◆ New Entries

【福島】「風評被害に怒り通り越し絶望。自分の目で見て、感じて、味わって貰えれば分かるだろう」

「福島の苦悩を分かっているのか!」「風評被害に怒り通り越し絶望」「中高生の清掃活動への誹謗中傷も」--今年福島で、印象に残った出来事は
福島のニュースはどうしても暗い話になってしまうが、指定廃棄物の処分場計画を福島が受け入れるというニュースは復興に向けた大きな決断として評価したい。
福島以外の宮城や千葉、栃木など5県がまったく決められない姿を福島の人たちはどう見ているだろうか。
福島以外のある自治体が『(廃棄物を)福島に持ち込んで処分すべきだ』と発言しているのには怒りすら覚えた。福島にさらに負担を押し付けようとするのか--福島第1原発は実際のところどうなのか
原発構内に取材に入る際、顔全体を覆う全面マスクから、今年は半面マスクや普通の化繊マスクに変わり、作業員の被曝リスクが下がっていることを実感した。

--福島が抱える一番大きな課題とは何か
震災と原発事故からまもなく5年を迎え、被災者の生活レベルにも差が生じている。
それぞれが自立した生活を送るためにどうすべきか、考え続けなければならない。賠償金などお金を渡すことも必要だろうが、働き口の確保など自らが生活を立て直すための支援策を講じることが大切だと感じている一部の反原発勢力が過度に放射線被曝を恐れて活発に活動しており、それらの主張を検証することなく、大々的に取り上げる一部新聞もある。
原発事故から5年という節目をきっかけに、もう少し幅広い視野で、改めて放射線や被曝について見つめ直す必要がある福島には、復興に向かっている『光の部分』と原発事故の影響が残る『陰の部分』がある。
その両面を誇張することなく伝えれば、理解してくれる人は増えるはずだ。
自分の目で福島を見て、感じて、味わってもらえばよく分かるだろう
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/160101/afr1601010001-s.html


スポンサーサイト
[PR]

【福島】タクシー強盗で少年(18)と交際相手の熊王容疑者(52)を逮捕 犯行後心中図る

福島市で6日発生した男女2人組によるタクシー強盗致傷事件で、福島北署は11日午後0時45分ごろ、強盗致傷の疑いで横浜市の無職少年(18)を逮捕した。同事件では、少年と共謀したとみられる横浜市、無職熊王(くまお)美恵子容疑者(52)が逮捕されており、同署は2人の関係や動機など事件の全容解明に全力を挙げる。
少年の逮捕容疑は、6日午後3時35分ごろ、熊王容疑者と共謀し、福島市の国道399号を走行中のタクシー内で、同市の運転手男性(63)の顔や頭などを瓶で殴って1カ月のけがを負わせ、タクシー(90万円相当)と車内にあった現金入りの財布などを奪った疑い。同署によると、少年は容疑を認めているという。捜査関係者によると、少年と熊王容疑者は交際関係にあったとみられる。
同署は2人が逃走後、心中を図ったとみており、2人は車を奪って心中場所を探そうとしていた可能性があるとみて調べを進めている。
(2015年8月12日 福島民友ニュース)
http://www.minyu-net.com/news/news/0812/news4.html


【福島】汚染土壌の山をビーチに放置してるのがバレる。海外メディアが「ドローン」にて撮影

海外の国際的報道機関『Ruptly』が、福島県富岡町にあるとされる汚染土壌の一時保管地区をドローンで空撮し、動画共有サイトYouTubeに掲載した。

動画は11万回以上再生されており、多くの視聴者から意見が寄せられている。

・ブラックの袋に詰め込まれた汚染土壌
この動画は、ドローンの特長を生かして、高い位置からだけでなく、低空飛行でも汚染土壌の山を撮影。
ブラックの袋に詰め込まれた汚染土壌や廃棄物が積み重なるように、大量に保管されているのがわかる。

・海岸沿いに作られている
トラック、ショベルカー、ブルトーザーなどが作業しているのが目視でも確認可能。ドローンは大きな音を出して飛行しているため、作業員の一部は気がついたかもしれない。

