◆ New Entries

【マンガ部】今まで読んだ中で一番面白かった漫画を教えてくれ

マンガのストーリーに影響されてマッキンゼーを退社

楠木:高島さんは、大学院時代に起業をされていますよね。で、その会社の名前が「Co.HEY!」。自分の名前を会社名にされている。わりと「大名感」満載(笑)。

高島:いやー、大学院生時代のことは、なかったことになっているんです(笑)。
当時は、起業をしたいというよりも、仲間とインターネットを使って、何かをしたかったのです。サークル活動もさんざんやったので、今度は会社にしてみようか、という程度の動機です。

楠木:なるほど。仲間といろいろとやることが好きで、その自然な延長に起業があったということですね。

高島:そうなのです。

楠木:なぜ、この話を最初に聞いたのかと言いますと、これもご著書に書いてあったのですが、『サンクチュアリ』(原作:史村翔)というマンガに影響を受けて、オイシックスを始められたとか。これは本当ですか。

高島:はい、かなり影響を受けています。

楠木:僕はマンガを読まないので知らないのですが、どんなストーリーなのですか。

高島:幼なじみで親友の2人が、日本をよくするために、政治家とヤクザになって、表の世界と裏の世界の両面からのし上がっていくという、いかにもマンガ的なストーリーです。
日本をよくするために、いったん別々の道を歩んで、再び力を合わせるという部分に共感をしたわけです。

楠木:高島さんの経歴を見ると、東大に入って、さらに大学院に進んで、そこでベンチャー企業を立ち上げる。その後、マッキンゼーに入社。ベンチャーの仲間も、IBMに入社したりする。
それぞれ仕事のスキルをアップさせてから、会社を辞めて、一緒にオイシックスを立ち上げる――と、まあ実際はいろいろあったとは思いますが、はしょってなぞると、まさにマンガというかドラマのような展開ですね。
マンガや映画に影響を受ける人は多いでしょうけど、本当にやってしまう人はあまりいませんよね。

高島:確かに聞いたことはないですね(笑)。
http://toyokeizai.net/articles/-/58453


スポンサーサイト
[PR]