◆ New Entries

【軍靴の近し】 G20で米ロ決裂!各国の態度決まる 米国、仏、英、トルコ、韓、日 vs ロシア、中、独、印、国連

G20閉幕 米ロ対立激化 9月7日 4時37分

ロシアのサンクトペテルブルクで開かれていたG20サミットは、日本時間の6日夜、閉幕しましたが、シリアへの軍事行動を巡って、アメリカとロシアが激しく対立する異例の展開となりました。

G20サミットは、日本時間の6日夜、2日目の討議を終え、首脳宣言を採択して閉幕しました。

サミットでは、シリアで化学兵器が使われたとされる問題で、アメリカが検討しているアサド政権への軍事行動についても、意見が交わされました。

議長国ロシアのプーチン大統領は、サミット閉幕後の記者会見で、アメリカの軍事行動にフランスやトルコなど6か国の首脳が支持したのに対して、反対はロシアや中国、インドなど8か国の首脳に国連の事務総長も加わったとしてロシアに同調する意見が多かったと強調しました。

これに対して、アメリカのオバマ大統領は、G20サミットに出席した日本やフランスそれに韓国など10か国の首脳とともにアサド政権が化学兵器を使用したのは明らかだとして国際的な強い対応を求める共同声明を発表しました。

オバマ大統領は、記者会見で、「G20参加国の大半は、アサド政権が責任を負わなければならないというアメリカの決定に同調している」と述べ、アメリカの立場にこそ理解が広がっていると反論しました。

G20サミットは、本来、各国の首脳が世界経済の課題を議論する場ですが、シリアへの軍事行動を巡って、アメリカとロシアが激しく対立する異例の展開となりました。
うぇbで
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130907/t10014361071000.html


スポンサーサイト
[PR]