◆ New Entries

【緊急超速報】 3 5 時 間 以 内 に 関 東 地 方 で 大 地 震

35時間以内に、M6.5の地震が関東地方で起きる可能性が98%です。
このサイトは、結構当たってるので念のため警戒を!

【緊急超速報】 3 5 時 間 以 内 に 関 東 地 方 で 大 地 震

https://twitter.com/tomo_chan1/status/515849634426519552


スポンサーサイト
[PR]

【緊急超速報】エボラ出血熱 WHOが緊急事態宣言 人類滅亡へ

エボラ出血熱 WHOが緊急事態宣言
8月8日 16時03分

西アフリカで患者が増え続けているエボラ出血熱について、WHO=世界保健機関は専門家による緊急の委員会を開き、エボラウイルスの感染が他の国にも広がるおそれがあるとして、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。
エボラ出血熱はことし3月以降、西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの3か国を中心に患者が増え続けていて、これまでに932人が死亡しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140808/j65654110000.html


【緊急超速報】 ド ラ え も ん 放 送 打 ち 切 り か

テレビ朝日で放送されている人気アニメ「ドラえもん」が来年10月をもって放送終了との噂が広まっている。
ドラえもんは1979年から放送された日本を代表すると言っても過言ではない国民的アニメで、アニメ以外にも多くの関連グッズも販売されている。

そんなアニメが遂に終わってしまうという噂が広まっているが本当であろうか?今回は早速その噂について調べてみた。

今回発端となっているツイッターの発言の他に、打ち切りとなっている最も多い理由が「視聴率低迷」によるものだという。
これはレギュラー陣の声優交代やアニメのタッチが変わったことにより「若者のドラえもん離れが発生し、視聴率を低下させたのだという。たしかに声優は2005年4月にアニメのリニューアルが行われ声優やアニメタッチが変わったことは一時期話題となった。

声優・タッチが変わったことでファン離れを起こしたのは本当だろうか。
ビデオリサーチ調べによると最近のアニメ視聴率ランキングでは1位サザエさん、2位ちびまる子ちゃん、3位ドラえもんとなっており決して低い水準では無い。

ただしこの回は特番と言う事もあり視聴率が高い可能性もあるが平均して10%をマークしている。

ドラえもん・笑っていいともなど必ずと言っていいほど番組改編前に出てくる噂で毎度のごとく何事もなかったかのように普通に放映されるのが通例。そもそも来年10月で終わるにしては事前告知が無いという点も不自然であり、明らかに今回もネタと言う可能性が高い。

ただし人気番組とはいえど、若者のテレビ離れは毎度のごとく問題視されている。
しかし「半沢直樹」の例にもあるよう、40%という高い視聴率を叩きだすポテンシャルがテレビ業界にあるという事は念頭に置きたい。

さて十分釣られた方は素直にテレビ朝日のサイトを見よう。番組改変月である10月に「にんげん機関車」の放送確定しているという点は安心できそうだ。(少なくとも半年間は持つ)

ネットではこの噂を受け信じる人が多く「マジかよ!」と釣られてしまう方が多いようだ
http://www.yukawanet.com/archives/4542639.html


【緊急超速報】 ベ テ ル ギ ウ ス 一 年 以 内 に 超 新 星 爆 発 

地球を間もなく2つの太陽が照らす
25.09.2013, 13:24
【画像】
【緊急超速報】 ベ テ ル ギ ウ ス 一 年 以 内 に 超 新 星 爆 発 
間もなく千年に一度の天体ショーを目撃するチャンスが訪れる。

ハワイのマウナケア天文台の内部情報によれば、赤い巨星ベテルギウスがここ16年間球形を保てなくなっている。

極と極とは急速に圧縮され、赤道は遠心力のためかろうじて維持されている。

数週間あるいは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候である。

地球からは次のように見える。夜空の一角が突如輝きを増す。

その明るさは最低でも満月と同等、もしかしたら太陽と同程度になる。

その状態が6週間続く。つまり一ヶ月半の間、地球の一部区画に「白夜」が訪れるということだ。

残りの区画でも「昼」が数時間延長する。やや誇張した。

爆発から2、3週間後、光は衰えはじめる。

地球人が最後にかような天体ショーを目撃したのは1054年のこと。

国内メディア
http://japanese.ruvr.ru/2013_09_25/121906482/


【緊急超速報】 福島 漁再開

★福島 試験的な漁を26日に再開へ
9月12日 19時24分

東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題を受けて中断している福島県相馬市沖などでの試験的な漁について、福島県の相馬双葉漁協は、これまでの海水や魚の調査結果に問題はないとして、今月26日から再開する方向で準備を進めることを決めました。
また、福島県のいわき市漁協も同じ日から試験的な漁の開始を目指すとしています。

これは12日午後、福島県相馬市で開かれた相馬双葉漁協といわき市漁協の関係者による会議で確認されました。
会合は非公開で行われ、漁協関係者によりますと、先月、福島県が行った相馬市沖やいわき市沖などでのモニタリング検査で海水中の放射性物質の濃度が原発事故の前と同じ程度だったことや、今月はじめまでの魚介類の検査でも、放射性物質はほとんど検出されなかったことが報告されたということです。
これを受けて相馬双葉漁協では、中断していた試験的な漁を今月26日から特定の種類の魚に限って再開させる方向で準備を進めることを決めたということです。

また、いわき市漁協も同じ日から漁の開始を目指すとしています。
ただ、汚染水問題は、今後も新たな事実が発覚する可能性があり、相馬双葉漁協では、最終的な漁の再開については慎重に判断するとしています。
相馬双葉漁協の佐藤弘行組合長は「風評被害に国が対応したうえで操業が再開できればいいが待ってはいられない。消費者に届ける魚は厳重に検査をした安全なものだ」と話し、消費者に理解を求めました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130912/k10014494231000.html