじゃ・・・」


マスコミの意味不明なアゲ

【W杯】サポーターが気付き始める 「マスコミや広告の代表アゲ実情と違うんじゃ・・・」


【W杯】サポーターが気付き始める 「マスコミや広告の代表アゲ実情と違うんじゃ・・・」


【W杯】サポーターが気付き始める 「マスコミや広告の代表アゲ実情と違うんじゃ・・・」


【W杯】日本、三連敗へ向け好発進!w

【レシフェ共同】サッカーワールドカップ(W杯)第3日は14日夜(日本時間15日午前)、レシフェで初の8強以上を目指す1次リーグC組の日本はコートジボワールと対戦。
日本は前半16分、本田圭佑(ACミラン)のゴールで先制した。
その後は失点を許さず1―0で前半を終えたが、後半19分と21分に、それぞれ1点を許し、1―2となっている。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2014worldcup/545475.html