◆ New Entries

【大学】なぜ慶應が私学の頂点に上がり早稲田は墜ちたのか 慢心環境の違いか?

【大学】なぜ慶應が私学の頂点に上がり早稲田は墜ちたのか 慢心環境の違いか?


蘇生後の心肺、水素で障害軽く

■慶応義塾大学 佐野元昭准教授らは、心臓が一時的に止まり再び動き出した後に水素ガスを吸わせると、生存率などが高まることをラットの実験で確かめた。
血液の流れが再開した際に発生して細胞を傷つける活性酸素を、水素が取り除くという。
患者の社会復帰を促す治療法として臨床試験(治験)開始を目指す。

心筋梗塞などで心肺停止になると、その後の治療で心臓が動き出して血液が流れるようになっても、臓器が傷つく。
発生した活性酸素が細胞死を招き、死亡したり重い後遺症が出たりしやすい。

------------引用ここまで 全文は引用元をご覧ください---------※記事引用元
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG08H0B_U4A121C1TJM000/日経電子版(
http://www.nikkei.com/
)2014/11/24 21:21配信記事

※関連リンク
慶應義塾大学 報道発表一覧
[プレスリリース]
心停止後症候群に対して水素ガス吸入が脳障害を改善する効果を発見
?救急医療現場に即した社会復帰率を改善する新たな治療法として期待?
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2014/osa3qr000000dtae.htmlプレスリリース全文(PDF/120KB)
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2014/osa3qr000000dtae-att/141106_1.pdf


スポンサーサイト
[PR]