◆ New Entries

【バイク】スズキ カタナってやたら伝説のバイクとか言われているけど、本当は糞ダサいバイク


話題騒然のスズキ カタナ…“復活”の実態は?

今回、なんの前触れもなく登場し、EICMAの話題を一気にさらった1台が『カタナ3.0』だ。しかし残念ながら、これはスズキの伝説的モデルが復活することを示唆するものではない。
カタナ3.0の正体は、イタリアの大手二輪車雑誌『MOTOCICLISMO』(モトチクリズモ)の企画で作られたワンオフモデル。スズキ『GSX-S1000F』をベースにしている。かつての『GSX1100Sカタナ』は『GSX1100E』をベースに開発されたが、これと同様の流れで作られたわけだ。
デザインと車両の製作を手がけたのは、イタリア・ボローニャにあるエンジンズ・エンジニアリングという企業。スタイリング提案から技術開発、走行プロトタイプの製作まで、デザイン開発のあらゆる領域を手がける開発企業だ。灯火類の試作やシミュレーション、試作車のテストや解析なども可能で、2輪車開発のほぼすべてをサポートすることができる。
カタナ3.0も社内デザイナーがスケッチを描いたが、当初からベース車両のフレームやメカニカルコンポーネントには一切手をつけないという前提でデザインがまとめられている。唯一ハンドルステムだけが、ベース車両から変更したパーツだという。
イメージスケッチからデザイン案を採択すると、すぐさまAliasで3Dデータを作成し、同時にクレイモデルで造形を吟味。形状決定後すぐにラピッドプロトタイピングでボディパーツを製作。開発のスタートから7カ月で走行可能なモデルを完成させたとのことだ。
スタイリングのポイントは、アッパーカウルとタンクをひとつのマスとして捉え、ここを貫くキャラクターラインを与えたこと。「ここの形状とシャープでダイナミックなラインこそ、カタナを特徴づけるものです」と同社スタッフ。「カタナはモーターサイクルの伝説的アイコンのひとつ。だから最大限の敬意を払いつつ、慎重にスタイリングを進めました」という。
オリジナルの燃料タンクは、鋼管フレームに覆い被さるレイアウトだったため造形自由度は高かった。
しかしGSX-S1000Fのタンクは、フレームの上に乗っかる形。オリジナルのように下方を絞り込むと、フレームと段差が生じてちぐはぐになってしまう。
そこでタンクに「日本刀で斬りつけた」ようなシャープな切れ込みを設け、ここにアッパーカウルの折れ線が連続して見えるようにすることで、タンクとカウルの一体感とダイナミックなイメージを演出。オリジナルの形状を真似るのではなく、造形の意図を尊重しつつ、現在のメカニズムに合うようアレンジ、再構成したことが理解できる。
また少々意外な点だが、グラフィックの特徴として小さな3本スリットを挙げた。オリジナルのカタナには、サイドカバー前方に小さく3本のスリットが設けられていた。カタナ3.0ではこれをサイドカバーに再現しただけでなく、アッパーカウル側面とラジエーター両端のガード、そしてタンデムシートにも反復させ、車体全体での一体感を強調することに利用している。
かつてのカタナをよく知る日本のマニアからは、日本刀の柄を思わせる直線的なシート形状を再現していないことに不満を覚えるかもしれない。しかしGSX-S 1000Fのシートフレームを使う以上は再現不可能。
なによりカタナ3.0の目的は、過去のカタナをそのまま再現することではない。目指したのは、あくまで現代の基準で作られたベース車両にフィットした、しかしカタナらしいスタイリングだ。
この他、半月形の前輪フェンダーやテールカウルから少しだけ後方に突き出したブレーキランプなど、各所にオリジナルの造形を尊重する姿勢が見て取れる。灯火類は新規に設計したが、公道走行できるよう法規を満たしているという。ちなみに「3.0」というネーミングは、便宜上与えたコードナンバーをそのまま使っただけとのことで、特に深い意味はないとのことだった。


スポンサーサイト
[PR]

【バイク】新CBR250RRに初試乗!剛性感ある車体にレーシーなエンジン、予想を上回る仕上がりです!

