◆ New Entries

【原発事故】 行方不明になっていた2号機の核燃料、ついに発見!原子炉の真下

福島第一原発2号機 原子炉の真下に燃料デブリか
1月30日 12時09分

東京電力などによりますと、30日朝から、カメラによる調査が行われている東京電力福島第一原子力発電所2号機で、原子炉の真下にあるグレーチングと呼ばれる作業用の格子の上に、黒い塊が見つかったということです。

この塊は、燃料デブリの可能性があると見て、東京電力は来月上旬、放射線量を計測する機器などを備えたロボットを原子炉の格納容器の中に入れて、より詳しい調査を行うということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170130/k10010857621000.html


スポンサーサイト
[PR]

【原発事故】 4号機の燃料プールが予想以上に綺麗に片付いている件 燃料取出し開始前に報道陣に大公開

燃料取り出し準備整う…4号機を報道陣に公開

福島第一原子力発電所4号機の使用済み核燃料プールから燃料集合体1533本を取り出す作業が今月中に始まるのを前に、東京電力は6日、4号機の原子炉建屋内を報道陣に公開した。

事故時の水素爆発で建屋上部が吹き飛び、鉄骨がむき出しになった4号機の建屋は、約4200トンの鉄骨を使ったカバーできれいに覆われていた。

建屋の上には、燃料を入れた輸送容器をつるすクレーンなどがプールをまたぐように設置され、いつでも作業にとりかかれる状態だ。

事故後、プール内にはがれきが散乱していたが、身を乗り出してプール内をのぞくと、青みがかった水の中に燃料が整然と並び、がれきは見当たらない。

燃料の本格的な取り出しは事故後初めてとなり、最長40年かかるといわれる廃炉工程は最初の大きな節目を迎える。
同原発の小野明所長は「燃料取り出しが廃炉のスタートだ。少しずつ作業環境を改善していきたい」と話した。(科学部 浜中伸之)(2013年11月6日21時05分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131106-OYT1T01101.htm
福島第一原発4号機の使用済み燃料プールに設置されたクレーン(緑色の機器)=代表撮影
【原発事故】 4号機の燃料プールが予想以上に綺麗に片付いている件 燃料取出し開始前に報道陣に大公開
4号機プール内の燃料集合体。爆発によるがれきは取り除かれている=代表撮影
【原発事故】 4号機の燃料プールが予想以上に綺麗に片付いている件 燃料取出し開始前に報道陣に大公開
燃料取り出しカバーに覆われた福島第一原発4号機原子炉建屋=代表撮影

【原発事故】 4号機の燃料プールが予想以上に綺麗に片付いている件 燃料取出し開始前に報道陣に大公開