◆ New Entries

【子宮頸がんワクチン】 もはや薬害 重い副作用が出た患者1112人に達す!

重い副作用は1112人=子宮頸がんワクチン接種-民間研究チーム

子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に全身の痛みなどの訴えが相次ぎ、接種勧奨が中止されている問題で、難病治療研究振興財団(理事長・坂口力元厚生労働相)の研究チームは13日、重い症状が見られる患者は3月末までに1112人に上ったとの集計結果を発表した。

研究チーム代表の西岡久寿樹東京医大医学総合研究所所長が長野市内で記者会見した。

研究チームは、医師や製薬企業が厚生労働省に報告した患者約2500人の情報を分析し直し、1112人に重い症状が見られると判断した。

高次脳機能障害やけいれん、意識低下などの中枢神経症状が最も多かった。

接種勧奨の再開を議論している厚労省専門部会は広範な痛みか運動障害がある176人を主な検証対象としており、他の症状を十分に議論していないという。

西岡所長は「厚労省は実態を調査し、原因を究明する必要がある」と述べた。
3月末までに推計338万人がワクチンを接種した。(2014/09/13-23:49)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2014091300338


スポンサーサイト
[PR]