インドネシア仕様の「CBR250RR」に短時間の試乗。
公道レベルでの短時間の試乗だが、そのアウトラインは体感できた。

■戦闘的なライディングポジションでサウンドもワイルド
見た目の造形はエッジが効いていて風を切り裂くようなイメージ。フロントカウルにボリューム感があって250ccクラスとしては大柄な印象。
跨ってみると、ハンドルは低めで絞りも深く、シートもやや高め。R25やニンジャ250などのライバルに比べても前傾度はきつめです。
ただ、大型スーパースポーツなどに比べるとだいぶ楽で、街乗りも普通にこなせるレベルと思いました。

■14,000rpmまで一気に吹けるレーシーなエンジン
エンジンは、まず排気音はけっこう大きめでワイルド。
軽く右手をブリッピングしてみると、タコメーターの針が元気よく跳ね上がる。レスポンスはかなり鋭い。

走り出しはスムーズでクラッチのつながりも良く、極低速でもバラつくことなく緻密な回転フィール。
鼓動感もけっこう骨太で、スロットルを開けていくとひと際甲高いレーシーなサウンドとともに、一気に14,000rpmのレブリミットまで吹け上がる。

輪郭のはっきりした「パリッ」とした爆発フィールや、カムに乗せて一気に回るエンジンの上昇感など、いかにもチューニングされた「高性能エンジン」という感じがひしひしと伝わってくるよう。
特にトルクの盛り上がりなどは感じないが、特筆すべきは高回転までの伸び切り感。カタログ値38psオーバーは伊達ではなさそう。
また、シフトタッチにも節度があり6速ミッションもクロス気味。
ひと口に言えばレーシー。


【バイク】卒検二回目落ちました。クランクでコーン倒して1発…

まじでもうバイクは諦めようかなって思ってる
バイクを買おうと貯金してた金で風俗行きまくりたい

今日はAVを3つも買っちまった…
http://news.mynavi.jp/news/2013/11/27/471/index.html


【バイク】卒検落ちました・・・もう死にたい。誰か殺して

ヤマハ発動機は27日、1978年にデビューしたロングセラーモデル「SR400」に関して、 グラフィック変更と新色追加設定を行った2016年モデルを、2016年1月20日に発売すると発表した。 価格は、従来モデルより引き下げられた53万5,500円。 
2014年モデルでは、タンクとリアカウルにループストライプの新グラフィックを採用したほか、 落着きとエレガントをイメージさせるという新色「ダークグレーイッシュレッドメタリック3」を設定。 既存色の「ヤマハブラック」「ニューパールホワイト」を含めた計3色の展開となる。 また、サイドカバーには「SR Since 1978」を刻んだ金属調エンブレム採用するなどの仕様変更を行っている。 
エンジンは、単気筒の空冷・4ストローク・SOHC・2バルブで、フューエルインジェクションを搭載。 ショートストローク設計により低・中回転域では強い鼓動感を楽しめ、 高回転域まではスムーズに吹け上がる軽快なスポーツ走行が行えるとのこと。 そのほか、キック式の始動方式、低荷重クラッチ、 
燃料残量警告灯付のメーターパネル&イモビライザーの標準装備などが特徴となっている。 
http://news.mynavi.jp/news/2013/11/27/471/index.html 
;


【バイク】今年は250ccフルカウルが豊作!どれ選ぶよ【二輪】

スズキ、「GSX250R」を発売 税抜き50万円を切るプライスの2気筒スポーツバイク!

ホンダ  CBR250RR

スズキ GSX250R

ヤマハ YZF-R25

カワサキ Ninja250


【バイク】バイクはどれ買っても同じだろ?安いのでよい

ホンダ「伝説のバイク」、人気過ぎて「強奪」被害も 狙われる「CBX400F」がスゴい事に2016/5/10 19:29
http://www.j-cast.com/2016/05/10266400.html


【バイク】中免で乗れる排気量を700ccまでにしてほしい

茨城でモトクロス練習中にバイク炎上、男性が死亡

29日午前、茨城県かすみがうら市で、モトクロスの練習中にバイクが炎上し、乗っていた男性が死亡しました。

29日午前11時半過ぎ、かすみがうら市・西成井にあるモトクロス用のサーキットで、市内に住む戸田蔵人さん(35)がバイクの練習中にジャンプし着地したところ、スポンジ製の緩衝材に火がつきました。
目撃者らの通報を受け警察や消防が駆けつけましたが、火はその後、バイクや戸田さんに燃え移り、間もなく現場で死亡が確認されました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2669213.html


【バイク】 250ccオフロード車最高だぞ!お前らも買え!

