◆ New Entries

【株】もう無理だ、自分の力じゃどうにもならない おすすめの銘柄教えてくれ


【特集】 レーティング日報【新規格付け】 (6月21日)
●6月21日に調査機関が新規に投資判断を付与した銘柄をまとめました銘柄          機関    格付    目標株価    日付クレハ      岩井コスモ   新規にA  7200      6/21塩野義      岩井コスモ   新規にA  7200→7300   6/21朝日インテク   大和    新規に1  7000      6/21


スポンサーサイト
[PR]

【株】アキュセラ大暴落で 会社を休み離婚届と、嫁が作ってくれた弁当を眺めながら、もう死ぬしか無いと1人深夜に咽び泣く…(T_T)


http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160531-00000113-stkms-stocks

前日にストップ安を演じたアキュセラ・インク <4589> が前場はストップ安売り気配のまま取引を終えた。
以下


【株】 明日の日経平均は東京市場比-300円の16500円スタート。ブラックマンデーの準備はいいか?

日経平均先物NY市場終値 16,565.00
http://finance.yahoo.com/q?s=NIYH16.CME
【日本株週間見通し】3月米利上げ観測に振らされやすい展開

投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の2月1日~2月5日の動きを振り返りつつ、2月8日~2月12日の相場見通しを解説する。

* * *
先週の日経平均は下落。原油先物相場に落ち着きがみられたが、米国の追加
利上げ観測が後退する中でドル売りが強まったことが嫌気された。
これにより、日銀のマイナス金利政策の導入を材料視した前週末の上昇部分を帳消しにした。

これまでも調整トレンドの中でリバウンドであったため、過度な不安感が強まる状況ではないとしても、投資家のセンチメントは悪化している。これまで原油相場の大きく振らされる相場展開であったが、週半ば以降は為替相場に市場の関心が向かっている。

まずは週末の米雇用統計の結果を受けた市場反応が注目される。米国では予想を下回る経済指標の発表が相次いでおり、3月の利上げ観測が後退しており、これがドル売りを強める要因につながっている。米雇用統計が弱い結果となれば、3月利上げは厳しいとのコンセンサスとなり、これを織り込む流れからドル売りが強まりやすく、且つ株式市場への波乱につながる可能性がある。

もっとも予想を上回れば、利上げ観測が再燃する可能性は十分ある。
また、10日にイエレンFRB議長が米下院金融サービス委員会での証言が予定されており、為替および株式市場への変動要因になりそうだ。12日には1月の米小売売上高が発表されるため、米国の金融政策への思惑に振らされやすい相場展開になりそうだ。

その他、今週は中国が旧正月(春節)となり、インバウンドや民泊といった関連銘柄に関心が向かいやすい。また、同時期には北朝鮮のミサイル発射も警戒されるところ。
その他、トヨタ<7203>が決算を発表。同社がアク抜けとなれば、センチメントを明るくさせよう。
http://getnews.jp/archives/1386497


【株】 中国株 今日一日で5.7%ダウン

-225.85
-5.77%
3686.92停牌
2015-07-03 15:03:06

今 开: 3793.71 最 高: 3927.13
昨 收: 3912.77 最 低: 3629.56
成交量: 5.48亿手 振 幅: 7.61%
成交额: 6480.54亿元

上海総合指数
http://finance.sina.com.cn/realstock/company/sh000001/nc.shtml
7/1(水)の中国株:
【株】 中国株 今日一日で5.7%ダウン


7/2(木)の中国株:
【株】 中国株 今日一日で5.7%ダウン


今日7/3(金)の中国株:
【株】 中国株 今日一日で5.7%ダウン


【株】 日 経 大 暴 落 先物16,500台、1ドル116円。米景気悪化懸念で

日経225 先物 Mar 15
16,577.50 -512.50 (-3.00%)
http://jp.investing.com/indices/japan-225-futures


【株】 日 経 大 暴 落 ―バイバイアベノミクス―

14日の東京株式市場見通し=米国株安を受け売りが先行、下値を探る展開となりそう予想レンジ:1万4300円-1万4600円(13日終値1万4815円98銭)14日の東京株式は、米国株安を受け売りが先行し下値を探る展開となりそう。
売り一巡後は、3月限先物・オプションSQ(特別清算指数)値の速報値を
意識する動きとなることも予想される。

為替相場は、ドル・円が1ドル=101円台後半(13日終値102円59-60銭)、ユーロ・円は1ユーロ=141円前半(同143円17-21銭)と円高で推移。
輸出関連株を中心に主力株には売り圧力が強まる可能性が高そうだ。米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄は、ソニー <6758> 、アドバンテスト <6857> 、日電産 <6594> などが下げている。米シカゴ市場の6月限日経平均先物の円建て清算値は、大証終値比320円安の1万4350円だった。(高橋克己)
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20140314-00526331-mosf-market
チャート
http://finance.yahoo.com/q?s=^N225
【株】 日 経 大 暴 落 ―バイバイアベノミクス―


【株】月曜は日経平均14600円スタートだ。奈落の底まで、さあ行こう!アベマゲドンだ!

国内株式市場見通し:トレンド悪化を警戒、好決算銘柄への冷静な対応には期待■トレンド悪化、需給懸念なども警戒
今週も不安定な相場展開が続きそうである。日経平均は先週の下げで
一目均衡表の雲下限での攻防をみせている。現時点は雲下限が支持線として
機能している状況であり、スタンスとしてはリバウンドを意識したいところ。
しかし、週末1月31日の米国市場は下落し、シカゴ日経225先物清算値は14610円。
これにサヤ寄せする格好から、NYダウ同様に、一目均衡表の雲を割り込む形状になろう。
この雲は15200円辺りまで切り上がりをみせてくるため、雲下限が今後は上値抵抗といった形となり、チャート形状が一段と悪化する。トレンド悪化によって押し目買い意欲も後退する可能性があるため神経質な相場展開になる可能性が大きい。

また、1月24日時点の2市場信用残高では、買い残高が週間で昨年5月以来の2000億円増となった。5月の時点ではその後1ヶ月は買い方の需給整理がみられており、足元の株価調整に伴う需給悪化なども警戒されてきそうである。
http://www.47news.jp/keizai/news_report/2014/02/250523.html
日経先物(円建て) 1/31金曜 NY終値 14,600.00 Down 500.00(3.31%)
http://finance.yahoo.com/q?s=NIYH14.CME
前スレ
【株】月曜は日経平均15000割れスタートだ。アルゼンチン債務危機は始まりにすぎない。下落トレンドの始まりだ
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1390746051/