◆ New Entries

【賠償】 漫然と公務にあたっていた公務員 市民に訴えられ1億6000万の賠償命令下る ヨコハマ

賠償1億6000万円を職員2人に 地裁判決 3月26日 21時33分

横浜市が国などの補助を受けて行っている河川の改修工事で業者への過払いがあったため、市が国などに支払った加算金を当時の担当職員に賠償させるよう市民が求めた裁判で、横浜地方裁判所は、職員2人に合わせて1億6000万円余りを賠償させるよう市に命じる判決を言い渡しました。

横浜市は平成16年度から国と県の補助を受けて市内を流れる今井川の改修工事を行っていますが、工事費用を業者に余分に支払っていたことが分かり、国と県に対して過払い分のほかに1億6000万円余りの加算金を支払いました。

これについて原告の市民たちは、加算金が生じたのは当時の担当職員が工事の検査を適正に行わなかったためだとして、職員7人に賠償させるよう求めました。

26日の判決で、横浜地方裁判所の佐村浩之裁判長はこのうち2人の職員の検査の落ち度を認めて、合わせて1億6000万円余りを賠償させるよう市に命じました。

横浜市河川事業課は「判決の内容を慎重に検討し、適正に対応します」としています。

【賠償】 漫然と公務にあたっていた公務員 市民に訴えられ1億6000万の賠償命令下る ヨコハマ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140326/k10013267831000.html


スポンサーサイト
[PR]