ヤマハ「SEROW250」に、30周年記念モデルが発売! : WEBオートバイ - オートバイ・バイクに関連する最新情報をお届けします。
http://www.autoby.jp/blog/2015/03/serow25030-8c02.html
【バイク】 250ccオフロード車最高だぞ!お前らも買え!

【バイク】 250ccオフロード車最高だぞ!お前らも買え!


【バイク】海外ホンダのバイクの品質が異常に悪い。これには宗一郎も草葉の陰から嘆いているはず。

ホンダのタイ法人とベトナム法人は17日までに、日本に輸出した
「フォルツァ Si」などバイク4車種、計2万1220台(2013年4月~14年10月生産)を無償修理するリコールや改善対策を国土交通省に届けた。

国交省によると、燃料ポンプの不具合で走行中にエンストし、再始動できなくなる恐れがある。

広島市で7月、バイクが交差点を右折時にエンストして転倒、乗っていた男性が腰を打つけがをしたほか、9件のトラブルが報告されている。

「フォルツァ Si」以外の3車種は「グロム」「ズーマーX」「SH mode」。排気量が少ないミニバイクで、リコール制度の対象外となるため、リコールに準じた改善対策を取る。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG1604A_X11C14A0CR0000/


【バイク】カブ110 or アドレスV125。通勤+遠出ではどちらが優れてるの?

美しきカスタムバイク:日本人ビルダーに託されたBMW「R nineT」BMWが世に送り出したバイク「R nineT」は、そのカスタマイズ性の高さから、新しいファンの獲得の要ともされている。BMWは4台のR nineTを、4人の日本人バイクビルダーたちに託した。 BMWのバイクは長い間、白髪交じりの通勤ライダーや勇猛果敢な冒険者特有の乗り物と思われていた。素晴らしいスーパーバイクやクルーザーなども発表していたが、典型的なビーマー[Beemer:BMW製のバイク]とは、「R1200GS」のような単車を指すものだった。
もちろん、これはこれで何ら問題はない。 しかし、BMWがこのたび発表した「R nineT」には興奮を隠しきれなかった。バイエルンからの、しばらくぶり、いや、初の、いまだかつてないほどの魅力に満ちたバイクだと言える。


【バイク】カワサキのニューモデル、Ninja H2 がリアルガチでクッソカッコ良すぎる件wwwwwww

【バイク】カワサキのニューモデル、Ninja H2 がリアルガチでクッソカッコ良すぎる件wwwwwww

【バイク】カワサキのニューモデル、Ninja H2 がリアルガチでクッソカッコ良すぎる件wwwwwww

http://www.motorpasionmoto.com/deportivas/nueva-kawasaki-ninja-h2-300-cv-de-pura-demencia


【バイク】 KLX125に新色登場!ファミバイ特約で月1000円だから今直ぐ買え!オフロードバイク楽しいぞ

カワサキKLX125の2015年カラーが登場! : WEBオートバイ - オートバイ・バイクに関連する最新情報をお届けします。
http://www.autoby.jp/blog/2014/09/klx125.html
人気のデュアルパーパスモデルKLX125に2015年カラーが登場します。
オフロードの入門車としても人気のモデルだけに、店頭ではいつも品薄な印象があるんですよね。
ちなみに、2014年モデルからの変更点はカラー&グラフィックのみ。
発売は2014年10月1日です。

KAWASAKI KLX125 ■価格:34万8840円

【バイク】 KLX125に新色登場!ファミバイ特約で月1000円だから今直ぐ買え!オフロードバイク楽しいぞ

【バイク】 KLX125に新色登場!ファミバイ特約で月1000円だから今直ぐ買え!オフロードバイク楽しいぞ

【バイク】 KLX125に新色登場!ファミバイ特約で月1000円だから今直ぐ買え!オフロードバイク楽しいぞ

【バイク】 KLX125に新色登場!ファミバイ特約で月1000円だから今直ぐ買え!オフロードバイク楽しいぞ


【バイク】 免許取得前「オフロードバイクだせぇ…」 取得後「オフロードバイクかっけー」 何故なのか

《経済》 浜松バイクまつり 24日まで:静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140822/CK2014082202000090.html


【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ

全国初、オフロード白バイ配備 警視庁
https://www.youtube.com/watch?v=zrHVkUXw2Rs
東日本大震災で道路状態の把握などに時間がかかった教訓を踏まえ、警視庁は機動性に優?れたオフロードバイク計10台を白バイとして
交通機動隊に配備し、25日に江東区内で?訓練を公開した。
オフロードバイクを白バイとして活用するのは全国で初めて。