ちなみに、この場所は海岸沿いに作られているようだ。

・日本はビーチの横に放射性物質?
この動画を見た海外の視聴者からは「動画を見たら放射能の毒に侵された気がする」という悪意のある声や、「日本はビーチに放射性物質のゴミを放置してるのか? マジなのか?」などの意見が出ている。

皆さんはこの動画を見て、どのような感想を持っただろうか。
http://buzz-plus.com/article/2015/06/26/osen/
【福島】汚染土壌の山をビーチに放置してるのがバレる。海外メディアが「ドローン」にて撮影

https://youtu.be/UCP7PFT9coU


【福島】 1000倍の放射線量を検出してしまう不具合直らず 77台全ての放射線測定器の運用を中止へ

福島県が設置した空間放射線量の簡易型測定器に異常が相次いだ問題で、県は22日、不具合が解消しないため、77台すべての運用を中止し、福島市の納入業者との契約を解除したと発表した。
再設置する方針だが、時期は未定という。

県によると、3月に設置し4月1日から試験運用を始めた77台。
一部で測定値が通常値の約1000倍に上昇したり、測定データが伝送できなかったりする不具合が発生した。
20日時点で33台が復旧していないという。

3月30日に原子力規制庁から、13台が通信テストでデータ送信できないと県に連絡があったが、試験運用を開始した。
県危機管理部の樵(きこり)隆男部長は記者会見で「連絡を受けた時点で異常に気づくべきだった。
情報が内部で共有されず、不適切だった」と陳謝した。

規制庁は福島県内に簡易型測定器3036台を設置しているが、東京電力福島第1原発事故の被災自治体の要望を受け、県が新たに77台を設置していた。【岡田英】ソース 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150423k0000m040086000c.html


【福島】イギリスで日本人が福島産野菜のスープを振る舞った結果 → 新聞に「核スープ」と取り上げられる

福島産野菜“芸術”スープ、英で物議

今、イギリスで開催中の展示会で、日本人アーティストが作った作品が物議を醸しています。
作品は福島産の野菜を使った「スープ」。いったい何が起きているのでしょうか。
イギリスのロンドンで毎年開かれる芸術イベント。今年、イギリスのBBCテレビが取材するなど、注目されているのが、福島県出身のアーティスト、荒川医(あらかわ・えい)さんらが手がけたパフォーマンスです。

「こちらではスープを配るパフォーマンスが行われています」(記者)
配られているのは福島産の切り干し大根と干ししいたけを使ったスープ。
壁には緑色に着色されたスープの写真が。どういった意図があるのでしょうか。
「『このスープは安全かどうか、自分で考えてください』という疑問を投げかけるようなアートを作りたかった」(荒川 医さん)スープに使われる野菜は、いずれも放射能の値を測定し、「安全」が確かめられた材料です。
しかし、福島についての固定観念や漠然とした不安は根強いのです。
「飲みきるか分からない。ひと口で十分リスクがあるかも・・・」(女性)

なぜ、こうした固定観念を抱くのか。参加者が考え、議論するきっかけを作りたかったという荒川さん。
しかし、イギリスメディアの一部は・・・。「核スープ」(イブニング・スタンダード紙)「彼女は生きて帰れるのか?」(ガーディアン紙)と、センセーショナルな見出しとともに取り上げました。

実は福島産の野菜に対し、日本で行われている放射性セシウムの検査の基準はEUと比べて10倍以上厳しいのですが、そうしたことも報道されませんでした。
今回の荒川さんによるパフォーマンスが、むしろ福島への風評被害を助長した側面は否めません。
ロンドンの福島県人会の会長は憤りをみせます。
「福島の食の安全を本当に訴えたいのなら、もっと資料とかを用意して真剣にやるべきではないか」(ワールド福島県人会 満山喜郎 会長)
会場には使用した野菜の放射性物質を測定した結果がはられていましたが、なぜか日本語でした。

