◆ New Entries

【京都暴走事故】 事故を起こした車 7m宙を舞ったとの事 多くの児童はしゃがみ難を逃れる ※図解アリ

暴走車、7m宙を飛ぶ…瞬間、児童しゃがみ込む

京都府八幡市の府道で24日朝、歩道を集団登校中の小学生児童の列に乗用車が突っ込んだ事故で、車は歩道の縁石(高さ約20センチ)に乗り上げて鉄柵をなぎ倒した後、約7メートルにわたって宙を飛んでいたことがわかった。

路上にブレーキ痕がないことなどから、府警は同市内の派遣社員の少年(18)(自動車運転過失傷害容疑で逮捕)が制御困難な速度で運転していたとみて、危険運転致傷容疑の適用も視野に調べを進める。

この事故では、市立八幡小1年の男児(6)が頭を打ち重傷、1~5年の男女4人が軽傷を負った。

府警が詳しく調べたところ、車が乗り上げた歩道の縁石から着地点まで約7メートルあった。
また、歩道と畑の間のフェンス(高さ約1メートル)の上部が曲がっていたことから、車が跳ね上がった高さは1メートル弱に及んだとみられる。

府警によると、車が歩道に乗り上げた瞬間、多くの児童がしゃがみ込んだ。

軽傷の児童4人も手足の打撲などで、逃げる際に転倒したためらしい。
ただ、重傷の男児はしゃがむのが遅れ、車の底部かタイヤが当たったとみられるという。

(2013年9月25日00時22分 読売新聞)

【京都暴走事故】 事故を起こした車 7m宙を舞ったとの事 多くの児童はしゃがみ難を逃れる ※図解アリ

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130925-OYT1T00053.htm


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!