【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ

【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ

【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ

【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ

【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ

【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ

【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ

【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ

【バイク】 オフロードバイクの軽さ、機動性の良さに慣れたらSSに乗るのが億劫になってワラタ


【バイク】煽られたら更に速度落として幅寄せとかされても動じない精神力持ってる人ってすごいよね

事故誘発で危険運転適用…故意の幅寄せでバイク転倒させる

今年4月、千葉県千葉市緑区内で発生した大型バイクの単独転倒事故について、千葉県警は24日、故意にバイクへの幅寄せを繰り返し、事故を誘発したとして、36歳の男を危険運転致死や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。
男は容疑を否認している。

千葉県警・交通捜査課によると、問題の事故は2014年4月28日の午前7時ごろ発生している。千葉市緑区大木戸町付近の市道(片側2車線の緩やかなカーブ)を走行していた大型バイクが車線変更を行った直後に単独転倒。
運転していた大網白里市内に在住する45歳の男性が頭部強打などでまもなく死亡した。

警察には事故の直後から「黒っぽい色のクルマが執拗にバイクを追いかけていた」などの通報が相次ぎ、警察は「何者かが事故を誘発した可能性が高い」として捜査を開始。
周辺の防犯カメラ映像の分析を進めたところ、約100km/hの高速度で死亡した男性のバイクを追いかけ、極端に幅寄せするような挙動を取っていたクルマの存在を確認。
警察は車種を特定し、大網白里市内に在住する36歳の男を危険運転致死などの容疑で逮捕した。

逮捕された男の運転するクルマと、死亡した男性が運転していたバイクは実際に接触や衝突をしておらず、運転妨害が原因で発生したとみられる事故に危険運転を適用するのは極めて珍しい。

聴取に対して男は現場付近を走行していたことは認めたものの、走行妨害については全面的に否認しているという。警察は引き続き事故発生の経緯を詳しく調べている。
http://response.jp/article/2014/07/29/228738.html?fromsp


【バイク】CB400SFで何度も立ちゴケしまくる動画がヤバイと話題に。

https://www.youtube.com/watch?v=97qWHDZ9NwQ


【バイク】公道なら250で十分なのに何で大型バイク乗ってるの?

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140408/mcb1404082233017-n1.htm


【バイク】 「スーパーカブ」リッター110km お前らバイク買え、バイクをば

.

【バイク】 「スーパーカブ」リッター110km お前らバイク買え、バイクをば
-------------------------------------------------【男性編】やってみたい、「水曜どうでしょう」の企画ランキング―1位 サイコロの旅・日本列島完全制覇 - Ameba News [アメーバニュース]
http://news.ameba.jp/20140108-218/
5位「72時間!原付東日本縦断ラリー」は、銀座で購入したスーパーカブで北海道に72時間で帰る企画。出演者の大泉洋さんは、ゴールした時「ワシントンに着いた時よりも嬉しい」と感無量でした。


【バイク】250ccのバイクが今熱い 新車販売台数が前年同月比14.8%増の大人気

軽二輪車販売台数、カワサキが2.8倍増でシェア2位に躍進…9月

全国軽自動車協会連合会が発表した9月の軽二輪車(126~250cc)新車販売台数(速報)は前年同月比14.8%増の5335台と2か月ぶりのプラスとなった。

シェアトップのホンダは同7.2%増の2050台。カワサキは同182.9%増の1307台でシェア2位となった。

ヤマハは同4.8%減の814台と伸び悩みシェア3位に転落。4位のスズキは同18.2%減の719台。その他は同17.4%減の445台だった。
http://response.jp/article/2013/10/02/207630.html
【バイク】250ccのバイクが今熱い 新車販売台数が前年同月比14.8%増の大人気

【バイク】250ccのバイクが今熱い 新車販売台数が前年同月比14.8%増の大人気


【バイク】 CBR300RRキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!

ホンダがグローバルモデル“CBR300R”を初披露! : WEBオートバイ - オートバイ・バイクに関連する最新情報をお届けします。
http://www.autoby.jp/blog/2013/10/cbr300r-73c6.html
【バイク】 CBR300RRキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!

【バイク】 CBR300RRキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!

http://response.jp/article/2013/10/17/208703.html