◆ New Entries

【情弱、太陽光】買取上限出力が落ちるナイフ状態、【個人、慰謝料ください(´;ω;`)】

長いので適当に間引き、続きはソース

再生可能エネルギーの買い取り制度で電力会社5社が新たな受け入れを中断したことで、混乱が拡大してきた。影響は発電事業者だけでなく、マイホームを建てる個人にも波及。

屋根に設置した太陽光パネルで作った電気の売電収入を住宅ローン返済資金の一部に当て込み、購入計画を立てた人の中には「完成した住宅の引き渡しを受けないケースも出ている」(大手住宅メーカー)という。

個人住宅で問題が深刻なのは主に九州電力管内だ。受け入れを保留したのは出力10キロワット以上で、通常は住宅の屋根に乗せる小規模な発電設備は対象にならない。
だが、天候が安定して日照が期待できる九州地域では、屋根一面にパネルを乗せた10キロワット以上の“エコ住宅”が他地域に比べて急増。
大手メーカーの業界団体「住宅生産団体連合会」(東京)によると、九州で10キロワット以上の太陽光住宅の契約済み件数は約1200件にのぼる。

電力会社が新規受け入れを中断したのは、発電事業者らから送られた電力を全て受け入れた場合、送電網の安定性を保てないとの懸念があるためだ。

ただ、買い取り制度の中で「個人と事業者の区分けはしていない」(九電広報担当者)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000016-fsi-bus_all
投資が無駄になったらどうしようかと「毎日不安。慰謝料は考えてくれるのか」各社ともに、出力10キロワット未満の住宅用太陽光は
>>>当面対象外としたが、
10キロワット以上の住宅用も少なくない。

「太陽光を含めローンを組んで家を着工したが、契約中断で工事を中断している」「マンション屋上に太陽光パネルを設置する計画が頓挫した。
顧客にどう説明すればいいのか」といった苦情も聞かれた。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141013-00050377-toyo-bus_all&p=1


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]