◆ New Entries

【アメリカ】 ポケモンGOをしていた男女が銃で撃たれる

米国フロリダで『ポケモンGO』ユーザーが発砲事件の被害に
インサイド 7月17日(日)23時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000002-isd-game

世界中で様々なニュースやムーブメントが報じられ、今や社会現象になりつつある『ポケモンGO(Pokemon Go)』。
新たに米国フロリダ州で、『ポケモンGO』ユーザーが発砲事件の被害にあったことがわかりました。


スポンサーサイト
[PR]

【アメリカ】スペイン語人口で米国が世界2位に、スペイン本国抜く(CNN)

【アメリカ】スペイン語人口で米国が世界2位に、スペイン本国抜く(CNN)
http://www.cnn.co.jp/usa/35066905.html?tag=top;topStories
(CNN) スペインに本部がある非営利機関「セルバンテス文化センター」は4日までに、米国がスペイン語人口でメキシコに次ぎ世界2位に浮上したとの新たな報告書を公表した。
米国でスペイン語を母国語とする人口は約4100万人、バイリンガル人口は約1160万人となっている。報告書は米国勢調査局や他の国々のデータに基づいている。
スペインの総人口は4770万人、コロンビアは4620万人で、米国は3億1890万人。
報告書は米国勢調査局の数字を引用し、米国のスペイン語人口は2050年までに1億3280万人に達し、世界最多になるとも予想した。
インターネットで使われる外国語を見ると、スペイン語は中国語、英語に次ぐ3位。フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアでは英語に次いで2位だった。
米調査機関ピュー・リサーチ・センターの最近の報告書によると、米国内のヒスパニック(中南米系)人口の昨年の伸び率は2.2%と減速したものの、総人口の17.4%を示した。1995年から2000年にかけての平均増加率は4.8%、10年から14年にかけては2.2%だった。
伸び率の鈍化は、メキシコを中心にした中南米諸国からの移民減少が要因と指摘した。
セルバンテス文化センターは1991年、スペイン政府が同国の文化紹介や語学普及などを目指して創設した。今回の報告書によると、世界の総人口のうちスペイン語圏の比率は6.7%で、推定5億5900万人。ロシア語は2.2%、フランス語は1.1%だった。
米国では来年、大統領選が予定されるが、メキシコなどからの移民問題が争点の1つに浮上しつつある。
共和党の指名候補争いに出馬した「不動産王」の異名を持つドナルド・トランプ氏は最近、メキシコ人移民を「レイプ犯」「殺人犯」などと酷評し、物議を醸していた。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


【アメリカ】 無実で24年間収監されていた男性の冤罪が証明され、補償金に約7.7億円

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015062400509&g=int
ニューヨーク市は23日、無実の殺人罪で24年間収監されていた男性に対し、補償金として625万ドル(約7億7000万円)を支払うことで和解したと発表した。
この男性はブルックリン地区に住むジョナサン・フレミングさん(52)。1989年8月に友人が銃で殺された事件で容疑者として逮捕された。
事件当日はニューヨークから1500キロ以上離れたフロリダ州オーランドに滞在していたと主張したが認められず、禁錮25年の有罪判決を受けた。
2013年の再審で、フレミングさんが事件直前にオーランドからかけた電話の領収書が見つかり、冤罪(えんざい)が証明された。フレミングさんは14年4月に釈放された。


【アメリカ】 白人警官が無抵抗の黒人(中学生、美少女)を無理やり拘束。批難殺到 

アメリカのテキサス州で地域のプールパーティーに白人警察官が、無抵抗の黒人の中学生の女の子を無理やり拘束し、武器を取り出して周りを追っ払う映像が、その現場に居合わせていた友達によって撮影されてネットに公開された。
実際に海外メディアがこのビデオを撮影した投稿主にインタビューをしたところ「近所の白人の住民が付近に住んでいないのにプールパーティーに来ている黒人たちに嫌悪感を抱いたため、偽りの通報をしたんだと思う」と語っている。
http://www.buzzfeed.com/davidmack/texas-police-officer-suspended-after-pulling-weapon-on-teens
女の子の頭を無理やり押さえつける警官

【アメリカ】 白人警官が無抵抗の黒人(中学生、美少女)を無理やり拘束。批難殺到 

【アメリカ】 白人警官が無抵抗の黒人(中学生、美少女)を無理やり拘束。批難殺到 



【アメリカ】貧困が深刻化し、4700万人にフードスタンプが必要。

アメリカ国勢調査局の最新の報告から、アメリカでは依然として貧困が続いており、4700万人の国民がフードスタンプと呼ばれる無料の食料クーポンを必要としていることが明らかになりました。
タスニーム通信によりますと、アメリカ国勢調査局は、
「昨年は、国民の45.3%が貧困状態にあった一方で、貧困率は昨年末にかけて15%から14.5%に下がった」

としています。
アメリカ国勢調査局によりますと、2009年から2011年にかけて、アメリカ国民全体のおよそ31.6%が、1年間に少なくとも2ヶ月間は貧困状態にあったということです。
アメリカの新聞ワシントンポストは、
「アメリカ国民のうち4700万人が、フードスタンプを必要としており、この数字はオバマ大統領の就任が決定した時期より、1300万人増えている」

と報じました。
こうしたニュースが報じられる中で、アメリカはジョンソン大統領の提唱した「貧困との戦い」から50周年を迎えています。

1980年代、市場の自由化や民営化が始まってから、貧困者の数が激増しました。

Iran Japanese Radio[2014/09/20(土曜) 20:18]
http://japanese.irib.ir/news/latest-news


【アメリカ】 トヨタに1277億円の罰金 記録的な額

トヨタ 米司法省に12億ドルという記録的罰金を支払う

AP通信が報じたところによれば、トヨタ自動車は米司法省に対して
12億ドルに上る罰金を支払うという。

これはトヨタおよびレクサスの自動車において安全上の欠陥があり、多くの死亡事故につながったと司法省が考えているため。

エリック・ホルダー司法長官の説明によれば、自動車会社が支払う罰金額としては記録的な額で、トヨタ側は2009年および2010年、安全性について規制当局や世論を誤解させたことを認めた。

これによって4年間続いていた刑事事件が終了することとなる。
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_20/269902482/
トヨタ、米司法省に12億ドル支払い 09~10年の大規模リコール問題で当局と和解トヨタ自動車<7203.T>は19日、2009─10年の大規模なリコール(回収・無償修理)につながった意図しない急加速問題をめぐり、情報公開が不十分で米消費者を誤解させたことを認め、12億ドルの和解金を支払うことで合意した。米司法省が発表した。

司法省は、意図しない急加速問題につながった2件の安全性に関する問題について、トヨタが十分な情報を公開しなかったことで米国の消費者の間で誤解を招いたことを認めたと発表。
これにより、米当局が過去4年にわたり実施していた調査が終了した。

トヨタは2013年度中(3月31日まで)に12億ドルを支払う。
司法省によると、自動車メーカーが米当局に支払う額としては過去最大となる。

検察はトヨタを刑事訴追したが、トヨタが安全性対策の見直しに向けた独立監査を実施し、合意された条件を順守すれば、刑事訴追を取り下げることで合意した。
http://toyokeizai.net/articles/-/33347