◆ New Entries

【お前らが悪い】ISIS、日本のネットでの無慈悲な「自己責任論」に失望し拘束中日本人2人の殺害決行へ

「イスラム国」の広報部門関係者を名乗る人物が22日夜(日本時間23日朝)、「イスラム国」が犯行声明の発表などに使用するウェブサイトにアラビア語で「カウントダウンは始まった」と、2人の殺害が迫っていることを示唆する投稿を行った。

ウェブサイトには「カウントダウンは始まった。イスラム国の兵士の目はナイフに向けられているが、日本の首相はまだ陰謀を巡らせ、日本国民は同胞への慈悲を示さなかった」とアラビア語で投稿した。「時計の針は止められない。結果は下に表示されている」と説明し、投稿の下部には、「イスラム国」が殺害した英米人の画像を添付していた。日本人2人の殺害を再び警告する意味合いだとみられる。さらに23日午前(同23日午後)には、別の人物が「カウントダウンが人質の虐殺のために始まった」と日本語とアラビア語で投稿した。

湯川遥菜さんは昨年8月、後藤健二さんは同10月ごろ、シリアで「イスラム国」に拘束された可能性が高い。湯川さんは民間軍事会社の運営準備、後藤さんは旧知の湯川さん救出や取材が目的だったとみられている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000103-mai-int


スポンサーサイト
[PR]