【福島】イギリスで日本人が福島産野菜のスープを振る舞った結果 → 新聞に「核スープ」と取り上げられる

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2325816.html


【福島】優勝の白鵬に、福島米1トン 福島牛10キロ 福島産リンゴ100キロ 贈られる

優勝の白鵬関に県産米など贈る 大相撲秋場所で佐藤知事

県は28日、東京の両国国技館で行われた大相撲秋場所で優勝した横綱白鵬関に、赤べこトロフィーや県産米「天のつぶ」などの知事賞を贈った。

佐藤雄平知事が土俵に上り、白鵬関に重さ16キロの赤べこトロフィーを贈った。
「天のつぶ」1トン、福島牛10キロ、県産リンゴ100キロの目録も手渡した。

終了後、佐藤知事は「白鵬関には天のつぶや福島牛を食べて力を付け、さらに活躍してほしい」と語った。

知事賞は、県産農産物の風評払拭(ふっしょく)と安全性のPRを狙い、県とJA福島中央会が協力して設けている。
平成27年まで両国国技館で開催される初場所、夏場所、秋場所の優勝力士に贈られる。
http://www.minpo.jp/news/detail/2014092918346


【福島】原発警備員「放射能が怖いので仕事辞めたい」と言ったらバットでブン殴られて監禁された

実は、6月中旬、こんな事件があってね。原発警備員(いわき市在住=24)が金属バットでブン殴られ、送り出していた人材派遣会社の役員(36)ら2人が監禁、傷害容疑で逮捕された。

警備員が「仕事を辞めたい」と言い出したら、
「この野郎、フザけんな!」となったらしい。

その警備員は茨城県古河市で監禁され、いわき市まで車で運ばれた。その間にバットで殴られたってわけ。
警備員は、俺たちみたいに“あれやれ、これやれ”と奴隷みたいにこき使われるわけじゃないが、やはり放射能が怖いんだよ。
だから職場を変えたくなるのは当然だ。それなのに、「辞めたい」と言ったばかりにブン殴られるなんて、気の毒でならんよ。
http://wjn.jp/article/detail/2349568/


【福島】ふるさと納税3万円以上で福島産米1俵(60㌔)プレゼント

ふるさと納税3万円以上で米1俵 湯川村が農家応援

湯川村は、ふるさと納税制度を利用して農家の応援目的で3万円以上を寄付した人に湯川産のコメ1俵(60キロ)を贈る。10日に開会した6月定例議会で、関連事業費を盛り込んだ平成26年度一般会計補正予算案を提出した。
米どころ・湯川のコメのおいしさを広く発信するとともに、東京電力福島第一原発事故の風評払拭(ふっしょく)につなげる。
村はコメを通常よりも高く買い取ることで村内の農家を支援する。
村は寄付者にコメ60キロを10キロずつ6回に分けて発送する予定。
村は議案が可決次第、9月まで26年産米の申し込みを受け付ける。
事業費は200件分に当たる560万円を計上したが、申し込みが殺到した場合は予算を増額して対応する考えだ。
ふるさと納税の寄付者は2千円を超えた分について、所得税や住民税の減免があるため、実際にコメを購入するよりもお得感がある。村はこれまでふるさと納税者に謝礼としてコメ5キロを贈っていた。
湯川村の6月定例議会では、会期を13日までの4日間と決めた後、大塚節雄村長が2362万円の一般会計補正予算など6議案を提出し、理由を説明した。
http://www.minpo.jp/news/detail/2014061116224


【福島】子どもの甲状腺癌 7人増え25人に 福島原発事故の影響

甲状腺がん、7人増え25人に 福島原発事故の影響調査

東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の
「県民健康管理調査」検討委員会が12日、福島市で開かれ、甲状腺がんと診断が「確定」した子どもは、前回8月の18人から7人増え、25人になったと報告された。「がんの疑い」は33人(前回は25人)。

また、原発事故が起きた2011年3月11日から4カ月間の外部被ばく線量の内訳を公表した。
「確定」と「疑い」に、手術の結果「良性」と判明した1人を含む計59人のうち、外部被ばく線量の調査に回答したのは21人。