◆ New Entries

【埼玉】17歳、実父に捨てられ養父に犯され実母に「金を奪え」と言われ祖父母を殺害「金がないと13歳年下の妹も売春させられる」


2014年3月、埼玉県川口市で17歳の少年が祖父母を殺害した上、キャッシュカードなどを奪う事件が起きました。
少年は強盗殺人容疑で逮捕され、裁判で懲役15年の判決が出て服役中です。

私が事件の背景を知ったのは、2015年9月に公開された記事でした。

<記者の目>埼玉・少年の祖父母刺殺事件=山寺香(さいたま支局)
記事から分かるのは、少年が実母と養父から身体的・性的虐待を受けてきたこと。小学5年生から学校にも通わせてもらえず、各地を転々とし、時に野宿生活を強いられていたことです。
働こうとしない母親に代わり、少年は後に殺害してしまう祖父母を含む親戚に借金しまくり、生活費の工面をしてきました。
年の離れた妹を親代わりに育てたのも少年だったと言います。

少年を知る多くの人を取材し、関連する裁判をすべて傍聴した山寺記者が、この事件の背景を1冊の本にまとめました。

山寺香著『誰もボクを見ていない』(ポプラ社)
扱う事例は本当に過酷で、少年がよくこの状況で生き延びてきた、と思います。
また、自分が食べるものに困る中、13歳離れた妹のために食料を調達したり、移動時は抱っこしたり、まるで親のように愛情を注いできた事実を知り、涙が出ました。

少年は学習意欲も高かったようで、断続的に通うことができた学校やフリースクールで勉強しようとします。
住所が定まらない移動生活の中でも、学ぼうとする様子が随所に描かれていました。
たとえ経済的に恵まれていなくても、親戚に引き取られて育てられていたら、彼の人生はずいぶん違うものだっただろう、と思いました。

「自分が取材を受ける理由は世の中に居る子供達への関心を一人でも多くの方に持っていただく為の機会作りのようなものです」
山寺記者に勧められて書いた手記の中で、少年はこのように記しています。
自分が置かれた環境を嘆くわけでもなく、妹や同じ境遇の子ども達に関心を寄せる態度は、とても社会性が高いものです。

少年は「自分」が悪いと言った

2014年12月、さいたま地裁で裁判長は少年にこのように尋ねたそうです。
「母親の指示があった前提で聞く。この事件、誰が悪いんだ?」。
それに対し、少年は「自分。母親への気持ちの持ち方をちゃんとしていれば、誰かにお金を借りに行くことも止められたはず」と答えたといいます(『誰もボクを見ていない』P160~161)。
虐待を受け続け、生活費の調達手段にされてもなお、少年は母親に責任があるとは考えていないようなのです。

同情を禁じ得ない少年の生育環境や言動に対し、母親の態度はひどいものでした。
彼女は自分の両親や親戚、子どもや内縁の夫の勤務先など、あらゆるところからお金を借りては、ホテル宿泊費やゲーム代に使ってしまいます。
金策のため子どもを使いに行かせつつ、自分は周囲の人に何と言われても働こうとしません。

見かねた行政が一家の生活を立て直すべく、住居や生活保護を提供した時期もありますが、母親は指示されることを嫌って逃げ出してしまいます。
自分だけ、もしくは自分とパートナーだけで逃げれば良いのですが、少年と小さな妹を連れ回します。
少年は母親との関係に閉ざされ、他の大人と信頼を築くことができません。

母親は強盗のみで立件

少年が祖父母殺害まで追い込まれたのは、生活費調達の責任を負わされ続けたこと、働いて稼いでも母親が使ってしまったこと、祖父母から借金し続けたために断られるようになったこと、があるようです。
少年の証言からは、事件当日、母親から、殺してでもお金を持ってくるように示唆されたことが、事件の引き金になっているように思えます。
母親は少年に殺人を指示したことを否定し証拠もなかったため、強盗罪のみで裁かれましたソース


スポンサーサイト
[PR]

【埼玉】shareなどのファイル共有ソフトでアニメや音楽を3TB以上無断公開していた男の子(51)逮捕

日本音楽著作権協会(JASRAC)によると、宮城県警は11月8日、ファイル共有ソフト「Share」を使って音楽ファイルなどをを違法公開したとして、著作権法違反の疑いで埼玉県熊谷市の男(51)を逮捕した。

調べによる男は約10年にわたり、Shareを使用して、JASRAC管理楽曲を含む約2000ファイル、3TB以上のアニメ音楽・動画などをダウンロードし、無許諾でネット上に公開していた疑い。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/10/news080.html


【埼玉】中学校の美術室に血だらけ首つり遺体

中学校の美術室に血だらけ首つり遺体 所沢
< 2014年4月13日 16:20 >

13日午前、埼玉県所沢市の中学校の美術室で、男性が血だらけで首をつった状態で死亡しているのが見つかった。
警察は、男性が窓ガラスを割って侵入し、自殺を図ったとみて調べている。

警察や消防によると、13日午前11時過ぎ、所沢市立東中学校の美術室で、男性が血だらけで首をつった状態で死亡しているのを学校の職員が発見し、119番通報した。
死亡していたのは、近くに住む30代の男性とみられ、学校の関係者ではないという。

美術室の窓ガラスが割れていたことから、警察は、男性がガラスを割って侵入した際に出血し、その後、首をつって自殺を図ったとみて、経緯などを調べている。
http://www.news24.jp/articles/2014/04/13/07249188.html#


【埼玉】息子の入学式出席のため、担任を務める入学式欠席→教育長、県議、親からフルボッコに叩かれる

担任、息子の入学式へ…高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意

県西部の県立高校で50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、担任を務める1年生の入学式(8日)を欠席していたことが分かった。新入生の保護者らは「今の教員は教え子より息子の入学式が大切なのか」と困惑している。

県教育局によると、県内の県立高校では、ほかに男女3人の担任教諭が子息の入学式出席を理由に休暇届を提出し、勤務先の入学式を欠席した。

関根郁夫県教育長は11日に開いた県立高校の校長会で「担任がいないことに気付いた新入生や保護者から心配、不安の声が上がった」と、この事実を報告した上で「生徒が安心して高校生活をスタートできる体制づくりと心配りに努めてほしい」と異例の“”注意”を促した。

関係者によると、入学式の担任紹介の中で校長が女性教諭の欠席理由を説明。女性教諭は「入学式という大切な日に担任として皆さんに会うことができないことをおわびします」という文章を事前に作成し、当日、別の教諭が生徒らに配ったという。

来賓として入学式に出席した江野幸一県議(刷新の会)は「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。
欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。校長の管理責任も問われる」と憤慨。

県教育局は「教員としての優先順位を考え行動するよう指導する」としている。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/04/12/01.html