◆ New Entries

【汚せち】2015年版のグルーポンおせちをご覧ください

新しい年が明けた。昔ながらの黒豆やきんとんなどが入った「おせち料理」をつくって家族で食べる人も多いだろう。
自宅で作るのが面倒な人にとっては、業者が販売しているおせち料理を購入することで、手軽に楽しむこともできる。

業者が販売したおせち料理で記憶に残っているのは、2011年の正月に起きた「スカスカおせち」騒動だ。このおせちは共同購入サイト「グルーポン」を通じて、定価2万1000円の半額の1万500円で販売された。届いた商品を開けてみると、商品説明の見本写真と違ってスカスカだったため、ネットで大きな話題になった。

当時、おせちを製造した飲食店やグルーポンに批判が集中したが、グルーポンは2014年11月、おせち料理の取り扱いを再開すると発表。
過去3年間におせちの販売で事故がなかった業者を選定するなどして、改善したことをアピールしている。
http://www.bengo4.com/topics/2504/
今年

【汚せち】2015年版のグルーポンおせちをご覧ください


【汚せち】2015年版のグルーポンおせちをご覧ください


2011年

【汚せち】2015年版のグルーポンおせちをご覧ください


【汚せち】2015年版のグルーポンおせちをご覧ください


【汚せち】2015年版のグルーポンおせちをご覧ください


【汚せち】2015年版のグルーポンおせちをご覧ください


スポンサーサイト
[PR]