◆ New Entries

【ジャップ】刑務所の受刑者の仕事が労働基準法を遵守しすぎて会社から非難殺到、1日7時間労働&土日祝休み

受刑者の労働 楽すぎ? 出所者雇う企業から批判 1日7時間、休日も多く
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/282191

刑務所受刑者の勤労意欲を醸成する目的で行われている刑務作業の時間が、一般的な労働時間とされる1日8時間に達していない。
出所者を雇う企業から「労働に耐えられる集中力がない」などの意見が寄せられたことを受け、法務省は全国8刑務所の約600人を対象に「8時間労働」を試験導入。
受刑者には意外に好評だが、刑務所内の運営の問題もあり、定着には時間がかかりそうだ。

刑務作業は刑法に規定された懲役刑の一つ。受刑者は多くの時間を作業に費やしており、規則正しい生活を送らせることで社会復帰につなげる目的がある。

労働基準法では、1日8時間を超えて労働させてはならないと規定。刑務作業も同様に定められている。ただ、法務省によると、実際の作業は運動時間などを引いた7時間程度とされ、週に2、3回は入浴で1時間以上短縮されることもあるという。
日本労働組合総連合会の調査では、正規労働者の1日の平均労働時間は8・9時間で「刑務所は社会からはほど遠い」(刑務所関係者)。
ある受刑者は「土日祝日も休み。短い労働時間の中に休憩もたくさんあって、とても良心的な環境だ」とする。

企業からの要望を受け、法務省は2014年度に広島、高知刑務所で8時間制を試験的に導入。15年度にはさらに6刑務所に拡大した。九州で唯一、試行している佐賀少年刑務所では、木工工場の20人が対象。入浴は作業後にさせるなどして対応しており、ほぼ全員が「社会復帰に役立つ」などと肯定的。他の刑務所では「長く働いた分の食事が欲しい」「意味ない」などの意見はあるが、前向きに捉える者が多いという。
だが、全面導入となれば刑務官の勤務時間が延び、残業代がかさむという課題も。法務省の担当者は「慎重に検討した上で、拡充も考えたい」としている。


スポンサーサイト
[PR]

【ジャップ】有権者6割「えっ、知らなかった」3分の2改憲ライン

「3分の2」−−改憲ラインを示すキーワードはそもそも、有権者に認知されていたのだろうか。

毎日新聞が10日、全国の有権者150人に街頭でアンケートを実施したところ、6割近くにあたる83人がこのキーワードを「知らない」と回答した。
投票した人に重視した政策を聞くと、経済や社会保障政策など暮らしに密着したテーマを選ぶ人が多かった。
「憲法改正」を選んだ人は1割に過ぎなかった。

「それって雇用関係の数字じゃない?」

10日午後3時過ぎ、東京都北区のJR赤羽駅前。アンケートに応じたビル管理業の男性(29)は、「3分の2という数字を知っていますか」との質問にそう答えた。

「改憲に必要な議席数」と説明すると「えっ、9条がいじられるってこと? みんな知らないんじゃないか」と驚いた。

アンケートは投票率が50%前後にとどまることを見越し、投票した人と投票しなかった人の75人ずつに聞いた。
「3分の2」の質問では、投票した人のうち29人が、投票しなかった人では54人が「知らない」と回答した。
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160711/k00/00e/010/284000c


【ジャップ】JOC竹田、シンガポールの会社との契約書は「守秘義務があり開示できない」


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160517/k10010524121000.html

JOC=日本オリンピック委員会の竹田会長は参議院予算委員会で、オリンピックの東京招致を巡るフランスの検察当局の捜査に関連して、コンサルタント会社との契約書などをみずから確認したことを明らかにしたうえで、守秘義務があり内容は開示できないと述べました。


【ジャップ】 日本、日本人が最低の国家、人種である1000の理由

あなたがジャップを嫌う理由を教えて!
私がみた最悪のジャップ体験談もOK
さぁネトウヨたちに突きつけてやろう!醜い日本、日本人!